入手困難な幻の日本酒ランキングベスト11!市場に出回らない希少銘柄ばかり!

お酒好きの人にとって、幻と呼ばれる日本酒は気になるところではないでしょうか。今回は、入手困難な幻の日本酒ランキングをお届けします。市場に出回らない希少銘柄のランキングとなっていますが、なかには意外にお手頃価格で入手困難ではない幻の日本酒も登場します。

入手困難な幻の日本酒ランキングベスト11!市場に出回らない希少銘柄ばかり!のイメージ

目次

  1. 1入手困難な幻の日本酒とは?
  2. 2入手困難な幻の日本酒11本をランキングでご紹介
  3. 3入手困難な幻の日本酒ランキング11位から8位
  4. 4入手困難な幻の日本酒ランキング7位から4位
  5. 5入手困難な幻の日本酒ランキング第3位:黒龍しずく
  6. 6入手困難な幻の日本酒ランキング第2位:寫樂
  7. 7入手困難な幻の日本酒ランキング第1位:十四代 本丸 秘伝玉返し
  8. 8珍しい銘柄は正規ルートでの入手がおすすめ

入手困難な幻の日本酒とは?

日本全国には多くの酒蔵が存在し、なかには機械を使わずすべて手作業で日本酒を造ることにこだわる酒蔵もあります。それらの酒蔵で作られた日本酒のなかには”幻の日本酒”と呼ばれるものがいくつか存在します。

酵母・無濾過にこだわり他では味わえない日本酒が楽しめるよう長い時間熟成させて日本酒や、少数精鋭によって作られる伝統的な日本酒なども幻の日本酒に含まれます。

入手困難な幻の日本酒11本をランキングでご紹介

今回の記事では、希少価値が高く入手困難とされる幻の日本酒をランキング形式でご案内します。幻の日本酒は数に限りがあるためどれもが高級品ですが、なかでも珍しい幻の日本酒や、入手困難な人気の高い幻の日本酒などもランキングでは登場します。

「日本酒が好き」「幻の日本酒を一度飲んでみたい」「大切な人のお祝いに幻の日本酒を贈りたい」という人まで、早速チェックしていきましょう。

なお紹介する情報は2021年10月時点のものとなり、時期によって紹介する商品の内容・価格など異なる可能性があります。

入手困難な幻の日本酒ランキング11位から8位

では早速、入手困難とされる幻の日本酒ランキングを発表していきます。紹介するのは幻の日本酒ランキング第11位からランキング第8位までです。

登場する日本酒はどれもおすすめばかりであることはもちろん、高級品から、幻の日本酒でありながらとてもリーズナブルという珍しい幻の日本酒まで幅広く登場します。

11位:鍋島

入手困難な幻の日本酒ランキング第11位となったのは、知る人ぞ知る名酒・鍋島になります。”鍋島”は佐賀県のお酒になります。1998年に誕生した鍋島は、非常に浅い歴史の日本酒と言っていいでしょう。なぜ鍋島が幻の日本酒と呼ばれるようになったのでしょうか。

世界最大規模にして最高権威と称されるインターナショナル・ワイン・チャレンジ2011の日本酒部門において、最優秀賞に選出されるなど数々の栄誉に輝いたことがきっかけです。

若い日本であったという珍しいエピソードを持っていたことからも話題を呼び、人気に火が付いたことで入手困難の幻の日本酒となってしまいました。

また第14回国際酒祭りinTOKYOで純米酒部門で見事グランプリを獲得したことで、人気を不動のものとしています。

10位:加茂錦

幻の日本酒おすすめランキング第10位となったのは、米所・新潟の誇る加茂錦になります。新潟県で誕生した”加茂錦”は、名だたる名酒の多い新潟のなかで幻の日本酒と称される珍しいお酒になります。

希少な日本酒であることに違いはありませんが、価格そのものはリーズナブルと言っていいでしょう。新潟県民もうなる圧倒的な美味しさの日本酒が、720ミリリットル1,628円から購入できることから常に品切れの状態が続いています。

加茂錦の美味しさの秘密は、わずか25歳の杜氏が「アルコールであることを感じさせないスムースな味わい」を目指したことにあるとされています。

オンライン上からの入手が困難とされる幻の日本酒だけでに、購入する時は町の酒屋さんに相談するなどすると良いでしょう。

9位:而今

三重県に酒蔵を構える而今が、人気の高い幻の日本酒ランキング第9位に選ばれました。三重県の名酒”而今”は、伝統的な日本酒造りを行う老舗の酒蔵で誕生した日本酒です。伝統とこだわりの詰まった製法で生み出されるのは、生酒です。

フレッシュさを大切にしている而今はまるで生きているようでもあり、取扱には注意が必要なお酒でもあります。-5度以下の環境では品質が劣化し、火入れをしても冷蔵保存をおすすめするという徹底ぶりです。

丹精込めて作られたお酒のため720ミリリットル5,500円と紛れもない高級品ですが、高級品であること以上に入手困難であることが幻の日本酒と呼ばれる由縁です。

購入時は必ず而今の公式ホームページ上から注文し理想的な保存状態で届けてもらい、而今本来のフレッシュさを存分に楽しむことをおすすめします。

Thumb「而今 (じこん)」は三重県の有名日本酒!定価や特約店・入手方法は?
「而今(じこん)」は三重県で作られた最高峰ともいわれている日本酒。生産数が少なく手に入れるの...

