アウトドアナイフのおすすめ21選!薪割りから調理まで幅広く使えて便利!

キャンプで必需品のひとつにもなっているのが、「アウトドアナイフ」です。アウトドアナイフは、日本製の調理用のナイフもあれば、薪割りもできるアウトドアナイフもありおすすめです。薪割りから調理まで幅広く使えるコスパの良いおすすめアウトドアナイフをご紹介します。

アウトドアナイフのおすすめ21選!薪割りから調理まで幅広く使えて便利!のイメージ

目次

  1. 1アウトドアシーンで欠かせないナイフ!いま人気のおすすめ商品をご紹介
  2. 2アウトドアナイフおすすめ商品の選び方
  3. 3アウトドアナイフのおすすめ商品~薪割り・ブッシュクラフトナイフ7選
  4. 4アウトドアナイフのおすすめ商品~解体・料理ナイフ5選
  5. 5アウトドアナイフのおすすめ商品~コンパクト・マルチツールナイフ6選
  6. 6アウトドアナイフのおすすめ商品~本格的な日本製3選
  7. 7アウトドアナイフを持ち運ぶ時の注意点
  8. 8人気のアウトドアナイフを購入できる場所
  9. 9人気のおすすめアウトドアナイフからお気に入りの1本を見つけよう

アウトドアシーンで欠かせないナイフ!いま人気のおすすめ商品をご紹介

キャンプなどのアウトドアシーンで欠かせないのが、「アウトドアナイフ」です。キャンプでは、調理用の日本製の人気ナイフや薪割りもできるアウトドアナイフもありおすすめです。あるととても便利なアウトドアナイフではありますが、どんなナイフがおすすめでしょうか。

キャンプで大活躍のアウトドアナイフですが、コスパの良いものから信頼の日本製のアウトドアナイフも人気です。キャンプでのアウトドアナイフのおすすめには、選び方を知っておくことが重要です。

キャンプで薪割りに人気のアウトドアナイフや日本製調理用のナイフ、コスパの良いアウトドアナイフのおすすめを、適切な選び方とともにご紹介します。

Thumbブッシュクラフトナイフのおすすめは?特徴など初心者にもわかる選び方も紹介!
アウトドア愛好家の中でマストアイテムとなっている「ブッシュクラフトナイフ」、薪を割ったり調理...

アウトドアナイフおすすめ商品の選び方

ここでは、アウトドアナイフおすすめ商品の選び方をいくつかご紹介しましょう。アウトドアナイフは、キャンプなどのアウトドアで使うものですが、選び方にはいくつかのポイントがあります。

アウトドアナイフおすすめ商品の選び方のひとつに、「ナイフの携帯性」があります。また、「使用目的に合った種類」を選ぶということも大切です。その他にも、「手入れのしやすさ」や「コスパ」を考えて選ぶと良いでしょう。これらのアウトドアナイフおすすめ商品の選び方を詳しく解説をしていきます。

ナイフの携帯性

アウトドアナイフおすすめ商品の選び方に、「ナイフの携帯性」を考えるというポイントがあります。キャンプや登山などには、アウトドアナイフが必需品ですが、やはり、携帯性に優れたものを選ぶことをおすすめします。

キャンプや登山などでは、荷物は極力コンパクトに纏めたいものです。そのため、アウトドアナイフというのは、ブレードを鞘に収納できたりと携帯性に優れたアウトドアナイフを選ぶと良いでしょう。

ハサミやナイフ、のこぎり、缶切り、コルク抜きなどの性能を備えたマルチツールのビクトリノックス ハントマンなどのアーミーナイフなども人気です。

使用目的に合った種類

アウトドアナイフおすすめ商品の選び方で重要なポイントが、「使用目的に合った種類」を選ぶということです。キャンプと登山はどちらもアウトドアですが、アウトドアナイフを選ぶ基準が違います。

キャンプで使うアウトドアナイフですが、料理をしたりするナイフと薪を割るときに使うアウトドアナイフは形状も変わります。キャンプでは、「シースナイフ」がよく使われています。

