冬が旬の野菜をチェック!おすすめの食べ方・料理で美味しく食べよう!

秋が終わり、空気が冷え込んでくると冬がやってきます。その冬の楽しみのひとつに、冬の旬野菜があります。冬は、寒いですが、部屋で温かい料理が美味しい時期でもあります。冬の旬野菜の食べ方や冬の野菜を使った料理レシピをご紹介します。

冬が旬の野菜をチェック!おすすめの食べ方・料理で美味しく食べよう!のイメージ

目次

  1. 1冬が旬のおすすめ野菜と美味しい食べ方をご紹介
  2. 2冬が旬の野菜って?
  3. 3冬が旬の野菜の特徴
  4. 4冬が旬の定番野菜とおすすめの食べ方
  5. 5冬が旬の野菜を使ったおすすめ料理
  6. 6冬の旬野菜を使ったおすすめレシピの見つけ方
  7. 7冬が旬の野菜を美味しく食べよう

冬が旬のおすすめ野菜と美味しい食べ方をご紹介

冬が到来すると、楽しみなのが、冬が旬の野菜ではないでしょうか。冬が旬の野菜には、甘くて美味しいさつまいもや寒い日に美味しくいただける鍋料理に入れる大根や白菜などがあり旬を迎えます。旬の野菜を使った料理はとても美味しいです。

旬の野菜がおすすめできる理由は、美味しいというのはもちろんですが、旬ということは、価格もだいぶ安いということや旬の野菜が栄養価も高いということが言えます。ですので、旬の野菜を使った料理はおすすめです。

冬には冬の旬の野菜があって、冬の野菜というのは、冬の寒さに堪えるために、糖度を蓄えていきます。そのため、甘くて美味しい野菜が多いということも皆さんも御存知のとおりです。そんな冬に旬を迎える野菜の食べ方やおすすめ料理レシピをご紹介します。

Thumb秋が旬のおすすめ野菜をチェック!特徴から美味しい簡単レシピまで!
秋は食欲の秋ということもあり、美味しいグルメが楽しめる時期でもあります。美味しい秋のグルメに...

冬が旬の野菜って?

冬に旬を迎える野菜の食べ方やおすすめ料理レシピをご紹介する前に、冬が旬の野菜には、どんなものがあるのかお話しをしておきましょう。冬が旬の野菜には、それぞれの地域によっても色々な冬野菜があります。

まずは、冬の鍋やおでんに欠かせない大根です。大根は、年間通じて楽しめる野菜のひとつですが、冬には特に甘みを感じられるということでおすすめの冬の旬野菜になります。冬野菜の代名詞的な野菜に白菜があります。やはり、鍋料理には欠かせない野菜です。

もうひとつ鍋料理に必ずと言っていいほど入っている長ネギや水菜、小松菜です。長ネギや水菜、小松菜もまた、甘みがあり美味しいのでおすすめです。かぼちゃも冬が旬の野菜で、煮物などで美味しくいただくことができます。

冬が旬の野菜の特徴

ここで、冬が旬の野菜の特徴について少し解説をしておきましょう。さきほども少しお話しをしましたが、とにかく、冬に旬を迎える野菜は甘いです。一年を通して楽しめる野菜でも、冬がもっとも甘く美味しいと言われています。

また、冬に旬を迎える野菜は、ビタミンやカロテンと言われる栄養価も高いため、免疫力を高めたい冬に最適の野菜ということになります。冬は、風邪も引きやすいということもあり、その予防にもなります。

鍋料理などには、冬野菜を入れることも多く、体の芯から温まる料理が多いのも冬の魅力でもあります。寒い冬は悪いことばかりでなく、こうした冬の旬野菜で美味しい料理を楽しむことができるのでおすすめです。

冬が旬の定番野菜とおすすめの食べ方

ここでは、冬に旬を迎える野菜とそのおすすめの食べ方について解説をしていきましょう。ここで紹介する冬に旬を迎える定番野菜ですが、まずは、「さつまいも」が挙げられます。冬の風物詩でもある野菜がさつまいもです。

さつまいもの他にも、おでんなどに欠かせない大根や鍋料理におすすめな白菜、煮物に最適なかぼちゃ、彩りもいいブロッコリーやほうれん草も食べ方も色々でおすすめです。

キャベツや長ネギもまた、食べ方としては鍋料理の定番冬物野菜です。さらには、かぶの食べ方もご紹介していきましょう。

さつまいも

さつまいもは、冬の風物詩としてなくてはならない野菜で、焼き芋をはじめ、甘くて美味しい冬の旬野菜として人気があります。子供から大人までに人気があり、野菜としてもスイーツとしても使うことのできる優秀な野菜です。

さつまいもは、日本のあちこちで、色々な品種が作られていて、ビタミンCをはじめ、ビタミンE、ビタミンB6、カリウムなど栄養素も豊富です。食べ方は、皮ごと食べることで、栄養素をしっかりと摂取することができます。

さつまいもは、料理のレシピもデザートも作れる野菜ということで人気があります。糖度の高いさつまいもを選ぶ際には、切り口が蜜で少し黒くなっているものを選ぶと良いでしょう。

