初心者におすすめのクロスバイク11選!選び方や人気メーカーも紹介!

一般の自転車よりスピードを出しやすいクロスバイクは、街乗りはもちろんツーリングでも活躍します。今回は、初心者におすすめのクロスバイクを11商品紹介します。選び方や人気メーカー、さらには乗り方についても解説しますのでクロスバイク初心者は必見です。

初心者におすすめのクロスバイク11選!選び方や人気メーカーも紹介!のイメージ

目次

  1. 1初心者の最初の1台におすすめのクロスバイクは?
  2. 2初心者におすすめのクロスバイクを徹底解説!
  3. 3初心者向けクロスバイクの選び方
  4. 4初心者に人気のクロスバイク売れ筋品3選
  5. 5初心者におすすめの海外製クロスバイク4選
  6. 6初心者におすすめの日本製クロスバイク4選
  7. 7初心者向けクロスバイクもあなどれない性能

初心者の最初の1台におすすめのクロスバイクは?

スピードが出しやすい構造やタイヤが魅力のクロスバイクは、ツーリングを楽しみたい人から快適な街乗りを楽しみたい人まで、幅広い人から愛用される自転車の一種です。

通常の自転車よりタイヤが細く、スピードが出しやすい構造が特徴となっているため、らくにスピードを出したい人はクロスバイクの購入を検討しているという人も多いのではないでしょうか。

クロスバイクは高額であることも多く、初心者には手が出しにくいと考えられています。しかし、性能の高いクロスバイクをお手頃価格で購入できる、初心者向け商品も多くあります。

初心者におすすめのクロスバイクを徹底解説!

今回は、初心者の最初の1台におすすめのクロスバイクを徹底解説します。初心者の最初の1台におすすめのクロスバイクの選び方、乗り方、海外メーカー・日本メーカー別クロスバイクのおすすめモデルを中心に、初心者の最初の1台におすすめのクロスバイクを見ていきましょう。

なお紹介する情報は2021年10月時点のものとなり、時期によって商品の内容・参考価格など異なる可能性があります。また紹介する価格は税込価格となります。

初心者向けクロスバイクの選び方

最初に、初心者におすすめのクロスバイクの選び方を紹介します。初心者のクロスバイクの選び方は、次の4つのポイントを押さえることがおすすめです。

4つのポイントは「どんな乗り方をするのか」「デザインとカラバリ」「価格の目安」「メーカー」となります。

どんな乗り方をするのか

初心者向けクロスバイクの選び方の1つ目は、どんな乗り方をするのかによって車種を選ぶという選び方です。クロスバイクはより速いスピードで走ることを重視して作られています。

そのため、どのような場所でどのような乗り方をするかでクロスバイクを選ぶというのが正しい選び方です。乗り方によって自分にぴったりのクロスバイクの選び方があります。

例えば、オフロードなどで激しめの乗り方をすることが多い人、通勤など長距離運転をすることが多い人はタイヤの耐久性を重視するなどです。

「たまに乗るだけ」「クロスバイクのデザインが好きなだけ」という人は、気軽な乗り方が楽しめるリーズナブルなクロスバイクを選ぶことがおすすめです。

デザインとカラバリ

初心者向けクロスバイクの選び方の2つ目は、デザインとカラバリを重視することです。クロスバイクはロードバイクほどではないにしても、多くの場合は高価です。一度購入したら定期的にメンテナンスし、できるだけ長く乗ることが大切となってきます。

同時にデザインとカラバリを重視することも大切なポイントです。末永く愛用するには、デザインとカラバリが気に入っていないと「クロスバイクを気持ちよく乗りこなしたい」という気持ちも維持しにくくなる可能性があります。

ずっと乗り続けるためにはすこし値が張ってもデザインとカラバリにこだわることも重要な要素です。

Thumbクロスバイクのメンテナンス・お手入れ方法まとめ!必要な道具や頻度は?
通常の自転車よりも早く走行するクロスバイクは、どのようなメンテナンスをすれば良いのでしょうか...

価格の目安

初心者向けクロスバイクの選び方の3つ目は、価格の目安です。クロスバイクは比較的高価な自転車です。クロスバイクの価格の目安は50,000円から100,000円です。初心者にとってハードルが高く感じることもあるでしょう。

しかしクロスバイクは、ロードバイクと比較すると約5分の1の金額で購入できる優れものでもあります。「スピーディーな自転車が好き」「必ずしもクロスバイクである必要はないと感じている」という人は、ロードバイクも検討してみるのもおすすめです。

ロードバイクはクロスバイク以上に高値ですが、クロスバイク以上にスピードが出しやすいことが魅力です。

Thumbクロスバイクとロードバイクの違いを徹底比較!買うならどっちがおすすめ?
一見似ているクロスバイクとロードバイクですが、大きな違いがあることをご存じでしょうか。今回は...

