ツーリングドームはコスパ最高のコールマンの人気テント!種類やサイズは?

人気のアウトドアブランド「コールマン」。コールマンにはコスパの良いテント「ツーリングドーム」が販売されており、バイクに収納できるのでツーリングを行う方に人気があります。ツーリングドームはサイズも多く、人数やキャンプスタイルに合わせて選べます。

ツーリングドームはコスパ最高のコールマンの人気テント!種類やサイズは?のイメージ

目次

  1. 1コールマンで人気のツーリングドームをご紹介
  2. 2ツーリングドームを販売しているコールマンとは
  3. 3コールマンのバイクツーリングテントが口コミで人気
  4. 4コールマンのツーリングドームの種類とサイズ
  5. 5コールマンのツーリングドームのおすすめポイント
  6. 6コールマンのツーリングドームが活躍するおすすめのキャンプ場
  7. 7コールマンのツーリングドームでバイクの旅を楽しもう

コールマンで人気のツーリングドームをご紹介

バイクツーリング用のテントとして人気を集めているコールマンの「ツーリングドーム」。ツーリングドームはコスパがとても良く、サイズの種類も豊富なのでそれぞれのキャンプスタイルに合わせて選ぶことができます。

今回はそんなコールマンのツーリングドームについて詳しくご紹介します。ツーリングドームSTなど種類があり、バイクで持ち運びできるようコンパクトなサイズに仕上げています。バイクでソロキャンプを楽しみたい方におすすめです。

ツーリングドームを販売しているコールマンとは

コスパの良いバイクツーリング用テントを販売している「コールマン」。コールマンは日本でも有名なアウトドアブランドになり、1900年ころからアメリカで根強い人気を集めています。歴史も古く、デザイン性もシンプルです。

コールマンにはツーリングドームなどテントをはじめ、調理器具やタープ、衣類などアウトドアで活躍してくれるアイテムがたくさん販売されています。コールマン限定商品も多く、日本国内にも店舗を多く構えています。

コールマンは多くのキャンパーから絶大な人気を集めています。コールマンの商品は品質がとても良く、キャンプ初心者から利用できる簡単な道具も多いので老若男女問わず人気です。次々と新しいアイテムを販売しているのも魅力的。

Thumb全国のコールマンアウトレット店舗まとめ!テントなどキャンプ用品が激安!
様々なアウトドアグッズを販売しているコールマンですが、アウトレットを展開しています。ここでは...

コールマンのバイクツーリングテントが口コミで人気

コールマンでおすすめのツーリングドームは、口コミでも評価の高いテントとして注目されています。ツーリングドームSTなど種類やサイズも多く、バイク専用に作られたテントなのでツーリングを楽しみたい方におすすめです。

今回はそんな口コミで人気のあるコールマンのバイクツーリングテントについて詳しくご紹介します。ツーリングドームはコールマンならではの商品となっており、高品質なので長持ちすると話題を集めています。

バイクに積みやすい軽量でコンパクトなテント

ツーリングドームは口コミ評価の高い商品となっており、数ある口コミの中で目立つのがコンパクトなサイズ感です。ツーリングドームはバイクで持ち運びできるテントなので、通常のテントよりも軽量なことで知られています。

コンパクト・軽量なのでバイク以外でも便利に使用することができます。ソロキャンプの方、女性のキャンパーでも利用しやすいので、多くの人々から大人気。ツーリングドームはコンパクトで軽量ですが、広々とした空間のあるテントです。

コールマンのツーリングドームの種類とサイズ

コールマンで人気のあるツーリングドームは、ツーリングドームSTなど種類やサイズが豊富に販売されています。それぞれバイクの種類はもちろん、テントでの過ごし方によって種類やサイズを決めていくのがおすすめです。

今回はそんなコールマンのツーリングドームの種類とサイズについて詳しくご紹介します。コールマンのツーリングドームを初めて購入する方はもちろん、どんな種類やサイズがあるのか気になる方は目を通してみてください。

ツーリングドーム/ST

コールマンのツーリングドームを初めて購入する方におすすめなのが「ツーリングドームST」。ツーリングドームSTは1人から2人用のコンパクトサイズのテントになっており、ソロキャンプを楽しみたい方にもおすすめです。

ツーリングドームSTはコンパクトですが横幅が210cmもあり、男性の方でもゆったりと過ごすことができます。テントの室内に雨が入り込まない設計になっており、ツーリングドームSTとは別売りの「キャノピーポール」があれば日除け対策もバッチリです。

