充電式ヘッドライトおすすめベスト11!防水タイプは釣りや登山にも人気!

充電式ヘッドライトは、防災グッズとしても入っていることがありますが、キャンプや登山などのアウトドア、防水タイプは釣りなどにも人気です。釣りやキャンプにおすすめな防水タイプなどの充電式ヘッドライトのおすすめをランキングでご紹介します。

充電式ヘッドライトおすすめベスト11!防水タイプは釣りや登山にも人気!のイメージ

目次

  1. 1充電式ヘッドライトの人気商品をランキングでご紹介
  2. 2充電式ヘッドライトの選び方・チェックポイント
  3. 3充電式ヘッドライトのおすすめランキング11位~8位
  4. 4充電式ヘッドライトのおすすめランキング7位~4位
  5. 5充電式ヘッドライトのおすすめランキング3位~1位
  6. 6人気の充電式ヘッドライトはどこで購入できる?
  7. 7メインで使える充電式ヘッドライトを選ぼう

充電式ヘッドライトの人気商品をランキングでご紹介

充電式ヘッドライトは、防災グッズには必ずと言っていいほど入っているアイテムです。そんな充電式ヘッドライトは、防災グッズだけでなく、キャンプや登山などのアウトドアでも使える人気アイテムのひとつです。

キャンプなどのアウトドアでは、夜間、トイレに行く際の足元を照らすライトとして重宝します。また、釣りのときには、夜間の釣りの際の手元灯りとして最高です。特に、釣りは、両手がふさがっていることが多いのでおすすめです。

キャンプや釣りなどのアウトドアで人気のアイテム「充電式ヘッドライト」を選ぶ際には、注意点もあります。キャンプや釣りなどで人気の充電式ヘッドライトのおすすめをランキングでご紹介します。

充電式ヘッドライトの選び方・チェックポイント

キャンプや釣りなどで人気の充電式ヘッドライトのおすすめをランキングでご紹介する前に、充電式ヘッドライトの選び方やチェックポイントをいくつかご紹介します。

充電式ヘッドライトの選び方・チェックポイントのひとつに、「充電の方法」がどうかということが挙げられます。また「付属品や追加できるパーツ」があることも多いです。その他にも、「アウトドアシーンで使える明るさの目安」や「釣り・登山用は防水機能の有無」もチェックしておきたいです。

充電の方法

充電式ヘッドライトの選び方・チェックポイントでは、「充電の方法」というのもチェックしておきたいポイントになります。充電式ヘッドライトの充電の方法は、最近では、USBでの充電が多くなっています。

USB充電式以外では、電池式もあります。電池式のメリットは、充電がなくなっても購入して入れ替えればすぐに使えるということです。USBでの充電ができる充電式ヘッドライトの場合は、予備のバッテリーなどが用意できるかなどのチェックも必要です。

付属品や追加できるパーツ

「付属品や追加できるパーツ」についても、充電式ヘッドライトの選び方・チェックポイントの一つになります。それぞれの公式サイトでは、対応するアクセサリーなども掲載があります。ベルトクリップやブラケット、充電ケーブルなどがあり、より使いやすくなります。

その他にも、カラーフィルターやヘルメットへの装着ができるものもあります。ヘッドバンドでしっかりとヘッドライトを固定することができます。

アウトドアシーンで使える明るさの目安

「アウトドアシーンで使える明るさの目安」も充電式ヘッドライトの選び方・チェックポイントにひとつです。充電式ヘッドライトを選ぶ上で、明るさのチェックはとても大切です。

ひとつの大きな目安が、夜間での充電式ヘッドライトに必要な明るさは、100ルーメン以上になります。ただし、キャンプなどのアウトドアでは、あまりにも明るすぎでも問題があります。

釣りなどで使用する充電式ヘッドライトは、手元灯りとして十分な明るさの充電式ヘッドライトを用意しましょう。充電式ヘッドライトのそれぞれに、「ルーメン」で明るさは表示されています。

釣り・登山用は防水機能の有無もチェック

釣り・登山などのアウトドアでは、防水機能の有無もチェックする必要があります。防水機能がないものをアウトドアで使うとショートなどの危険性もあるので、使わないようにしましょう。それぞれの防水性と防塵性能は、「IP」で表示されています。

「IP68」と充電式ヘッドライトに記載があれば、これは、防塵性能が6で、防水性能は8という意味です。アウトドアで使う場合には、防水性能が4以上、できれば6以上あれば良いでしょう。

充電式ヘッドライトのおすすめランキング11位~8位

ここでは、充電式ヘッドライトのおすすめランキング11位から8位までをご紹介しましょう。充電式ヘッドライトを選ぶポイントであるアウトドアでの防水性能なども併せてランキングでご紹介していきます。