メーカー

初心者向けクロスバイクの選び方の4つ目は、メーカーです。どんな商品もそうですが、メーカーによる商品の違いはとても大きいことがあります。クロスバイクなら海外メーカー・日本メーカーで好みが大きく分かれることも多いようです。

特に海外メーカーはデザインが良いモデルが多く、日本メーカーは性能が高いモデルが多いとされています。もちろんすべてがこの通りではありませんが、メーカー選びの1つの目安として参考にしてみましょう。

初心者に人気のクロスバイク売れ筋品3選

いよいよ初心者に人気のクロスバイク売れ筋品を紹介します。初心者に人気のクロスバイク売れ筋品に紹介したいのは「コルベット AL-CRB7006」「オオトモ ネクスタイル NX-7021」「21テクノロジー CL266-G」という3つのモデルです。

上級者の人にはおなじみのモデルとなりますが、安定した走りを見せてくれることで定番人気となっています。

コルベット AL-CRB7006

最初に紹介したい初心者に人気のクロスバイク売れ筋品は、コルベット AL-CRB7006になります。コルベットの”AL-CRB7006”は、「シボレー」の愛称でも親しまれるコルベットの手がける人気モデルとなります。

700cサイズのクロスバイクとなっており、クロスバイク初心者でも比較的安定した走行ができることが人気のポイントです。軽量アルミフレームを採用することで、11.5キログラムの軽量化に成功しています。

性能だけでなくデザインとカラバリが優れていることも人気となっている理由です。アルマイト加工された赤のディープリムはとてもおしゃれで、男性だけでなく女性にも十分におすすめできるモデルと言えるでしょう。

オオトモ ネクスタイル NX-7021

女性からの人気がとても高いオオトモ ネクスタイル NX-7021のご案内です。オオトモの”ネクスタイル NX-7021”は、ピンクや水色といったおしゃれなカラバリが特徴的なクロスバイクです。

おしゃれに走行が楽しめるのはもちろん、シマノ製21段変速を採用するなど本格的な乗り方が楽しめる性能も人気のポイントです。

スチールを使用しているため13.5キログラムとやや重量がありますが、155センチメートル以上の身長があればらくらく乗りこなすことが可能です。

21テクノロジー CL266-G

ワンランク上のおしゃれさで人目を惹きたいなら、21テクノロジー CL266-Gを検討してみてはいかがでしょうか。21テクノロジーの”CL266-G”は、全身がホワイトのフォルムが最大の特徴です。

街乗りを楽しむのに最適なクロスバイクともいえるため、ロードバイクのように使いこなすこともできるでしょう。26インチタイヤ、最低サドル高も低く小柄な人が乗りやすい設計となっていることから、女性にもおすすめのモデルとなっています。

また、とても安い価格帯も人気のポイントです。はじめてクロスバイクを購入する人、おしゃれにツーリングを楽しみたい人に特におすすめです。

初心者におすすめの海外製クロスバイク4選

次に、初心者におすすめの海外メーカーのクロスバイクを4つのモデルを紹介します。初心者におすすめの海外メーカーのクロスバイクは「ジオス MISTRAL」「ビアンキ ROMA3」「トレック FX 1 Disc」「キャノンデール Quick 5」の計4つとなります。

日本メーカーのクロスバイクとの乗り方の違いを楽しみながらツーリングを楽しめる人気モデルばかりとなっています。

ジオス MISTRAL

最初に紹介したい初心者におすすめの海外製クロスバイクは、ジオス MISTRALになります。ジオスの”MISTRAL”は、高級な海外クロスバイクの定番と言っていいでしょう。

「スポーツバイクの爽快感を手軽に味わう」ことをコンセプトに開発され、サドルやキックスタンドに至るまで軽量化を重視しています。お尻が痛くならないサドルが、長時間のツーリングを楽しむ人から重宝されています。

長時間のツーリングを楽しむ人、競技練習用の自転車が欲しい人にもおすすめです。身長150センチメートルから185センチメートルの人が乗ることを想定した作りとなっていますので、女性にもおすすめです。

ビアンキ ROMA3

知る人ぞ知る海外の高級メーカー・ビアンキのROMA3をご案内します。ビアンキの”ROMA3”は、1885年にミラノで誕生した自転車メーカーの人気作です。

シマノ製ギアを採用していること、雨天時にも安定した走行を約束するディスクブレーキを採用していること、そしてフロントギヤはダブルを採用しているこだわりが大きな特徴です。

