焚き火シートのおすすめランキング11!チクチクしない人気の商品も!

最近、キャンプでは、焚き火が流行っています。キャンプ場での焚き火には、焚き火台の他に、焚き火シートやスパッタシートと呼ばれるものが必須です。ホームセンターで買える安いスパッタシートや防炎性能に優れた人気焚き火シートをランキングでご紹介します。

焚き火シートのおすすめランキング11!チクチクしない人気の商品も!のイメージ

目次

  1. 1ホームセンターなどで買える安い焚き火シートをご紹介
  2. 2焚き火シート・スパッタシートとは
  3. 3焚き火シート・スパッタシートの使い方
  4. 4焚き火シート・スパッタシートの選び方
  5. 5焚き火シートのおすすめ人気ランキング11位から8位
  6. 6焚き火シートのおすすめ人気ランキング7位から4位
  7. 7焚き火シートのおすすめ人気ランキング3位から1位
  8. 8人気の焚き火シート・スパッタシートはどこで買う?
  9. 9焚き火シート・スパッタシートで安全にキャンプを楽しもう

ホームセンターなどで買える安い焚き火シートをご紹介

最近、キャンプで焚き火を楽しむ人が増えています。ファミリーキャンプだけでなく、ソロキャンプの人でも焚き火を楽しむ人が多いです。焚き火は、あの炎を見つけているだけで、ホッとするそんな魅力があります。

キャンプ場で焚き火を楽しむ際には、焚き火台はもちろん必要ですが、焚き火台の下に敷く焚き火シートやスパッタシートなどが必要になります。焚き火シートやスパッタシートがあることで防炎の役目を果たしてくれます。

焚き火シートやスパッタシートを使うことで、キャンプ場でも安心して焚き火を楽しむことができます。ホームセンターで手に入るおすすめの安いスパッタシートや防炎性能が高く人気の焚き火シートをご紹介します。

Thumb焚き火台は自作できる!100均グッズやペール缶を使ったDIY方法を紹介!
みなさんは焚き火台が自作できるってご存じですか?100均で買えるグッズやペール缶を使った、焚...

焚き火シート・スパッタシートとは

ホームセンターで人気の安いスパッタシートや防炎性能が高く人気の焚き火シートをご紹介する前に、焚き火シートやスパッタシートについて少し解説をしておきましょう。焚き火シートとスパッタシートは、焚き火シーンにおいて、同じ役目をしてくれる焚き火に必須のアイテムです。

焚き火シートは、その名の通り、アウトドアブランドなどからも発売されています。焚き火台の下に敷くシートです。焚き火シートというのは、焚き火台から舞う火の粉や焚き火台の熱からキャンプ場の地面を保護するために敷きます。

スパッタシートというのは、工事現場などで、溶接していると、火花が散ります。その火花を受けるために開発されたシートです。スパッタシートは防炎のため、キャンプ場での焚き火シーンでも大活躍してくれます。

焚き火シート・スパッタシートの使い方

ここでは、焚き火シート・スパッタシートの使い方について解説をしていきましょう。焚き火シート・スパッタシートの使い方はとても簡単で、ただ単に、焚き火台の下に敷くだけです。たったこれだけで、焚き火台から出る火の粉や熱からキャンプ場の地面へのダメージがかなり緩和されます。

焚き火シート・スパッタシートの大きさは、焚き火台の4倍の大きさがひとつの基準となります。これくらい大きめなものを使うとほとんどの火の粉をキャッチできます。ホームセンターで選ぶ際にもこの大きさの焚き火シート・スパッタシートを探します。

焚き火シート・スパッタシートの上手な使い方として、コーナーにペグを打ち込める穴があると良いです。風で焚き火シート・スパッタシートが飛んでしまうのを防ぐことができるのでおすすめです。

焚き火シート・スパッタシートの選び方

焚き火シート・スパッタシートの使い方がわかったところで、焚き火シート・スパッタシートの選び方について解説しましょう。ホームセンターでも手に入る焚き火シート・スパッタシートですが、選び方のポイントがいくつかあります。

焚き火シート・スパッタシートの選び方は、安いというだけでなく、「素材」や「肌触り」、「防炎・耐火性能」もチェックした上で、ホームセンターなどで選ぶようにしましょう。ホームセンターでは実物を触りながら選ぶことも可能です。

ホームセンター以外のオンラインショッピングで購入する際にもこれらの条件を満たした焚き火シート・スパッタシートを選ぶようにすれば失敗なく購入できるでしょう。

素材

焚き火シート・スパッタシートを選ぶ際にポイントになるのが、まずは、「素材」です。焚き火シートの素材は、大きく分けると、耐炎繊維とガラス繊維の2つの種類があります。スパッタシートには織り方の種別もあります。「杉綾織」と「朱子織」、「平織」、「フェルト」の4種類になります。