充電式ヘッドライトのおすすめランキング11位から8位には、コンパクトな充電式ヘッドライトもあり、釣りやキャンプなどのアウトドアにもおすすめな防水性能の高い充電式ヘッドライトがランクインしています。

11位:GENTOS CP-01R コンパクトヘッドライト

充電式ヘッドライトのおすすめランキング11位は、「GENTOS CP-01R コンパクトヘッドライト」です。とてもシンプルでおしゃれなコンパクトな充電式ヘッドライトでおすすめです。

2つのスタイルのバンドが付属しています。USB充電式で気軽に利用することができます。IP64準拠の耐塵・防滴の充電式ヘッドライトになります。2メートルの落下テストも行われています。

明るさは220ルーメンで、点灯時間は2時間、ワイドビームで照射距離は42メートルになります。リチウムポリマー充電池が内蔵されています。充電時間はおよそ3時間です。

10位:グッド・グッズ LEDヘッドライト HL-50TR

グッド・グッズ LEDヘッドライト HL-50TRは、充電式ヘッドライトのおすすめランキング10位にランクインした人気のヘッドライトです。

明るさは400ルーメンで、点灯モードは、ハイ・ロー・点滅です。使用時間はハイで6時間、ローで13時間です。18650型リチウムイオンバッテリーですが、単4乾電池3本でも使えます。防水等級はIP65で生活防水レベルになります。

9位:KASHIMURA LL-19 ヘッドライト

充電式ヘッドライトのおすすめランキング10位にランクインしたのは、「KASHIMURA LL-19 ヘッドライト」です。

明るさが250ルーメンでありながら、かなりリーズナブルな充電式ヘッドライトです。IP5Xの防塵です。充電池タイプはリチウムイオンで、充電時間は3時間です。

8位:福井 H30 ヘッドライト Nicron

「福井 H30 ヘッドライト Nicron」は、充電式ヘッドライトのおすすめランキング8位にランクインしました。

超硬アルミニウム製ボディでとても軽いのでおすすめです。高輝度ヘッドライトで900ルーメンあります。USB充電 でおよそ5時間で充電できて、IP68レベルの防塵・防水性能です。

充電式ヘッドライトのおすすめランキング7位~4位

こちらでは、充電式ヘッドライトのおすすめランキング7位から4位をご紹介しましょう。トップ5に入りそうな実力のある充電式ヘッドライトがランクインしています。

ランキング7位から4位にランクインする充電式ヘッドライトは、使い勝手もよく、光量も十分な充電式ヘッドライトが多いです。アウトドアでも安心して使うことができるのでおすすめです。

7位:Ledlenser SOLIDLINE SH6R 502206

Ledlenser SOLIDLINE SH6R 502206は、防水等級IP54で防滴、防塵等級付きの充電式ヘッドライトです。カラーはブラックで、ABS樹脂で軽いです。重さは163グラムです。付属品は専用充電池、マイクロUSBケーブル付きです。

使用電池は単4アルカリ電池3本で、点灯時間は5時間から50時間、光量は30ルーメンから250、600ルーメンまでです。照射距離は、50メートルから200、300メートルです。

6位:GENTOS CP-260RSP コンパクトヘッドライト

「GENTOS CP-260RSP コンパクトヘッドライト」は、コンパクトヘッドライトということで、非常にコンパクトな充電式ヘッドライトです。カラーもサマーブルーでおしゃれです。

1978年創業の日本のライトメーカーであるGENTOS(ジェントス)は、アウトドアをする人の中でも人気のあるメーカーです。明るさは260ルーメンで、点灯時間は2時間、ワイドビームで照射距離は100メートルです。

1メートル落下テストもしていて、IPX4準拠の防滴性能を有します。可動式ヘッドで使いやすい充電式ヘッドライトになります。

5位:GENTOS WS-100H ヘッドライト

「GENTOS WS-100H ヘッドライト」は、リーズナブルな充電式ヘッドライトで、照射角調整は大型ベゼルで簡単に行うことができます。専用充電池と乾電池兼用で便利です。専用充電池への充電は可能です。

IP64準拠の耐塵・防滴性能で、1メートルからの落下テストも行っています。明るさは550ルーメンで、フォーカスコントロールもついていて、点灯時間は2時間で、照射距離は155メートルです。

