登山用バーナーのおすすめ11選!種類や初心者向けに選び方も解説!

登山をする時に必要な道具はいろいろありますが、登山用バーナーもその1つと言えます。ここでは、登山用バーナーのおすすめ11選を紹介します。初心者でも使いやすいものやどのような種類のものがあるのかなどを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

登山用バーナーのおすすめ11選!種類や初心者向けに選び方も解説!のイメージ

目次

  1. 1軽量で初心者にも使いやすい登山用バーナーを11選ご紹介
  2. 2登山用バーナーは2タイプのガスボンベから選ぶ
  3. 3OD缶タイプの人気登山用バーナー6選
  4. 4CB缶タイプの人気登山用バーナー5選
  5. 5登山用バーナーを初めて使う時の注意点
  6. 6登山用バーナーを使ったおすすめ料理
  7. 7登山用バーナーを使ったキャンプを楽しもう

軽量で初心者にも使いやすい登山用バーナーを11選ご紹介

登山にはいろいろな楽しみ方があります。途中の休憩の時や頂上に着いた時などに美味しい料理や飲み物を堪能することも挙げられるでしょう。そこで必要になるのが、登山用バーナーです。登山用バーナーといっても、様々なタイプがあります。登山初心者などにここで紹介する登山用バーナー11選をぜひ参考にしてもらいたいです。

登山用バーナーは2タイプのガスボンベから選ぶ

まずは登山用バーナーにはどのような種類があるのか紹介します。登山用バーナーは大きく分けて2種類に分類されます。どちらの種類のバーナーを使用しても良いですが、どのような用途に使うのかをイメージしましょう。

まずは2種類の登山用バーナーから最適だと思うものを選ぶことから始めましょう。それぞれの種類の人気バーナーを後ほど紹介します。

アウトドア向け設計・強火料理におすすめのOD缶

OD缶はアウトドア向けに設計されています。OD缶は寒さに強く火力が安定しているのが特徴です。そのため、強火の料理をする時におすすめです。口にバーナーを付けるだけで使用できるため、登山をする時に本格的な料理をしたい人におすすめします。

登山をする時期にもよりますが、頂上に着いた時の気温は標高が高いこともあり、寒いことが多いでしょう。そんな時に火力が安定しているOD缶であれば、安心して使用することができます。

カセットコンロと同じ形状のCB缶

CB缶はカセットコンロと同じ形状をしています。とても手軽に使用できるため、OD缶よりも価格が安いのが特徴です。OD缶は本格的なアウトドアショップなどでしか販売されていませんが、CB缶はスーパーやコンビニでも購入できます。バーナーは脚付きのものが必要となります。

火力が弱く安定しにくいため、簡易的な利用で使用する場合におすすめします。ちょっとした料理をしたい時ならば良いでしょう。寒さに弱いため、頂上などでは火を付けるまで時間がかかってしまう可能性があります。

Thumbテントマットのおすすめ15選!登山にも使えるコスパの良い人気商品紹介!
テントマットは大きく分けて4種類あり、それぞれの特徴を知ればキャンプはもちろん登山などに持っ...

OD缶タイプの人気登山用バーナー6選

OD缶タイプの人気登山用バーナー6選を紹介します。OD缶タイプを使用する場合は、火力が強いことを優先するのか、軽量で持ち運びが楽なものを選ぶのかなどポイントを決めておくとバーナー選びも楽になるでしょう。どのポイントに対しても良い評価をあげられるバランスタイプもあります。ここで紹介する6つの商品を参考にしてください。

プリムス P-153 ウルトラバーナー

プリムス P-153 ウルトラバーナーは非常に人気が高い商品です。人気の理由として挙げられるのは、すごい火力を持っていること、非常に軽量で持ち運びが楽であること、風に強いことなどです。火力が優れていることは使い勝手の良さにつながってきます。軽量で持ち運びが楽なのは、きつい登山の時でもありがたいことでしょう。

山は風がとても強いことがあるので、その中で安定して使えるのは最高でしょう。非常に人気が高いプリムス P-153 ウルトラバーナーは、間違いなくおすすめです。

プリムス 2243バーナー

プリムス 2243バーナーは、安定性を求めたい人に人気の商品です。P-153 ウルトラバーナーと同じように、火力のすごさ、計量であること、風に強いことは当てはまります。最もおすすめしたいポイントは、288個の炎口があることです。これは、P-153 ウルトラバーナーよりも多く、安定感は間違いないと言えます。

軽量を求める人にとっては、P-153 ウルトラバーナーが116グラムで、2243バーナーが253グラムなので重量はあります。それでも、十分軽量の範囲であると言えるでしょう。

