足利織姫神社は栃木のパワースポット!御朱印やご利益・お守りも紹介!

栃木にある「足利織姫神社」は、縁結びの強大なご利益を頂くことができることで知られている神社です。人気のパワースポットであり、お守り・御朱印等もあわせて授かることができます。栃木にある「足利織姫神社」について、情報をピックアップして紹介します。

足利織姫神社は栃木のパワースポット!御朱印やご利益・お守りも紹介!のイメージ

目次

  1. 1栃木の足利織姫神社に行こう!
  2. 2栃木県足利市の足利織姫神社をご案内
  3. 3足利織姫神社の歴史
  4. 4足利織姫神社は縁結びのご利益が強力
  5. 5足利織姫神社の人気パワースポット
  6. 6足利織姫神社のお守り・御朱印情報
  7. 7足利織姫神社の基本情報
  8. 8足利織姫神社のアクセス方法
  9. 9素敵なご縁を!足利織姫神社を参拝しよう

栃木の足利織姫神社に行こう!

栃木にある「足利織姫神社」は、大変注目度の高いパワースポットです。大きな縁結びのご利益が頂けることで有名であり、お守り・御朱印等も授かることができる神社です。栃木にある「足利織姫神社」について、基本的な参拝情報やアクセス情報とあわせて紹介をしていきます。是非、手を合わせに行ってみてください。

栃木県足利市の足利織姫神社をご案内

「足利織姫神社」は、栃木県の足利市・西宮町にある、とても人気度が高くて連日多くの人が参拝に訪れる神社です。

「天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)」と「天御鉾命(あめのみほこのみこと)」がご祭神として祀られています。

長い歴史がある神社であり、地元の人などからふるくから愛されていて、長年とても大切にされてきました。

縁結びのとても強大なご利益を頂くことができるパワースポットとしてとても注目されていて、遠くから「足利織姫神社」の参拝を目的に足利市を訪れる人も年々増えいています。

自然いっぱいの心安らぐ場所であり、山の中腹にある神社なので景色も大変良いことで有名で、四季折々の素晴らしさを思う存分堪能することができる癒しスポットとして人気です。

お守り・御朱印等も授かることができる神社なので、参拝とあわせて頂いておけば、より大きなパワーを身近に感じることができるでしょう。

栃木・足利の近くに観光や仕事などで行くスケジュールを立てている人は、是非少しだけ足を延ばして「足利織姫神社」にも詣でておくことをおすすめします。気持ちがしゃきっとする場所です。

Thumb足利観光のおすすめスポット特集!子供も大人も楽しめる名所がいっぱい!
足利には自然や歴史を楽しめる観光スポットがたくさんあります。大きな遊具のある公園や、刀剣乱舞...

足利織姫神社の歴史

「足利織姫神社」がある栃木・足利は、1200年以上も前から織物の生産地としてとても栄えてきた地域でした。

しかし、江戸時代の前期の足利藩の藩主であった戸田忠利は、足利の地に機織の神社がなかったことにふと気づきました。

そこで、宝永2年(1705年)に伊勢神宮の直轄地で日本神話の主神である天照大神(あまてらすおおみかみ)の絹の衣を織っていたと言われている神服織機神社(かんはとりはたどのじんじゃ)の織師である天御鉾命と、織女である天八千々姫命を勧請し、八雲神社へ合祀したのが始まりである、とされています。

その後、明治12年(1879年)には、現在の織姫山である機神山(はたがみやま)の中腹に場所を移しました。

明治13年には火災に遭い、長い間仮宮のままとなっていましたが、1934年(昭和9年)に再建の事業が開始され、1937年(昭和12年)に現在見ることができる社殿などが完成しました。

今では、とても話題のパワースポットとして毎日多くの人がじっくりと手を合わせて、ご利益を願っています。

足利織姫神社は縁結びのご利益が強力

栃木・足利にある「足利織姫神社」で頂くことができる主なご利益の一つには縁結びが数えられています。

カップルをはじめ、グループ旅・一人旅・家族連れの人たちがさまざまな縁結びのご利益を願って心を込めてじっくりと祈願しています。

「足利織姫神社」でより強力なご利益を頂きたい、と考えている場合には、鳥居をくぐる前に軽く一礼し、手水舎で心も身体もしっかりと洗い清め、邪心のない気持ちで本殿前にて二礼・二拍手・一礼の作法で手を合わせることがとても重要となります。

ご縁を結ぶ七つのご神徳

「足利織姫神社」では、人と人とのご縁のご利益はもちろん、「ご縁を結ぶ七つのご神徳」があることでも知られています。

「ご縁を結ぶ七つのご神徳」には、「良き人との縁結び」「良き健康との縁結び」「良き人生との縁結び」「良き智慧との縁結び」「良き学業との縁結び」「良き経営との縁結び」「良き仕事との縁結び」があります。