8位:飛露喜

一時は廃業まで追い込まれ、幻の日本酒によって復活したという珍しい酒蔵があることをご存じでしょうか。福島苑の酒蔵から誕生した”飛露喜”は、今でこそ大人気のブランドとなった廣木酒造の起死回生に一躍買った幻の日本酒です。

飛露喜の特徴は、なんと言っても「濃密な旨味に隠された透明感」です。米の旨味がほど良く残っているにも関わらず、のどを通りすぎると余韻を残すことなくすっきり味わえるのです。そのため日本酒が苦手な人でも美味しく飲めるのではないでしょうか。

すっきりとした味わいから、辛口の日本酒との相性が悪いとされる洋食、特に肉料理などとも抜群の相性を見せて呉れでしょう。1.8リットル2,600円ととてもお求め安いことも人気の理由と言っていいでしょう。

入手困難な幻の日本酒ランキング7位から4位

ここからは、入手困難な幻の日本酒おすすめランキング第7位からランキング第4位までを見ていきます。

超高級品からお買い得な日本酒まで幅広く登場しますので、引き続き詳細を確認してみましょう。

7位:御前酒 特等雄町2.2

入手困難な幻の日本酒ランキング第7位に輝いたのは、岡山県の誇る幻の日本酒・御前酒 特等雄町2.2になります。”御前酒 特等雄町2.2”は事前予約が必要な幻の日本酒です。

720ミリリットル33,000円と超高級品ですが、常に品切れ中という幻の日本酒の名にふさわしい名酒となっています。栽培・収穫、酒造り・醗酵まで酒蔵だけでなく酒米生産者の持つすべての技術を注ぎ込んだという珍しい高級地酒でもあります。

機械では生み出せない人の手の生み出す温もり、杜氏の栽培した2.2ミリメートルの大粒を使用することが、ほかの日本酒との最大の違いとされています。

6位:射美

販売してもすぐに完売してしまう人気商品・射美が幻の日本酒ランキング第6位に輝きました。岐阜県の幻の日本酒”射美”は、通常同時に行わないとされる糖化と発酵を並行し行うことで、ほかの日本酒には生み出せない独特の風味を楽しむことができます。

1.8リットル2,860円ととてもお得な日本酒ですが、販売後すぐに売り切れてしまうことから幻の日本酒と呼ばれています。

もちろん射美にはさまざまな種類やサイズの商品がラインナップいされていますが、どれも大人気です。万が一見かけたらすぐに注文する、射美に詳しい酒屋さんをマークするというのもおすすめの入手方法です。

5位:花陽浴

入手困難な幻の日本酒ランキング第5位となったのは、埼玉県の花陽浴になります。”花陽浴”は姉と弟、姉の旦那という3人で酒造りを行う小さな酒蔵で誕生した日本酒です。

家族経営というとても珍しい酒蔵ですが、家族経営の酒蔵の利点を活かした花陽浴が女性にヒットし、入手困難な幻の日本酒の仲間入りをしました。花陽浴の特徴は、すこし甘酸っぱいことです。

甘味とのバランスが良いことから、さまざまな料理さらにはスイーツとの相性が良く「花陽浴を飲んで日本酒の美味しさに気付いた」という日本酒初心者や女性から大人気となっています。

小さな酒蔵が手間暇かけて作る地酒であることから、販売数そのものが少なくコアなファンが購入しあっという間に売り切れてしまいます。

4位:花邑

秋田の老舗の酒蔵の幻の日本酒・花邑が幻の日本酒ランキング第4位に選ばれました。”花邑”のおすすめポイントは、高級品ではなく一般的に手にしやすいこと、高級品でないにもかかわらず高級品そのものの味わいが楽しめることにあるでしょう。

花邑は人気・実力ともに日本酒の頂点に立つとされる十四代の社長の技術の結晶とされる純米酒です。 酒造りだけでなく保管方法やラベルに至るまですべての監修を行っている、高級であると同時に珍しい日本酒としても知られます。

やや甘口で旨味たっぷりの日本酒となっており、キレのある甘口という珍しい風味が最大の特徴です。

入手困難な幻の日本酒ランキング第3位:黒龍しずく

ここからは、入手困難な幻の日本酒ランキング上位となるランキング第3位からランキング第1位までの日本酒を、さらに詳細にご案内していきます。ランキング第3位に選出された幻の日本酒は、福井県の酒蔵から誕生した日本酒・黒龍しずくです。

”黒龍しずく”は年に2回しか販売されない高級銘柄となっていることから、非常に入手難易度の高いことで有名です。

黒龍しずくは熟練した職人の手により1つ1つ作り上げられる幻の日本酒であり、1980年の発売以降人気となりながら何度も試行錯誤を繰り返す意欲的な作品でもあります。

その様子は芸術そのものであり、現在では黒龍しずくならではの極上の香りを最大限楽しめるよう大吟醸酒に仕上げています。

まるでイチゴやライチ、さらにバナナといったフルーツを彷彿させるフルーティな香りが特徴となっており、甘さのなかにキレのある珍しい余韻を楽しむことができるでしょう。日本酒初心者はもちろん女性にもおすすめしたくなるような見事な仕上がりです。

Thumb「黒龍」は幻の日本酒と話題の人気ブランド!種類や味・度数・値段は?
日本でもトップクラスの味わいの日本酒ということで人気を集めている、「黒龍」の日本酒情報につい...