登山でアウトドアナイフを使うシーンは、ロープを切ったり、怪我をした際に、治療のため、衣類を切るということもあります。刃形もまた、用途に併せて選ぶようにしましょう。

手入れのしやすさ

アウトドアナイフおすすめ商品の選び方で、「手入れのしやすさ」もまた、チェックしておきたいポイントになります。キャンプや登山などのアウトドアでは、この手入れのしやすさというのは重要です。

メンテナンスがしやすければ、キャンプなども有意義に過ごすことができます。また、キャンプや登山などのアウトドアを楽しんで、疲れて帰宅したあとにも、「手入れのしやすさ」に優れていれば、片付けも簡単になります。

また、このアウトドアナイフは、材質によっても、「手入れのしやすさ」というのは変わるので、どのような材質のものにするのかも検討材料です。

コスパ

アウトドアナイフおすすめ商品の選び方では、「コスパ」がよいアウトドアナイフを選びたいものです。キャンプなどでもマルチな道具がひとつにまとまっているアウトドアナイフは非常にコスパが良いです。

耐久性と切れ味のバランスが良いもので、手頃な価格で手に入れば、コスパの良いアウトドアナイフと言ってもいいでしょう。キャンプなどでは、色々な用途に使えるアウトドアナイフが人気です。安かろう悪かろうではなく、使い勝手もよく、コスパの良いアウトドアナイフを見つけましょう。

Thumbシースナイフのおすすめ11選!キャンプなどアウトドアの薪割りに大活躍!
シースナイフはアウトドアや釣りなどに使われる小型ナイフです。薪割りに使えるものや、アウトドア...

アウトドアナイフのおすすめ商品~薪割り・ブッシュクラフトナイフ7選

こちらでは、アウトドアナイフのおすすめ商品で、薪割りに人気のアウトドアナイフやブッシュクラフトナイフをご紹介しましょう。ブッシュクラフトというのは、ブッシュは茂み、クラフは工作と言う意味です。

要するに、ブッシュクラフトというのは、自然の中のものを使っていかに楽しむかということなので、ブッシュクラフトナイフを使って楽しみます。

キャンプでは、薪割りなどを行うことができるアウトドアナイフも人気です。キャンプや登山などのアウトドアでおすすめな薪割り・ブッシュクラフトナイフをご紹介します。

Bush Craft モダンスカンジ アロカス

Bush Craft モダンスカンジ アロカスは、ナイフの全長が225ミリで、材質はステンレススチール(5Cr15MoV)で、重量は96グラムと軽量です。ステンレス鋼ではありますが、定期的なメンテナンスを行いましょう。

Bush Craft ブッシュクラフトを楽しむためのソフトで、ブレードの形状はリーフで、ブレードのエッジはフラットです。薪も割ることができる入門向けナイフでおすすめです。ステンレスで錆びにくく、扱いやすいアウトドアナイフです。

ナイフを使って太い薪を細く割る「バトニング」という方法を使って薪割りなどもできるのが、このBush Craft モダンスカンジ アロカスという商品になります。

Raccoon バトニングナイフ

Raccoon バトニングナイフは、ブレード部分と柄の部分が一体化されている刃長150ミリのアウトドアナイフです。柄の部分は、パラコードが巻かれていて、グリップ力も申し分ないです。バトニング作業も簡単に行える人気ナイフです。

野菜や肉のカットなどにも使えるのが、この「Raccoon バトニングナイフ」です。フェザースティックも簡単に行うことができます。

グリップ力もあるということで、薪割りにもおすすめなアウトドアナイフです。料理から薪割りまでこなせるコスパの良いアウトドアナイフでおすすめです。

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティMG

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティMGは、とてもリーズナブルではありますが、ブレードの素材はカーボンスチールです。柄の部分は、ラバーです。ブレードの長さは104ミリです。

