テント泊登山初心者におすすめの山・テント場11選!必要な持ち物や装備は?

最近流行りだしている人気のアクティビティ「登山」。登山の際に注目されているのがテント泊になり、登山初心者の方にもおすすめです。テント泊登山は場所によって必要な持ち物が変わっていくので、事前に調査をして万全の状態で挑むようにしましょう。

テント泊登山初心者におすすめの山・テント場11選!必要な持ち物や装備は?のイメージ

目次

  1. 1テント泊登山に必要な持ち物やおすすめの場所を11選ご紹介
  2. 2テント泊登山デビューをするには
  3. 3万全な準備をしよう!テント泊登山に必要な持ち物
  4. 4テント泊登山には体力も必要
  5. 5テント泊登山初心者におすすめの山・テント場~人気の山5選
  6. 6テント泊登山初心者におすすめの山・テント場~初めてのテント場6選
  7. 7テント泊登山の注意点
  8. 8テント泊登山で山の大自然を満喫しよう

テント泊登山に必要な持ち物やおすすめの場所を11選ご紹介

新型コロナウィルスの関係で最近注目を集めているアクティビティ「登山」。登山でおすすめなのがテント泊になり、日帰りよりもより山の絶景や自然の美しさを感じることができます。テント泊は登山初心者の方にもおすすめです。

今回はそんなテント泊登山に必要な持ち物やおすすめの場所を11選ご紹介します。テント泊する登山の場所によって持ち物を変えていき、なるべくかさばらないようにしましょう。テント泊初心者の方はこの記事を参考にしてみてください。

テント泊登山デビューをするには

登山におすすめのテント泊は、日帰りとは違って山の景色や大自然をより体感したい方に人気があります。ですが、テント泊登山初心者の方は持ち物や場所を選ぶ際に不安を覚える方が多いはずです。

テント泊登山をデビューしたい方は、まず登山を行っていくのがおすすめ。自分に馴染みのある山からテント泊を始めることで、徐々に不安を取り除くことができます。不安は冷静な判断を鈍らせるので、低山からテント泊を始めましょう。

万全な準備をしよう!テント泊登山に必要な持ち物

テント泊登山は通常のキャンプ場でテント泊を行うのとは違います。テント泊登山は事前の準備を万全にしておくことで、より快適に過ごすことができます。登山は天候が変動しやすいので、気温や天気に合わせて持ち物を準備しましょう。

今回はそんなテント泊登山に必要な持ち物について詳しくご紹介します。テント泊登山初心者の方はもちろん、テント泊登山で何の持ち物を持って行けば良いか分からない方はぜひ参考にしてみてください。

雨具

テント泊登山でおすすめの持ち物が「雨具」。登山は天候に左右されやすいアクティビティになり、山頂を目指せば目指すほど天候が変わりやすくなります。麓よりも気温が低くなり、突然雨が降るのも珍しくありません。

そんなとき役に立つ持ち物が雨具になります。雨具は傘よりもレインコートを用意しておくのがおすすめ。防寒着にもなる雨具も今では発売されているので、自分のテント泊スタイルに合う雨具を見つけましょう。

防寒着

テント泊登山で必需品となっているのが防寒着です。テント泊は山で夜を過ごすので、急な気温の低下に対応できる防寒着が必要になります。真夏でも標高の高い山では早朝など気温が下がるので、事前に調査しておきましょう。

登山の間は使わない可能性もあるので、軽量の防寒着を選ぶのがおすすめです。テントを張るときや、食事をとっている時など肌寒く感じる時間帯もあるので、用意できる方はいくつかの防寒着を用意しておくと安心。

水・食料

テント泊登山で忘れてはいけない持ち物が「水・食料」。水・食料はテント泊する日数によって数を変えていき、調理器具を持参する方は調味料も用意しておきましょう。初心者の方はお湯でできるレトルト食品がおすすめです。

水はテント泊の際にかなり使うので、持てるだけ持ち込んでおくようにしましょう。テント泊を行う山小屋やキャンプ場によっては水を提供している場合もあるので、事前に情報をチェックしてから行くようにしてください。

ゴミ袋

テント泊登山で必ず持ち込んでほしいのが「ゴミ袋」。場所にもよりますが、基本的にテント泊で発生したゴミは持ち帰るのがルールとなっています。登山の最中にゴミを捨てるのは避けて、自宅まで持ち帰りましょう。

テント泊登山で調理する場合は、生ごみなど入れられるファスナー付きのビニール袋を用意しておくのがおすすめです。そのままリュックに入れても臭いが漏れる心配もないので、安心して自宅まで持ち帰ることができます。

タオル

テント泊登山でおすすめの持ち物「タオル」。タオルは何枚あっても快適に使用することができるので、持てるだけ持参するのがおすすめです。登山後に温泉など入浴施設を利用する方も多く、タオルは便利に使用できます。

