月読神社(月讀神社)は壱岐代表のパワースポット!見どころや御朱印・お守りは?

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」は、とても人気のある観光スポットです。自然に囲まれていてパワーをたっぷりと頂くことができます。御朱印やお守りなども頂くことが可能です。長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」について、情報をピックアップして紹介します。

月読神社(月讀神社)は壱岐代表のパワースポット!見どころや御朱印・お守りは?のイメージ

目次

  1. 1長崎・壱岐の『月読神社(月讀神社)』に行こう!
  2. 2【長崎】壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』とは?
  3. 3壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の作法
  4. 4壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の見どころ
  5. 5壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の由緒
  6. 6壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』のお守り
  7. 7壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の御朱印
  8. 8壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』へ訪れた人の感想
  9. 9壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の基本情報
  10. 10壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』へのアクセス
  11. 11人気の壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』へ参拝してみよう!

長崎・壱岐の『月読神社(月讀神社)』に行こう!

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」は、大変注目されているパワースポットです。のんびりとした時間を楽しむことができ、大きなご利益はもちろん、御朱印やお守りなども頂けます。長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」について、基本的なアクセスなどの情報とあわせて紹介していきます。是非、参拝に行ってみることをおすすめします。

【長崎】壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』とは?

「月読神社(月讀神社)」は、長崎県の壱岐市・芦辺町国分東触にある、由緒正しくてとても歴史のある神社です。

「月読神社(月讀神社)」は、月夜見命・月読命・月弓命の3柱をご祭神として祀っていますが、いずれの神さまも同神とされています。

「月読神社(月讀神社)」に祀られている神さまは、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の子どもであり、天照大神(あまてらすおおかみ)の弟で、素戔鳴尊(すさのおのみこと)の兄である、とされています。

3柱とも同じ神さまですが、「月読神社(月讀神社)」では別々にお祀りしていて、拝殿の中に月夜見命・拝殿の右側にある赤い鳥居に月読命・その左側に月弓命が祀られていて、三社をすべてお参りをしてはじめて「月読神社(月讀神社)」を参拝した、と言うことができます。

「月読神社(月讀神社)」は、長崎・壱岐の人気のパワースポットとしてとても注目されていて、とても多くの参拝者が連日じっくりと手を合わせています。

「月読神社(月讀神社)」は、大変豊かで深い自然に囲まれたとても静かで神秘的な場所にある神社であり、心が改まってすっきりする、ととても人気があります。

「月読神社(月讀神社)」で授かることができるご利益は、安産や病気平癒・健康、そして航海安全や大漁などの海に関すること、農業に関すること、商売繁盛などとなっています。

それほど大きな敷地のある神社ではありませんが、授かることができるパワーはとても強大なものである、とされていて、外せない観光スポットとして多くの人が訪れます。

御朱印やお守りも頂くことができる神社なので、気になる人は是非社務所へ行ってみることをおすすめします。

長崎・壱岐へ行くスケジュールを立てているときには、予定の一つに是非「月読神社(月讀神社)」も入れてみることをおすすめします。気分転換にぴったりの場所です。

Thumb長崎の神社はパワースポットで有名な名所多数!御朱印やご利益を紹介!
長崎を観光するなら、パワースポット巡りもおすすめです。長崎には神社や山、滝など自然豊かなパワ...

壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の作法

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」の参拝するのにはいくつかの作法があります。しっかりと作法を守りながら参拝をしてみることをおすすめします。

「月読神社(月讀神社)」の参拝作法の1ステップ目は、鳥居をくぐるときです。まず鳥居をくぐるまえに服装を整えて会釈をして進みます。ただし、参道の中央はさけて左右の端をゆっくりと歩きます。

ここから神社への参拝は始まっているので、心を清らかにしておしゃべりなどはあまりせずに歩きましょう。

参拝作法の2ステップ目は、手水舎で手を清めるときです。手水舎に到着したら、柄杓を右手で持って水を汲みます。そしてまず左手に水をかけて清めたら、柄杓を持つ手を左手に持ち替えて、水を右手にかけます。これで両方の手が清められたことになります。

そして、次に人間の口はうそをつくということで不浄とされているので、口を清めます。柄杓を再び右手に持ち替えて、左手の掌(てのひら)で水を受けて、その水で口をすすぎます。直接口を柄杓につけるのはNGです。気になる人は、真似をするだけでも良いでしょう。