ブレードのエッジはフラットで、プラスチックシースに収めるタイプです。価格もとてもリーズナブルでおすすめのアウトドアナイフです。

薪割りも柄がラバーということで、力も入るのでおすすめです。カーボン素材ということで、錆びづらく使い勝手の良いアウトドアナイフです。

Mora of Sweden モーラナイフ ガーバーグ マルチマウント

Mora of Sweden モーラナイフ ガーバーグ マルチマウントは、アウトドアでも人気のアウトドアメーカーで、ブレードの素材はステンレス鋼で、ブレードの長さは109ミリメートルで、ブレードの形状ドロップポイントです。おしゃれに戻ることができるのでおすすめです。

ハンドル材質はポリアミドで、ナイフの重量は170グラムです。口コミでもナイフの背面側で、火花を散らすこともできると口コミでも評判になっています。

マルチマウントシースに収納して、ベルトループもついていて使い勝手が良いです。生産国はおしゃれなデザインの豊富がスウェーデンです。

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオン

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオンは、リーズナブルでオレンジがおしゃれな人気のアウトドアブランドです。ブレードの材質はステンレス鋼で、ブレードの長さは104ミリです。ブレードの形状はドロップポイントです。

オレンジのプラスチックシースがおしゃれで、重量も84グラムと軽量です。ハンドル材質はゴムになります。オレンジ以外にも豊富なカラーが揃っています。

Mora of Sweden モーラナイフは、120年以上もナイフを作り続ける老舗のメーカーです。スウェーデン生まれのおしゃれなアウトドアナイフです。

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオン スパーク

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオン スパークは、ブラックとイエロー、グルーン、レッド、ブルーの5色展開です。ブレード素材がステンレススチールで扱いやすいです。ブレードの長さは104ミリです。ブレードの形状はドロップポイントです。

ハンドル部分はゴムなので、滑らず使いやすいのでおすすめです。プラスチックシースなどもついていて便利です。ファイヤースターター付きでとても便利です。

プラスチックシースへの収まりもよく、ブッシュクラフトは初心者にも有名なブランドで、初心者が薪割りをするにもおすすめになります。

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティー ステンレス

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティー ステンレスは、ブレードの材質はステンレス鋼で、ハンドル材質がゴムになります。カラーはブラックでおしゃれです。ブレードの長さは104ミリで、重さは104グラムです。

プラスチックシース付きのアウトドアナイフで、スカンジグラインドの両刃ナイフです。無骨な感じのデザインですが、薪割りなどにも使うことができます。

バトニングができるほど丈夫なアウトドアナイフで、薪割りもできるコスパの良いアウトドアナイフになります。

Thumbモーラナイフは薪割りから料理まで使えて便利!おすすめの人気商品11選!
スウェーデンのナイフブランド「モーラナイフ」は、アウトドアや釣りなどで活躍する人気ナイフです...

アウトドアナイフのおすすめ商品~解体・料理ナイフ5選

ここでは、アウトドアナイフのおすすめ商品で、解体用のアウトドアナイフや料理ナイフをご紹介しましょう。キャンプでは、料理ができるナイフがとても人気です。

コンパクトで使いやすいアウトドアナイフが、キャンプでは重宝します。カーボン素材などもあり、手入れのしやすいアウトドアナイフもおすすめです。

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオンMG カーボン

Mora of Sweden モーラナイフ コンパニオンMG カーボンは、カラーがレッドとブルーとグリーン、ブラックの4色展開です。ブレード素材がステンレススチールで、ハンドル素材はTPEラバー、ポリプロピレンです。

付属品は、プラスチックシースのみとなっています。ファイヤースターターやパラコード、セカンダリーロッキングなどはついていません。入荷してもすぐに売り切れてしまうほどの人気です。

重さが77グラムですが、しっかりと作りで、薪割りにも料理や解体にも幅広く使うことができます。1891年にまでその歴史を遡る老舗のナイフメーカーです。

Mora of Sweden モーラナイフ エルドリス スタンダード

Mora of Sweden モーラナイフ エルドリス スタンダードは、ブレードの材質はカーボンスチールで、ハンドル材質がラバーです。モーラナイフ定番のデザインで、ブレードの形状はドロップポイントで、ブレードの長さは104ミリです。

