梅酒はお湯割りで飲むと美味しい?基本の作り方や健康効果まで徹底解説!

寒くなってくると、温かい梅酒のお湯割りを楽しみたいという方が増えてきます。美味しい梅酒のお湯割りはどのような点に気をつけて作ればいいのでしょうか。その健康効果や作り方のコツ、注意点などについても合わせて紹介していきましょう。

梅酒はお湯割りで飲むと美味しい?基本の作り方や健康効果まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1体の芯までポカポカする梅酒のお湯割りが人気
  2. 2梅酒のお湯割りにおすすめのシーン
  3. 3梅酒のお湯割りの健康効果
  4. 4梅酒のお湯割りの作り方と美味しくなるコツ
  5. 5リラックスタイムにおすすめのホット梅酒
  6. 6梅酒をお湯割りする時の注意点
  7. 7梅酒のお湯割りで心も体もリラックスしよう

体の芯までポカポカする梅酒のお湯割りが人気

冬が近づき、気温が下がってくると温かいお酒が飲みたくなります。温かいお酒というと日本酒の熱燗が挙げられますが、実は梅酒をお湯割りにするのも美味しいと人気が高まっています。梅酒のお湯割りのおすすめポイントやその割合、そして作り方のコツや注意点についても紹介します。

梅酒のお湯割りにおすすめのシーン

梅酒と言うと、一般的にはロックやソーダ割りなど、どちらというと冷たい状態で飲む飲み方が知られていますが、温かい状態で飲むお湯割りも体に優しいと近年人気となっています。

もともと梅酒そのものが梅を使うお酒ということもあって、おうちで作って飲んでいるという方もいるのではないでしょうか。では梅酒のお湯割りはどんな時におすすめの飲み方なのでしょう。そのあたりからまずは紹介していきましょう。

肌寒い冬はや寝る前にお湯割りの梅酒がおすすめ

梅酒のお湯割りに限りませんが、温かい状態で飲むお酒はやはり冬に人気の高い飲み方です。日本酒の熱燗やホットワインなどは凍てつく寒い冬の日にほっと一息入れたい時に飲みたくなるおすすめのお酒ですし、その点は梅酒も変わりありません。

もともと梅そのものが健康にさまざまな効果が期待できる食材とされていることもあり、真冬の体調管理で梅干しや梅湯を取り入れているという方は多く見られます。はちみつなどを加えることでそのままでは苦手という方でも飲みやすく、より冬にぴったりの美味しさが楽しめる面もあります。

冬の寒さを乗り切るにはやはり体の中からも温まるものを摂取したいところです。梅酒のお湯割りは、そのまま晩酌で楽しんでも、また食事の際に一緒に楽しんでも美味しく、冬にぴったりのおすすめの飲み物と言えるでしょう。

Thumb誕生日にお酒をプレゼント!日本酒や梅酒などおすすめの人気銘柄15選!
誕生日プレゼントに何を贈ろうか悩んでいるなら、お酒はいかがでしょうか。20歳になれば大人の仲...

梅酒のお湯割りの健康効果

さて、梅酒のお湯割りが人気なのは、今述べたように、飲んで美味しいからというだけではありません。今述べたように梅そのものが健康食材として古くから日本人にはおなじみの食材であり、日常的に食事などに取り入れている方も多いのではないでしょうか。

そこでまずは、梅酒のお湯割りで期待できる健康効果についていくつか紹介します。お酒に健康効果が期待できるとなると、より安心していただけそうに感じる方もいるのではないでしょうか。

クエン酸による疲労回復

梅酒の持つ健康効果として最も知られているのが「疲労回復効果」です。疲労回復というと多くの方が頭に浮かぶのが「クエン酸」ではないでしょうか。もともと疲労というのは細胞がダメージを受けたことによって生じるため、その疲労を回復するためには、細胞を修復する必要があります。

この細胞の修復に必要なのがATPという成分で、それを作り出す働きがATP回路と言います。この回路は別名「クエン酸回路」と呼ばれており、クエン酸が重要な役割を果たしています。疲労回復にはクエン酸は必須なのです。

クエン酸は体にたまった疲労の原因となる乳酸を分解する力もあり、サプリメントなどにもクエン酸が含まれているものが多いのですが、実はこのクエン酸が多く含まれている飲み物が梅酒なのです。

梅酒に含まれるクエン酸含有率は、レモンの15倍、梅干しの6倍とも言われます。梅酒を飲むとクエン酸をより効率的に体に取り入れることができるのです。しかもクエン酸は熱にも強いため、お湯割りでも壊れてしまうことはありません。

ですから、暑い夏の時にロックなどで飲むのはもちろん、冬の寒い時には温かいお湯割りで梅酒を飲むことで、体の疲労回復が期待できます。仕事や運動などで疲れた後でゆっくりお湯割りを楽しみ、その日の疲れも効率的に解消したいものです。