最後に、手を口につけたので、左手に水をかけて洗って清めます。ここでやっと神さまに会うための準備が完了しました。

参拝作法の3ステップ目は、拝殿での参拝のときです。拝殿に到着したら、会釈をして紐を持って鈴を鳴らします。鈴の音は、邪気を払う力がある、とされているので、恥ずかしがらずにしっかりと鳴らすようにしましょう。

鈴を鳴らしてからお賽銭を入れ、2回頭を下げてお辞儀をする二拝をします。これには神さまへの敬意を表す、という意味があります。

次に、胸くらいの高さで掌を静かに合わせて、右手を少し下方向にずらしてから二拍手をします。そして、指先をきっちりとあわせて祈願してから手をゆっくりと下ろします。

拍手をするときに掌をずらす理由は、まだ神さまと人間とが一体となっていない、ということを意味します。その後、二回手を打つことで神さまを招き、そして掌をあわせることで神さまと人間が一体となり、祈願を込めて神さまの力を会得します。

最後に、頭を一回下げる一拝をして参拝は終了します。もう一度お辞儀をすることによって神さまを送り返します。

壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の見どころ

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」には、複数の見どころがあり、是非押さえておくことをおすすめします。

「月読神社(月讀神社)」で押さえておきたいおすすめで人気の見どころについて、選りすぐった情報を紹介します。

「月読神社(月讀神社)」の見どころを見に行くときには、必ず拝殿に参拝をした後に行くことが重要です。

拝殿

「月読神社(月讀神社)」で押さえておきたいおすすめで人気の見どころのその一には「拝殿」が挙げられます。

「月読神社(月讀神社)」の「拝殿」は、参道(階段)を進んだ一番奥にあり、こじんまりとしたものとなっています。「拝殿」の左右には、狛犬が鎮座しています。

「拝殿」は、木を中心としてつくられていて、特別な空気感満載のとても強大なパワーを授かることができる場所となっています。

「拝殿」で参拝作法にのとってゆっくりじっくりと自分の祈願したいことを心で願うことがとても大切です。

祭典

「月読神社(月讀神社)」で押さえておきたいおすすめで人気の見どころのその二には「祭典」が挙げられます。

「月読神社(月讀神社)」の「祭典」の一つである例大祭は、旧暦の9月23日に行われます。現在の暦に読み替えると年によって日付は変わります。

例大祭の日は、神さまの御神徳を称えて、氏子や崇敬者たちの繁栄や皇室のご安泰・五穀豊穣などが祈られ、さまざまな行事が行われ、いつもよりとても賑やかになります。

また、毎月1日と15日には、月次祭が行われていて、国家の平安や氏子・崇敬者たちの安泰を祈ります。

月次祭の日に参拝すると、より大きなご利益がある、とされていて、とても多くの人がこの日に参拝に訪れます。

壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の由緒

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」のはじまりについては、あまりはっきりとした詳しいことは分かっていません。

ただし、顕宗天皇3年(487年)にはすでに神社は存在していた、とされていて、それ以前の創建なのだろう、と考えられています。日本で最古の神社とも言われています。

壱岐の「月読神社(月讀神社)」は、もともとは壱岐の豪族である壱岐氏が、航海の安全などを祈るためにお祀りしていた、と言われています。

顕宗天皇3年(487年)に、官吏である阿閉臣事代が天皇の命令を受けて朝鮮半島に使いに行ったとき、壱岐の月読神から「京都に祀れば良いことがあるだろう」というお告げがありました。

阿閉臣事代は、日本に帰ってから天皇にそのことを申し上げたところ、天皇はこれを受け入れ、壱岐県主の先祖である「押見宿彌(おしみのすくね)」を壱岐の島から京都に呼んで、嵐山に壱岐の月神を分霊することによって「月讀神社」を祀りました。

その後、京都にある「月讀神社」を中心として、日本全国各地に神道が根付くようになったことから、壱岐の「月読神社(月讀神社)」が「日本神道発祥の地」と呼ばれるようになりました。

壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』のお守り

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」は、お守りを授かることができる神社なので、参拝をしたら是非あわせて頂いておくと良いです。

「月読神社(月讀神社)」で授かることができるお守りには、むかしから国の花ともされている桜と涼やかに鳴る鈴の力で幸せを招くピンク色でとてもかわいらしい「幸福桜鈴」や、開運UPの祈願がされている黄色の「開運守」などがあります。

