「而今 (じこん)」は三重県の有名日本酒!定価や特約店・入手方法は?

「而今(じこん)」は三重県で作られた最高峰ともいわれている日本酒。生産数が少なく手に入れるのが難しい希少性の高い日本酒としても知られています。三重県の有名な日本酒「而今(じこん)」の魅力を、価格や入手方法も含めて徹底解説します。

「而今 (じこん)」は三重県の有名日本酒!定価や特約店・入手方法は?のイメージ

目次

  1. 1三重県の日本酒「而今 (じこん)」とは?
  2. 2日本酒「而今 (じこん)」が人気の理由
  3. 3日本酒「而今 (じこん)」の銘柄
  4. 4日本酒「而今 (じこん)」の価格
  5. 5日本酒「而今 (じこん)」の購入方法
  6. 6日本酒「而今 (じこん)」の口コミ
  7. 7日本酒「而今 (じこん)」のおすすめの飲み方
  8. 8日本酒「而今 (じこん)」を購入してみよう!

三重県の日本酒「而今 (じこん)」とは?

日本各地に地酒はたくさんあり、日本酒好きの方から高い人気を集めている銘柄も多いです。その中の一つとして人気を集めているのが、三重県の日本酒で「而今(じこん)」です。生産数が少なく入手するのが難しいとされている三重県の地酒の一つになります。

「而今(じこん)」は日本酒の中でも飲みやすいと言われていて、普段はあまり日本酒は飲まないという方でも美味しく味わうことができるのでおすすめ。

今回紹介していくのは、そんな三重県の日本酒「而今(じこん)」についてです。三重県の日本酒「而今(じこん)」の販売価格や入手方法、口コミ情報などを紹介していきます。「而今(じこん)」について知らなかったと言う方も、ぜひ参考にして入手してみてください。

日本酒「而今 (じこん)」が人気の理由

三重県の日本酒「而今(じこん)」について紹介する上で、大事なポイントとなるのが人気を集めている理由です。「而今(じこん)」は地酒の中でも人気の高い銘柄で、最高峰の味とも称されている日本酒です。男女問わずに万人受けしているのが特徴と言えるでしょう。

三重県の日本酒「而今(じこん)」が高い評価を集めているポイントを2点紹介しています。「而今(じこん)」を知らないと言う方でも、人気の理由からどんな日本酒か知ることができるでしょう。「而今(じこん)」を購入する前にポイントを押さえておくのがおすすめです。

伊賀産の山田錦で作る日本酒

三重県の日本酒「而今(じこん)」の人気の理由として最初に紹介するのは、伊賀産の山田錦を使って作られているという点です。

山田錦は「酒米の王様」と言われている稲の種類になります。良質な麹を作ることができるので日本酒を作るのには最適とされています。三重県伊賀市で取れた山田錦を使って作られた日本酒で、「而今(じこん)」は米のクセを感じないのも人気の理由の一つです。

美味しい日本酒になるには、良質な米麹によって変わってくると言えるでしょう。特に伊賀産の山田錦は三重県内では高い評価を得ているのが特徴です。美味しい味わいを楽しみたいと言う方の場合には、一度は「而今(じこん)」を飲んでみるのがおすすめです。

飲みやすい味わい

日本酒「而今(じこん)」の人気の理由として2点目は、やはり飲みやすさでしょう。フルーツのようなサッパリとした飲み口が「而今(じこん)」の特徴です。

甘味や酸味がバランス良く絶妙にマッチしているので、飲みやすく美味しいと人気を集めています。日本酒が苦手という方でも「而今(じこん)」なら飲めるという方も少なくありません。初めて日本酒を飲むという方にもおすすめの銘柄になります。

サッパリとした酸味があるので、料理に合わせて飲みやすいのも人気の理由の一つ。ちょっとしたツマミと一緒に味わうのはもちろん、本格的な料理と合わせても美味しく楽しめます。まだ「而今(じこん)」を飲んだことがない方は一度は試してみるのがおすすめです。

日本酒「而今 (じこん)」の銘柄

今回紹介している三重県の日本酒「而今(じこん)」ですが、「而今(じこん)」シリーズとしていろんな種類が作られています。それぞれの「而今(じこん)」には味わいなどに違いがあるので、飲みくらべをして好みの味を見つけるのも楽しみ方の一つと言えるでしょう。

ここで紹介するのは、「而今(じこん)」シリーズになります。価格に関しては次の項目で紹介していくので、ここではそれぞれの味わいの特徴などを紹介していきます。「而今(じこん)」を購入する場合には、銘柄別に特徴をチェックしておくのがおすすめになります。

而今純米大吟醸

最初に紹介するのは「而今純米大吟醸」です。而今純米大吟醸は最高峰の日本酒とも言われている銘柄の一つです。濃密な旨味を持っていて上級品としての味わいを存分に楽しめます。而今純米大吟醸は、フルーティーな甘味を楽しめるのも魅力です。

