橿原神宮は奈良の開運パワースポット!御朱印やお守りなどのご利益は?

奈良にある「橿原神宮」は、とても強力なご利益を頂くことができる開運パワースポットとして知られています。御朱印やお守りを授かることも可能です。奈良にある「橿原神宮」について、ピックアップした基本の観光情報を紹介していきます。

橿原神宮は奈良の開運パワースポット!御朱印やお守りなどのご利益は?のイメージ

目次

  1. 1奈良の橿原神宮に行こう!
  2. 2【奈良】開運パワースポット・橿原神宮とは?
  3. 3橿原神宮の歴史
  4. 4橿原神宮のご利益
  5. 5橿原神宮の見どころ
  6. 6橿原神宮のお守り
  7. 7橿原神宮の御朱印
  8. 8橿原神宮の基本情報
  9. 9橿原神宮へのアクセス
  10. 10人気の観光スポット・橿原神宮へ参拝してみよう!

奈良の橿原神宮に行こう!

奈良にある「橿原神宮」は、とても大きなご利益を頂くことができることで有名なパワースポットです。心がすっと改まる場所であり、御朱印やお守りもあわせて授かることができます。

奈良にある「橿原神宮」について、基本の観光情報やアクセスなどのことについて、まとめました。是非、ゆっくりと参拝をしに行ってみてください。

【奈良】開運パワースポット・橿原神宮とは?

「橿原神宮」は、奈良県の橿原市・久米町にあり、地元の人や観光の人にとても愛されていて由緒と歴史のあるとても重要な神社です。

畝傍山(うねびやま)のふもとにある神社であり、神武(じんむ)天皇の畝傍山東北陵の南側に位置しています。

ご祭神として、初代の天皇である神武天皇と、その皇后であった媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)が祀られています。

とても強力なご利益を頂くことができる開運パワースポットとしてとても注目されていて、ここに参拝することを目的として奈良を訪れる人が大変多くなっています。

神さまやとても貴重な建物などからパワーを賜ることができるのはもちろん、多くの緑や山々などの自然からのパワーもたっぷりと頂け、とても心が洗われる、と大変人気の観光スポットとなっています。

「橿原神宮」では、御朱印やお守りも授かることができるようになっているので、時間にはしっかりとゆとりをもって授与所に行ってみることをおすすめします。

奈良に行こうと考えている人は、是非ほんのちょっぴり足を延ばして「橿原神宮」にも寄ってみることをおすすめします。しっかりと歴史を堪能することができる場所です。

Thumb奈良の神社はパワースポット揃い?有名社の御朱印や初詣におすすめなのは?
古都奈良を訪れたら、神社やお寺を巡って御朱印をいただくのもおすすめです。ここではパワースポッ...

橿原神宮の歴史

奈良にある「橿原神宮」は、初代天皇・神武天皇と皇后・媛蹈鞴五十鈴媛命をお祀りするために、神武天皇の宮(畝傍橿原宮)があったと考えられているこの場所に、民間の有志たちが橿原神宮創建を請願し、それを深くほめたたえた明治天皇によって、1890年(明治23年)4月に創建されたのがはじまりです。

「橿原神宮」を建てるにあたって、元京都御所にあった賢所(かしこどころ)や神嘉殿などが下げ渡された、とされています。

1940年(昭和15年)には昭和天皇も「橿原神宮」に行幸され、その後も皇族方が参拝されることがたびたびあります。

比較的近代につくられた神社ですが、とても参拝者が多い神社として有名であり、パワースポット巡りをしている人などからも人気で、連日大勢の人が手を合わせに訪れます。

神武天皇とは?

「橿原神宮」にお祀りされている神武天皇は、日本の初代の天皇であり、日本を建国した、と言われています。正式なお名前は、神日本磐余彦火火出見天皇(かむやまといわれひこほほでみのすめらみこと)です。

神武天皇は、彦波瀲武鸕鶿草葺不合命(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)と玉依姫(たまよりびめ)の子供であり、日本の神話の神さまの一人である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の曽孫とされています。瓊瓊杵尊は、天照大神の孫にあたります。