さらには、元気な赤ちゃんが生まれることを祈願したピンク色の「安産御守」や、子どものすくすくとした成長を願った「子供守」などがファミリーに人気となっています。

金運UPを願っているときには、金色で打ち出の小槌や鯛などの縁起の良いものがたくさん描かれている「金運守り」などがおすすめです。

元気に毎日過ごしたい人にぴったりな「健康守」や、「交通安全守」・「病気平癒守」・「勝守」・「美し守」など、とてもたくさんの種類のいろいろな色のお守りがあります。

自分用として授かることはもちろん、大事な方へのプレゼントとしたり、長崎・壱岐観光のお土産としたりするのも大変おすすめです。一つ一つ丁寧に眺めながらじっくりとお守り選びをしてみてください。

壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の御朱印

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」では、御朱印を頂くことができるので、今大人気となっている御朱印集めをしている人は、是非授かっておくことをおすすめします。

「月読神社(月讀神社)」の御朱印は、中央部分に「月讀神社」の文字・右側部分に「奉拝」の文字と「壱岐嶋國延喜式内社」の朱印・左部分に日付けを書いていただけます。

「奉拝」の文字の上に黄色の月のマークの印も押していただけ、とてもシンプルながらかわいい御朱印となっていて、とても人気があります。

「月読神社(月讀神社)」で御朱印を授かることができる場所は、拝殿のすぐ右にある社務所となっていて、受付時間は10時から17時頃までとなっています。事前の予約は特には必要ありません。

基本的には、受付時間内ならいつでも頂けますが、宮司さんの都合によっては授かることができないこともあることを知っておくと良いでしょう。

壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』へ訪れた人の感想

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」を参拝した人の感想がSNSや口コミなどに多数投稿されています。

「とても神秘的な場所だった」「パワーをもらえた」「行って良かった」などの良い感想の投稿が多くなっていて、人気の観光スポットであることがよく伝わってきます。

「月読神社(月讀神社)」は、神社の入り口部分にある階段がとても急で滑りやすい、という投稿も多くみられるので、足元にはしっかりと注意をしながら登るようにしましょう。

「月読神社(月讀神社)」に参拝をした後には、投稿者となって感じた思いや感想をSNSや口コミに投稿してみることをおすすめします。

壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』の基本情報

「月読神社(月讀神社)」は、長崎県・壱岐市の芦辺町国分東触にある、とても心が改まると評判のパワースポットです。

参拝可能時間は特に決まっておらず、24時間・365日いつても自分の都合の良い時に参拝に行くことができる神社です。

御朱印やお守りなどを授かることができる社務所の受付可能時間は、10時から17時頃までと決まっているので、注意をしておきましょう。

神社には、神様がいらっしゃり、とても厳かな場所なので、落ち着いて慎んだ行動を心がけることが重要です。

壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』へのアクセス

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」に公共交通機関を利用してアクセスしようと思っている場合には、郷ノ浦港からタクシーなどに乗り換えるとだいたい10分ほどで到着できる場所にあります。

また、芦辺港からだとタクシーなどに乗り換えてほぼ5分・印通寺港からだとタクシーなどに乗り換えてほぼ15分・壱岐空港からだとタクシーなどに乗り換えてほぼ20分で行くことができます。

長崎・壱岐のそのほかの周辺観光とあわせて行くことを考えている場合には、タクシーの他にもレンタカーを借りて回ってみるのもおすすめです。

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」に自動車を利用してアクセスしようと思っている場合には、県道172号線・県道174号線・県道23号線などを上手に使うと良いでしょう。

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」には、神社に参拝に訪れた人だけが駐車をすることができる専用の駐車場が設けられています。

鳥居のすぐ前に数台が駐車をすることができるスペースが設けられていて、自動販売機やトイレなども完備です。

「月読神社(月讀神社)」の近くにはコインパーキングなどはないので、参拝者は必ず専用の駐車場を利用することとなります。

年末年始や祭典がある時期・ゴールデンウィークなどを中心に多くの参拝者が集まる時には、駐車場も混みあう事があります。

優しい気持ちや譲り合いの気持ちを大切にし、一台でも多くの車が駐車をすることができるように皆で心がけましょう。

人気の壱岐のパワースポット『月読神社(月讀神社)』へ参拝してみよう!

長崎・壱岐にある「月読神社(月讀神社)」は、とても大きなパワーを頂くことができることで人気の神社です。のんびりと歩けば、心がすっとなります。あわせて御朱印やお守りなども授かっておくことをおすすめします。長崎・壱岐に行く予定を立てている人は、是非ほんの少しだけ時間を取って「月読神社(月讀神社)」にも行ってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mia-a