万が一気温が下がってしまい、寒くてもタオルを1枚身体に巻くだけで防寒具にもなります。夏の時期は汗をふくために、大きめのタオルを用意しておきましょう。

耳栓

テント泊の場所によって、隣のテントと近い場所に張る必要があります。そんな時に役立つ持ち物が「耳栓」です。耳栓は隣のテントのいびきや雑音を遮ってくれるので、テント泊でも快適に眠ることができます。

最近では安くて使い捨てできる耳栓も多く発売されているので、テント泊する際は必ず持参するという方も多くいます。山小屋で宿泊予定の方は持って行くのがおすすめ。

ライト

テント泊登山は真っ暗な夜を過ごすので、ライトは必需品になります。テント泊登山する場所によってはトイレまで遠い可能性もあるので、足元を照らす小さめのライトも持っておきましょう。最近ではランタンが人気を集めています。

また、テント泊登山で調理をする場合は、手元を照らすためのライトも用意しておきましょう。ライトの種類によっては長持ちするので、テントの中でも夜通し付けている方が多くいます。

医療グッズ

テント泊登山初心者の方はもちろん、プロの登山家でも欠かせない持ち物が「医療グッズ」。登山は大自然相手のアクティビティになるので、何が起こるか分かりません。ちょっとした怪我でも命取りになる可能性があります。

絆創膏などちょっとした医療グッズでも持っているのが安心です。登山の間はもちろん、テント泊している間も見える場所に医療グッズを置いておくことで、いざという時冷静に使用することができます。

Thumbテント泊におすすめのザックは?必要な容量や選び方・人気の商品も紹介!
キャンプやアウトドアで注目を集めている「テント泊」。テント泊は宿泊するアイテムを収納するザッ...

テント泊登山には体力も必要

テント泊登山は持ち物や場所はもちろん、何よりも自分自身の体力が必要になります。テント泊は旅館やホテルとは違ってすべて自分で行う必要があります。テント張り、寝床作り、調理、登山・下山と身体を動かすことばかりです。

テント泊登山初心者の方は、まず自分の力量を知っておく必要があります。そのため、テント泊したい山へまずは日帰りで登山するのがおすすめです。徐々に体力をつけていき、自信がついてからテント泊を行うようにしましょう。

テント泊登山初心者におすすめの山・テント場~人気の山5選

最近流行っているテント泊登山は、テント泊に人気のある山が全国に点在しています。テント泊することで日帰りでは見られない山の絶景を楽しむことができ、テント泊に便利な施設が設置されている山もあります。

今回はそんなテント泊登山初心者におすすめの山・テント場をまとめてご紹介します。テント泊登山初心者でも快適に過ごせる場所になっているので、ぜひ目を通してみてください。

雲取山(奥秩父)

東京都・埼玉県・山梨県の県境に位置する登山に人気の山「雲取山」。雲取山は三峰山の最高峰になり、四季折々の絶景を楽しめることで人気があります。山頂の避難小屋は最近改築されたので、利用しやすくなっています。

雲取山はコースによって1日以上かかるので、テント泊を行う方が増えています。雲取山で行うテント泊は初心者の方も快適に過ごすことができ、天気の良い日には富士山の景色を楽しめることでも知られています。

木曽駒ケ岳(中央アルプス)

長野県で注目されている登山スポット「木曽駒ケ岳」。テント泊の近くに山荘も設置されており、事前に予約しておくことで山荘での食事を楽しむことができます。トイレや洗面台も設置されているので、初心者の方に人気があります。

テント場の周辺には高山植物がたくさんあるので、山ならではの絶景を楽しめます。山荘の前でテント泊を体験でき、周りにはテント泊を行っている登山客が多いので1人で訪れている方でも安心です。

燕岳(北アルプス)

長野県でテント泊に人気のある山「燕岳」。燕岳は北アルプスに位置しており、燕山荘テント場でテント泊を体験できます。テント泊の場所からは山頂が目の前になり、テントからは北アルプスの絶景を見渡すことができます。

テントを張る場所の近くに、登山客から人気を集めている「燕山荘」が設置されています。燕山荘では食事を楽しんだり、絶景を一望できるカフェでのんびりと過ごせます。燕山荘オリジナルグッズも販売しているのでお土産におすすめです。

五竜岳(北アルプス)

北アルプスの絶景を楽しめ、1000円で宿泊できる場所が「五竜岳」。五竜岳のテント泊は最大25張まで行うことができ、受付してからテントを設営するシステムなので良い場所は早いタイミングで取られてしまいます。

五竜岳にはトイレも設置されており、山荘ではビールも販売。水は有料ですが1L100円という価格で購入できるので、わざわざ水を持参する必要がありません。五竜岳は夕日・朝日がとても美しいので、天気の良い日はぜひ見てみてください。

槍ヶ岳(北アルプス)

長野県から岐阜県にかけて広がっている山「槍ヶ岳」。槍ヶ岳はコースがいくつもあるので、登山初心者から上級者まで挑戦しやすい山として人気があります。40張と広々とした空間で、先着順で場所を取れるので早めに訪れるのがおすすめです。

キッチン槍やお弁当の販売も行っているので、食事に困ることがありません。槍ヶ岳山荘も近くにあるので、テント泊初心者の方も安心して宿泊できます。事前に予約が必要なので、早めに連絡を入れておきましょう。

