梅酒のおすすめの飲み頃や賞味期限はいつ?熟成期間や梅の色の変化を調査!

自家製で漬けて楽しめる梅酒の飲み頃や賞味期限について紹介します。せっかく漬けた梅酒を美味しい状態で楽しまなくてはもったいないです。賞味期限や飲み頃の他に保存方法についても触れているので、自家製や市販の梅酒を楽しむ前にチェックしておきましょう。

梅酒のおすすめの飲み頃や賞味期限はいつ?熟成期間や梅の色の変化を調査!のイメージ

目次

  1. 1自家製・市販梅酒の飲み頃や賞味期限は?
  2. 2好みの味を追求できる自家製梅酒
  3. 3自家製梅酒の飲み頃と熟成期間
  4. 4自家製梅酒の賞味期限と保存方法
  5. 5市販の梅酒の熟成期間・飲み頃は?
  6. 6市販の梅酒の賞味期限
  7. 7梅酒のおすすめの飲み方
  8. 8梅酒の梅のおすすめ利用方法
  9. 9梅酒の飲み頃や賞味期限について覚えておこう

自家製・市販梅酒の飲み頃や賞味期限は?

自家製で楽しむ方も多い梅酒。まとめて漬けている方も多く、手軽に誰でも作れるのが魅力です。そんな梅酒ですが、飲み頃についてや賞味期限については知っていますか?飲み頃に関しては一番美味しい状態で楽しむためには必須の情報と言えるでしょう。

そこで、当記事で紹介していくのは梅酒の賞味期限や飲み頃についてです。自家製で作った梅酒はもちろん、市販で購入した梅酒の賞味期限についても調査しました。

もちろん自家製で梅酒を作る場合の梅の色の変化や熟成期間についても調査したので、これから梅酒作りの挑戦してみようと考えている方はチェックしておくのがおすすめ。美味しい状態の梅酒の味を楽しむために、ぜひ参考にしてみてください。

好みの味を追求できる自家製梅酒

男女ともに人気を集めている自家製梅酒は作る工程も楽しいのですが、一番の楽しみのポイントは好みの味わいで楽しめる点でしょう。梅酒作りは法律でアルコール度数が20パーセント以上と定められているので、アルコール度数に注意すれば色んな形で作れます。

例えば、米焼酎を使って自家製梅酒を作った場合には米の甘味が感じられる梅酒に仕上がります。梅の味わいを満喫する場合にはホワイトリカーが最適です。

どんなお酒を利用するかでも梅酒の味わいには違いがあり、甘さに関しては氷砂糖で調整して自分好みに仕上げることができます。自宅でお酒を嗜む機会が多い方の場合には、梅酒を漬けておくとコスパも良いのでおすすめになります。

梅酒は飲み頃を迎えると色が変化

梅酒と言えば青い梅をたくさん入れて瓶に漬け込むのが一般的な作り方になるのですが、そんな梅酒の飲み頃をチェックするには梅の色をみるのも一つの方法です。

梅酒は漬け込むほど梅の色が琥珀色に変わっていきます。お酒の色も梅の色と同様に変化していくので、梅酒作りでは梅の変化をチェックするのも楽しみの一つです。全部の梅の色合いが一気に変化していくわけではないので、チェックする時には注意が必要です。

梅酒の梅だけではなく熟成が進むにつれて、琥珀色の色合いは濃くなっていきます。詳しい飲み頃や熟成期間についてはこの後の項目で紹介します。ただ、ウィスキーなどで漬けた場合は、梅の色の変化がわかりづらい場合もあるので注意しましょう。

自家製梅酒の飲み頃と熟成期間

ここからは、自家製梅酒の飲み頃や熟成期間について紹介します。梅酒の味わいを違いは利用するお酒の種類によっても違ってきますが熟成期間によっても変わります。熟成期間の違いを楽しみたい方の場合には、ホワイトリカーを使うのがおすすめになります。

ここでは、美味しい味わいが楽しめる自家製梅酒の飲み頃を2パターン紹介していきます。梅の色合いの変化などについても紹介していくので、初めて梅酒を作る場合にはそれぞれの飲み頃で味わってみるのもおすすめの楽しみ方の一つになります。

早く飲みたい時は3ヶ月後が飲み頃

最初に紹介する自家製梅酒の飲み頃は、漬け込んでから3ヶ月ほどです。梅酒を作り始めて3ヶ月では、まだまだ青い梅も残っている時期になります。琥珀色も薄めになっているので、飲み頃とは見えないかもしれませんが梅酒として飲むことは可能になっています。

長く漬け込むのが待てない場合には、3ヶ月で飲む分を別に作っておくのも一つです。ただ、早い時期の飲み頃になるのですがサッパリとした味が楽しめるのが特徴。

保存状態で色合いの違いもありますが、琥珀色になっている場合には飲むことが可能です。あっさりと楽しみたい方はもちろん、少しでも早く飲んでみたいと言う方の場合は梅酒を漬け込んでから3ヶ月を目安にしてみてはいかがでしょうか。