後味もしっかりと楽しめるので、最後の一口まで美味しく楽しめるので而今純米大吟醸は人気の高い銘柄の一つとしておすすめになります。

而今純米大吟醸は1800ミリリットルの大瓶の他に、720ミリリットルの小さいサイズも販売されています。色んな「而今(じこん)」の味を楽しむ場合にも購入しやすくなっているのが特徴。初めて「而今(じこん)」を味わう方でも満足できると言えるでしょう。

而今純米大吟醸は、料理と相性がいいのもおすすめのポイント。料理がメインになることがなく而今純米大吟醸がメインとなるので、而今純米大吟醸似合わせて料理を選択する方が多いです。料理に合わせやすいので而今純米大吟醸を中心に選択もしやすいです。

料理によって而今純米大吟醸の味わいなどを変えることができるので、単純に飲み口を楽しむだけでなく色んな飲み方を試してみるのもおすすめの楽しみ方の一つです。喉越しが良くて重量感の感じられる旨味を満喫できるので一度味わってみてください。

而今純米吟醸 山田錦

続いて紹介するのは「而今純米吟醸 山田錦」です。山田錦の旨味を楽しめる日本酒で、フレッシュな果実の香りを楽しめるのが特徴の銘柄。

酸味は少し強めになっていますが、ほのかな甘味もしっかりと感じられるので飲みづらさを感じないで楽しむことができるでしょう。人気が高く売り切れになってしまうのが早い種類になっているので、購入する場合には注意が必要になります。

落ち着いた味わいで楽しめるので、最初に紹介した而今純米大吟醸と同じように料理に合わせて楽しみやすいでしょう。こちらも大瓶だけではなく720ミリリットルのサイズが販売されているので、小さいサイズで試してみるのもおすすめになります。

而今純米吟醸 雄町

クセの少ない米の味を楽しめるのが「而今純米吟醸 雄町」です。まろやかな口当たりの中にも、しっかりと重量感のある旨味を楽しめるのが特徴。

また飲みたくなる味とも称されている銘柄で、甘味や酸味のバランスが絶妙です。そして一番の特徴は、口の中から感じられるフルーティーで上品な香りでしょう。日本酒とは思えないような上品さが感じられる香りは人気の理由の一つと言えます。

「而今(じこん)」シリーズはたくさんありますが、その中では膨よかな旨味を一番感じられると言われています。他の「而今(じこん)」と比べてみると、その上品な香りや旨味をより楽しめるでしょう。初めての方でも飲みやすくなっているのでおすすめになります。

而今特別純米

最後に紹介するのは「而今特別純米」です。「而今(じこん)」の特徴がわかりやすい日本酒になっているので、「而今(じこん)」を飲んだことがない方は而今特別純米から味わうのもおすすめ。酸味の後に程よい甘味が広がる銘柄になっています。

山田錦だけではなく五百万石を使用しているのも特徴で、ジューシーさも感じられます。何度飲んでも飽きが来ない種類になっているのも魅力になります。

キレ味にも優れているので、日本酒のお手本とも言われているのが特徴。「而今(じこん)」の原点とも言える味わいになっているので、まずは而今特別純米から味わってみてください。「而今(じこん)」の本来の旨味を心ゆくまで堪能することができるでしょう。

日本酒「而今 (じこん)」の価格

ここまで三重県の日本酒「而今(じこん)」について銘柄などを紹介してきましたが、価格がいくらくらいなのか気になるという方も少なくないでしょう。価格が高すぎると購入を検討してしまうものです。そこで、ここでは「而今(じこん)」の価格について紹介します。

「而今(じこん)」は生産数が少ないため希少性が高い日本酒になりますが、決して購入できないほどの高価格になっているわけではありません。

ただ「而今(じこん)」の種類によって価格は変わってくるので、購入する場合には注意するようにしましょう。また、購入場所によっても「而今(じこん)」の価格には違いがあります。ギフト用の化粧箱の有無によっても違いが出てくるので覚えておくと便利です。

気になる価格になりますが、今回紹介した而今純米大吟醸の場合には特約店では小さいサイズで5500円からとなっています。大瓶の場合には1万円前後で購入することができます。「而今(じこん)」の希少性をふまえても、決して高額ではないでしょう。

「而今(じこん)」の価格が安いのでは2000円前後から4000円前後で購入できる種類もあります。飲み比べをして楽しむにも購入しやすい価格になっているのが特徴です。最高峰と称されている日本酒も、購入しやすくなっているのは魅力と言えるでしょう。

日本酒「而今 (じこん)」の購入方法

先ほども触れたように「而今(じこん)」は、生産数が少ないのが特徴の日本酒です。そのことから希少性が高いとも言われていますが、決して高い価格設定になっているわけではありません。誰でも購入しやすくなっているのが「而今(じこん)」の魅力になります。