大根

大根は、一年中楽しめる野菜のひとつですが、冬が旬の野菜のひとつで、冬の大根はもっとも甘く美味しいのでおすすめです。冬の鍋の定番野菜で、煮物などでの食べ方もおすすめな野菜です。消化を助けるジアスターゼなどの酵素が豊富で、大根おろしは、まさに、このジアスターゼを摂取できます。

その他の栄養素としては、ビタミンやミネラルも豊富です。良い大根の選び方ですが、太くてまっすぐと伸びた大根を選ぶようにしましょう。ずっしりとした大根は、水分も多く瑞々しい証拠です。

大根は、葉っぱまですべて食べれる優秀な野菜です。大根の葉っぱには、カロテンやカルシウム、食物繊維などの栄養素があります。まるごと食べることができるので、食べ方も色々あるのでおすすめです。

白菜

白菜は、冬の鍋には欠かせないそんな冬野菜です。冬の白菜は、とても甘みもあり瑞々しいです。鍋だけでなく、炒めものなどの食べ方もあります。白菜は、その部位によって食べ方も色々あるのでおすすめです。

白菜の栄養素は、β-カロテンやビタミンC、ビタミンKなどが豊富に含まれています。白菜のビタミンは水に溶け込む習性があるので、鍋のスープもしっかりと飲むことで、栄養素を摂取することができます。

良い白菜の選び方ですが、ずっしりとしたものを選ぶようにしましょう。そうすることで、瑞々しい甘くて美味しい白菜を料理することができます。切り口を見て、白いものは新鮮です。

かぼちゃ

かぼちゃは、栄養素の高い野菜で、一年中楽しむことができる野菜ではありますが、「冬至の日にかぼちゃ食べると風邪ひかない」と言われるように、冬におすすめな野菜です。

かぼちゃの栄養素には、β-カロテンやビタミンCやビタミンE、カリウム、食物繊維など豊富に含まれています。皮の部分には、β-カロテンが豊富なので、皮ごと食べる食べ方がおすすめです。

美味しいかぼちゃの選び方のコツですが、緑色が濃くてずっしりと思いかぼちゃがおすすめです。また、固いかぼちゃほど、中は完熟している証拠でもあります。

ブロッコリー

ブロッコリーは、色鮮やかな野菜で、食卓を彩ってくれるそんな冬野菜になります。もともと、ブロッコリーは、キャベツを改良してできた産物です。すべて食べられるのでおすすめです。

食べ方ですが、もっとも多くの人は、茹でてマヨネーズで食べると言う人も多いでしょう。ただし、あまり茹ですぎると食感も悪くなるので、注意しましょう。そのほかには、炒めものなどで食べる方もいます。

ブロッコリーは、ビタミンCが豊富に含まれている冬の旬野菜で、水溶性のビタミンということもあり、食べ方には工夫が必要です。選び方のコツは、緑が濃いものを選びましょう。また、茎に空洞がないものを選ぶと瑞々しい新鮮なブロッコリーを楽しむことができます。

ほうれん草

ほうれん草は、冬の霜を被ると甘みも増して美味しくいただくことができます。おひたしにして食べるとより美味しいのでおすすめです。栄養価も高くて、彩りの良い冬野菜で人気があります。特に、β-カロテンとビタミンCが豊富です。

鉄分不足の方は、このほうれん草を食べて補給することもできます。冬野菜の中でも栄養素も多く、優秀な野菜でおすすめです。ほうれん草の選び方ですが、緑の濃いもので、ボリュームのあるものを選びましょう。

ネギ

ネギの中でも長ネギは、冬に旬を迎えるおすすめの野菜のひとつです。冬の鍋に最高な野菜、というよりもなくてはならない野菜にひとつがこの長ネギです。白い部分は「根深ねぎ」と言われ、特に冬に美味しくなる部分です。

そのため、「根深ねぎ」を使って鍋料理がされるのも、甘くて美味しい冬に食べる食べ方を昔からしてきたわけです。長ネギは、β-カロテンと葉酸を含んでいます。また、体を温める効果もある長ネギを鍋料理で食べる食べ方は、理にかなっていると言っていいでしょう。

長ネギの選び方ですが、白い「根深ねぎ」部分と緑の「葉ねぎ」部分の境目がはっきりしているものを選びましょう。また、まっすぐと伸びた長ネギを選ぶようにしてください。

かぶ

かぶは、日本各地で進化してきた野菜のひとつで、冬には甘みを増すことから冬に旬を迎える野菜のひとつになります。煮崩れを起こすので、煮すぎには注意して料理しましょう。

かぶの栄養素には、ジアスターゼなどの消化酵素や葉の部分には、β-カロテンをはじめ、ビタミンCやビタミンE、カルシウム、鉄などが含まれています。漬物などはおすすめの食べ方のひとつになります。

