天ぷら深町は京橋のミシュラン一つ星の名店!絶品のおすすめメニューは?

天ぷら深町と言えば、美食家の間で有名な競売のミシュラン一つ星の名店です。今回は、天ぷら深町の絶品おすすめメニューを中心に天ぷら深町の魅力をたっぷりお伝えします。天ぷら深町のこだわりも解説しますので、はじめての人はもちろんファンも必見です。

天ぷら深町は京橋のミシュラン一つ星の名店!絶品のおすすめメニューは?のイメージ

目次

  1. 1京橋にある天ぷら深町の魅力を紹介!
  2. 2天ぷら深町では本格的な江戸前天ぷらが楽しめる
  3. 3天ぷら深町のこだわりは?
  4. 4天ぷら深町はミシュランも獲得!
  5. 5天ぷら深町のおすすめのランチメニューを紹介!
  6. 6天ぷら深町のおすすめのディナーメニューは?
  7. 7天ぷら深町の営業時間と定休日
  8. 8天ぷら深町のアクセス情報
  9. 9人気の天ぷら深町に行ってみよう!

京橋にある天ぷら深町の魅力を紹介!

東京都中央区京橋には、ミシュラン一つ星を何度も獲得した天ぷらの名店があることをご存じでしょうか。今回紹介する”天ぷら深町”は、料理一筋50年の料理長が腕を振るう天ぷら料理の名店です。

コース料理がおすすめのお店ですが、お得なランチ限定メニューもあるなど、ミシュランガイド掲載店の味を気軽に味わえることが人気のポイントとなっています。

今回はそんな天ぷら深町の魅力を詳しく紹介します。気になる営業時間やアクセス情報も登場するため、はじめて天ぷら深町を利用する人は必見です。なお、紹介する情報は2021年11月時点のものとなります。

天ぷら深町では本格的な江戸前天ぷらが楽しめる

東京都中央区京橋でミシュランを獲得し話題となった、天ぷら深町をご存じでしょうか。”天ぷら深町”とは、料理一筋50年の深町料理長が腕を振るう天ぷらの名店です。

シンプルな天ぷら料理で差別化を図るため、天ぷら深町ではさまざまな点にこだわりを見せてくれます。

天ぷら深町のこだわりは?

京橋の名店・天ぷら深町のおすすめメニューのご案内に移る前に、天ぷら深町がなぜミシュランを獲得するほどの人気店となっているのか、天ぷら深町ならではのこだわりを知っておきましょう。

天ぷら深町の深町料理長は、「てんぷらは食材を油で揚げるだけの料理」と言い切ります。シンプルな天ぷらを提供するからこそ細部にまでこだわりが行き届いており、小さなこだわりが絶品の天ぷらを生み出しています。

天ぷら深町のこだわりのなかで特に目を惹くのが「生絞りの太白ごま油を使用すること」「食材・醤油・食器」「ランチコースも予約制であること」という3つのポイントです。

生絞りの太白ごま油を使用

天ぷら深町の最大のこだわりの1つが、生絞りの太白ごま油を使用することにあるとされています。”太白ごま油”とは、ごまを生のまま押しつぶして搾った精製ごま油のことを指します。

ごまが抗酸化物質を多く含むことから長期間保存に適しており、天敵とされる油の酸化に強い耐性を見せます。

ごま油と聞くと「香りが強く、色も移ってしまうので天ぷらを揚げるのに適さない」というイメージがありますが、生絞りの太白ごま油についてはごま油特有の香りがほとんどなく色もほぼ無色です。

天ぷら深町では生絞りの太白ごま油を贅沢に使用することで、生絞りの太白ごま油を使用しない天ぷらとの差別化を図っています。生絞りの太白ごま油をしようすることにより「食後の胃もたれが防げる」と深町料理長は語ります。

食材・醤油・食器

シンプルな天ぷら料理だからこそ、天ぷら深町では些細なことにも妥協しません。天ぷらに使用する食材はすべて旬のものを使用しており、築地市場をはじめ信頼のおける場所から厳選した食材だけを取り寄せています。

天ぷらのタレに使用する醤油も、深町料理長が厳選し納得したという島根県の太鼓醤油店の醤油を使用するなど、素材へのこだわりを感じさせます。また、シンプルな天ぷらをワンランク上の料理に仕上げるため、食器にも大きなこだわりを持っています。

天ぷら深町で料理を提供する時に使用する食器は、深町料理長が骨董品店で厳選した食器です。シンプルな天ぷらで多くの人を魅了するのは、美しい食器にも秘密があるようです。

ランチコースも予約制

天ぷら深町では、ディナーコースはもちろんランチコースもすべて予約制です。コース料理では天ぷらを1種類づつ運ばれるスタイルが基本となっています。

1種類の天ぷらを2つ運ばれることもあり、楽しむ前には前菜や穴子とご飯、デザートも味わうことができます。贅沢三昧にも思えるコース料理はランチタイムから楽しむことができ、いつも予約でいっぱいです。

ただしお得なランチコースも、もっとも安い時で予算8,000円です。ディナーコースに比べてお手頃か価格となっていますが、なかなか足を運べないという人も多いかもしれません。

ランチタイムには、予約なしで食べられるアラカルトやお得な定食なども味わうことができます。

ランチタイムの名物となっている天丼は、甘辛いタレが天ぷら深町の天ぷらと絶妙にマッチする人気の一品です。そのためランチコースがおすすめですが、人気のアラカルトやお得な定食もおすすめです。

天ぷら深町はミシュランも獲得!