そんな「而今(じこん)」の購入方法についても紹介していきます。「而今(じこん)」は三重県の地酒になりますが、三重県でのみ購入できるというわけではありません。「而今(じこん)」は入手困難な日本酒になるので、購入方法を知っておくと便利です。

特約店での購入がおすすめ

「而今(じこん)」はネット通販などでも購入できる人気の地酒になりますが、「而今(じこん)」を購入する場合には特約店を選択するのがおすすめになります。

特約店は特定の条件のついた契約をしている卸売業者のことを言うのですが、特約店には一次特約店や二次特約店がありますが、「而今(じこん)」購入の場合にはネット通販でも特約店を選択するのがおすすめ。と言うのも、価格などに違いがあるからです。

同じ「而今(じこん)」の種類でも特約店の場合は1万円前後の商品もネット通販では、2万円近くになっている場合もあります。送料がかかったとしても特約店を選択すると安い料金で購入することができるので、購入時にはチェックしておくのがおすすめです。

また、特約店の場合には「而今(じこん)」の種類が豊富に揃っているのも魅力です。もちろん売り切れになってしまうことも早いのですが、種類が豊富に揃っているので色んな「而今(じこん)」をチェックできるのも特約店のおすすめのポイントになります。

特約店によってはネット通販を行っていることも多いので、三重県に在住の方だけでなく全国各地で「而今(じこん)」を購入して楽しめるでしょう。まだ、「而今(じこん)」を飲んだことがないと言う方も、まずは特約店をチェックしてみてはいかがでしょうか。

日本酒「而今 (じこん)」の口コミ

三重県の日本酒「而今(じこん)」を購入した方の口コミについてもチェックしていきましょう。「而今(じこん)」の口コミは多数寄せられていて、全体的に好意見になっているのが特徴です。「美味しい」、「飲みやすい」と言う意見はその中でも大半を占めています。

特にフルーティーな味わいについては、女性からも人気を集めています。酸味の中にフルーツの甘みを感じられるとしているのがポイント。中には日本酒の概念が変わったとしている方もいるので、「而今(じこん)」の人気を口コミからも知ることができます。

「而今(じこん)」は種類が豊富に揃っているのですが、それぞれの「而今(じこん)」の種類別に口コミが寄せられています。口当たりの感想なども口コミではチェックすることができるので、「而今(じこん)」を購入する前にチェックしておく価値は十分にあると言えます。

苦味を感じないで楽しめたとする意見なども寄せられているので、地酒の中でも人気の高さを量り知ることができます。当記事で紹介した「而今(じこん)」以外の口コミも寄せられているので、ぜひ一度「而今(じこん)」の口コミをチェックしてみてください。

日本酒「而今 (じこん)」のおすすめの飲み方

最後になりますが、「而今(じこん)」の飲み方についても触れていきます。「而今(じこん)」は日本酒になるので、焼酎などとは違い水割りなどの飲み方があるわけではありません。ここで紹介する飲み方は、「而今(じこん)」を美味しく楽しめるグラスについてです。

日本酒と言えばお猪口で飲んだり、冷やの場合には升の中に入れたコップで飲むことも多いです。他にも盃などの飲み方もありますが、一般的なのはコップやお猪口と言えるでしょう。ですが、「而今(じこん)」はコップではなくワイングラスがおすすめになります。

「而今(じこん)」はフルーティーな香りを楽しめる種類もあるので、ワイングラスで楽しむとより美味しい味わいになると言われてます。日本酒という感覚を忘れて楽しめるのも魅力で、料理にも合わせやすくなっているのも特徴と言えるでしょう。

日本酒だからと日本の飲み方を利用するだけではなく、違う形で楽しむのもおすすめです。飲むグラスを変えるだけで見た目の雰囲気が変わり味わいにも変化をもたらします。普段はコップを利用している方も、一度ワイングラスを利用して見てください。

Thumb日本酒の美味しい飲み方は?初心者におすすめのアレンジや温度での違いまとめ!
日本を代表するお酒「日本酒」。日本酒は飲み方によって風味が変わり、種類や銘柄によって初心者で...

日本酒「而今 (じこん)」を購入してみよう!

「而今(じこん)」は高い人気を誇っている三重県の日本酒。酸味と甘味のバランスが絶妙で飲みやすくなっているのが特徴です。フルーティーな味わいは、日本酒が苦手な方でも美味しく楽しむことができるので一度は味わってみるのがおすすめ。

当記事で紹介したのは、「而今(じこん)」の中でも人気の銘柄になります。「而今(じこん)」には他にも色んな種類がありますが、まずは人気の「而今(じこん)」から味わってみるのがおすすめ。まずは一度特約店で「而今(じこん)」をチェックしてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