キャンプ初心者必見!おすすめの持ち物や道具・料理・人気の場所まで徹底ガイド!

キャンプ初心者の方に、事前に準備しておくキャンプに必要な道具や持ち物を紹介!キャンプ時に楽しめるおすすめの料理や初心者の方に人気のスポットも紹介していきます。キャンプの流れや楽しみ方をチェックできるので、参考にしてキャンプライフを楽しみましょう。

キャンプ初心者必見!おすすめの持ち物や道具・料理・人気の場所まで徹底ガイド!のイメージ

目次

  1. 1キャンプ初心者でも安全にアウトドアを楽しむには
  2. 2キャンプ初心者の心構え
  3. 3通常キャンプの一日の流れ(1泊2日)
  4. 4キャンプ初心者が初めに用意する持ち物
  5. 5キャンプ初心者におすすめの料理
  6. 6キャンプ初心者が使いやすいおすすめキャンプ道具
  7. 7キャンプ道具は100均でも購入できる
  8. 8キャンプ初心者に人気の場所
  9. 9キャンプ初心者は気軽に楽しめる方法から試していこう

キャンプ初心者でも安全にアウトドアを楽しむには

キャンプ初心者の方が、キャンプライフを楽しむための情報を一挙紹介!持ち物や道具など、キャンプ初心者の方が安全に楽しむための情報を紹介します。特に初めてキャンプをする方の場合には、何を用意したら良いのかわからないという方も少なくありません。

キャンプ初心者の方は、せっかくのキャンプで失敗してしまわないようにチェックしておくのがおすすめ。キャンプ初心者に人気の場所やおすすめの料理についても触れていきます。キャンプ初心者の方は、ぜひ参考にしてキャンプを楽しんでください。

Thumbオートキャンプとは何?初心者向けに持ち物やマナー・楽しみ方を解説!
アウトドア好きの人の間ではおなじみのオートキャンプですが、そもそもオートキャンプと通常のキャ...

キャンプ初心者の心構え

今回当記事で紹介するのはキャンプ初心者向けの内容になっています。キャンプ初心者の方は、キャンプに出る前に楽しむために心構えをしておくのが大事な要素です。心構えといっても、決して難しいことではないのですぐに実践することが可能です。

ここでは、キャンプ初心者に最も大事なポイントを3点紹介していきます。キャンプを初めて行う場合には必要な要素になっているので、「思い立ったらすぐ行動!」とならずにまずは心構えをチェックしてからの方が失敗せずに楽しめるのでおすすめになります。

初心者向けの情報を積極的に探す

キャンプ初心者の方は、キャンプ情報を聞き齧りで知っているという方も少なくありません。楽しい点だけを聞いてやってみようと考える方も多いでしょう。もちろんキャンプは楽しいのですが、キャンプ初心者の方は情報を集めるのが大事な要素です。

当記事も含めてインターネット上にはキャンプ初心者向けの記事も多数あります。1つの情報だけでなくたくさんの内容からキャンプの情報を集めることで危険を回避することができます。より楽しむためにも、キャンプに出かける前に情報を集めてみましょう。

道具は安価で使用が簡単な物から試す

キャンプ初心者の方には、形から入ろうと考える方も多いです。周りのキャンパーが利用しているキャンプ道具を購入して準備をする方も多いでしょう。ですがキャンプ道具は一通り揃えると、決して安い金額ではないので注意が必要です。

一通り道具を揃えてキャンプをしてみたが、実際に自分のスタイルに合わない場合もあるでしょう。キャンプに出かける機会が減っていくと無駄になってしまいます。とりあえず始めてみたいというキャンプ初心者の方は安価の道具から挑戦するのがおすすめです。

安全なスポット選びをする

最後に紹介するのはキャンプ場についてです。全国各地にキャンプ場は多数ありますが、中にはキャンプ初心者には不向きの場所もあります。テント設営など全てが不慣れなキャンプ初心者の方は、安全性について考慮してスポット選びをするのがおすすめ。

人気があるというだけで選ぶのではなく、キャンプ場の口コミ情報などをチェックするのが大事と言えるでしょう。どんな場所だったのかも含めて口コミではキャンプ場の色んな情報をチェックすることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