ツーリングドームSTはコンパクトに収納することができ、どんなバイクにも積み込むことができます。ツーリングドームSTには前室空間も設置されているので、靴や荷物を置くことが可能。デザインもシンプルで人気があります。

ツーリングドーム/LX

ツーリングドームSTとは違って、2人から3人用のテント「ツーリングドーム LX」。ツーリングドーム LXは家族連れにおすすめのツーリングドームになり、ナチュラルカラーなのでキャンプ場の自然とマッチングします。

ツーリングドーム LXはソロキャンプの方でも設計しやすいテントになり、ポールポケット式になっています。前室空間は背をかがめなくても利用することがき、かなり広々としているので2泊以上使用したい方にもおすすめです。

ツーリングドーム/LX+

大人2人でもゆったりと過ごしたい方におすすめのサイズが「ツーリングドーム LX+」。ツーリングドーム LX+はツーリングドームSTよりも広々としており、温度上昇を軽減してくれる「ダークルームテクノロジー」機能もついています。

ツーリングドーム LX+は日光をブロックしてくれるので、朝日などで目を覚ましてしまう心配がありません。夏の時期に人気のあるテントでもあり、ポールポケット式なので女性やソロキャンプの方も設営しやすいです。

ツーリングドーム LX+はコールマンのテントの中でも人気商品となっているので、欠品状態が続いてしまうことも。購入したい方は事前に公式HPで在庫状況を確認しておくのがおすすめ。

コールマンのツーリングドームのおすすめポイント

コールマンで人気のあるツーリングドームは、他のテントにはないおすすめポイントがたくさんあります。ツーリングドームならではの設計で作られているので、バイクで旅をしている方に嬉しい設定も。

今回はそんなコールマンのツーリングドームのおすすめポイントについて詳しくご紹介します。コールマンのツーリングドームを初めて購入する方はもちろん、ツーリングドームのポイントについて知りたい方はチェックしておきましょう。

コスパの高さ

コールマンのツーリングドームの最大ポイントはコスパの良さ。ツーリングドームは設営も簡単で機能性に優れていますが、驚くほど安い値段で売られています。そのため、キャンプ初心者の方も気軽に購入することができます。

ツーリングドームは種類やサイズによって値段も変動していくので、実際に店舗に足を運んで目で見て判断するようにしましょう。インターネットでも中古商品が販売されているので、事前に目を通しておくのがおすすめです。

テントの中が広い

ツーリングドームはバイク用でコンパクトなサイズですが、テントの室内がとても広々としています。ツーリングドームの室内は寝袋を2つ並べられる空間があり、背面側には後室が設置できるので荷物置き場も作れます。

ツーリングドームは両サイドから出入り可能なので、寝ている人を跨いで通る心配がありません。ソロキャンプの方はかなり広々と使用することができ、種類によっては日光も遮ることができるので女性にもおすすめ。

前室も広々としているので、荷物の多い方にも人気があります。ツーリングドームは親子で利用する方も多く、大人1人・小学生など学生が1人であれば足を延ばして寝られます。使用する人数や年齢に合わせてサイズを変えていきましょう。

通気性がよく夏も快適

コールマンのツーリングドームは通気性がバッチリなので、暑い夏の時期でも快適に過ごすことができます。ツーリングドームは前面背面とメッシュの素材で作られているので、湿気のある日でもテント内は涼しくすることが可能です。

ツーリングドーム内の天井にも窓がついているので、昼間でも風通しを良くすることができます。フライシート上部にもベンチレーションが設置されているので、テント内の空気を変えたい場合も役に立ちます。

ツーリングドームのファスナーは二重になっているので、内側のファスナーを開ければメッシュの生地が出てきます。テント内に虫の入ってくる心配もありません。夜の間は二重のファスナーを閉めておくことで、冷たい風をシャットダウンできます。

一人で設置と片付けがしやすい

バイク用に設計されているコールマンのツーリングドームは、キャンプ初心者やソロキャンプの方でも設営しやすくなっています。テントの設置や片付けがしやすいので、テントにあまり時間を取られたくない方にもおすすめです。

通常のテントは四隅にエンドピンにポールを設置して固定しますが、ツーリングドームは背面のポケットにポールを入れるだけで固定することができます。ポールポケット式はピンよりも外れにくく、初めてテントを設営する方でも簡単です。

慣れれば10分ほどで設営可能なので、ツーリングドームはテント張を早く済ませたい方に人気があります。ツーリングドームの前室も設営しやすく、1人で使用するには十分な広さを誇ります。