年に2回販売されている高級銘柄

そんな黒龍しずくが販売されるのが、例年6月と11月の2回のみとなっています。価格についても決して安くはないことから、幻の日本酒ランキング第3位にふさわしいと言えるでしょう。

販売日にはあっという間に売り切れてしまうことから、購入を希望する場合は黒龍しずくの公式ホームページを入念にチェックしましょう。

入手困難な幻の日本酒ランキング第2位:寫樂

入手困難な幻の日本酒ランキング第2位に紹介したいのは、福島を代表する幻の日本酒・寫樂です。福島の”寫樂”は、福島県の人気観光地としても名高い会津若松市の酒蔵で作られる希少な日本酒です。

メロンをはじめと知る果実を彷彿させる香り、そして甘み酸味、辛味のキレの良さが心地よく、和食から洋食まで幅広い料理とよく合います。

寫樂の多くの商品が兵庫県産の山田錦をベースとしており磨きが50パーセント、冷やがおすすめの飲み方ということが共通点です。

福島を代表する幻のお酒

そんな福島を代表する幻のお酒・寫樂ですが、今回のランキングのなかでは比較的入手難易度も高くなく、1.8リットル3,740円ほどの商品が多いことから、比較的手に入りやすい穴場的な日本酒ともいえるかもしれません。

ただし知る人ぞ知る絶品の日本酒でもあることから、なかにはプレミア価格のついている品種まであります。多くの日本酒好きをうならせてきた寫樂は、今回のランキング第2位にふさわしい存在ではないでしょうか。

「美味しい日本酒が飲みたい」「日本酒好きの人に特別な日本酒を贈りたい」という人は、一度福島を代表する幻の日本酒・寫樂を味わってみましょう。

入手困難な幻の日本酒ランキング第1位:十四代 本丸 秘伝玉返し

いよいよ今回のランキング第1位に輝いた幻の日本酒を紹介します。入手困難な幻の日本酒ランキング第1位となったのは、山形県で誕生した十四代 本丸 秘伝玉返しになります。

”十四代 本丸 秘伝玉返し”は、「十四代の最高峰」「これより美味しい本醸造に出会ったことがない」と称賛される、今回のランキング第1位にふさわしい日本酒です。

生産量の少なさはもちろん、圧倒的な美味しさから入手困難な状況が続く十四代 本丸 秘伝玉返しは、幻の日本酒のなかでも幻と言える存在です。特に「十四代」の名前は、日本酒好きの人であれば一度聞いたことがあるのではないでしょうか。

あえて磨きを60パーセントに仕上げること、十四代であるにもかかわらずフルーティーな風味に仕上げることによりこれまでの十四代をイメージを覆す十四代 本丸 秘伝玉返しは、「辛口の日本酒が口に合わない」「日本酒がそもそも苦手」という人にこそおすすめしたい日本酒です。

全国に日本酒ブームを呼んだ人気銘柄

十四代は「日本酒ブームを呼んだ人気銘柄」と呼ばれることがあります。新潟の端麗辛口酒が日本酒の主流だった平成初期、それまでのイメージを覆す日本酒が次々に誕生しました。

現在残っている酒蔵は全国で1,400以上とされていますが、日本酒ブームのころに比べるとげ激減していると言います。山形で400年続く高木酒造も、日本酒ブームを経験してきた数少ない酒蔵の1つです。

そして、そんな高木酒造を代表する幻の日本酒が十四代です。なかでも十四代 本丸 秘伝玉返しは、十四代の定番人気である十四代 本丸に自社の粕取り焼酎を添加することで十四代 本丸とは違った表情を見せる自信作です。

コアなファンの間で「造りは本醸造でありあながら味・バランスは吟醸酒そのもの」と口コミが広がる十四代 本丸 秘伝玉返しは、一度飲めば病みつきになる美味しさです。

Thumb幻の日本酒「十四代」は最高級のプレミア品!種類や価格・販売店は?
なかなか手に入らない幻の高級日本酒ということで話題となっている、「十四代」のおすすめ情報につ...

珍しい銘柄は正規ルートでの入手がおすすめ

今回は、幻の日本酒を11商品に厳選して紹介してきました。いずれもいまだに入手困難な状況が続いていることから、目にしたらぜひ手にしたい逸品ばかりです。

珍しい製法で作られる日本酒の数々は、ほかでは決して体験できない深みを堪能させてくれることでしょう。珍しい銘柄は正規ルートでの入手がおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