通常キャンプの一日の流れ(1泊2日)

キャンプ初心者の方は、キャンプの流れについてチェックしておくのもおすすめのポイントの一つ。一日の流れを知っているのと知らないのでは大きく違いがあります。例えば思いつきで行動した場合には、キャンプでは時間が足りなくなる場合もあります。

キャンプの一日の流れを知っておくと、事前に計画を立てて有効な時間の使い方ができるでしょう。ここで紹介するのはキャンプに1泊2日でアクセスした時の流れになります。大まかな流れになっているので、キャンプ初心者の方は参考にしてください。

キャンプ場に到着

キャンプの流れのスタートは、当然キャンプ場に向かうことです。宿泊キャンプを楽しむ場合には、基本的にホテルなどのようにチェックインやチェックアウト時間が設けられています。最も多いのが13時や14時からとなっているので時間に注意しましょう。

予約必須のキャンプ場の場合には、事前に知っておくことができます。ですが予約をせずにアクセスする場合には、しっかりとチェックイン時間はチェックしておきましょう。キャンプ場に到着したら受付を済ませてキャンプ開始になります。

テント設営や寝床の準備

次に行うのはテント設営になります。フリーサイトの場合には他のキャンパーの邪魔にならないようにしてテントを設営していき寝床を確保していきます。キャンプサイトを予約している場合には、場所が決められているのでそこに設営していく形になります。

キャンプ初心者が一番最初に苦戦するのが、テント設営になります。特にソロでアクセスした場合には失敗してしまうことも多いです。用意したテントの設営方法については、しっかりとチェックしておくと設営をスムーズに行えるのでおすすめになります。

食事の支度

テント設営をして時間がたくさん余った場合には、周辺を散策して過ごしたりできるでしょう。自由時間を楽しんだ後に必要になるのが食事の準備になります。食事はキャンプを楽しむ上での醍醐味とも言えるので、手の込んだ料理の場合は早めに準備しましょう。

どんな料理をするのかによっても変わってきてしまいますが、火の準備や水の準備などを事前に行っておくと料理を好きな時間にスムーズに始められます。何を作るかを決めている場合は、自宅で食材の下準備をしておくのがおすすめになります。

星空を楽しんで就寝

キャンプ場の夜は静かに過ごすのがポイント。多くのキャンパーが利用しているキャンプ場で遅い時間まで騒ぐのは他の方に迷惑をかけるので注意しましょう。キャンプ場の夜には美しい星空があるので、満点の星空を堪能して過ごしてみるのがおすすめ。

都会では楽しめない景色になっているので、キャンプ場ならではの景色として楽しめます。朝ごはんの準備や片付けの準備もあるので、あまり遅くまで起きていないようにするのもポイント。寝坊してしまわないように注意してください。

チェックアウト

翌朝は朝食などを楽しんだら片付けをして、チェックアウトをします。キャンプ場のチェックアウト時間は、10時から12時の間になっていることが多いです。キャンプ場によって違いがあるので、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

片付けにかかる時間を逆算して朝起きるようにするのがおすすめ。片付けが済んだ後は帰るだけです。もう1泊する場合には、テント設営時間などを短縮して利用することが可能です。ゆっくりとした時間を楽しむことができるので連泊するのも楽しみ方の一つです。

キャンプ初心者が初めに用意する持ち物

続いて紹介していくのは、キャンプ初心者が用意する持ち物についです。キャンプ初心者の方は、どんな持ち物を用意したらいいのかわからなくて目よってしまうことが多いです。ここで紹介するのは最低限必要な持ち物となっているので準備するのがおすすめ。

事前にしっかりと持ち物を用意しておくだけで、キャンプ場にアクセスした時に困ってしまうことがありません。どんな場所でキャンプをするのかも踏まえて、しっかりと持ち物をチェックしてキャンプライフを満喫しましょう。

テント

寝床となるテントは、キャンプでは必要不可欠な持ち物です。コテージなどを利用してキャンプを楽しむ方は必要ありませんが、コテージなどを利用しない場合にはテントを忘れてはキャンプライフを満喫することができなくなってしまいます。