そんな京橋の名店・天ぷら深町は、ミシュランを何度も獲得しています。天ぷら深町が獲得したのはミシュラン一つ星です。

ミシュランガイド掲載の天ぷらの名店であるにもかかわらず、お得なランチを用意していたり、アラカルトでも料理を提供するなど敷居の高さを感じさせません。

ランチタイムからアルコールを楽しむ事もできるため、ちょっと贅沢な昼飲みを楽しむのにもおすすめのお店となっています。天ぷら深町は、誰もが気軽に立ち寄ることのできるミシュラン一つ星のお店です。

天ぷら深町のおすすめのランチメニューを紹介!

ではいよいよ、ミシュランをなども獲得している天ぷらの老舗・天ぷら深町で人気のおすすめランチメニューをご案内します。ランチメニューの嬉しいところは、ディナータイムには提供されないお手頃価格のメニューが用意されている点です。

またディナータイムにはないお得なコース料理が用意されていることも人気のポイントです。なお紹介するメニューの価格はすべて税込価格となっています。

もっともリーズナブルな「特製かき揚げ天丼」

天ぷらでもっとも多くの人が注文するとメニューの1つとされる、特製かき揚げ天丼のご案内です。”特製かき揚げ天丼”は、平日ランチ限定で提供されるお得な天丼です。

他のメニューに比べてリーズナブルですが、こだわりがたくさんつまった天丼となっています。使用するかき揚げには旬の野菜を贅沢に使用することがこだわりです。春にはふきのとうなどの春野菜の天ぷら、夏にはなんとゴーヤの天ぷらが登場することもあります。

寒い時期にも天ぷらに使用する野菜としては珍しいアスパラガスをはじめマイタケやムカゴ、ゆり根やミョウガといった野菜がふんだんに入ります。そこにエビやカニ、ホタテの天ぷらなど豪華な天ぷらが次々に添えられます。

天ぷら深町伝統のぬか床で漬けるこだわりいっぱいの自家製のぬか漬け、赤だしがセットになります。「特製かき揚げ天丼を食べるだけでも訪れる価値がある」とファンの間で大人気の特製かき揚げ天丼は、一杯3,000円です。

特製かき揚げ天丼はランチタイムに単品で注文できますが、コースの一品に組み込まれることもあります。

野菜がたっぷり入った「野菜定食」

ランチタイム限定でお得に天ぷら深町の味を楽しめる、野菜定食のご案内です。天ぷら深町の”野菜定食”は、野菜がたっぷり入った定食メニューです。旬の野菜を使用した天ぷら10種類の他、車エビの天ぷらを1つ味わうことができます。

同じ価格帯のランチコースより多くの野菜の天ぷらを味わうことができるため、野菜の天ぷらが好きなら一石二鳥のメニューです。

生絞りの太白ごま油を使用しているため天ぷら深町の天ぷらは最後までさっぱり食べれますが、野菜の天ぷらは一層さっぱりと最後まで美味しく食べられるでしょう。男性はもちろん女性にもおすすめです。

「天ぷら深町の天ぷらを少しでも多く、そして安く食べたい」という時に重宝する野菜定食は一人前8,800円です。

各種のコースメニューが美味しいと評判!

ランチはお得な天丼や定食の人気が高いですが、ゆっくりと食事ができる時にぜひおすすめしたいのがやはりコースメニューです。天ぷら深町のランチコースは基本的に3種類です。

3種類のランチコースとは「8,000円コース」「11,000円コース」「13,000円コース」を指します。一品一品丁寧に提供されるランチコースは、どれもこだわりがいっぱい詰まっています。

8,000円コースでは車エビの天ぷらが2つと魚の天ぷらが3つ、野菜の天ぷら5つにご飯と赤だし、香物がセットになります。11,000円コースと13,000円コースどちらも、途中まで8,000円コースと同じ内容です。

11,000円コースはそこに天丼と天茶、天バラがプラスされます。”天茶”とはかき揚げを乗せたお茶漬けのことを指し、”天バラ”とはかき揚げを軽く混ぜ合わせたご飯のことを指します。13,000円コースはと言うと、11,000円コースに生うにがプラスされます。

”生うに”とは天ぷら深町の名物の1つであり、深町料理長が大切にし続けている伝統の天ぷらのことを指します。北海道産のうにを大葉で包んで揚げた生うにの天ぷらは、ほどよい塩加減と磯の香り、大葉の香りがベストマッチした至極の一品となっています。

天ぷら深町のおすすめのディナーメニューは?