かぶの選び方ですが、艶のあるもので形がまん丸とした形の良いものを選びましょう。葉っぱが付いているものを選べば、料理のレパートリーも増えます。

寒玉キャベツ

キャベツは一年中、スーパーでも見かける野菜ですが、一般的には、「春キャベツ」と「冬キャベツ」としてしられています。寒玉キャベツは、旬の時期が1月から3月になります。甘みが強い品種で人気があります。

キャベツには、カリウムも多く含まれていることから、高血圧の方にもおすすめです。キャベツは鍋料理などにもぴったりで、甘みのある冬のキャベツを楽しむことができます。

キャベツに含まれるキャベジンと言われるビタミンUも含まれていて、栄養素も豊富です。キャベツの選び方は、葉っぱが鮮やかで、巻きがしっかりとしたずっしり感のあるものを選びましょう。

Thumbさつまいもの栄養成分や健康効果を徹底調査!おすすめの調理方法は?
さつまいもにはビタミンやカリウム、食物繊維が多く含まれおり、栄養豊富な食物として人気がありま...

冬が旬の野菜を使ったおすすめ料理

ここでは、冬が旬の野菜を使ったおすすめ料理をいくつかご紹介しましょう。冬の野菜は、甘さもあるということもあり、色々な料理の仕方があるのも魅力です。また、寒い日に、体の温まる鍋で、野菜の栄養素をしっかりと取り入れることができるのでおすすめです。

冬が旬の野菜を使ったおすすめ料理から、「さつまいもご飯」と「ふろふき大根」、「白菜と豚肉の餃子ミルフィーユ鍋」、「冬野菜のクリームシチュー」をご紹介します。どれも、冬に人気のメニューばかりです。

さつまいもご飯

さつまいもご飯は、子供から大人までに大人気のメニューで、冬に旬を向かえるさつまいもで美味しい料理としておすすめです。さつまいもの甘さがしっかりと感じられるメニューです。作り方も簡単で、いつもの炊飯とそれほど大差ありません。

さつまいもご飯は、炊飯器で簡単に作ることができるのでおすすめの料理です。炊飯器に小さく切ったさつまいもと白米、調味料を入れればすぐにできます。

調味料は、お米2合に対して、みりんと酒が大さじ2で、塩が小さじ1になります。味に関しては、何度か作って自分に最適な味を見つけてみましょう。

ふろふき大根

ふろふき大根は、おかずとしても、お父さんのおつまみとしてもおすすめな1品になります。材料は、旬の大根とお米、昆布、鶏ひき肉、ごま油、生姜、ゆず、になります。調味料は、味噌と醤油、砂糖です。

このときの大根は、皮を厚く剥くことがポイントです。こうすることで、とても柔らかい大根を楽しむことができます。また、味がしっかりと染み込むように、隠し包丁を十文字に入れてください。また、面取りをすることで、煮崩れを起こさないようにしましょう。

白菜と豚肉の餃子ミルフィーユ鍋

皆さんも白菜と豚肉のミルフィーユ鍋は知っている方も多いとは思いますが、白菜と豚肉の餃子ミルフィーユ鍋は、さらに、餃子の皮も一緒に間に挟み込みます。餃子の皮のもちもちした食感も楽しめるのでおすすめです。

白菜と豚肉の餃子ミルフィーユ鍋の作り方は簡単で、鍋の中に、白菜と豚バラ、餃子の皮を重ねていくだけです。さらに、間に大葉も重ねると彩りも良くなります。あまりにも美味しくてあっという間に無くなる人気メニューです。最後は、残りのスープで、雑炊を作ると良いでしょう。

冬野菜のクリームシチュー

冬野菜のクリームシチューは、体が温まる冬におすすめな鍋になります。冬野菜のクリームシチューは、鶏もも肉との相性も良いので、一緒に使います。野菜は、にんじんやかぶ、ブロッコリー、じゃがいも、玉ねぎなどを一緒に煮込みます。

作り方は、最初に、鶏肉を焼いて塩コショウをふります。鶏肉を取り出しましたら、予め一口サイズに切ったにんじんやじゃがいも、玉ねぎを炒めます。そこへ小麦粉を入れてその後ブイヨンを入れます。鍋に鶏肉、かぶを入れて20分ほど煮込んだら、牛乳を入れながら煮込んでいきます。最後に、ブロッコリーを入れましょう。

冬の旬野菜を使ったおすすめレシピの見つけ方

最後に、冬の旬野菜を使ったおすすめレシピの見つけ方について解説をしましょう。冬の旬野菜を使ったおすすめレシピの見つけ方ですが、インターネット検索で、「冬野菜、レシピ」と検索をするとほとんどのメニューが掲載されています。お好みの冬野菜で検索してもいいでしょう。

冬が旬の野菜を美味しく食べよう

冬に旬を迎えるおすすめの野菜をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。冬の野菜は、甘みもあり栄養価も素晴らしいので、冬野菜の料理を作ってみましょう。

冬に旬を迎える野菜は、新鮮で一年でもっとも美味しいのでおすすめです。冬の野菜を使ったレシピもたくさんあるので、今年の冬は冬野菜の料理を作ってみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