現在から数えて約2600年も前に当たる紀元元年頃に即位をされ、宮廷(畝傍橿原宮)を築いたのが現在の「橿原神宮」の場所である、と考えられています。

そして、国内を統一し、平定したのち、即位してから約76年後の3月11日に、畝傍橿原宮で崩御されました。127歳の長寿でした。

橿原神宮のご利益

奈良にある「橿原神宮」では、とても深くて強大なご利益をしっかりと頂くことができるパワースポットとして知られています。

「橿原神宮」で頂くことができるご利益について、主なものを選りすぐって紹介します。参拝の参考にしてください。

強力なご利益を頂きたいときには、邪心なき清らかな心で、二礼・二拍手・一礼の作法をきっちりと守ってしっかりと手を合わせることが重要です。

開運

「橿原神宮」で頂くことができるご利益のひとつ目には、「開運」が挙げられます。自分の運をより良くしたいときに願います。

ご祭神である神武天皇は、45歳で生まれた地である日向国から出られ、6年の月日を費やして大和国(今の奈良県)に入り、この地に都を置きました。

その間にはとても大変な苦労や困難などがあり、通常の人間では乗り越えられないようなこともあったとされています。

それを成し遂げられたのには、天照大神の御神助とともに神武天皇がとても強大な運勢を持っていたからなのだろう、と考えられています。

これらのことから、「橿原神宮」ではとても大きな開運のご利益を頂くことができるとされていて、多くの人が開運を願って祈願しています。

延寿

「橿原神宮」で頂くことができるご利益のふたつ目には、「延寿」が挙げられます。長寿・長生きのことです。

ご祭神である神武天皇は、畝傍橿原宮で即位されてからの在位期間が約76年・127歳という大変長寿を全うされた、と考えられています。

神武天皇の長寿にあやかって、延寿・長生きを願うとても多くの人が連日心を込めて手を合わせています。

橿原神宮の見どころ

奈良にある「橿原神宮」は、パワースポットとしてもとても人気があり、境内にはさまざまな見どころもあります。

「橿原神宮」の見どころについて、参拝とあわせて是非じっくりと眺めてみて欲しいところを選りすぐって紹介します。

外拝殿

「橿原神宮」の是非見ておいて欲しい人気でおすすめの見どころの第一には、「外拝殿」が挙げられます。

「橿原神宮」の「外拝殿」は、1939年(昭和14年)につくられたものであり、入母屋造(いりもやづくり)となっています。

「外拝殿」は、大きくて太い柱がたくさん並んでいて、とても豪勢で威厳のある迫力満点のつくりとなっています。

御本殿

「橿原神宮」の是非見ておいて欲しい人気でおすすめの見どころの第二には、「御本殿」が挙げられます。

「橿原神宮」の「御本殿」は、安政2年(1855年)に京都御所の賢所として建てられたものを、1890年(明治23年)にここへ移築したものです。重要文化財に指定されています。

「御本殿」には、ご祭神が祀られていていて、日本の伝統的な寝殿造を感じることができる建物となっています。

「橿原神宮」の「御本殿」には、ふつう本殿の屋根にあるの千木(ちぎ)と鰹木(かつおぎ)が存在していません。それは、もともとは御所の建物であったからです。

その代わりに、「御本殿」の次に大切な建物である、とされている「幣殿(へいでん)」に千木と鰹木がつけられています。

橿原神宮のお守り

奈良にある「橿原神宮」では、お守りを授かることができるようになっていて、自分用としてはもちろん、大切な方へのプレゼントや奈良の観光お土産としてもぴったりなものとなっています。

「橿原神宮」にあるお守りは、万人におすすめの初穂料1000円の「心願成就お守り」・開運長寿を願う人におすすめのの初穂料1000円の「開運延寿お守り」・受験や試合などがある人におすすめの初穂料1000円の「勝ちお守り」などがあります。

「橿原神宮」のお守りは、とても種類が多く、色どりも美しくていつも身に着けていたくなるかわいさのものばかりとなっています。

祈願したいことにあったお守りを自分で自由に選ぶと良いですが、チョイスに迷ったときには巫女さんたちに声をかけてみるとぴったりのものをおすすめして頂けます。

橿原神宮の御朱印

奈良にある「橿原神宮」では、今大人気の御朱印も授かることができるようになっていて、とても注目されています。

「橿原神宮」で授かることができる御朱印は、中央の上部分に朱印を押していただけ、その下に「参拝」の文字と日付を書いていただけるとてもシンプルなものとなっています。初穂料は、300円です。

「橿原神宮」では、ときおり限定の御朱印が登場することもあるので、ホームページなどで最新の情報を随時GETして時間や時期をあわせて授かりに行ってみると良いでしょう。

