源氏物語ミュージアムで平安時代にタイムスリップ!見どころや人気のグッズは?

京都の宇治市で平安時代の雰囲気に触れることができるということで大人気の、「源氏物語ミュージアム」のおすすめ情報について詳しくご紹介していきます。源氏物語ミュージアムの見どころやおすすめポイントから、人気のお土産・グッズ情報についてもまとめています。

源氏物語ミュージアムで平安時代にタイムスリップ!見どころや人気のグッズは?のイメージ

目次

  1. 1京都の源氏物語ミュージアムをご案内
  2. 2家族で楽しめる源氏物語ミュージアム
  3. 3源氏物語ミュージアムのおすすめポイント
  4. 4源氏物語ミュージアムの見どころ
  5. 5源氏物語ミュージアムのオリジナルグッズ
  6. 6源氏物語ミュージアムの開館日・利用料金
  7. 7源氏物語ミュージアムのアクセス方法
  8. 8源氏物語ミュージアムへ遊びに行こう

京都の源氏物語ミュージアムをご案内

京都といえば、歴史的な名所もたくさんあって、神社や仏閣などの観光スポットも多いということもあって、国内からも海外からも毎年たくさんの人が訪れている人気のエリアです。そんな魅力的な京都の中でも、宇治市の観光で人気となっているスポットが「源氏物語ミュージアム」です。宇治市の源氏物語ミュージアムを大特集します。

Thumb京都の遊び場おすすめ11選!大人も子供も楽しめる人気スポットを厳選!
観光に人気の京都には楽しい遊び場もたくさんあります。そこで今回は、京都の遊び場おすすめ11選...

家族で楽しめる源氏物語ミュージアム

京都の宇治市でも屈指の人気を誇っているという名所の源氏物語ミュージアムですが、そんな源氏物語ミュージアムとは一体どういった施設なのでしょうか。まだ京都の源氏物語ミュージアムに行ったことがないなんていう人は、参考にしてみてください。

宇治の源氏物語ミュージアムは、源氏物語をテーマとしているミュージアムで、源氏物語に関する資料や展示が非常に充実していて大人気となっています。京都の源氏物語ミュージアムは、源氏物語好きな方であれば一度は行ってみたいと言われる施設です。

源氏物語ミュージアムでは、貴重な資料もたくさん展示されていますし、オリジナルのアニメのシアターなどの見どころもたくさんあります。さらに、お土産におすすめのオリジナルグッズも売っているので、京都の宇治周辺に行ったら立ち寄ってみてください。

宇治市にある人気の博物館

京都の源氏物語ミュージアムの特徴として次にご紹介しておきたいポイントが、源氏物語ミュージアムは京都の宇治市に位置している博物館であるということです。京都の宇治市は、源氏物語ミュージアム意外にも魅力的なスポットが満載のエリアです。

宇治市は京都の南部エリアに位置している街で、京都市と並んで人口の多い都市ということで知られています。宇治市は京都市内のみならず、京都の各地や大阪方面からも比較的アクセスがしやすいエリアなので、観光・旅行でも立ち寄りやすい場所です。

京都の宇治市には源氏物語ミュージアム意外にも、世界遺産などの魅力的な観光スポットがあって、「宇治平等院」、「宇治上神社」などの観光名所も大人気となっています。見どころ満載の宇治市で、素敵な観光を楽しんでみてください。

源氏物語「宇治十帖」の世界観を再現

源氏物語ミュージアムの知られざる特徴として、次にご紹介しておきたいポイントが、源氏物語ミュージアムでは源氏物語「宇治十帖」の世界感を再現しているということです。宇治十帖のありとあらゆる魅力を知ることができるスポットとして人気です。

源氏物語といえば、日本でも平安時代の小説として有名で、学校の歴史の授業でも大きく扱われている題材ということもあって、源氏物語を知っていて大好きだなんて人も多いのではないでしょうか。そんな源氏物語は全五十四帖で構成されいる小説です。

全五十四帖という大ボリュームの源氏物語の中でも、終盤に描かれているのが宇治十帖です。宇治十帖は京都の宇治市周辺をメインの舞台として描かれていて、宇治市にとても縁が深いのが特徴です。そんな宇治十帖の情報を楽しみながら勉強できるのが、源氏物語ミュージアムです。

2018年にリニューアル

京都の源氏物語ミュージアムは、1998年にオープンして以来源氏物語をコンセプトとした名所ということで人気を博していますが、そんな源氏物語ミュージアムは実はリニューアルをしています。2018年にリニューアルをして、以前よりもさらにパワーアップしてます。

リニューアル後の源氏物語ミュージアムは、内部の展示内容や見せ方も大きく変わっていて見どころが増えているので、リニューアル前に源氏物語ミュージアムに行ったことがあるという人も、改めて現在の源氏物語ミュージアムにいってみて下さい。

