テント泊におすすめのザックは?必要な容量や選び方・人気の商品も紹介!

キャンプやアウトドアで注目を集めている「テント泊」。テント泊は宿泊するアイテムを収納するザックが欠かせないアイテムとなっており、種類によってザックの容量や重量が変わります。アウトドアブランドにはテント泊におすすめのザックがたくさん販売されています。

テント泊におすすめのザックは?必要な容量や選び方・人気の商品も紹介!のイメージ

目次

  1. 1テント泊に使うのはいつものザックで大丈夫?
  2. 2テント泊の魅力
  3. 3テント泊用ザックを選ぶ時の注意点
  4. 4テント泊におすすめなザックの選び方
  5. 5テント泊をする時に適したザックの容量
  6. 6テント泊ザックの詰め方のコツ
  7. 7テント泊におすすめのザック人気商品
  8. 8背負いやすいザックでテント泊に臨もう

テント泊に使うのはいつものザックで大丈夫?

収納できるアイテムの容量が多く、両手を使用できることで人気のあるザック。最近ではアウトドア好きな方からテント泊に便利なザックが注目を集めており、山やキャンプ場で優雅に過ごすのに必須アイテムとなっています。

今回はそんなテント泊におすすめのザックについて詳しくご紹介します。テント泊に便利なザックの容量や重量をはじめ、女性に人気のあるザックもお伝えしていきます。テント泊を初めて行う方は、ぜひ参考にしてみてください。

テント泊の魅力

最近アウトドア好きな方から人気のある「テント泊」。テント泊はキャンプ場や山、海など大自然の中で過ごすのにおすすめの宿泊施設になり、テント泊は非日常の空間が広がっているので至福のひと時を過ごすことが可能です。

今回はそんなテント泊の魅力について詳しくご紹介します。テント泊を初めて行う方はもちろん、テント泊に興味のある方は最初に目を通して見て下さい。テント泊はホテルや旅館とは違う魅力がたくさんあります。

絶景を楽しめる

テント泊はホテルや旅館と違って、キャンプ場や山の中など大自然の中で宿泊できます。また、ホテルや旅館は外出できる時間が決まっていたり、ホテルや旅館の部屋の場所によって景色が変わっていきます。

テント泊は自分の好きな景色を探し出し、絶景の中でテント泊を楽しむことができます。また、テント泊であればテントを出るだけで星空の絶景や朝日の昇る瞬間など時間によって変わりゆく絶景も楽しめます。

テントから少し顔を出すだけで絶景を一望できるので、テント泊はアウトドア好きな方から大人気。また、テント泊であれば山小屋とは違ってプライベートな空間も確保できるので、女性にもおすすめの宿泊方法です。

コスパが良い

テント泊の魅力として多く挙げられているのが、コスパの良さです。ホテルや旅館を手配するとかなりの宿泊費用がかかりますが、テント泊であればテントやザックなどアイテムを購入するだけで1泊過ごすことができます。

テントは1度購入すれば長持ちするので、なるべく費用を抑えたい方にもおすすめです。キャンプ場など場所よっては場所代を支払う必要がありますが、基本的にホテルや旅館よりもかなり安いので費用を抑えることができます。

テント泊は食事など自分で用意する必要がありますが、好きな時間に好きなだけ食事を味わえるので気ままな時間を過ごせます。女性でも設営しやすいテントも発売されているので、ぜひ1度チェックしてみてください。

Thumb冬用テントのおすすめ13選!ソロキャンプにぴったりの商品や防寒対策も!
冬キャンプを楽しむには、冬用のテント選びから重要な要素。ファミリーで楽しむキャンプやソロキャ...

テント泊用ザックを選ぶ時の注意点

最近、アウトドアブランドではテント泊におすすめのザックが種類豊富に販売されています。テント泊は日帰り登山のザックとは違う種類を使用するのがおすすめになり、ザック選びにはいくつかコツが必要です。

今回はそんなテント泊用ザックを選ぶ時の注意点について詳しくご紹介します。テント泊用ザックとして発売されていない種類でも、使い方や容量によってはテント泊用ザックにもできるので最初に目を通しておきましょう。

ザックだけを大型化・軽量化しても効果なし

テント泊用のザックを選ぶ際、ザックだけを大きいサイズにしたり軽量化したとしても意味がありません。テント泊用のザックを購入する場合は、テント泊の際に使用するアイテムの大きさや持って行く容量を確認しておきましょう。