プリムス エッセンシャルトレイルストーブ

プリムス エッセンシャルトレイルストーブは2020年に新発売された商品です。初心者からベテランの人までがエッセンシャル(必須)となるアイテムとなることを目的として開発されました。重心が低くなるように設計されました。重心が低くなることによって、より安定感が増すことにつながります。

この商品には点火装置がついていないため、初心者の人は少々火をつけるのに苦労する可能性があります。点火装置がない分、軽量化にはなっています。

イーピーアイ REVO-3700

イーピーアイ REVO-3700は優れた火力を求める人に人気の商品です。非常に火力が高いのが特徴で、直径3センチほどの穴から出る炎はとても激しく感じるでしょう。火力調整つまみが付いているため、自分で好きな火力にできます。このつまみが操作しやすいのも人気の理由といえるでしょう。

重量は111グラムなので、軽量で持ち運びしやすいのも良いでしょう。最高火力にした時はすさまじい炎になります。

スノーピーク ギガパワーストーブ 地

スノーピーク ギガパワーストーブ 地は、1998年の発売以来高い人気を集めている商品です。火力や重量といった要素が非常にバランスがとれています。バランスよく使いたいという人におすすめです。世界中で人気があり、1998年のグッドデザイン賞を受賞しています。長く信頼されているモデルと言えます。

バランスがとても良いので、初心者の人でも安心して使ってもらえるはずです。信頼できる商品をぜひ利用してください。

ジェットボイル FLASH

ジェットボイル FLASHは手軽に持ち運びができる点が人気といえます。クッカー本体に全てのパーツを入れられるオールインワン設計になっています。コンパクトになるうえ、軽量でもあるのが良いです。バーナーの出力性能が優れており、前のモデルよりも最大出力が2倍になりました。

鍋やフライパンでも十分な火力で調理をすることができます。高火力を活かした料理をしたい人におすすめしたい商品です。

CB缶タイプの人気登山用バーナー5選

CB缶タイプの人気登山用バーナー5選を紹介します。カセットコンロと同じように使えるため、普段使いすることも可能な商品もあります。登山やキャンプに行く機会はそれほどなくても、普段使いすることができれば、活躍する場は増えることでしょう。どれも素晴らしい商品ばかりなので、ぜひ多くの人に知ってもらいたいです。

イワタニ カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

イワタニ カセットガス ジュニアコンパクトバーナーは、アウトドアで人気のメーカーであるイワタニが出している商品です。軽量でコンパクトであるうえ、手軽に手に入るイワタニのカセットボンベが使用できます。ワンプッシュで自動点火する機能があるので、火を付けるのは初心者でも難しくありません。

18センチまでの鍋ならば使用可能なので、十分使い勝手が良いと言えるでしょう。とても手軽に使えるアイテムと言えます。

ソト レギュレーターストーブ ST-310

ソト レギュレーターストーブ ST-310は、初心者から中上級者まで愛用している人が多い商品です。重量は330グラムとなっており、幅166ミリ・奥行142ミリ・高さ110ミリです。発熱量は2500キロカロリーで、CB缶と本体が一体となっている形状になっています。

ソト レギュレーターストーブ FUSION ST-330

ソト レギュレーターストーブ FUSION ST-330は、前述したST-310と同様に人気が高い商品です。2つの商品を比較してみます。重量は250グラムでST-310よりも80グラム軽量です。幅350ミリ・奥行120ミリ・高さ90ミリとなっており、ST-310の方がコンパクトに設置できるようになっています。

発熱量は2200キロカロリーなので、ST-310の方が高いです。形状はCB缶と本体が一体化しています。どちらも優れた点があるので、一概にどちらが良い商品ということは難しいです。どちらもおすすめできる商品と言えます。

スノーピーク HOME&CAMPバーナー

スノーピーク HOME&CAMPバーナーは、登山やキャンプの時だけでなく、普段使いしても問題ありません。大きめの鍋にも対応できるため、普段の食事でも活躍するでしょう。コンパクトに収納できるので、登山やキャンプの時にも最適です。

色合いがシルバーメインになっており、とてもおしゃれな構造になっています。インテリアとしての機能も高いと言えます。

ユニフレーム ミニバーナー US-700

ユニフレーム ミニバーナー US-700は、とてもコスパが良いとして人気の商品です。コスパが良いポイントとして挙げられるのが耐久性の良さです。アウトドアで使うアイテムはできるだけ長く使っていけることがポイントとなります。この商品は非常に長く使えるので、たくさんのファンがいます。