ソロやファミリーなどキャンプする人数に合わせたテントを選択してアクセスするようにしましょう。中にはテントのレンタルをしているキャンプ場もありますが、数に制限がある場合もあるのでテントを持ち物に入れておくのが確実と言えるでしょう。

シュラフとマット

テントと同じように持ち物として忘れてはいけないのが、シュラフやマットです。テントは寝床としての外壁のような形になります。キャンプでの快適な睡眠をとるのにシュラフやマットは必要なものです。季節によって毛布などを用意しておくのもおすすめ。

季節を問わずに通年利用できるタイプのシュラフやマットも販売されているので、キャンプを楽しむ時期に合わせて用意しておくのがいいでしょう。持ち物としては忘れてはいけないものになっているので、予めしっかりと用意しておきましょう。

料理用道具とバーナー

続いて紹介する持ち物は、料理用道具とバーナーです。大人数か一人かで食事のスタイルは変わってきてしまいますが、どちらのスタイルでも大事なのは料理用道具とバーナーです。簡単に火を起こせるバーナーなどは、キャンプ料理を作るのに人気があります。

事前にどんな料理を作るかを決めておくと、必要な料理用道具をチェックすることができます。箸や皿などは忘れてしまってもキャンプ場で購入できることが多いです。当日購入予定の場合は、購入できるものをチェックしておくのも大事なポイントです。

明るいランタン

ランタンも持ち物として入れておくようにしましょう。キャンプ場は自然豊かな場所にあるので、夜には想像以上に暗くなってしまいます。都会のようにネオンもなければ自宅のように電気が設置されているわけでもないので明かりの確保として用意しましょう。

ランタンがあるだけでも違ってくるので、テントの中で夜の時間を過ごす場合にも便利な道具になります。明るさの調整ができるランタンなどもあるので、人気の商品などをチェックしてみるのもおすすめ。最低1個は持っていくようにしましょう。

防犯グッズ

キャンプ場では、実は危険もあります。盗難被害なども実際に起こっていることなので、防犯グッズを用意しておくのは大事です。キャンプに持っていける防犯グッズには色々あります。笛の場合には、他のキャンパーに危険を知らせることができるでしょう。

相手が人の場合には防犯スプレーなども約に立ちますし、テント内で就寝中の荷物を保護するためのチェーンなども防犯グッズとして人気があります。自分の身を守るためにも必要になるので男女問わずに、防犯グッズを用意しておくようにしましょう。

季節や場所に合わせた着替え

最後に紹介するキャンプ初心者が用意する持ち物は、着替えになります。季節によって気温の変化があるのですが、キャンプ場の場所によっては市街と寒暖差が激しい場合があります。周りに遮るものがない分風を強く感じる場合もあるでしょう。

そのため夜に寒くなってもいいように羽織れるものを用意したり、季節に合わせた着替えを用意しておくのが大事です。冬には寒さを凌ぐことができるし、夏には汗をかいた後に着替えることも可能なので必要な衣類を要しておくのがおすすめになります。

キャンプ初心者におすすめの料理

キャンプの楽しみの一つが料理で、キャンプ飯として多くのメニューが人気を集めています。手の込んだ料理から簡単に作れる料理まで幅広く楽しめるのがポイント。ですが、キャンプ初心者の方はキャンプ場での料理のコツを覚えるのがおすすめになります。

自宅で料理するのとは勝手が違ってくるので、簡単な料理から手の込んだ料理へと挑戦していくのがいいでしょう。ここでは、キャンプ初心者の方でも挑戦しやすいおすすめの料理を紹介します。簡単な料理になっているので挑戦してみてください。

レトルト・缶詰

キャンプ初心者におすすめの料理で最初に紹介するのは、レトルトや缶詰を使った料理です。レトルトや缶詰を使った料理は初心者の方だけではなくキャンパーの間では人気があるので、いろんなアレンジをしながら楽しめるのが魅力になります。

缶詰はそのまま食べるのもいいですが、他の食材と合わせて違う料理にすることも可能です。キャンプ飯での人気の料理にも使用されているので用意しておくのも一つです。レトルトは時間がない時に簡単な食事にできるので常備しておくだけで便利です。