かなりコンパクトになるシースナイフでもあります。とにかく、デザインがスマートでおしゃれです。キャンプから登山までのアウトドアに利用できます。

プラスチックシースに入れて、首からぶら下げることができます。ブレードの長さ59ミリです。重さは80グラムほどになります。

Taiiti サバイバルナイフ

Taiiti サバイバルナイフは、アメリカで老舗のTaiitiのサバイバルナイフです。本皮ケース付きのリーズナブルなアウトドアナイフです。リーズナブルですが、基本的なアウトドアナイフとして十分使えます。

値段の割には丈夫で、解体・料理ナイフとして十分使えるアウトドアナイフです。キャンプ初心者にもおすすめで、野菜などの切れ味も抜群です。

COMLUMBIA KNIFE ハンティングナイフ

COMLUMBIA KNIFE ハンティングナイフは、価格も2000円以内とかなりリーズナブルでおすすめなアウトドアナイフです。ハンティングナイフということで、キャンプや山歩きにぴったりなナイフです。デザインがおしゃれと口コミでも評判です。

ブレードの材質はステンレス鋼ですが、バドニング未対応なので、解体や料理をメインに使います。口コミでも値段以上のクオリティとコスパが良いということで人気があります。

デザインがとても美しいハンティングナイフ アウトドア・シースナイフとしておすすめです。リーズナブルで使い勝手も良いので初心者にもぴったりです。

Ministore Direct アウトドアナイフ

Ministore Direct アウトドアナイフは、ブレードの材質は9CR18MOVステンレス鋼で、耐久性と耐蝕性に優れているアウトドアナイフです。刃長は105ミリで、全長は228ミリです。重さは205グラムです。

強度もあるので、解体にもおすすめで、料理での切れ味もいいと評判のアウトドアナイフになります。本革ケースも付属していて、この価格はかなりお買い得なはずです。

調理するだけでなく、狩猟や魚釣り、登山、サバイバルなど、色々な用途で使うことのできるアウトドアナイフになります。鞘はベルト通しもあって機能的です。

アウトドアナイフのおすすめ商品~コンパクト・マルチツールナイフ6選

こちらでは、アウトドアナイフのおすすめ商品で、コンパクト・マルチツールナイフをいくつかご紹介しましょう。マルチツールナイフというのは、ひとつのナイフに、色々な用途のナイフやアイテムがコンパクトにまとめられているアウトドアナイフです。

マルチツールナイフの中でも、有名な「ビクトリノックス ハントマン」をはじめ、人気のシースナイフなどまで幅広いアウトドアナイフもあります。

ビクトリノックス ハントマン

ビクトリノックス ハントマンは、昔から定番人気のマルチツールで人気があります。アウトドアが好きな方は一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか。

ブレードの材質はステンレス鋼で、カラーは定番のレッドです。重さは97グラムになります。色々なツールがひとつに収まっているので使い勝手がいいです。

MOSSY OAK シースナイフ

MOSSY OAK シースナイフは、天然ウッドハンドルのおしゃれなシースナイフでおすすめです。ケース付きでコスパの良いアウトドアナイフになります。

ブレードはステンレス鋼で耐久性があります。重さは300グラムと少し重いです。天然ウッドのハンドルは高級感があり、コスパが良いのでおすすめです。

OPINEL カーボンスチール フォールディングナイフ

OPINEL カーボンスチール フォールディングナイフは、ブレードの材質はハイカーボンスチールで、ハンドルはビーチウッドで高級感がありますが、コスパの良いアウトドアナイフになります。

ブレードの形状はシープフットで、ブレードのエッジはフラットです。原産国はフランスで、デザイン性に優れたアウトドアナイフです。

VICTORINOX ソルジャーナイフ

VICTORINOX ソルジャーナイフは、ビクトリノックスのスマートなタイプのソルジャーナイフです。グリーンカラーがソルジャー感を出しています。

材質はステンレスで、マルチツールの種類によって価格も変動します。小さなボディに必要なツールが入っているのでおすすめのアウトドアナイフです。

BUCK KNIVES フォールディング ハンターナイフ

BUCK KNIVES フォールディング ハンターナイフは、折り畳みのできるおしゃれなハンターナイフになります。

キャンプからハンティングまで使えるアメリカでも人気のアウトドアナイフです。ブレードの材質は420HCステンレスで、ハンドルはマッカサルエボニーです。レザーシース付きです。

