シースナイフのおすすめ11選!キャンプなどアウトドアの薪割りに大活躍!

シースナイフはアウトドアや釣りなどに使われる小型ナイフです。薪割りに使えるものや、アウトドアクッキングに使えるものなど、さまざまなタイプがあり、1本持っていると重宝します。釣り用やアウトドア用、人気の日本製などおすすめのシースナイフをご紹介します。

シースナイフのおすすめ11選!キャンプなどアウトドアの薪割りに大活躍!のイメージ

目次

  1. 1キャンプや釣りにおすすめのシースナイフを11選ご紹介
  2. 2シースナイフとは
  3. 3シースナイフの選び方
  4. 4シースナイフの種類
  5. 5アウトドアや薪割りに便利なシースナイフ4選
  6. 6釣り用におすすめのシースナイフ4選
  7. 7日本製の人気シースナイフ3選
  8. 8人気商品の中からお気に入りのシースナイフを1本探そう

キャンプや釣りにおすすめのシースナイフを11選ご紹介

シースナイフは、キャンプや登山、釣りなどに役立つ便利なナイフです。初心者にも使いやすく、メンテナンスも比較的簡単です。

シースナイフには種類が多く、初心者にはどれを選んでいいか迷ってしまうことがあります。そこで今回は、釣りやキャンプなどアウトドアにおすすめのシースナイフの特徴や選び方、おすすめ製品をご紹介しましょう。

シースナイフとは

キャンプや登山、釣りなどアウトドアではナイフをよく使います。アウトドアナイフ、またはキャンプナイフとも呼ばれ、薪割りや焚き火、調理などさまざまなシーンにおすすめです。

アウトドアナイフにはいろいろな種類がありますが、中でも人気があるのがシースナイフです。シースナイフはコンパクトで持ち運びが簡単なだけではなく、強度があるので薪割りや釣りなどさまざまなシーンで活躍します。

ブレードとハンドルが一体型のナイフ

シースナイフとは、アウトドアでよく使われる小型のナイフです。「シース」と呼ばれる鞘(さや)に刃を収めるタイプのナイフのことで、折りたたむことはできません。

ブレードとハンドルが一体になったナイフで、折りたたみタイプのナイフよりも強度があり、斧の代わりに薪割りにも使えます。また釣りの際には、包丁の代わりに魚をしめたりさばいたりするのにおすすめです。耐久性が高く、長く使える便利なナイフです。

シースナイフの選び方

シースナイフは、形状や素材によってさまざまな違いがあります。初心者が買う最初の1本は、どんなことに気を付けて選んだらいいでしょうか。

ここではシースナイフを選ぶ時のポイントについてご紹介します。これらのポイントを踏まえて、最適なシースナイフを選んでください。

価格

シースナイフはさまざまなタイプがあり、価格帯も幅があります。中には激安のシースナイフもありますが、安価なものは品質が落ちるので避けたほうがいいでしょう。

有名ブランドの中にも、リーズナブルな価格設定で販売しているシースナイフがたくさんあります。最初の1本は、日本製や人気ブランドの中から選ぶのがおすすめです。

使用目的

シースナイフは主にアウトドアで使うナイフですが、どのようなシーンで使用するか考えてから購入するのがおすすめです。キャンプでは焚き火用や薪割り用に使うことがあるので、強度があり、耐久性の高いものを選んでください。

フィッシングナイフとして釣り用に使う場合は、さびにくい素材を使ったものや、グリップが握りやすいものを選ぶのがおすすめです。釣りでは包丁の代わりに魚をさばくのに使うため、切れ味のいいシースナイフを選んでください。

シースナイフの中でも釣りにおすすめなのがステンレス製です。ステンレス製の刃は強度があり、海水に濡れてもさびにくいので釣りに最適です。

メンテナンス方法

初心者が最初に買うシースナイフは、メンテナンスが簡単なものがおすすめです。キャンプや登山、釣りなどアウトドアでは時間をかけてナイフをメンテナンスすることができません。

汚れを落としやすく、さびにくい素材としておすすめなのがステンレス製やH1鋼製です。切れ味がよく、こまめに研ぐ必要がないので便利です。またカーボンスチール製は研ぎやすいので、初心者にもおすすめです。

ステンレス製以外のシースナイフを選ぶ時は、フッ素加工が施されているものを選ぶといいでしょう。さびにくく、お手入れが比較的簡単です。

Thumbバトニングとは何?おすすめのナイフや簡単なやり方などわかりやすく解説!
アウトドア用語で「バトニング」という言葉があります。ここでは、バトニングとはどのようなものな...