また、スパッタシートの場合には、特殊難燃樹脂やコーティングされているものもあります。スパッタシートは、シリカ繊維のものと耐炎繊維のものとがあります。

焚き火シートの場合、ガラス繊維のものは、焦げ付きもなくおすすめです。また、価格の安い耐炎繊維でも十分焚き火シートとしての役割は果たしてくれます。さらに、難燃性のシリコンがコーティングされているものが人気です。

肌触り

肌触りについて解説をしていきます。シリコンがコーティングされている焚き火シート・スパッタシートの場合、肌触りも良くて、チクチクしないので人気があります。安いというだけでなく、長く使おうと思っている場合には重要なポイントになります。

焚き火台を用意するたびに、チクチクするよりもしない方が良いので、肌触りの良い焚き火シート・スパッタシートを選んでください。初めて、焚き火シート・スパッタシートを購入する方は、このようなこともあるので、ホームセンターなどで実物を手にして購入すると良いでしょう。

防炎・耐火性能

焚き火シート・スパッタシートの防炎・耐火性能も併せて考えておきましょう。防炎・耐火性能は、焚き火シート・スパッタシートを選ぶ上で、もっとも大切なことです。ホームセンターで安い焚き火シート・スパッタシートを探す際にも、この防炎・耐火性能で、火の粉に耐えれる性能を持った焚き火シート・スパッタシートをを選びましょう。

溶接現場でよく使われるスパッタシートをメインに販売する業者のスパッタシートは、焚き火シートとして十分な防炎・耐火性能があることがほとんどです。

それでは、焚き火シート・スパッタシートのおすすめ人気ランキングは、防炎・耐火性能も併せて解説をしていきましょう。安いだけでなく、防炎・耐火性能に優れた焚き火シート・スパッタシートを探しましょう。

焚き火シートのおすすめ人気ランキング11位から8位

ここでは、焚き火シートのおすすめ人気ランキング11位から8位についてご紹介していきましょう。トップテンにも入ってくる人気の焚き火シートで、焚き火シートとして使えるスパッタシートもランクインしています。

ホームセンターで購入できる安いコスパの良い焚き火シート・スパッタシートもありおすすめです。人気アウトドアブランドが提供する安いコスパの良いおすすめの焚き火シートもランクインしています。

11位:TRUSCO 火花養生シート

焚き火シートのおすすめ人気ランキング11位は「TRUSCO 火花養生シート」です。TRUSCO 火花養生シートは、JIS A 1323 C種合格品で、ガラス繊維100%のスパッタシートになります。片面に塩ビ樹脂コーティングされています。

風で飛ばされないようにペグ打ちできる穴も開いています。オレンジカラーは目立つカラーで、焚き火の火の粉も弾く性能を持っていますが安いのでおすすめです。

また、ノンアスベストの商品で、子供のいるキャンプでの焚き火などにもおすすめです。サイズですが92センチ四方で、重さが270グラムです。

10位:ナフコ NFファイアシート NF-BST

「ナフコ NFファイアシート NF-BST」は、焚き火シートのおすすめ人気ランキング10位としてご紹介します。ホームセンター通販 ナフコで購入できる耐熱シートです。材質は、グラスファイバーで、大きさは80センチ四方です。ハトメ4ヶ所とペグ4本付きの安くてコスパの良い焚き火シートです。

ナフコ NFファイアシート NF-BSTは、耐熱温度はおよそ500度で、安いのに十分な性能を持っています。焚き火初心者が使い始めるにもおすすめな焚き火シートです。公式サイトでは税込1980円です。

9位:CARBABY 焚き火シート

CARBABY 焚き火シートは、サイズが98センチ・61センチで、カラーはベージュです。素材は裏面シリコン加工されたファイバーグラスで、耐熱温度がなんと1500度になります。収納袋に入れてコンパクトに持ち運びもできます。

他の焚き火シート・スパッタシートの中でも高い耐熱性能があり人気があります。そして、何よりもこの性能を1000円台で購入できるということで安くてコスパが良いのでおすすめです。

口コミでもガラス繊維ですが、コーティングされているので、チクチクしないと評判の焚き火シートになります。また、ハトメ付きで風で吹き飛ばされないようにペグを打てます。

8位:DOD(ディーオーディー) タキビバビデブー

DOD(ディーオーディー) タキビバビデブーは、DOD(ディーオーディー) は、キャンプで使うテントが人気のアウトドアブランドで、焚き火台シートも販売しています。サイズはおよそ100センチ四方ですが、形は八角形でおしゃれです。