クロスバイクならではのスポーツティーな走りを楽しみたい人は一度検討してみると良いでしょう。

トレック FX 1 Disc

おしゃれで軽快な走りも楽しめるトレック FX 1 Discのご案内です。トレックの”FX 1 Disc”は、軽量感重視のアルミクロスバイクです。スピーディな走行に長けていることはもちろん変速段数の豊富さから、オフロードにも対応できる柔軟性も持ち合わせています。

街乗りはもちろん、長時間のツーリングを楽しむ時にも最適なクロスバイクと言えるでしょう。力強いディスクブレーキを採用しているため、雨天時にも安定したブレーキングをすることができます。

キャノンデール Quick 5

洗礼されたデザインで人気の高いキャノンデール Quick 5のご案内です。キャノンデールの”Quick 5は、軽量かつ簡単にスピードが出せるよう徹底した造りが魅力のクロスバイクです。

衝撃吸収に優れたSAVEマイクロサスペンションで、らくらく走行できるよう設計されています。街乗りにぴったりのギアを採用しており、かつ360度の反射素材を採用していることから、夜間の走行にも最適です。

通勤・通学や安全に街乗りを楽しみたい人にも人気のモデルとなっています。やや高値なクロスバイクですが、末永く愛用できるため初心者も購入を検討してみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめの日本製クロスバイク4選

海外メーカーの人気クロスバイクがわかったところで、初心者におすすめの日本メーカーのクロスバイクから4つの人気モデルを紹介していきます。

初心者におすすめの日本メーカーのクロスバイクは「ブリヂストン ティービーワン」「コーダーブルーム RAIL 700A」「アンカー RL1」「パナソニック XU1」の4つのモデルです。

ブリヂストン ティービーワン

最初に紹介したい初心者におすすめの日本製クロスバイクは、ブリヂストン ティービーワンになります。ブリヂストンの”ティービーワン”は、言わずと知れたブリヂストンの手がける人気クロスバイクです。

「通学・通勤に便利な機能を詰め込んだクロスバイク」というコンセプト通り、最適な街乗り楽しめることでしょう。ティービーワンの特徴は豊富なオプションです。

普段使いを重視したモデルとなっていることから、荷物の持ち運びのしやすいオプション、リヤキャリヤなどを用意しているため、通勤・通学がより楽しくなること間違いなしです。

コーダーブルーム RAIL 700A

シリーズ累計販売台数3万台を突破したクロスバイク・コーダーブルーム RAIL 700Aのご案内です。コーダーブルームの”RAIL 700A”は、鮮やかなカラーと抜群の軽量、安定感を高めたフレーム設計で人気のモデルです。

末永く愛用できるよう入手しやすいパーツをパーツを要しいてることから、大切にクロスバイクを乗り続けたい人に重宝される存在と言えるでしょう。街乗りだけでなくスポーティーな走りにも対応する高性能モデルです。

アンカー RL1

「RLシリーズのエッセンスを引き継いだ、初めての1台におすすめのクロスバイク」のキャッチコピーで人気のアンカー RL1は、クロスバイク初心者にぴったりのモデルです。

アンカーの”RL1”は、天候に左右されない強力なディスクブレーキ、週末のサイクリングから通勤・通学まで幅広く活躍するモデルです。

ライトやワイヤー錠、スタンドを標準装備していることに加え3年間盗難補償が適用されるため、やや高値ですが安心してクロスバイクを乗りたい人はぜひ検討してみましょう。

パナソニック XU1

パナソニックからもクロスバイクが登場していることをご存じでしょうか。最後に紹介する”パナソニック XU1”は、最新の電動アシストを採用した新しいクロスバイクです。

クロスバイクですが電動アシストならではの圧倒的なパワーを発揮するため、街乗りはもちろん山道でのツーリングなどもらくらくこなします。

参考価格251,000円と非常に高価ですが、「自転車は好きだけどもっと快適に走行したい」という人は一度購入を検討する価値があるかもしれません。パナソニックのXU1で、ロードバイクも顔負けのパワーを体感してみましょう。

初心者向けクロスバイクもあなどれない性能

初心者におすすめのクロスバイクの選び方は、どんな乗り方をするのか、デザインとカラバリ、価格、メーカーの4つのポイントを押さえることです。

初心者向けクロスバイクも、上級者向けクロスバイクに劣らない性能を持っています。初心者向けクロスバイクのあなどれない性能を使いこなし、ツーリングを心ゆくまで楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