使用電池は、専用リチウムポリマー充電池あるいは、単4形アルカリ電池3本です。本体の重さは105グラムと軽量でおすすめです。

4位:GENTOS NR-004R ヘッドライト

人気の「GENTOS NR-004R ヘッドライト」は、GENTOSで人気のスリムな充電式ヘッドライトになります。頭にセットしていることを忘れそうなヘッドライトです。近接照射にぴったりで、釣りの手元灯りなどにおすすめです。

ヘッドライトとクリップライトの2WAYでの使用ができるので使いやすい充電式ヘッドライトになります。明るさは120ルーメンで、点灯時間は2.5時間、照射角度は120度、照射距離は14メートルです。

IP64準拠の耐塵・防滴仕様となっています。2メートルの高さから落下耐久もあります。付属品は、ヘッドバンドとマイクロUSBケーブルです。

充電式ヘッドライトのおすすめランキング3位~1位

いよいよ、充電式ヘッドライトのおすすめランキング3位から1位をご紹介します。トップ3にランクインする充電式ヘッドライトは、使い勝手もよく、アウトドアにもおすすめな充電式ヘッドライトばかりです。

光量もアウトドアで活躍してくれる十分な明るさのある充電式ヘッドライトで人気があります。このトップ3のどれかを購入しておけば、問題なく、アウトドアで使うことができるでしょう。

3位:Ledlenser ヘッドライト Hシリーズ

充電式ヘッドライトのおすすめランキング3位にランクインしたのは、「Ledlenser ヘッドライト Hシリーズ」です。Ledlenserというヘッドライトで有名な会社の充電式ヘッドライトになります。信頼性のある充電式ヘッドライトでおすすめです。

業務用の充電式ヘッドライトも取り扱っていて、光量もかなり明るいものまであります。アウトドアでおすすめなシリーズはHシリーズになります。その中の350ルーメンや500ルーメン、1000ルーメンあたりの充電式ヘッドライトがおすすめです。

業務用の充電式ヘッドライトも取り扱っていることもあり、連続照射時間も20時間や50時間と長いのでおすすめです。価格は税込6600円からリーズナブルなものもあります。

2位:N-FORCE LEDヘッドライト

「N-FORCE LEDヘッドライト」は、充電式ヘッドライトのおすすめランキング2位にランクインした人気のヘッドライトです。高品質のリチウムポリマーバッテリーが使われているということで安全性にも優れた充電式ヘッドライトになります。

明るさは1000ルーメンで、照射距離はなんと140メートルです。アウトドアにもおすすめな充電式ヘッドライトです。明るさの調節は、6段階になっていて釣りなどの手元灯りとしても使いやすいです。

緊急時などには、赤色のLEDが点灯・点滅します。連続点灯時間は8時間です。防水性能は、IP67と十分な性能があります。大手通販サイトでもナンバーワンになるほどの人気の充電式ヘッドライトになります。

1位:GENTOS GH-003RG ヘッドライト Gシリーズ

GENTOS GH-003RG ヘッドライト Gシリーズは、充電式ヘッドライトで有名なGENTOSの人気機種です。ユーザー登録をすることで、なんと、最長5年保証を受けることができます。明るさは500ルーメンあるので、アウトドアでおすすめです。

IP66準拠ということで、防塵・防水性能もアウトドアで十分対応できるものとなっています。さらに、2メートルの高さからの落下テストも行っています。照射のフォーカスコントロールも可能で、点灯時間は12時間、照射距離は60メートルになります。

使用光源は、高輝度チップタイプ白色LEDで、専用リチウムイオン充電池を使っています。便利なのは、単3形アルカリ電池4本にも対応していることです。

人気の充電式ヘッドライトはどこで購入できる?

人気の充電式ヘッドライトを購入する際には、どんなお店を用意しますか。充電式ヘッドライトを購入する場合には、アウトドアショップなどの実店舗か、大手通販サイトのオンラインショッピング、アウトドアブランドの公式オンラインショッピングなどで購入できます。

実店舗での購入のメリットは、やはり、実機を見ながら購入できるということです。頭にセットしたときのサイズ感などがわかるのでおすすめです。その他、オンラインショッピングの場合は、豊富な種類の中から、口コミを参考にしながら購入できます。

最近のオンラインショッピングは、説明や写真なども豊富に掲載されているので、格段に購入しやすくなっています。価格なども比較しやすく、よりリーズナブルに購入することが可能です。

メインで使える充電式ヘッドライトを選ぼう

キャンプや釣りなどのアウトドアで人気の充電式ヘッドライトをランキングでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。充電式ヘッドライトは、軽いものもありとても使いやすいです。

光量も十分な充電式ヘッドライトもあり、釣りやキャンプにもおすすめです。まだ、充電式ヘッドライトを使ったことのない方は、この機会に、充電式ヘッドライトを使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