ザックの重量は男性、女性と変わっていくのでできれば男性用・女性用とわかれているザックを選ぶのがおすすめです。男女兼用のザックもありますが、なるべく身体にフィットしている種類を選ぶようにしてください。

テント泊のザックの中身はどうしても重くなってしまうので、重量をカバーできるクッション性の高いザックを選ぶのがおすすめ。ショルダーやヒップベルトがしっかりとついているザックは重量をカバーできます。

テント泊におすすめなザックの選び方

先ほども紹介した通り、最近ではテント泊におすすめのザックが種類豊富に販売されています。テント泊用のザックを購入際は、まず自分で背負ってみて使いやすいかどうか、自分のテント泊スタイルに合うかどうか確認しましょう。

今回はそんなテント泊におすすめなザックの選び方について詳しくご紹介します。初めてザックを購入する方はもちろん、テント泊用のザック選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

適切な容量

テント泊用のザックを購入する場合は、まず適切な容量や重量を知っておく必要があります。テント泊用のザックの容量は、1泊2日でだいたい50L前後がおすすめです。最低でも50L以上は必要になっていきます。

アウトドアスタイルは人によって変わっていくので、少し余裕をもたせた55Lから60Lくらいを目安に決めていきましょう。2泊以上テント泊を行う場合は衣類などが増えていくので、だいたい容量は65Lくらいがおすすめです。

体にフィットした疲れにくい構造

テント泊用のザックを選ぶ際は、持ち運ぶのに便利な種類を選ぶのもコツです。テント泊する場所までの距離を考えて、男性・女性によって身体にフィットするザックを選ぶようにしてください。

ザックが身体にフィットしていないと、身体への負担が大きくなってしまいます。そのため、購入する前に必ずザックを背負ってみてください。人それぞれ身体へフィットするザックの種類は変わるので、1つ1つ確認するのがおすすめです。

とくに海外が提供しているアウトドアブランドでザックを購入する場合は、初めに背負ってみてから購入するかを決めるようにしてください。女性は女性用のザックを選ぶことで、自分の使いやすいザックに出会いやすいです。

テント泊をする時に適したザックの容量

テント泊を行う際にザックを使用する場合は、初めに容量や重量をチェックしておく必要があります。テント泊で使用するテントや調理器具、寝袋や衣類など収納するアイテムによっても容量・重量を変えていきましょう。

今回はそんなテント泊をする時に適したザックの容量について詳しくご紹介します。基本的に女性や男性よりも荷物が多くなってしまうので、予めテント泊で使用するアイテムを決めておくことでザックを選びやすくなります。

テント泊用のザックは容量50~70Lが目安

テント泊する際に使用するザックの容量は、先ほども紹介した通り容量50から70Lが目安になっています。夏や冬など時期によっても容量が変わっていき、ザックの種類によっては外側にも収納できるよう紐が設置されています。

テント泊用のザックは容量50から70Lが目安となっていますが、ザックの容量は人それぞれ。実際に日帰り用の40Lザックをテント泊用として使用している方も多く、自分のテント泊スタイルによって変えていきましょう。

ザックに収納するアイテムを軽量化していくことで、必然的にザックの容量も軽量化されていきます。女性や心配で荷物を余分に持って行きたいと言う方は余裕のある容量のザックを選んでおくと安心です。

荷物の重量に合わせたザックを用意しよう

一般的に、テント泊のザックの重量は約20kgと言われています。テント泊で使用するテントや寝袋、調理器具だけでも重量が重くなってしまうので、女性や子供連れの方は不安に感じてしまう方が多くいます。

時期によってザックの重量も変わっていきますが、とくに冬のテント泊はいつもより重量が増えてしまう傾向があります。テント泊初心者の方は何度か経験していくことで、ザックの重量を減らしていくのがおすすめです。

重量が軽量であればあるほど身体への負担も少なくなるので、山登りを計画している方にもおすすめ。テントなど1つ1つのアイテムの重量もチェックしておけば、ザックを選びやすくなります。

テント泊ザックの詰め方のコツ

テント泊用のザックは種類や容量、重量も大切ですがザックへの荷物の詰め方にもコツがあります。ザックへの荷物の詰め方によってはテント泊の際に使いづらくなってしまうので、使いやすいようにパッキングしていきましょう。

今回はそんなテント泊ザックの詰め方のコツについて詳しくご紹介します。それぞれテント泊のスタイルによっても変わっていきますが、ザックの荷物の詰め方にも目を向けることでよりテント泊が楽しくなります。

身体への負担を考慮するのがコツ

テント泊用のザックを使用する場合は、まずすぐに取り出したい荷物は取り出しやすい場所に収納することです。また、テント泊用のザックとバランスが取れるようにし、歩きやすい状態にすることで身体への負担も少なくなります。