シースナイフの種類

シースナイフは素材や形状など、いろいろな種類があります。また、メーカーによってもそれぞれ特徴が異なります。おすすめのシースナイフをご紹介する前に、シースナイフの種類についてお知らせします。

シースナイフはタングの形状や固定の仕方によって強度が異なります。タングとは、ハンドルの中に収まっている刃の部分のことで、シースナイフはタングによって分類されます。

フルタング

フルタングは、タングがハンドルと同じ形状で、タングを挟み込むようにハンドルが固定されているものです。ブレードから一体化しているので強度が高く、力がかけやすいのが特徴です。

薪割りなど、衝撃がかかる作業に向いています。デメリットとしては重さがあることと、重心のバランスが悪いとう点です。

コンシールドタング

フルタングと同じようにハンドルの内部までタングが入っていますが、タングの幅はハンドルより小さく、ブレードはフルタングに比べ薄くなっています。

重心のバランスがよく、軽量で使いやすのが特徴です。衝撃にはあまり強くないので、枝を削る作業や釣りなどにおすすめです。

ナロータング

ナロータングは、他の2タイプとは固定方法が異なります。タングはハンドルに穴をあけてピンで固定したり、接着剤を使って固定したりしています。

コンパクトサイズのため、軽量で持ち運びが簡単で、比較的安価なものが多いのが特徴です。衝撃が少ない軽作業におすすめです。

アウトドアや薪割りに便利なシースナイフ4選

まず最初に、薪割りやアウトドアクッキングなどにおすすめの便利なシースナイフ4選をご紹介しましょう。

海外の老舗ブランドからは、おしゃれなデザインのなシースナイフがたくさん販売されていて、日本でも人気があります。

SCHRADE アウトドアナイフ

SCHRADE(シュレード)はアメリカの老舗ナイフメーカーです。こちらのアウトドア用のナイフSCHF36は、フルタングの頑丈な構造となっており、薪割りにも使用できます。ブレードに1095ハイカーボン銅を採用していて、切れ味がいいのが特徴です。

ハンドルはくぼみが付いており、手にフィットすると好評です。フルタングのシースナイフの中では比較的安い値段で買えるめ、低予算の人にも人気があります。デメリットとしては540gと重く、ブレードが銅製なのでさびやすいという点です。

モーラナイフ コンパニオンMG

MORAKNIV(モーラナイフ)は、120年以上の歴史があるスウェーデンの人気ナイフメーカーです。長く北欧の人に親しまれており、王室の御用達としても有名です。

モーラナイフからはさまざまナイフが販売されていますが、コンパニオンMGはエントリーレベルのシースナイフとして人気があります。ブレードは厚さ3.2mmのステンレススチールでさびに強く、軽くて使いやすいのが特徴です。値段も安く、初心者にも購入しやすいナイフです。

ボーカー マグナム エルクハンター シースナイフ

BOKER(ボーカー)は200年以上の歴史を誇る、ドイツの人気ナイフメーカーです。こちらは中型サイズのフルタングのシースナイフで、ブレードにステンレス鋼を採用しており、さびに強いのが特徴です。頻繁に研ぐ必要がないので便利です。

ハンドルは天然素材を使った、ナチュラル感のあるおしゃれなデザインとなっています。手になじみやすく、初心者にも使いやすいと好評です。、革製ケースが付いています。軽い軽いバドニング(薪割り)から調理まで幅広く使用できます。

S&W アウトドアナイフ

S&W(スミス&ウエッソン)は、1852年に設立したアメリカ最大級の銃器メーカーです。リボルバー拳銃などを開発している有名なメーカーですが、ナイフも大変人気があり、アメリカでは長く愛用しているファンがたくさんいます。

S&Wのアウトドアナイフ CKSURGは、大型のフルタングのシースナイフで、テフロンコーティングがされています。ブレードの厚さは7mmで、重量は約490gとずっしりとした重さがあります。切れ味がよく、薪割りや調理など幅広くく使えます。

釣り用におすすめのシースナイフ4選

シースナイフは釣り用にもおすすめです。釣り用のシースナイフは、さびに強いステンレス製がおすすめです。

海外製の人気シースナイフや、日本製の人気シースナイフなどご紹介しましょう。軽くて持ち運びにも便利と好評です。

バックナイフ スペシャルココボロ

BUCK KNIVES(バックナイフ)は1902年にアメリカで誕生した老舗で、現在はアメリカを代表するアウトドアナイフメーカーとして人気があります。スペシャルココボロは、アメリカらしい伝統的なデザインのシースナイフです。

比較的大型のシースナイフで、バック社のシースナイフの中でも人気が高いモデルです。ブレードはステンレス製なのでさびにくく、釣り用としてもおすすめです。ブレードが少し長めで、サイズの割には軽量で使いやすいと人気があります。革製のおしゃれなケースが付いています。