Wlikn アウトドアナイフ

Wlikn アウトドアナイフは、折り畳みの4つのマルチツールがひとつになった多機能ナイフです。キャンプでも釣りでも使えるおすすめのアウトドアナイフです。

ガラスブレーカーやシートベルトカッター、栓抜き、ナイフの機能があります。とてもコスパの良いアウトドアナイフになります。

アウトドアナイフのおすすめ商品~本格的な日本製3選

ここでは、アウトドアナイフのおすすめ商品の中で、本格的な日本製をご紹介しましょう。本格的な日本製のアウトドアナイフは、やはり、信頼がおけるのでおすすめです。切れ味も良いものが多いです。

アウトドアブランドが手掛けるアウトドアナイフなどもあり、使い勝手もよく、コスパの良いアウトドアナイフも数多くあります。日本製のアウトドアナイフをご紹介します。

UNIFLAME ギザ刃キャンプナイフ

UNIFLAME ギザ刃キャンプナイフは、ブレードの材質はステンレス刃物鋼で、ハンドル材質は樹脂・ABSです。ユニフレームという日本製のアウトドアナイフになります。

日本製ということもあり、とても信頼性のあるナイフで、切れ味も最高です。キャンプナイフとしておすすめのアウトドアナイフです。

富田刃物 仁作 山刀

富田刃物 仁作 山刀は、富田刃物という日本製のおすすめアウトドアナイフになります。リーズナブルですが、切れ味もよく、さすが日本製のナイフです。

ブレードの材質はSUS420J2 エラストマー ABS PPです。刃形は波刃になります。おしゃれなケース付きでコスパの良い日本製アウトドアナイフです。

土佐アウトドア剣鉈

土佐アウトドア剣鉈は、無骨な感じのデザインは日本製の良さが出ているアウトドアナイフになります。

お値段はそこそこしますが、一生モノの日本製アウトドアナイフを手に入れることができるのでおすすめです。両利き用というのも魅力です。

アウトドアナイフを持ち運ぶ時の注意点

ここでは、アウトドアナイフを持ち運ぶ時の注意点についてご紹介しましょう。日本には、「銃刀法違反」と法律があります。ナイフを持つ正当な理由があるのかないのかがポイントになります。

アウトドアナイフを持ち運ぶ時の注意点としては、刃渡りが6センチを超える刃物を携帯する場合には、正当な理由があるのかないのかが、ポイントになります。アウトドアナイフを持ち運ぶ際には、正当な理由がある場合でも、刃をむき出しのままの持ち運びは違反になる可能性もあります。

そのため、アウトドアナイフを持ち運ぶ前にアウトドアナイフが収入できるように、ケースやアウトドアの道具箱を使って、ナイフを保管して持ち運びをするようにしましょう。

人気のアウトドアナイフを購入できる場所

最後に、人気のアウトドアナイフを購入できる場所についてご紹介しましょう。人気のアウトドアナイフをご紹介してきましたが、一体どこで注文すればよいでしょうか。

人気のアウトドアナイフを購入できる場所のひとつに、「大手通販会社のオンラインショッピング」があります。もうひとつは、アウトドア用品を取り扱っているアウトドアショップなどです。

「大手通販会社のオンラインショッピング」がリーズナブルでコスパの良いアウトドアナイフを発売もしています。価格の比較が簡単にできるだけでなく、口コミを参考に購入できるのでおすすめです。

人気のおすすめアウトドアナイフからお気に入りの1本を見つけよう

人気のおすすめアウトドアナイフをリーズナブルなものから日本製までご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

日本製の一生モノのアウトドアナイフも良いですし、リーズナブルでも十分使えるナイフもあります。人気のおすすめアウトドアナイフからお気に入りの1本を見つけてアウトドアを満喫しましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