まず、ザックの下部にはテント泊で使用するテントやシュラフを収納しましょう。基本的にキャンプ場やテントを張る場所まで使用しないアイテムを収納します。食料など重量のあるものは、背中側に入れるのもコツです。

ザックの上部にはすぐに取り出したい飲み物や雨具、上着などを収納しましょう。水筒などはザックの外側に収納できるスペースのある種類もあるので、ザックの種類によって変えてみてください。

テント泊におすすめのザック人気商品

最近、国内にはテント泊におすすめのザックが種類豊富に販売されています。アウトドアブランドでも発売されており、ブランドによってザックへのこだわりが変わっていくので自分に合うザックを見つけるのがおすすめです。

今回はそんなテント泊におすすめのザック人気商品について詳しくご紹介します。ザックはブランドによって変わっていき、女性にも人気のある種類もたくさん発売されているのでぜひチェックしてみてください。

登山初心者に人気『ドイター エアコンタクト 65+10』

アウトドア好きな方から人気のあるテント泊用ザック「ドイター エアコンタクト 65+10」。ドイター エアコンタクト 65+10は背面パッドが硬さのある素材を使用しているので、身体への負担を軽減してくれます。

テント泊ではもちろん、長期旅行の際にも便利に使用することができます。ドイツで生まれたアウトドアブランド「ドイター」は、山登りに特化したアイテムを種類豊富に販売しています。ザックの種類も多いので人気が高いです。

ザックの入り口がとても広く、荷物を詰め込みやすいスタイルです。また、カラーの色合いも多く、雨が降ってきても安心なカバーもセットになっているのでアウトドアに最適。見た目もおしゃれなので女性からも注目を集めています。

体の負担を軽減してくれる『グレゴリー バルトロ6』

身体への負担を最大限減らしてくれるザック「グレゴリー バルトロ6」。グレゴリー バルトロ6は山登りなどアウトドアに特化したザックになっており、テント泊のセットを収納しても身体への負担が少ないと言われています。

グレゴリー バルトロ6は軽量化に特化したタイプになり、リニューアルした際は多くの人々から注目を集めていました。ハーネスとヒップベルトに関してはそれぞれ回転させることができるので、大柄な方、小型な方でもフィットします。

ヒップベルトに関しては歩いていてもずれにくいので、1度装着すると身体にフィットし続けてくれます。側面にはストレッチ性のポケットも装着されており、水筒など取り出しやすいと人気を集めています。

安定性のある女性向けモデル『オスプレー エーリエルAG55』

テント泊を行う女性におすすめのザックが「オスプレー エーリエルAG55」。オスプレー エーリエルAG55は女性向けの可愛らしいデザインとなっており、女性の身体へもフィットしやすい作りなのでおすすめです。

オスプレー エーリエルAG55は背面など身体に触れる部分をメッシュ加工しているので、夏でも蒸れにくいのが特徴的。ザックの中身の部分は仕切りを設置することができるので、アイテムを取り出しやすいです。

オスプレー エーリエルAG55にはレインカバーも設置されているので、雨の日でも安心して使用することができます。レインカバーにもオスプレーのロゴが描かれているので、オスプレーファンの方にはたまりません。

シンプルな男女兼用モデル『モンベル トレッキングパック 55』

国内でも有名なアウトドアブランド「モンベル」。モンベルでは男女兼用のテント泊用ザック「トレッキングパック 55」が販売されており、身体への負担も少ないスタイルです。ナイロン素材で作られています。

ヒップベルトは肩への負担を軽減してくれ、足上げしやすいスタイルなので山登りも快適に行うことができます。ザックの中はもちろん、ポケットも大容量なので小物を入れやすく女性からも人気を集めています。

モンベル トレッキングパック 55は2、3泊のテント泊でも便利に使用することが可能です。収納スペースがとにかく多く、大きめのテントもすっぽりと収納可能なので事前に大きさをチェックしておきましょう。

背負いやすいザックでテント泊に臨もう

自由で快適な時間を過ごせると人気を集めている「テント泊」。テント泊には多くの荷物を持って行く必要がありますが、その際に役立つのが容量の大きなザックです。テント泊用のザックは普段の旅行でも使用することができます。

お店にはテント泊に最適なザックが種類豊富に販売されています。それぞれ自分のテント泊スタイルに合わせて購入することが可能です。ぜひ、テント泊用のザックを探している方はこの記事を参考に探してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