2018年に新しくなった源氏物語ミュージアムは、展示内容や見どころの充実はもちろんですが、施設自体も綺麗に整備されています。源氏物語がお好きな人はもちろんですが、そうでない人も楽しく展示を見て回ることができるスポットです。

映像・体験型のコンテンツも満載

宇治市の源氏物語ミュージアムでは、バリエーション豊かな展示・コンテンツが見どころとなっていますが、そんな源氏物語ミュージアムでは映像・体験型のコンテンツが充実してることも特徴です。最新技術を使った展示コンテンツが揃っています。

一般的に博物館・ミュージアムと聞いてしまうと、ただ単に古い歴史展示を見て回るだけだなんてイメージを持っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。源氏物語ミュージアムは、そんな概念を覆すインタラクティブな展示が充実しています。

京都の源氏物語ミュージアムでは、映像や音を使った美しい展示や、映像シアター設備もありますし、実際に匂いや映像で源氏物語の魅力に触れることができる展示内容となっています。大人から小さなお子さんまでみんなが楽しむことができるスポットです。

Thumb京都の世界遺産おすすめランキング!スポットの数や魅力もリサーチ!
世界遺産が密集する京都。豪華絢爛な「金閣寺」をはじめ清水の舞台で知られる「清水寺」など、一度...

源氏物語ミュージアムのおすすめポイント

京都の源氏物語ミュージアムの情報として、次にご紹介していきたいのがおすすめポイントについてです。源氏物語ミュージアムは宇治市でも連日たくさんの人が訪れている人気のスポットですが、そんな源氏物語ミュージアムがどんな魅力を持っているのかチェックしてみて下さい。

お手頃な利用料金

京都の源氏物語ミュージアムのおすすめポイントとして、まずご紹介しておきたいポイントが、お手頃な利用料金のスポットであるということです。とても安いお値段で見学できるので、いつでも気軽に行くことができます。

遊園地などのテーマパークだと数千円以上もチケット料金がかかってしまうなんてことも多いですが。京都の源氏物語ミュージアムの場合は1000円以下のリーズナブルなお値段で大人もお子さんも楽しむことができるのが魅力的です。

雨の日でも快適に楽しめる

京都の源氏物語ミュージアムは基本的に屋内型のミュージアム施設となっています。屋内ということもあって、雨の日や天候が悪い日であっても、いつでも快適に見学を楽しむことができるというのも魅力的です。

雨が降っていたり風が強いなんて日だと、屋外を歩き回るのはちょっと避けたいなんて人も多いのではないでしょうか。京都の源氏物語ミュージアムであれば、入館してしまえば基本的に内部でバリエーション豊かなコンテンツを楽しむことができるので、天候を気にせずに過ごすことができます。

源氏物語ミュージアムの見どころ

京都の源氏物語ミュージアムのおすすめ情報として、次にご紹介していきたいのが見どころについての情報です。源氏物語ミュージアムは展示室も広めでコンテンツも多彩な種類が揃っているミュージアムです。他の博物館では体験できない見どころも多いので、具体的な見どころをチェックしてみて下さい。

常設展示室

源氏物語ミュージアムで見ておきたいおすすめの見どころとして、まずご紹介しておきたいのが、源氏物語ミュージアムの中でも源氏物語の魅力や知識に幅広く触れることができておすすめの「常設展示室」です。

常設展示室はいくつかのゾーンに分かれていて、それぞれのゾーンによってテーマが違っています。源氏物語ミュージアムの常設展示室の「平安の間」は平安京と光源氏について、ハイビジョン映像や精巧なジオラマを通して楽しむことができます。

宇治の間は宇治十帖をテーマとしている展示エリアで、宇治十帖の当時を再現するような実物台の展示などもたくさんあって楽しいエリアとなっています。

図書室

源氏物語ミュージアムのなかでおすすめの見どころスポットとして、次にご紹介したいのが、源氏物語ミュージアムの中でも源氏物語に関する詳しい書籍が集まっている「図書室」です。

源氏物語ミュージアムでは3000冊以上もの膨大な書籍が揃っていて、国内でも源氏物語に関する資料がここまでたくさん揃っている場所は稀なので、とても貴重な施設です。源氏物語ミュージアムの図書室では、気軽に源氏物語の資料を読むことができます。

企画展示

宇治市の源氏物語ミュージアムでは、スタンダードな展示が揃う常設展示室も魅力的ですが、実は「企画展示」のコーナーも見どころとなっています。企画展示ではシーズンによって様々なテーマの展示がされています。

源氏物語ミュージアムの企画展示の内容については、京都の宇治市のホームページ内の源氏物語ミュージアムのページで、最新の企画展示が告知されているのでチェックしてみて下さい。過去には「御茶師の世界」などの展示がされています。