完熟させたい場合は12ヶ月後が飲み頃

深みのある梅酒の味を楽しみたい方におすすめの飲み頃が、漬け込んでから12ヶ月後になります。梅はもちろん全体的に濃い琥珀色に変わっている状態になっています。

この時期には青い梅も残っていないので、飲み頃としての判別がしやすくなっているでしょう。梅の味が全体的に浸透しているので果実酒として梅酒を満喫できるでしょう。特にホワイトリカーの場合には、梅の旨みを満喫できる梅酒になるのでおすすめになります。

12ヶ月漬け込んで作った梅酒は一度に全部飲めるわけではないでしょう。この時点で、梅を全部取り出しておくと渋みなどが出ないのでおすすめ。さらに長期熟成したい場合には、梅を取り出した後に濾してから保存するのがおすすめになります。

自家製梅酒の賞味期限と保存方法

自家製梅酒は一度にまとめて何瓶も作る方が多いです。たくさんまとめて作る際に注意したいのが保存方法と言えるでしょう。せっかくまとめて作った梅酒も、保存方法がしっかりとしていないために美味しくなくなってしまうことも少なくありません。

そこで、ここでは自家製梅酒の賞味期限と保存方法について紹介します。特に梅酒は作り方をしっかりとしていることで賞味期限を伸ばすことができます。自家製の梅酒を作ってみようと検討している方は、保存方法も含めて参考にしてみてください。

正しい処理で長期保存が可能

自家製の梅酒を作る時には、熱湯消毒などを行うのがポイントになります。消毒をしっかりと行っているだけで自家製梅酒の賞味期限は2年ほど持つようになります。

もちろん熱湯消毒だけでなく梅の処理や使用する梅によっても違いがあります。例えば古い梅を使った場合や傷が多い梅を使用した場合は細菌など発生する可能性が高くなります。カビが発生する場合もあるので、しっかりと正しい作り方をするのがポイント。

また、先述して触れたように梅酒はアルコール度数が20パーセント以上で作らなくてはいけません。アルコール度数は高めの方がいいとされています。少しでも長持ちさせる場合には、アルコール度数を高めにしてみるのもおすすめのポイントになります。

容器に密閉して冷蔵庫へ

先ほども触れたように正しい作り方の場合には約2年は梅酒を楽しむことができますが、さらに保存方法もしっかりとしておくと10年近くは楽しむことができます。

長期保存ができれば熟成期間の違う梅酒の味わいが楽しめるので、正しい保管方法は知っておくと便利です。梅酒の補完として最初に注意するのは、容器です。梅酒は空気との相性が悪いので、長期保存をする場合などはガラス瓶を使用するようにしましょう。

毎日のように飲む場合には冷蔵庫で保管するのが良いでしょう。ただ、たくさん作ってすぐに飲まない場合には直射日光が当たらない床下収納などを利用するのもおすすめです。また、先述して触れたように梅を取り出すのも大事なポイントになります。

市販の梅酒の熟成期間・飲み頃は?

自家製で梅酒を楽しむ場合には、自分好みの味わいにすることができます。漬け込むお酒の種類もアルコール度数に注意すれば好みで選択できます。

ですが自家製で作るのがめんどくさいと感じてしまう方も少なくありません。また、保管する場所がなくて作るのを避けているという方もいるでしょう。そんな時には市販で購入できる梅酒を選択して楽しむのもおすすめの楽しみ方の一つになります。

市販の梅酒はいつでも美味しい状態で飲める飲み頃になってから販売されています。例えば梅酒でも梅の入った市販の場合には自分好みに熟成させることもできます。ですが缶や紙パックの梅酒などはそのまま飲める状態なので購入後はいつでも楽しめるでしょう。

市販の梅酒の賞味期限

続いて紹介するのは市販で購入できる梅酒の賞味期限について紹介します。飲み物や食べ物を購入する場合には賞味期限は付いているのが一般的になりますが、実は梅酒は賞味期限が書かれていないことが多いのが特徴になります。

市販の梅酒はどんな容器に入っているのかでも違いがありますし、開封しているのかによっても賞味期限は変わってきます。ここでは市販の梅酒の賞味期限について紹介していくので、梅酒を購入した場合には参考にして味わってみてください。

未開封の梅酒の賞味期限

最初に紹介するのは未開封の状態の市販の梅酒になります。未開封の状態の場合には空気に触れることがないので長期保存しておくことが可能です。

約2年近くは長期保存できるとされているのですが、より長く保存しておくには自家製梅酒のように直射日光に当たらないようにするのが大事なポイントです。紙パックに入っている状態でも瓶に入っている状態でも、開封前に大きな違いはありません。

まとめて購入する場合などで、長期保存をする場合には色や匂いをチェックしておくのが大事です。開封前でも濁りが発生している場合には飲むのを避けるようにしましょう。また、匂いなどに変化がある場合にも飲むのを避けるようにしましょう。