ダイワ フィッシング ナイフ

Daiwa(ダイワ)は日本の人気釣り具メーカーで、日本製の釣り道具を使いたい人に人気があります。ダイワのフィッシングナイフは、日本製ならではの品質のよさが人気を集めています。

ダイワのフィッシングナイフ65Cは、刃渡り65mmのコンパクトで、軽量なのが特徴で、収納しやすく持ち運びに便利です。色はブラックで、専用のケースが付いています。切れ味がよく、釣った魚をさばいたり、ウロコを取ったりするのに便利です。値段も安く、コスパがいい日本製のシースナイフを探している人におすすめです。

シマノ シースナイフロング

シマノは、日本の自転車部品と釣り具を製造する人気メーカーです。シースナイフロングは日本製の釣り用ナイフで、コンパクトで持ち運びに便利です。日本製ならではの使いやすい釣り用ナイフとして人気があります。

先が尖っているので、大きな魚から小さな魚まで、簡単にしめることができます。ブレードは厚さ約3mmのフッ素加工されたステンレス製でさびに強く、海や川などで使用できます。ハンドルは絶妙にカーブしており、しっかりと握れるため、大きな魚をさばく時にも使いやすいと人気があります。

シマノ シース小出刃

同じく、シマノの日本製のシースナイフで、魚釣り専用として愛用している人が多くいます。ハンドルの色がブラックとブルーの2色あります。ブレードは厚さ3mmのフッ素加工済のステンレス製で、さびにつよく、海でも川でも使えます。

ハンドルは手になじみやすいよう少し湾曲しており、しっかりと持てるため力を入れやすいと好評です。大きな魚も簡単にさばくことができます。樹脂製のケースが付いており、カチッと留めることができるます。ケースには水抜き穴が付いていて、中の水が抜けやすくなっています。

日本製の人気シースナイフ3選

ここからは、日本製の人気シースナイフをご紹介しましょう。日本製ならではの高品質で、繊細なデザインが人気を集めています。

日本の人気刃物メーカーからは、さまざまなタイプのシースナイフが販売されています。耐久性があり、長く使えると好評です。

G・サカイ アウトドアクッキングナイフ

G・SAKAI(ジー・サカイ)は1958年岐阜県関で創業した日本を代表するナイフメーカーです。日本製ならでは繊細なデザインと、高品質で切れ味のよい刃物は、世界的にも有名です。

G・サカイのアウトドアクッキングナイフは、アウトドアの調理用ナイフで、通常のナイフよりもブレードが細めで長いのが特徴です。魚や肉、野菜などをすばやくカットすることができます。またブレードの付け根に窪みがあり、短く持てることから魚や牡蠣の調理にも便利です。

ブレードはハイグレードな鋼材で、定期的に研ぐといいでしょう。ハンドルは人工材製を採用しており、ケースはクリップが付いているのでベルトにも掛けられます。

土佐鍛ダマスカス山遊鉈 木鞘

土佐鍛ダマスカスは、1946年に土佐で創業した刃物メーカー、トヨクニのナイフです。木目状の模様が特徴のダマスカス鋼を使ったナイフで、ブレードに層になった美しい模様が入っています。ブレードの厚みは6mmあり、薪割りに使える他、先端が細くなっているので魚をさばくこともできます。

ハンドルには樫の木を使っており、手になじみやすく、持ちやすいと好評です。値段も高く、高級感のある日本製の人気ナイフです。

富田刃物 仁作

富田刃物は新潟県燕市の人気刃物メーカーで、仁作(にさく)シリーズというナイフを製造しています。山刀や釣り用ナイフ、レジャーナイフなどさまざまなナイフがあり、日本製ならではの品質の高さが人気を集めています。

仁作シリーズの一つ、陸刀は、ブレードの厚みが約3mmあるステンレス製のシースナイフです。波刃加工がされており、木の根や紐、獲物の皮などを簡単にさくことができます。キャンプや登山、アウトドアクッキングとさまざまなシーンに活用できます。

Thumb登山用のナイフおすすめ11選!軽量で調理などにも大活躍の人気商品紹介!
登山などのアウトドアに行く際に必要な道具の一つにナイフがありますが、種類が多く、どれがいいの...

人気商品の中からお気に入りのシースナイフを1本探そう

シースナイフにはアウトドア用や釣り用などさまざまなタイプがあるので、使う用途に合わせて選ぶといいでしょう。中でもフルタングナイフは硬度があり、耐久性に優れており、多目的に使えるため、初めてシースナイフを使う人にもおすすめです。

また、ステンレス製のシースナイフはさびに強く、メンテナンスが簡単なので、釣りやアウトドア用として人気があります。今回はおすすめのシースナイフを厳選してご紹介しました。こちらでご紹介したものを参考に、お気に入りのシースナイフを探してください。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

新着一覧

最近公開されたまとめ