ランチメニューに続き、ディナーメニューもチェックしてみましょう。天ぷら深町の魅力を最大限に味わいたいのなら、やはりディナータイムがおすすめです。

ランチメニューに比べると高額になりますが、ディナータイムには天ぷら深町でしか味わいえない料理が次々に運ばれてきます。

ランチタイムと違い、ディナータイムの料理は基本的にコースのみとなります。そのため、利用については完全予約制となりますので気を付けましょう。

天ぷら定食

天ぷら深町で定番人気のディナメニューの1つとなっているのが、天ぷら定食です。天ぷら深町の”天ぷら定食”とは、ディナーメニューのなかでもっともリーズナブルなことが特徴です。

車エビの天ぷらが2つに魚の天ぷらが4つ、野菜の天ぷらが5つに天丼か天茶か天バラから1つを選ぶボリューム満点のメニューです。そこに天ぷら深町自慢の赤だしと香物が添えられます。天ぷら定食の価格は一人前16,500円となります。

さしみ付てんぷら

天ぷら定食に鮮度抜群の刺身が添えられるのが、続いて紹介するさしみ付てんぷらです。天ぷら深町の”さしみ付てんぷら”は、天ぷら深町が厳選した旬の魚の刺身と、天ぷら定食にプラスしたディナーメニューです。

ボリュームたっぷりの天ぷら定食に脂がたっぷり乗った刺身が楽しめるため、お腹を空かせてゆっくりと味わいたいメニューとなっています。

とても贅沢なディナーメニューのため、デートや特別な日のお祝いにもってこいではないでしょうか。さしみ付てんぷらは一人前18,700円です。

おまかせてんぷら

ディナーメニューでもっとも豪華なのが、おまかせてんぷらです。おまかせてんぷら”とは、その名の通りおまかせで天ぷらが次々に運ばれてくる天ぷら深町の名物メニューです。

最高の状態で天ぷらを提供してくれるため、ゆっくりと天ぷら深町のこだわりの天ぷらを味わいましょう。メニュー内容については完全におまかせとなるため、毎回同じ料理が登場するとは限りません。ディナータイム限定のおまかせてんぷらは一人前22,000円です。

Thumb日本橋で人気の天丼まとめ!行列ができる老舗のランチやおすすめメニューも紹介
日本橋にはさまざまなグルメを楽しむ場所がありますが、その中でも和食でも人気が高い天丼を食べら...

天ぷら深町の営業時間と定休日

京橋でミシュランを獲得した天ぷらの名店、天ぷら深町の営業時間と定休日を確認しておきましょう。天ぷら深町の営業時間はランチタイムとディナータイムに別れます。ディナータイムは2部制となるため、合計3部制の営業時間となります。

火曜日から金曜日の間のランチタイムが11時30分から14時、土曜日と日曜日のランチタイムが12時からと13時45分からの2部制となります。ディナータイムの営業時間は17時からと19時30分からの22時の2部制です。

ただし、どの時間帯も売り切れ次第営業終了となりますので気を付けましょう。定休日は毎週月曜日と第1日曜日・第3日曜日になります。

住所 東京都中央区京橋2-5-2 A・M京橋ビル

天ぷら深町のアクセス情報

今回の最後に、天ぷら深町のアクセス情報をご案内します。天ぷら深町の最寄り駅は東京メトロ銀座線の京橋駅です。京橋駅から天ぷら深町までは徒歩1分の距離となります。

専用駐車場もなく京橋駅からのアクセスが良いため、公共交通機関を使ってのアクセスがおすすめですが、車で来店する人は周辺のコインパーキングを利用しましょう。

天ぷら深町周辺のコインパーキングはどれも予約制駐車場ばかりですが、徒歩2分の場所にある相互館110タワー駐車場は予約なしで駐車できるおすすめのコインパーキングです。駐車料金もシンプルに30分300円と安いため、天ぷら深町に車でアクセスする時に重宝します。

人気の天ぷら深町に行ってみよう!

東京都中央区京橋にある天ぷらの老舗・天ぷら深町は、ミシュランガイドを何度も獲得した名店です。営業はランチタイムとディナータイムに別れており、どちらの時間帯もコース料理が中心です。

ただし、ランチタイムにはお得なアラカルトや人気の定食も用意されているため足を運びやすいのではないでしょうか。

コース料理を楽しむ時にはランチタイム・ディナータイムどちらも完全予約制となります。人気の天ぷら深町に行き、美味しい天ぷらを味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