ラーメン

キャンプでおすすめの料理の2つ目は、ラーメンになります。インスタントラーメンやカップラーメンと、キャンプ場で楽しめるラーメンも色々あります。特に冷え込む夜の外で食べるラーメンは格別な味わいになっているので人気を集めています。

もちろん単純にラーメンを作るだけではなく、先述した缶詰などを合わせて楽しんでみるのも一つです。単純な料理ながらもキャンプらしさを満喫できる料理になっているのでおすすめです。

ホットサンド

最後に紹介するのは、ホットサンドになります。ホットサンドは朝食にも最適なメニューとして人気があります。卵を入れたり野菜を入れたりでホットサンドでもいろんな味わい方ができるので、初心者の方でも美味しい料理を楽しむことができるでしょう。

あんこを入れてデザートのように楽しむこともできるので、ホットサンドメーカーを準備しているだけでも料理の幅を広げることができます。初心者の方でも挑戦しやすいので、まずはホットサンドを作って楽しんでみてはいかがでしょうか。

Thumbキャンプ飯おすすめ21選!初心者でも簡単に作れるアウトドア料理を一挙紹介!
キャンプの楽しみの一つでもあるキャンプ飯。皆さんはどのようなキャンプ飯が好きですか。今回は、...

キャンプ初心者が使いやすいおすすめキャンプ道具

キャンプ初心者がキャンプを楽しむためのポイントは、まだまだ他にもあります。続いて紹介するのは、キャンプ初心者でも使いやすいことで人気のキャンぽ道具です。キャンプ道具は、なくても困らない場合もありますがあると便利なものもあります。

ここではキャンプ初心者におすすめの道具を4点紹介していきます。それぞれのおすすめのポイントについても紹介していくのでキャンプ道具を準備する時には参考にしてください。

初めてのソロキャンプ道具一式 9点セット

最初に紹介するのは「初めてのソロキャンプ道具一式 9点セット」です。ソロキャンプを楽しむための道具がセットになっているので、すぐにキャンプを楽しみたい方にはおすすめ。テントやテーブル、ランタン、チェアの他にクッカーもセットになっています。

もちろん寝袋などもセットになっているので、食材や調理器具を用意するだけですぐにキャンプを楽しめます。一つ一つのキャンプ道具を揃えるよりも安価な商品となっているので、初めてソロキャンプを楽しむ場合にはチェックしてみてください。

Delicacy キャンプキッチン用品

続いて紹介するのは「Delicacy キャンプキッチン用品」です。まな板やトング、包丁などバーベキューキャンプに必要な調理器具が10点セットになっている商品です。ケースに収納できるようになっているので持ち運びに便利になっているのが特徴。

さらに防水ケースになっているので、水に濡れてしまっても安心です。キッチン用品を個別に用意する必要がないのでバーベキューをしない場合でも活用できる人気商品の一つになります。

Montagna アウトドアクッカー4点セット

最初に紹介したソロキャンプのセットでは一緒に付いているので、個別に用意する必要がないかもしれません。ですが、テントなどを個別に購入する場合には「Montagna アウトドアクッカー4点セット」がおすすめの商品になります。

鍋が2種類の他にフライパンや皿がセットになっているクッカーです。ステンレス製で軽量なクッカーになっていてコンパクトにまとめることが可能です。持ち運びにも特化しているので、キャンプ初心者の方にはおすすめのクッカーになります。

CABOLEZA 救急セット

最後に紹介するのは「CABOLEZA 救急セット」です。自宅や街中などと違い怪我をしてもすぐに病院へいけるわけではないので、キャンプ時には救急セットを用意しておくのがおすすめ。絆創膏や消毒液などの救急セットはあって困るものではありません。

「CABOLEZA 救急セット」はセットになっているので、キャンプだけではなく防災時も活用できるのがポイント。使った分を補充するだけですし、コンパクトで持ち運びがしやすくなっているので何かあった時のためにチェックしておくのがおすすめです。

キャンプ道具は100均でも購入できる

先述して紹介したようにキャンプ道具にはキャンプ初心者に扱いやすい商品がありますが、単体で個別に購入する場合には100均を利用するのもおすすめです。100均の店舗にはよってしまいますが、アウトドア商品としてキャンプ用品も多数取り扱ってます。

中でも人気を集めているのがランタンで、キャンプだけではなく防災でも利用できると評価されています。他にもいろんなキャンプ用品が揃っているので、安価で用意したい場合には100均をチェックしてみるのも一つと言えるでしょう。

Thumb100均のランタンはキャンプや防災用におすすめ!気になる明るさや機能紹介!
100均ショップは、生活アイテムから防災用グッズ、キャンプアイテムと幅広く取り扱っているショ...