収納袋にコンパクトに収まるのでおすすめです。材質はガラス繊維ですが、両面をシリコン加工されているので、チクチクしたりもしません。

連続使用温度は250度となっています。重さですが420グラムとなっています。この八角形のデザインには意味があり、八方向から焚き火にあたることができるのでおすすめです。

焚き火シートのおすすめ人気ランキング7位から4位

ここでは、焚き火シートのおすすめ人気ランキング7位から4位をご紹介しましょう。トップ5からトップ3にも食い込んでくるほどの人気の焚き火シートがランクインしています。

焚き火シートとしても使える「SRECNO バーナーシート スパッタシート」や焚き火台専用の焚き火シートもランクインしています。

7位:SRECNO バーナーシート スパッタシート 2枚セット

SRECNO バーナーシート スパッタシート 2枚セットは、焚き火シートのおすすめ人気ランキングで7位にランクインしています。人気の理由は、バーナーシートとスパッタシートの2枚セットでお得です。

材質はカーボンフェルトで、サイズは45センチ四方と25センチ四方の2枚です。瞬間使用温度は1300度で、連続使用温度は700度です。

6位:Alpinista 焚き火台シート

「Alpinista 焚き火台シート」は、六角形デザインの焚き火台シートです。サイズは50センチ四方になります。収納袋もついて携帯性にも優れています。

材質はガラス繊維ですが、両面シリコンコーティングされていて、丸洗いもOKです。チクチク感を最小限となっていますが、専用の手袋もついています。

5位:タキトラ焚き火台シート

「タキトラ焚き火台シート」は、素材は‎ファイバーグラスですが、特殊コーティングによって、チクチクしません。サイズは85センチ・65センチです。重さは350グラムになります。

瞬間耐熱温度は800度で、連続使用耐熱温度は500度になります。ハトメもついているので、ペグも打ち込めます。

4位:チエ化学 極厚 ハトメ付焚き火シート

「チエ化学 極厚 ハトメ付焚き火シート」は、工業用耐火シートを作っているメーカーが提供するハトメ付焚き火シートです。

瞬間使用温度は1500度で、耐熱作業温度は800度になります。素材はガラス繊維になります。サイズは100センチ四方になります。

焚き火シートのおすすめ人気ランキング3位から1位

こちらでは、焚き火シートのおすすめ人気ランキング3位から1位について解説をしましょう。キャンプで焚き火デビューをしたいと考えている方は、まずは、このトップ3の中から購入しておけば問題ないでしょう。

人気アウトドアブランドの焚き火シートは使い勝手もよく、リーズナブルに利用することができるのでおすすめです。口コミでも評判の焚き火シートがランクインしています。

3位:キャンプグリーブ 焚き火シート

キャンプグリーブ 焚き火シートは、ハトメ付きで、しかもペグまで付いているコスパの良い焚き火シートです。サイズは80センチ・60センチで長方形です。

材質は、ガラス繊維フェルトにシリカコートされています。耐火性能は、作業温度は800度で、瞬間使用温度としては1500度にもなります。重量は280グラムです。シリカコートされていて、チクチクしません。

2位:バンドック 焚き火台シート

バンドック 焚き火台シートシートは、材質はカーボンフェルトですが、耐熱温度が700度になります。焚き火台の大きさにぴったりなサイズです。携帯性を重視した焚き火台シートになります。

芝生やデッキで使っても、しっかりと火の粉から守ってくれます。価格は大手通販サイトでも1000円ちょっとということで、かなり安いです。

1位:ロゴス 焚き火台シート

ロゴス 焚き火台シートは、人気アウトドアブランドの焚き火シートで、サイズは80センチ・60センチの長方形です。素材はファイバーグラスで、耐熱温度500度の耐火シートになります。

価格も1500円前後ということで安いので、コスパの良い焚き火台シートとして人気があります。重さは270グラムと軽量です。

Thumbロゴスのピラミッドグリルは大人気の焚き火台!口コミや使い方も要チェック!
ロゴスのピラミッドグリルは焚き火台やバーベキュー、ダッチオーブン料理などさまざまな使い方がで...

人気の焚き火シート・スパッタシートはどこで買う?

ここまで、人気の焚き火シート・スパッタシートをランキングでご紹介してきましたが、実際に購入となると、どこで購入すると良いでしょうか。

焚き火シートを見なことのないという方は、ホームセンターで実物を見てから購入するのもおすすめです。何度か使っているという方は、オンライン通販で口コミを見ながらの購入もいいかもしれません。

焚き火シート・スパッタシートで安全にキャンプを楽しもう

おすすめの焚き火シート・スパッタシートをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ホームセンターでもオンライン通販でも購入することができます。

コスパの良い焚き火シート・スパッタシートも多いので、キャンプで焚き火台を使う際には、焚き火シート・スパッタシートを用意して安全にキャンプを楽しみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