上手に使えば、ずっと買い換えなくても良いくらい長く使えるかもしれません。ユニフレーム ミニバーナー US-700を長く愛用してください。

登山用バーナーを初めて使う時の注意点

登山用バーナーを初めて使う時の注意点を紹介します。ここの内容は初心者であれば、ぜひ知っておいてもらいたい内容です。難しい内容ではありませんが、初心者の人が登山用バーナーを使ううえで必要となることばかりです。やみくもにバーナーを使うのではなく、きちんとした使い方をしなければ事故につながってしまいます。

登山用バーナーの初心者だけではなく、使い慣れた人にも改めて頭に入れてもらいたい内容です。

使う前に使用方法を確認する

登山用バーナーを使う前に使用方法をしっかりと確認することが重要です。初めて使用するバーナーであれば、なおさらしっかりと使用方法を確認してもらいたいです。どれも同じような登山用バーナーだから、使い方にそれほど違いはないだろうと思っていると痛い目に遭う可能性があります。

どれだけ登山用バーナーを使い慣れた人でも、使用方法は改めて確認してもらいたいです。細心の注意を払って登山用バーナーを扱いましょう。

同じメーカーのバーナーとガス缶を使う

同じメーカーのバーナーと同じガス缶を使うことも重要なポイントです。現代では登山用バーナーを作る技術が進歩したため、メーカーが異なるガス缶でも接合部が同じであることが増えてきました。同じ接合部であれば、基本的には問題なく使用することはできるでしょう。しかし、絶対に安全に使用できるとは限りません。

安全である確率を上げていくためにも、同じメーカーのガス缶を使うようにしましょう。少々面倒だと思っても安全を得るためには必要なことです。

他の着火道具も携帯する

登山用バーナーを持っていれば、絶対に大丈夫というわけではありません。いざ使用しようとしたら、火がつかなかったというケースも想定されます。登山用バーナーを頼りにしすぎて、他の着火道具を持っていなかった場合、持参した食料などが食べられない可能性があります。万が一のためにライターやマッチなどの着火道具を用意しましょう。

保険となる着火道具を持っていれば、よほどのことがない限り、火をつけることはできるでしょう。初心者の人は登山用バーナーは、どこでも絶対に使える保障はないことを知っておきましょう。

使用後にメンテナンスをする

登山用バーナーを使用した後には、しっかりとメンテナンスをしておきましょう。初心者の人はメンテナンスと聞くと、ハードルが上がったような感覚になるかもしれません。どのようにメンテナンスをしたら良いかは、登山用バーナーを購入する時にお店の人に聞いてみることをおすすめします。

また、インターネットにも登山用バーナーのメンテナンス方法を掲載しているサイトがあるので、ぜひ参考にしてください。

登山用バーナーを使ったおすすめ料理

登山用バーナーを使ったおすすめ料理を紹介します。登山用バーナーを持参するならば、美味しい料理を食べましょう。普段当たり前のように食べている料理でも、山の頂上など非日常の場面で味わえば、格別な味になるはずです。ここで紹介する料理を一例にしてもらい、登山用バーナーを使って美味しい料理を食べましょう。

カップラーメン

手軽に食べられる料理の代表格といえるのがカップラーメンでしょう。何と言ってもお湯を沸かすだけで食べることができるのが良いです。アウトドアの場だと、簡単に美味しく食べられる料理が良いと思う人もいるでしょう。好きなカップラーメンを持参して、手軽に美味しい味を楽しみましょう。

おにぎり茶漬け

おにぎり茶漬けは、おにぎりとお茶漬けの素があれば作ることができます。おにぎりは自分で握って持参したものでも良いですし、コンビニなどで売っているものでも良いです。器におにぎりを入れて、お茶漬けの素をかけます。その上からお湯を注げば完成です。おにぎりの具材やお茶漬けの素の味によって、様々な味が楽しめます。

リゾット

リゾットはおにぎりと粉末スープがあれば簡単に作ることができます。リゾットの中に好きな具材を入れることによって、さらに美味しく食べられますし、ボリューム感もアップします。ちょっと凝った料理でも、登山用バーナーがあれば簡単に完成できます。どんなリゾットを食べたいのか考えて食材を持っていきましょう。

登山用バーナーを使ったキャンプを楽しもう

登山用バーナーのおすすめ11選を紹介しましたが、今まで使ったことがない人に興味を持ってもらえたならばありがたいです。登山用バーナーは軽量ですし、使い方もそれほど難しくありません。特に初心者の人には登山用バーナーを使う時の注意点を頭に入れてもらい、正しい使用法で使ってもらいたいです。最高のキャンプなどを楽しんでください。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

新着一覧

最近公開されたまとめ