キャンプ初心者に人気の場所

ここまでキャンプ初心者の方が準備しておきたい持ち物や道具などを紹介してきましたが、最後に人気のキャンプ場についても触れていきます。全国各地にキャンプ場は多数あるので、近場だけでなく遠方に足を伸ばして楽しめるのもキャンプの魅力です。

キャンプ初心者に人気を集めているキャンプ場にはどのような場所があるのかを5点紹介していきます。まずは、アクセス可能な近場から類似するスポットを探して見るのがおすすめ。では、順番にキャンプ場の場所をチェックしていきましょう。

手ぶらで楽しめる日帰りBBQスポット

キャンプ初心者に一番人気があるのが、手ぶらでバーベキューを楽しめるスポットです。手ぶらで楽しめるのはノーストレスとも言われているほどの人気ファあります。必要最低限の準備でバーベキューを楽しめるので、気軽にアクセスできるのが魅力です。

日帰りのスポットが大半になりますが、グループやファミリーでバーベキューを楽しむには最適なスポットと言えるでしょう。初めての方でも利用しやすいのが特徴になっているので、まずは手ぶらで楽しめるバーベキュースポットを探してみるのもおすすめです。

おしゃれにアウトドアを楽しめるグランピング施設

新しいキャンプスタイルとして注目を集めているのが、グランピング施設です。グランピングは、テントなどのキャンプ道具を用意しなくてもキャンプ生活を楽しめる施設です。コテージとは違う形でのキャンプスタイルなので初心者の方にもおすすめ。

グランピング施設にはホテル並みのサービスを提供している場所もあるので、快適で優雅なキャンプライフを満喫することができるでしょう。キャンプ道具を用意しなくてもいいので、旅行気分で楽しめるのもおすすめのポイントです。

テント泊が不安な人におすすめなコテージ

キャンプ場にはコテージが用意されていることが多いです。テントの準備をしていない場合などにはコテージを利用してキャンプを楽しむのもおすすめ。テント泊では不安を感じてしまう場合には、コテージでゆっくりとくつろぐのもいいでしょう。

テントを利用しなくてもキャンプの雰囲気などはしっかりと楽しむことができるので、キャンプ初心者で自信のない方はコテージからスタートしてみるのはいかがでしょうか。

ファミリー向けのデイキャンプ場

ファミリーキャンプで人気を集めているのは宿泊よりもデイキャンプです。日中にキャンプ気分を満喫して子供と遊んだりといろんな楽しみ方ができるでしょう。デイキャンプ専用のキャンプ場などを選択してみるのがおすすめになります。

キャンプ初心者の場合にはファミリーキャンプで失敗してしまっても楽しい思い出として残るでしょう。キャンプ飯なども楽しめば、キャンプライフを満喫できるでしょう。

車中泊キャンパーに人気のオートキャンプ場

最後に紹介するのはオートキャンプ場です。オートキャンプ場は車中泊キャンパーに人気があります。テントの設営がない分タープを利用するだけなので、時間を有意義に利用できます。また、貴重品を車の中に入れ鍵をかけて置けるのもポイント。

オートキャンプ場もキャンプ初心者には利用しやすいと言えるでしょう。一般的なキャンプとはスタイルが変わってきますがキャンプの魅力は満喫できるのでおすすめです。

キャンプ初心者は気軽に楽しめる方法から試していこう

キャンプ初心者はいろんな情報をチェックしておくのが大事なポイント。最低限必要な持ち物などをしっかりと押さえておけば、キャンプライフを満喫することができるでしょう。初めは安価の商品を利用するのもおすすめのポイントになります。

キャンプは楽しいものですが危険もあります。それでもキャンプ初心者の方は、まずは気軽な気持ちで挑戦してみてください。当記事で紹介した内容を参考にしてキャンプの準備を進めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