テント泊登山初心者におすすめの山・テント場~初めてのテント場6選

大自然を体感できると話題を集めているテント泊登山。テント泊登山では初心者の方におすすめのテント場が設置されている山も多く、快適に過ごせるよう施設も整っているのでのんびりと過ごすことができます。

今回はそんなテント泊登山初心者におすすめの山・テント場の中でも人気のテント場について詳しくご紹介します。テント場ではテント泊上級者の方も宿泊しているので、さまざまなスタイルのテント泊を体験できます。

雲取山荘(埼玉)

雲取山に位置する人気のテント場「雲取山荘」。雲取山荘は東京都と埼玉県の県境に位置しており、売店があるので便利に使用することができます。食堂や自炊場、トイレ、水場があるので快適に過ごすことが可能です。

雲取山荘での宿泊は予約制になっているので、事前に必ず連絡を入れておきましょう。寝具の用意はあるので、持ち物を減らすことができます。お風呂がないので、夏の時期は汗を拭けるタオルを用意しておくのがおすすめ。

住所 埼玉県秩父市野坂町2-13-34
電話番号 0494-23-3338

中央アルプス宝剣山荘(長野)

千畳敷ロープウェイから約40分でアクセスできる便利なテント場「中央アルプス宝剣山荘」。中央アルプス宝剣山荘からは南アルプス連峰をはじめ、八ヶ岳の絶景を一望できることで人気があります。

中央アルプス宝剣山荘には喫茶店や食堂が設置されているので、優雅な時間を過ごすことができます。軽食のテイクアウトもあるので、テント中でも味わえます。個室や素泊まりなどプランによって料金も変動します。

住所 長野県上伊那郡宮田村

岳樺テントサイト(長野)

大自然の中でテント泊を楽しみたい方におすすめなのが「岳樺テントサイト」。岳樺テントサイトは大人2000円、子供1000円で利用することができ、家族連れで登山に訪れている方におすすめです。

岳樺テントサイトは登山口から約80分でアクセスすることができ、水場は無料で使用可能。登山道は整備されているので、登山初心者の方にも人気があります。小屋が近くに設置されているので、万が一の際に安心して利用できます。

住所 長野県茅野市豊平2472
電話番号 0266-72-1279

白馬大池山荘テント場(長野)

豊かな湖畔の絶景を楽しみたい方におすすめなのが「白馬大池山荘テント場」。白馬大池山荘テント場は標高2300mに位置しており、運が良ければ雷鳥を見られるそうです。テント泊も完全予約制なので注意しましょう。

白馬大池山荘テント場は自炊をする必要があるので、必ず食料を持参してください。大人から幼児まで一律1500円の料金設定になっており、オリジナルグッズを販売している売店もあります。

住所 長野県北安曇郡小谷村

焼岳の小梨平キャンプ場(長野)

テント泊初心者で、テント泊の練習をしたい方におすすめなのが「小梨平キャンプ場」。小梨平キャンプ場は食堂・売店をはじめ、調理器具などのレンタルも行っているので初めてのテント泊でも安心して過ごせます。

小梨平キャンプ場の敷地内には「小梨の湯」があるので、テント泊でもお風呂に入りたい方におすすめです。都心からもアクセスしやすいキャンプ場になるので、家族連れやカップルで利用する方も多くいます。

槍ヶ岳山荘(長野)

槍ヶ岳の頂上直下に位置する大規模な山小屋「槍ヶ岳山荘」。槍ヶ岳山荘は大正15年に創業された歴史ある山小屋になっており、長野県内でも有名です。山小屋からは北アルプス・中央アルプス・南アルプスをはじめ、浅間山、八ヶ岳連峰の絶景を見渡せます。

フロントや売店、食堂が設置されており、大部屋や個室など利用できる部屋の種類も豊富。談話室や衣服を干せる乾燥室もあるので長期滞在したい方にもおすすめです。女性の方は更衣室もあるので、着替えも安心。

住所 長野県松本市埋橋1-7-2
電話番号 0263-35-7200

テント泊登山の注意点

テント泊登山を行う場合は、テント泊する場所によって指定されているルールをしっかりと守るようにしてください。テント泊できる場所の公式HPをチェックしておくことで、ルールや注意点を把握できます。

大自然の中を楽しめるテント泊は、自然を汚さないのが鉄則。人間の持ち込む生き物やゴミによって生態系が一気に変わってしまうので、ゴミは必ず持ち帰るようにしましょう。最低限のルールを守って快適に過ごすようにしてください。

テント泊登山で山の大自然を満喫しよう

より間近に自然を体感できると話題の「テント泊登山」。テント泊登山は場所によって見られる景色や利用できる施設も変わっていくので、自分の登山スタイルに合うテント場を探しておきましょう。

全国には今回紹介した以外にもテント泊登山を楽しめる山がたくさんあります。ぜひ、テント泊登山に興味のある方はこの記事を参考に持ち物や場所を準備してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