さまざまな人・もの・こととのご縁を結んでくれるご利益が頂ける神さまとしてとても良く知られていて、いろいろな縁結びの願い事をする人がいます。

特に、本殿への登り口にある一の鳥居をくぐって約229段ある石の階段をきっちりと登りきってから本殿に参拝すると願いが叶う・大きなご利益を頂ける、と言われています。

足利織姫神社の人気パワースポット

栃木・足利にある「足利織姫神社」は、とても人気のパワースポットとされていて、多くの参拝客でいつもとても賑やかです。

「足利織姫神社」にある、是非参拝とあわせて眺めてみて欲しい人気でおすすめのパワースポットについて、選りすぐった情報を紹介します。

一番最初に本殿に手を合わせに行ってから、時間に余裕がある限りさまざまなところをじっくりと見て回ってみることをおすすめします。

一の鳥居(男坂)

「足利織姫神社」でとても人気があっておすすめのパワースポットの一つ目には、「一の鳥居(男坂)」が挙げられます。

「足利織姫神社」の「一の鳥居(男坂)」は、神社の入り口・本殿への登り口にある一番初めにくぐる鳥居であり、とても大きくて立派なものとなっています。

「一の鳥居(男坂)」をくぐってすぐのところからは約229段もの石の階段があり、それを登った先に朱色でとても壮大な本殿があります。

階段には、手すりが設けられているので、一歩一歩足元を確かめながら注意深く登ってみると良いでしょう。

約229段の階段を登りきって本殿に参拝をすると願いが叶う、と言われているので、途中で休憩や水分補給をしっかりと取りながら自分の力で登ってみることをおすすめします。

女坂入り口

「足利織姫神社」でとても人気があっておすすめのパワースポットの二つ目には、「女坂入り口」が挙げられます。

「足利織姫神社」の「女坂」は、「一の鳥居(男坂)」の左側にある坂道であり、参拝をした帰りにはこちらの道を通ってみるのがおすすめです。

「女坂」は、緩やかな坂道となっていますが、砂利道や舗装がされていない道となっていて手すりなどがないので、歩くときにはシューズなどをしっかりと履くと良いでしょう。

「女坂」には、赤色・水色・黄色・緑色・紫色・黄緑色・朱色の7つの色の鳥居があることでとても人気です。

とても色鮮やかなカラフルな鳥居は、SNS映えもばっちりであり、くぐるたびに心をわくわくとさせてくれます。

それぞれの色の鳥居は7つの御神徳を意味していて、赤色が「良き人との縁結び」、黄色が「良き健康との縁結び」、青色が「良き人生との縁結び」となっています。

緑色が「良き智慧との縁結び」、黄緑色が「良き学業との縁結び」、紫色が「良き経営との縁結び」、朱色が「良き仕事との縁結び」です。

恋人の聖地「愛の鐘」

「足利織姫神社」でとても人気があっておすすめのパワースポットの三つ目には、「恋人の聖地「愛の鐘」」が挙げられます。

「足利織姫神社」の「恋人の聖地「愛の鐘」」にある鐘を二人で一緒に鳴らすと幸せになれる、とされていて、とても人気の場所です。

2014年(平成26年)に恋人の聖地に認定されたことに伴って設置された鐘であり、聖地のモニュメントもあります。

愛する恋人と一緒に鳴らしてみるのも良いですし、仲の良い友達と一緒に鳴らしてみるのもおすすめです。

足利織姫神社のお守り・御朱印情報

栃木・足利にある「足利織姫神社」では、お守り・御朱印等も授かることができるので、是非参拝した証に頂いておくことをおすすめします。

「足利織姫神社」には、とてもたくさんの種類のカラフルなお守りが置かれているので、自分用のお守りとして以外にも、足利観光のお土産やプレゼントとしても大変喜ばれます。

また、今とても人気の御朱印集めをしている人にも、外せないスポットの一つとして評判になっていて、多くの人が御朱印帳を手に参拝に訪れます。

「足利織姫神社」で授かることができる御朱印は1種類であり、中央部分に「足利織姫神社」の文字、右上に「奉拝」の文字、左に日付けを書いていただけ、神社の朱印を押して頂ける、シンプルでありながらとてもかっこ良いものとなっています。初穂料は、300円です。

お守りや御朱印の販売時間・授与所

「足利織姫神社」でお守り・御朱印等を授かることができる場所は、本殿の左側に位置している社務所となっています。

受付時間は、年中無休で9時から16時と決まっているので、その時間内に本殿に参拝に行ってから社務所へ向かうことができるようなゆとりのある計画を立てておくことをおすすめします。