開封後の梅酒の賞味期限

続いて開封した後の梅酒の賞味期限になりますが、開封後は紙パックに入っている梅酒か瓶に入っている梅酒かで違ってきます。

瓶に入っている梅酒の場合には、開封後は1年から長くて2年ほどが賞味期限とされています。少しづつ飲み進める場合には冷蔵庫などを利用して保管するのもおすすめです。紙パックの梅酒の場合は賞味期限が短く、約6ヶ月ほどとされています。

特に紙パックの場合には開封後に空気に触れてしまうので、賞味期限が早くなってしまいます。毎日のように梅酒を味わう場合には紙パックでも問題ありませんが、たまにしか飲まない場合には瓶で販売されている梅酒を選択するのがおすすめになります。

梅酒のおすすめの飲み方

梅酒の保管方法や賞味期限などを紹介してきましたが、梅酒の魅力を紹介する上で飲み方についても紹介しないわけにはいきません。程よい梅の香りを楽しめる梅酒は、何度も触れたように自家製の場合には自分の好みで作れるのが魅力になります。

そんな梅酒をより美味しく味わうためのおすすめの飲み方について紹介します。梅酒作りに利用するお酒の種類によって違いもありますが、飲み方でも違う味わいが楽しめます。ここで紹介するのは人気のある梅酒の飲み方になっているので参考にしてください。

睡眠前の一杯におすすめなお湯割り

梅酒の楽しみ方は個人によって色々ありますが、梅酒は寝酒として楽しむのがおすすめになります。寝酒にする場合にはお湯割りにするのがポイントです。

梅酒が寝酒に最適とされているのは、梅の香りにはリラックス効果があるとされているからです。適度なアルコールは血行を促進してくれる効果があります。リラックスした状態で睡眠を快適に取れる効果が期待できるので、寝酒に利用するのがおすすめです。

お湯割りは寒い時期だけにするのもおすすめの楽しみ方です。お湯を利用することで体を温めてくれる効果があるので冷え性の方でも味わいやすいでしょう。濃さを調整すると次の日に残らずに睡眠を取れるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

香りが引き立つ紅茶割り

香りを楽しめる梅酒の飲み方としては紅茶割りも人気があります。紅茶割りは梅酒に紅茶を注ぐ形ではなく、少し濃いめの紅茶に梅酒を入れる形になります。

紅茶の香りが引き立ち美味しい味わいで楽しめると人気を集めているので、いつもと違う形で梅酒を楽しみたい方は一度は挑戦してみてください。紅茶の種類によって味の変化を楽しんでみるのもおすすめの楽しみ方の一つになります。

また、実際に紅茶割りを楽しんで要る方の口コミではレモンを数的垂らしても美味しくなるとしています。水割りやロック、ソーダ割りなどいろんな飲み方がありますが、一味違う形で梅酒を楽しみたい方は紅茶割りを試してみてください。

Thumb梅酒のアルコール度数は意外と高い?自家製と市販・ロックで徹底比較!
梅が嫌いという方でも美味しく楽しめる梅酒は、幅広い年代の方々に人気です。そこで気になるのが梅...

梅酒の梅のおすすめ利用方法

梅酒作りに必要不可欠になるのが梅になりますが、漬け込んで取り出した梅を捨ててしまうのはもったいないです。梅酒で利用した梅は美味しく楽しむことができるので、利用方法をチェックしておくと無駄なく活用することができます。

ここでは、梅酒から取り出した梅の使い道について2点紹介していきます。作り方も簡単なので、誰でも気軽に挑戦できるでしょう。梅酒作りをした際にはぜひ参考にしてください。

梅ゼリー

最初に紹介するのは梅ゼリーになります。梅ゼリーはゼラチンを溶かした水に梅酒を混ぜ、梅干しを入れた容器に注いで固めるだけです。ゼラチンがあればすぐに作れるので、梅の活用方法として人気を集めています。

梅酒の量で濃さを調整できますが、アルコールが入っているゼリーになるので間違って子供が食べてしまわないように注意しましょう。

梅ジャム

続いて紹介する梅の活用方法は、梅ジャムになります。梅ジャムは梅酒に梅と砂糖、を入れて火にかけていきレモンを絞って煮詰めていくだけで作れます。冷蔵庫で簡単に保管することができるのですが、あまり大量に作ると悪くなってしまうので注意しましょう。

梅ジャムはパンとの相性も良いので朝食のお供にして楽しむことも可能ですし、プレーンヨーグルトにかけて食べることもできます。梅ジャムにしておけば幅広く活用できるのでおすすめになります。

梅酒の飲み頃や賞味期限について覚えておこう

梅酒は自宅で気軽に作って楽しめるのが魅力。長期保存も可能で、自分好みの味わいに作り上げられるので美味しい状態で楽しめます。もちろん、長く保管する場合などには正しい作り方や保存方法について知っておくのが大事なポイントです。

特に自家製で梅酒を作る場合には飲み頃や賞味期限について知っておくと、作る量を調整しながら楽しむことができるでしょう。せっかく作った梅酒を一番美味しい状態で楽しむために、当記事を参考にしていただけたら幸いです。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