また、境内にある深田池のすぐ近くにある「永山稲荷神社」の御朱印もあわせて授かることができるようになっています。

「橿原神社」には、とても淡くて落ち着いた色あいの素敵なオリジナルの御朱印帳もあり、老若男女誰もが持ちやすいものとなっています。初穂料は、1000円です。

「橿原神宮」で御朱印を授かることができる場所は、拝殿のすぐ左側にある「授与所」となっていて、受付時間は9時から16時までと決まっています。

御朱印を授かりに行く前には、必ず拝殿に手を合わせてに行ってから指定の場所に行くことができるようなゆとりあるスケジューリングをし、バタバタと慌てて行動をすることがないようにしておくことが大切です。

橿原神宮の基本情報

「橿原神宮」は、奈良県・橿原市の久米町にある、由緒正しくて歴史も感じられる大変大切な神社・観光スポットです。

参拝可能時間・開門時間は、日の出から日没までとなっていて、月や時期によって変動するので、行く日の開門時間をホームページなどでしっかりと確認をしてから観光に出かけることをおすすめします。

御祈祷や御朱印・お守りなどの授与時間は、9時から16時までとなっていて、参拝可能時間・開門時間とは異なるので注意をしておきましょう。

宝物館の開館時間は、土曜日・日曜日・祝休日の9時から16時までであり、平日は予約が必要となっています。

開門時間内ならいつでもだれもが料金無料で参拝に行くことができますが、神社はとても神聖な場所であり、神さまがいらっしゃるところとなっているので、慎んだ行動を心がけることが重要です。

橿原神宮へのアクセス

奈良にある観光パワースポット「橿原神宮」へ参拝に行こう、と決めた時にあらかじめ知っていたならさっと行動に移すことができるアクセスの情報について、まとめました。

気ままな一人旅のとき・子供連れのファミリー旅のとき・シルバー世代のグループ旅のとき、などさまざまな状況にあったアクセス方法を上手にチョイスしてみてください。

公共交通機関でのアクセス

奈良にある観光パワースポット「橿原神宮」に公共交通機関を利用してアクセスしようと思っている場合には、近鉄の「橿原神宮前駅」で降りると徒歩約10分でアクセスすることができます。

「橿原神宮前駅」で降りたら、正面方向(北西)にずっと進めばすぐに到着することができるので、初めての人でもそれほど迷わずに行くことができるでしょう。

年末年始やゴールデンウィーク・お盆時期・週末など、とても多くの参拝者が集まる時期には、公共交通機関でのアクセスを特におすすめします。

車でのアクセスと駐車場

奈良にある観光パワースポット「橿原神宮」に車を利用してアクセスしようと思っている場合には、京奈和自動車道・「橿原高田インターチェンジ」または「御所インターチェンジ」などで降りるとすんなりとアクセスすることができます。

一般的な道路を利用したアクセスを考えているときには、県道207号線・県道125号線・国道169号線などを利用すると良いです。

奈良にある観光パワースポット「橿原神宮」には、参拝に訪れた人だけが使用することができる駐車場が約800台分設けられています。

駐車場利用料金は、車高が2.285メートル未満の普通車が1日500円・車高が2.285メートル以上の中型車が1日1000円・車高が2.645メートル以上の大型車が1日2000円となてっています。入庫から24時間を過ぎたら料金が加算されるので気を付けておきましょう。

参拝者が多い時期などには、早い時間から混雑し満車となっていることもあるので、念のため周辺のコインパーキングについても調べておくと万が一の時に動揺せずに行動できるのでおすすめです。

「タイムズ橿原神宮前第2」は、約12台分の駐車スペースがある平地で自走式の駐車場です。24時間営業であり、いつでも入出庫可能です。

料金は、全日8時から20時までが60分220円・20時から翌朝8時までが60分110円となっています。最大料金は、駐車してから24時間までが440円・20時から翌朝8時までの夜間が220円となっています。

「One Park橿原神宮前」は、約4台分の駐車スペースがある自走式・平地の駐車場となっています。24時間年中無休で営業しています。

料金は、全日8時から20時までが30分100円・20時から翌朝8時までが60分100円となっています。最大料金は、入庫してから24時間までが500円で、繰り返し適用可です。

人気の観光スポット・橿原神宮へ参拝してみよう!

奈良にある「橿原神宮」は、超絶話題の観光スポットです。大きなご利益を頂くことができるパワースポットとして注目されていて、多くの参拝者でいつも賑やかです。御朱印やお守りも授かれます。奈良に行くスケジュールを立てている人は、是非少しだけ時間を取って「橿原神宮」にも参拝に行ってみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

新着一覧

最近公開されたまとめ