クエン酸には脂肪燃焼効果も

このクエン酸にはもう一つ、うれしい効果が期待できます。それは脂肪燃焼効果です。クエン酸は糖質を材料にエネルギーを生成するのに必要な材料であり、クエン酸を摂ることで効率的に糖質がエネルギーに変えられることが期待できるからです。また、脂肪そのものをエネルギーに変える働きもあると言われます。

ただしここで注意したいのが、梅酒のカロリーの問題です。梅酒には糖分が含まれているため、いくらクエン酸が多く含まれていると言っても、飲み過ぎれば結果的にカロリーを多く摂ってしまうことにつながります。

その点お湯割りというのは、梅酒そのものの温度が高いため、一気にごくごく飲んでしまうことが少なく、飲みすぎ防止の効果も期待できます。適量をたしなむことで、クエン酸の持つ効果を最大限に発揮させることができそうです。

胃腸の働きを活性化

梅酒のお湯割りで期待できる健康効果として「胃腸の働きを活発にする」こともおすすめポイントです。特に冬は気温が低く、どうしても冷えが気になります。そんな冷えている時に温かいお湯割りを飲めば、胃腸が温められることで働きがよくなる効果が期待できます。

また、梅酒に含まれるピクリン酸とアルコールには、胃腸の働きを活発にし、便通を整える効果も期待できます。さらに梅1粒には約1000ミリグラムの食物繊維も含まれているということで、果肉入りならさらに効果が期待できそうです。

胃腸の動きを活発にする効果があるということは、実は梅酒のお湯割りは冬だけではなく、夏にもおすすめの飲み方ということになります。夏バテなどが気になるときや冷房で体が冷えている感じがあるときにもぜひおすすめします。

香りによるリラックス効果

梅酒のお湯割りの効果として特に人気なのが、リラックス効果です。梅酒にはベンズアルデヒドという成分があり、アロマテラピー効果があり爽やかな香りがします。お湯割りの場合、特にこの香りが強く香るため、よりリラックス効果が強く感じられます。

このベンズアルデヒドというのはアーモンドや杏仁(あんずの種)にも含まれる香りで、心も体もリラックス状態にしてくれる効果があると言われています。

なお、お湯の温度が高いと、アルコールの香りが強くたつため、ちょっときつく感じてしまうという方もいるようです。ベンズアルデヒドの香りを立たせたい場合はあまり熱いお湯にしないほうがおすすめです。

安眠効果

「寝酒」という言葉があるように、寝る前にお酒を飲むとよく眠れるという方は多いです。その寝酒におすすめなのが梅酒のお湯割りです。梅酒に含まれているムメフラールという成分は、アルコールにより血流をよくする働きがあります。そのため、血流がよくなり体が温まってよく眠れるというわけです。

特に冬の時期は気温が低いこともあり、布団に入った後も体が冷えて眠れないという悩みを持つ方がいます。梅酒のお湯割りだとお湯で体が温まるのとムメフラールの効果で、その効果がさらにアップすることが期待できます。

ただし、アルコールをたくさん飲み過ぎると肝臓でアルコールが代謝される時に眠りが浅くなってしまいます。くれぐれも肝臓の負担にならない程度に、1杯程度にとどめるのがおすすめです。

梅酒のお湯割りの作り方と美味しくなるコツ

このように、梅酒のお湯割りは健康にも効果が期待できるなど、人気の高いお酒の飲み方の一つなのですが、ではどのような作り方をすれば美味しく、体にもよく楽しむことができるのでしょうか。またどのくらいの割合で作るのがおすすめでしょうか。

そこで次に、梅酒の美味しいお湯割りを作るために、梅酒とお湯のおすすめの割合や、美味しく作るための作り方のコツなどについて紹介していきましょう。作る時にこの割合や作り方のコツをベースに工夫して、置き入りの一杯を作ってみてください。

①70度前後のお湯を注ぐ(割合は1:1か3:2)

梅酒をお湯割りにするということですが、そもそも梅酒のアルコール度数はどのくらいなのでしょうか。梅酒の作り方にもよるのですが、梅酒そのもののアルコール度数は8度から15度くらいと言われています。だいたい日本酒やワインと同じか、少し低めということになります。

そのため、梅酒をお湯割りにする場合、あまりお湯の割合を多くするとアルコール度数が低くなりすぎます。割合としては1:1、もしくはお酒が好きな方なら梅酒多めの割合にすると美味しく飲むことができます。

また、梅酒をお湯割りにする場合のお湯の温度にも注意が必要です。実はアルコールの沸点は水よりも低く、約78度で沸騰してしまいます。そのためお湯の温度が高いと梅酒のアルコール分が飛んでしまいますし、アルコールの香りを強く感じるようになってしまいます。