映像作品の上映

源氏物語ミュージアムの中でもお子さんからも大人気となっているおすすめの見どころとしてご紹介したいのが、「映像作品の上映」です。源氏物語ミュージアムではオリジナルの映像作品を鑑賞することができます。

源氏物語ミュージアムの展示室内には、シアター設備があって、「GENJI FANTASY ネコが光源氏に恋をした」というオリジナルのアニメーション作品などを見ることができます。オリジナルアニメは、紫式部を主人公として描かれていて、源氏物語を新たな側面から楽しむことができます。

源氏物語ミュージアムのオリジナルグッズ

京都の源氏物語ミュージアムの情報として、次にお土産にもぴったりのオリジナルグッズについて解説していきます。

源氏物語ミュージアムで売っているオリジナルグッズは、京都観光のお土産にも最適で、実際にグッズを買って帰ったという口コミもたくさんあります。

クリアファイル・缶バッジはお土産にもおすすめ

源氏物語ミュージアムで売っているオリジナルグッズは、GENJI FANTASY ネコが光源氏に恋をしたをテーマとしているグッズです。お土産にお手頃なお値段のグッズがたくさんあるので、お土産に迷ったら是非おすすめです。

京都観光でお土産に毎回困ってしまうなんて人も多いのではないでしょうか。源氏物語ミュージアムなら、お土産の荷物にもならないクリアファイル・缶バッジなどのグッズが充実しています。お友達へのお土産としてもおすすめです。

特にお土産としておすすめしたいグッズが、「ポスタークリアファイル」や「光源氏ハナネコクリアファイル」、「ハナネコ全身缶バッジ」などです。可愛いデザインのアイテムも多いので、お土産に買ってみて下さい。

源氏物語ミュージアムの開館日・利用料金

京都の源氏物語ミュージアムの詳しい情報として、次に解説したいのが源氏物語ミュージアムの開館日・利用料金についてです。源氏物語ミュージアムに行ってみたいと思っているけど、具体的な営業時間や開館日程が分からなかったり、料金がわからないという人は参考にしてみて下さい。

開館日・休館日

源氏物語ミュージアムの開館日・休館日について、詳しくご紹介していきます。源氏物語ミュージアムの基本的な開館時間は、午前9時から午後の17時までとなっています。

閉館は17時ですが、実際に源氏物語ミュージアムに入館できるのは16時半までとなっているので注意してみて下さい。源氏物語ミュージアムでは毎週の月曜日は休館日となっています。

利用料金

源氏物語ミュージアムの利用料金について詳しくご紹介しています。源氏物語ミュージアムは非常にリーズナブルな料金で個人の場合は大人が600円、お子さんが300円で利用できます。

団体の利用の場合は少し料金が違っています。源氏物語ミュージアムの団体利用の料金は大人が480円でお子さんが240円となっています。

源氏物語ミュージアムのアクセス方法

宇治市の源氏物語ミュージアムへの気になるアクセス方法についてご紹介していきます。源氏物語ミュージアムへどうやってアクセスしていいか不安だという人は、参考にしてみて下さい源氏物語ミュージアムに行く場合は、電車でも車であっても快適にアクセスすることができます。

電車でのアクセス

源氏物語ミュージアムへの電車でのアクセスについてご紹介していきます。源氏物語ミュージアムに電車でアクセスする場合には、いくつかの駅から徒歩でアクセス可能です。

源氏物語ミュージアムに一番近い最寄りの駅は京阪・宇治線「宇治駅」で、京阪宇治駅からであれば徒歩で8分程度でアクセスができます。JR奈良線の宇治駅からは徒歩で15分程度です。

車でのアクセス・駐車場

源氏物語ミュージアムへの車を使ったアクセスと駐車場について詳しくご紹介していきます。マイカーやレンタカーを使って源氏物語ミュージアムにいきたい人は要チェックです。

京都の源氏物語ミュージアムへ車でアクセスする場合には、京滋バイパス「宇治西インターチェンジ」からであれば10分程度でアクセスができますし、京滋バイパス「宇治東インターチェンジ」からは5分程度です。

源氏物語ミュージアムには駐車場がありますが、15台程度のスペースでそこまで広くはないので、埋まっている場合には近くのコインパーキングを使ってみて下さい。1台30分100円で利用ができます。

源氏物語ミュージアムへ遊びに行こう

京都・宇治市の源氏物語ミュージアムのおすすめ情報は、いかがでしたでしょうか。源氏物語ミュージアムは源氏物語をテーマとしているスポットで、源氏物語に関する書籍や映像コンテンツも満載で楽しい施設です。オリジナルグッズもたくさんあるので、源氏物語ミュージアムに行ってみて下さい。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com

新着一覧

最近公開されたまとめ