収納がコンパクト

設営、そして片付けしやすいはツーリングドームバイクで持ち運びできるようにかなりコンパクトに収納することができます。コールマンで購入する場合は、ツーリングドーム専用の袋もセットになるので持ち運びも楽。

ツーリングドームは収納のやり方を説明書で確認しておけば、かなりスムーズに片づけることができます。片付ける道具も少ないので無くす心配も少ないです。ツーリングドームの片付け方法は店舗でも確認できるので、チェックしてみてください。

Thumbコールマンのコットは寝心地抜群と口コミで人気!おすすめの商品は?
皆さんは、車中泊やキャンプで人気のコットって知ってますか。コットはベッドにもなる折りたたみベ...

コールマンのツーリングドームが活躍するおすすめのキャンプ場

国内にはコールマンのツーリングドームが役に立つ、ツーリングにおすすめのキャンプ場が数多く点在しています。バイクでもキャンプを楽しむことができ、ツーリングドームを持参すれば快適なアウトドアを満喫することが可能です。

今回はそんなコールマンのツーリングドームが活躍するおすすめのキャンプ場について詳しくご紹介します。キャンプ場によってルールや守るべきマナーも変わっていくので、事前に公式HPに目を通しておきましょう。

河口湖オートキャンプ場(山梨)

ツーリングの絶景スポットとして人気のある「河口湖」。河口湖の畔には人気のある「河口湖オートキャンプ場」が設置されており、バイクでも使用することができます。夏でも涼しく過ごせ、24時間使用できるシャワー室も完備されています。

河口湖オートキャンプ場はトイレや炊事場が綺麗に整っており、近くにはスーパーやコンビニもあるので食材の買い出しにも便利です。緑豊かな自然にはもちろん、気温や季節によって表情を変えていく富士山の絶景を楽しめます。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町小立5404
電話番号 0555-72-4411

なす高原 YUMOTO CAMP(栃木)

那須高原の美しい大自然を楽しめるキャンプ場「なす高原 YUMOTO CAMP」。なす高原 YUMOTO CAMPは2021年の春にオープンしたばかりの新しいキャンプ場になり、ソロキャンプやデュオキャンプなどスタイルに合わせたプランがあります。

オートサイト内であれば車やバイクを横付けできるので、栃木県でツーリングを楽しみたい方にもおすすめです。ソロキャンプの方がお得に宿泊できるプランも多く、アウトドアで人気のバーベキューもできます。

キャンプサイトの種類も多いので、キャンプスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。ツーリングドームは通常のテントよりもコンパクトなサイズになっているので、小さめのキャンプサイトでも設置することが可能です。

住所 栃木県那須郡那須町湯本452-3

Higher Ground Camping(静岡)

静岡県内でもリゾート地に位置するキャンプ場「Higher Ground Camping」。Higher Ground Campingは静波海岸まで歩いてすぐの場所に位置しており、おしゃれな海外映画に出てくるようなトレーラーがあることも人気があります。

海岸沿いをツーリングすることができ、海風を感じながら過ごしたい方におすすめです。夏の時期に訪れる場合は、日差しをカットできるツーリングドームを使用するようにしましょう。マリンスポーツも楽しめます。

Higher Ground Campingはまるで別荘地にきたような空間が広がっているので、大人の時間を過ごしたい方におすすめです。時期によって料金が変動していくので、予めチェックしておきましょう。

住所 静岡県牧之原市静波2220-59
電話番号 0548-23-0888

コテージ&キャンプ はなれ山水(滋賀)

滋賀県の観光名所である「琵琶湖」に位置する人気のキャンプ場「コテージ&キャンプ はなれ山水」。コテージ&キャンプ はなれ山水は夏の時期に宿泊する方が多く、琵琶湖でも遊びを満喫することができます。

春には梅津大崎の桜、秋は紅葉狩り、冬はスキーと四季折々の景色を楽しめることでも人気があります。琵琶湖周辺はツーリングスポットも多いので、バイク好きな方におすすめ。

住所 滋賀県高島市マキノ町知内浜87
電話番号 0740-20-5051

コールマンのツーリングドームでバイクの旅を楽しもう

コールマンでバイク乗りから絶大な人気を集めているテント「ツーリングドーム」。ツーリングドームはコールマンならではのテントになっており、のんびりとアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

コールマンのツーリングドームは使ってみて初めて分かる魅力もたくさんあります。ぜひ、バイクの旅を楽しみたい方はコールマンのツーリングドームを試してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