ですから、梅酒をお湯割りにする場合はこの温度より低い、70度前後のお湯を使うのがおすすめです。この温度であれば梅酒の中のアルコール分が蒸発してしまい、風味がなくなることもありませんし、先ほど紹介したベンズアルデヒドの香りがよくたちます。

梅酒のお湯割りの作り方のポイントは、お湯の温度を上げ過ぎないことと、お湯の割合をあまり高くしすぎないことです。これを作り方の基本にして、お湯の割合などいろいろ考えて好みのお湯割りを作ってください。

②梅酒を後から注ぐ

美味しい梅酒のお湯割りを作る際の、お湯の温度と割り方の基本について紹介したのですが、実はもう1つ、作り方で大切なポイントがあります。それはお湯と梅酒を入れる「順番」についてです。

同じ梅酒でも水割りやソーダ割りなど、冷たい飲み方の場合は梅酒に水やソーダを加えるのですが、お湯割りの場合は先にその割合分のお湯を入れ、後から梅酒を注ぎます。こうすると温度差により梅酒とお湯が自然に混じり、美味しく作ることができるからです。

またこうすることで、梅酒の持つ香りもよく広がり、よりリラックス効果が期待できると言われます。これも大切な作り方のコツですから、ぜひ忘れずに取り入れてください。

Thumb梅酒のアルコール度数は意外と高い?自家製と市販・ロックで徹底比較!
梅が嫌いという方でも美味しく楽しめる梅酒は、幅広い年代の方々に人気です。そこで気になるのが梅...

リラックスタイムにおすすめのホット梅酒

このように、梅酒のお湯割りの作り方やその際のお湯と梅酒の割合についてコツを紹介してきましたが、梅酒を温かい状態で楽しむ方法は他にもいろいろあり、人気となっています。

そこで、温かい梅酒の楽しみ方で特に人気がある方法について、次にいくつか紹介しましょう。好みの飲み物と合わせて、梅酒の幅広い美味しさをぜひ味わってみてください。

熱燗

熱燗というと日本酒の飲み方として定番ですが、梅酒も熱燗にして飲むことができます。梅酒をマグカップに入れ、鍋などで湯せんすれば簡単に熱燗を作ることができるのです。先ほども述べたように温度を上げ過ぎるると香りがとぶので、35度から40度くらいのぬるめにすると美味しいと人気です。

また、お湯を沸かすのが面倒という場合は電子レンジで加熱しても温かい梅酒を作ることができます。ただし、電子レンジの場合は一気に温まりますので、ワット数を低めにする、短時間にして様子をみて加熱するなどしてください。

紅茶割り

梅酒のお湯割りが人気と述べましたが、実は紅茶で割るのも美味しいと評判です。紅茶はホット、アイスどちらでもいいですが、こちらもホットの場合はあまり温度を上げないようにするのがおすすめです。紅茶は梅酒の香り、紅茶の香りの両方がアップするため、とても美味しいと評判が高いです。

また、お酒はあまり強くないという方ならば、ウイスキーのように梅酒を紅茶に垂らすというのも人気です。ウイスキーのアルコール度数は40度前後で梅酒よりもずっと高いため、梅酒の場合はウイスキーよりもアルコールは弱くなります。

ホットミルク割り

あまりお酒に強くない方や夜寝る前に少し飲みたいという方におすすめなのがホットミルク割りです。言うまでもなくミルクにはカフェインが含まれませんから、冬の寒い夜など、ちょっと体を温めて寝たいという方にも人気の組み合わせです。

ミルクで梅酒を割ると、マイルドな味わいになり、アルコールが入ることで大人の味わいを楽しむことができます。特にミルクにはよい睡眠に効果がある成分が多く含まれており、梅酒にも安眠効果が期待できることから、夜寝る前に少し飲むのにおすすめの飲み方と言えるでしょう。

梅酒をお湯割りする時の注意点

最後に、梅酒をお湯割りで楽しむときの注意点についてまとめておきましょう。ここまで述べてきたように、梅酒をお湯割りする場合の作り方のコツは、梅酒とお湯を入れる順番とお湯の温度です。特にお湯の温度に関しては、アルコールの蒸発とも関係があるので、高くし過ぎないよう注意しましょう。

また、梅酒のお湯割りや温かい梅酒は、これから冬に向かうと寝酒として楽しもうという方も多いでしょう。梅酒には安眠効果が期待できますが、飲み過ぎるとアルコールの影響が強く出ます。梅酒は飲みやすいですが、飲み過ぎないよう十分に注意しましょう。

梅酒のお湯割りで心も体もリラックスしよう

冬になると、温かいお酒を飲みたいと感じることが増えます。特に梅酒は体にいいといわれていることもあり、寝酒などでも楽しみたいという方が増えてきます。そんな時に梅酒のお湯割りはおすすめです。美味しく飲むために、作り方のコツをチェックして、冬の夜長をぜひ楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