特に「足利織姫神社」では、参拝前に約229段もの階段を登らなければいけないことをしっかりと考慮しておきましょう。

オリジナル御朱印帳もおすすめ

「足利織姫神社」には、ここでしかGETすることができないオリジナルの御朱印帳もあり、大変美しいものとなっています。

「足利織姫神社」のオリジナルの御朱印帳は、ピンク色と青色の2タイプがあり、御朱印帳全体で七つのご神徳を表しています。

とても色鮮やかで思わずにっこりと微笑みたくなるほど素晴らしい御朱印帳となっているので、是非あわせて手にしてみることをおすすめします。御朱印帳の初穂料は、御朱印込みで2000円となっています。

足利織姫神社の基本情報

「足利織姫神社」は、栃木県・足利市の西宮町にある、大変歴史があって趣深いパワースポットとして知られている神社です。

参拝をすることができる時間は特には決められておらず、24時間・365日いつでも自分の都合の良い時に参拝に行くことができます。

ただし、お守り・御朱印等を授かることができる社務所の受付時間は、9時から16時までとなっているので、時間をきっちりと守るようにしましょう。

自由に参拝に行くことができる神社ですが、神様がいらっしゃる場所であることを絶対に忘れず、落ち着いて慎んだ行動をするようにしましょう。

特に、早朝や夜遅い時間の参拝の場合には、周囲の人のこともしっかりと考えてできるだけ静かにすることが大切です。

足利織姫神社のアクセス方法

栃木・足利にある「足利織姫神社」に、参拝に行ってみたい、と考えた時に、すぐに動けるようにあらかじめ知っておくことをおすすめするアクセスの方法について、まとめました。

一人でじっくりと参拝に行きたいとき・女子旅などのグループで行くとき・カップルで行くときなど、それぞれのスタイルを考えたアクセス方法で行ってみてください。

公共交通機関でのアクセス

栃木・足利にある「足利織姫神社」に公共交通機関を使ってアクセスしようと思っている場合には、東武伊勢崎線の「足利市駅」で降りると徒歩約30分、JR両毛線の「足利駅」で降りても徒歩約30分でアクセスすることができます。

どちらの駅からも歩けないほどではありませんが、少し距離があるので、タクシーなどを上手に利用するのもおすすめです。

また、市内巡回している路線バス利用する場合は、東武伊勢崎線の「足利市駅」からは約6分の「通5丁目バス停」、JR両毛線の「足利駅」からは約10分の「東武足利市駅」を経由またはそこで乗換をして「通5丁目バス停」で降りると行けます。

車でのアクセス・駐車場情報

栃木・足利にある「足利織姫神社」に自動車を使ってアクセスしようと思っている場合には、北関東自動車道の「足利インターチェンジ」で降りると約10分、「太田桐生インターチェンジ」で降りると約15分ですんなりと行くことができます。

また、東北自動車道の「佐野インターチェンジ」で降りても約30分で到着することができる場所にある神社です。

一般的な道路の利用を考えている場合には、県道67号線・国道293号線・県道208号線・県道40号線などを使うと良いでしょう。

栃木・足利にある「足利織姫神社」には、参拝者のみが利用することができるパーキングである「織姫駐車場」が本殿の右手側・織姫山の中腹に約30台分あります。身障者専用の駐車場も約1台分あり、誰もが利用しやすくなっています。利用料金は無料です。

「織姫駐車場」は「足利織姫神社」の本殿に一番近いパーキングですが、週末や年末年始・お盆時期などには大変混みあう事もあるので、その他の駐車場についてもしっかりと調べておくことをおすすめします。

「織姫公園駐車場」は、本殿の裏側・織姫山の頂上にある約28台分の駐車スペースがある料金無料のパーキングです。

「もみじ谷駐車場」は、ホワイトパレスの手前にある約11台分の駐車スペースがある無料で利用可能なパーキングです。

「織姫観光駐車場」は、本殿の登り口である一の鳥居のすぐ手前にある、バス約1台分・乗用車約13台分の駐車スペースがある無料で駐車ができるパーキングです。

「さいこうふれあいセンター」は、一の鳥居から約150メートル離れた旧西小学校の跡地にある、バス約2台分・乗用車約29台分の料金は無料のパーキングです。

素敵なご縁を!足利織姫神社を参拝しよう

栃木・足利にある「足利織姫神社」は、縁結びの強力なご利益を頂けることで注目されている神社です。じっくりと心を込めて参拝すれば、素敵なご縁がやってくること間違いなしです。お守り・御朱印等も授かれるのであわせて頂いておくと良いです。栃木に行く予定がある人は、是非少しだけ時間を取って「足利織姫神社」にも行ってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
m-ryou

新着一覧

最近公開されたまとめ