こだまのどら焼きはお土産にも人気の仙台名物!店舗の場所や種類・値段は?

仙台にはさまざまな名物がありますが、お菓子で人気が高いのが「こだまのどら焼き」です。古くから仙台人に愛されてきたこだまのどら焼きについて、その種類やおすすめポイント、そして購入することができる場所や値段についても合わせて紹介します。

こだまのどら焼きはお土産にも人気の仙台名物!店舗の場所や種類・値段は?のイメージ

目次

  1. 1老舗和菓子店こだまのどら焼きをご紹介
  2. 2口コミで大人気のこだまのどら焼き
  3. 3こだまのどら焼きの種類と値段
  4. 4こだまのどら焼きのオンライン通販
  5. 5こだまのどら焼きの店舗情報
  6. 6こだまのどら焼きの口コミ
  7. 7こだまの美味しいどら焼きを味わおう

老舗和菓子店こだまのどら焼きをご紹介

和菓子にもさまざまな種類がありますが、気軽に食べられるという点で人気が高いのがどら焼きではないでしょうか。杜の都仙台に美味しいと口コミで大人気のどら焼きのお店があります。その「こだまのどら焼き」について、おすすめポイントや購入できる商品の種類、購入店舗などについて紹介します。

口コミで大人気のこだまのどら焼き

仙台にある「こだまのどら焼き」は、今や数ある仙台名物の一つに数えられることも少なくないという、大人気のお菓子です。どら焼きは和菓子としては比較的気軽に楽しめるお菓子で、手土産にもおすすめのお菓子ではないでしょうか。

こだまのどら焼きは第二次世界大戦後の1949年、現在の仙台市青葉区で生まれました。創業者の方は第二次世界大戦の仙台空襲で焼け野原になった仙台に戻ってきて、物資を露店で生計を立てていたのですが、たまたま甘いものを売ったところ、喜ばれたことから、自分で売ってみようと思い立ちます。

同じ仙台にある菓子店の職人さんに教えを請い、長命寺の作り方を学び、1949年、自分の家でお菓子を作って売り始めます。同じように流し物と呼ばれる、液状の生地を型に入れて焼くどら焼きを作り始めるのです。

以来70年以上にわたり、こだまのどら焼きは仙台の家庭になくてはならないお菓子の一つとして、また贈り物や仙台のお土産として高い人気を誇り、現在に至っています。

現在でも職人が自社工場で一つ一つ手づくりで焼き上げて各店舗で販売するという方法をとっており、現在では市内にいくつかの店舗を持ち、さらには駅ビルなどでも購入することができるようになっています。

どら焼きはいちごやチョコなどの味も選べる

どら焼きというと、中にあんこがたっぷり入ったものをイメージしますが、こだまのどら焼きは種類がいろいろあるのもおすすめポイントの一つです。こだまのどら焼きというと「餅入りどら焼き」が定番なのですが、ふつうのあんこのほかに仙台名物のずんだなどがあります。

さらに全国的にも人気が高い「生どら焼き」もこだまのどら焼きのおすすめ商品なのですが、こちらにもいくつかの種類があります。加えて定番の味のもののほかに季節限定の味があり、いつでも新しい出会いが楽しめる点も口コミで評判です。

古くからこだまのどら焼きに親しんでいる方はもちろん、若い方にも好まれる種類のどら焼きもあることから、手土産などにしても喜ばれることが多く、それがまた人気につながっているのです。

値段もお手頃でお土産用にも自分用にもおすすめ

最初に述べたように、どら焼きと言うと気軽に食べられるお菓子の一つです。気軽に食べられるという点でいうならば、値段がどのくらいかということも重要なポイントです。こだまのどら焼きは値段の点でもお手頃というのがおすすめポイントです。

商品の値段については次にそれぞれの種類とともに紹介していきますが、1個200円程度の値段なので、それこそお小遣いでも気軽に購入できます。手土産に購入しても相手も気兼ねなく味わうことができるでしょう。

自分用にも手土産にも気軽に楽しめるこの値段であることもまた、こだまのどら焼きが現在に至るまで長く仙台の人々のおやつとして愛されてきた理由と言えるのではないでしょうか。

Thumb仙台のお土産おすすめのお菓子&スイーツはこれ!日持ちや値段もリサーチ!
仙台は仙台城や八木山ベニーランドなどの人気観光スポットもありますし、お土産に人気のグルメやお...

こだまのどら焼きの種類と値段

このように、こだまのどら焼きは手頃な値段でいろいろな種類のものが揃っていることから、自分用としても手土産としてもおすすめであり、口コミなどでも評判がとてもよいお菓子です。

では実際に、こだまのどら焼きにはどのような種類のものがあり、値段はどのくらいなのでしょうか。次にこだまのどら焼きで販売されている種類と値段についてそれぞれ紹介していきましょう。

人気定番「餅入りどら焼き」

こだまのどら焼きというとまず挙げられるのが「餅入りどら焼き」です。北海道産の小豆を2日間かけて仕込んだあんこと、求肥の餅が中に入ったどら焼きは、こだまのどら焼きを象徴する一品と言えるでしょう。

実はこのどら焼き、意外な形で生まれたお菓子です。先ほど述べたように、こだまのどら焼きは第二次世界大戦後に仙台の自宅でお菓子を販売し始めたところからスタートしたのですが、ある時どら焼きと餅の両方が売れ残っていて、実験的に両方入れたら美味しかったというところから生まれたそうです。

ふっくらとした皮とたっぷりのあん、もちもちのお餅の組み合わせが美味しいと口コミでも評判が高いのがこちらの商品で、定番の小倉のほかに仙台名物のずんだ、そして期間限定でバターなどがあります。値段は税込みで210円から230円です。

また賞味期限は常温で8日あるので、自分用のお菓子として購入するのももちろんですし、仙台のお土産として購入するのにもおすすめです。気軽に甘味を楽しみたいという方にもぜひおすすめします。

ミニサイズの「こどら」

どら焼きは美味しいけれど、カロリーが気になる、ちょっと小腹が空いた時にふつうのどら焼きならちょっと大きいというような場合、気軽に食べられるのが「こどら」です。これはこだまのどら焼きを小ぶりサイズにしたものです。味は小倉です。

3個500円の紙袋入り、10個、15個の箱入りがあり、値段もよりお手頃になっています。加えて賞味期限が常温で15日とさらに長いため、お土産を配るのに時間がかかるならこちらがさらにおすすめとなっています。

こだまのどら焼きを気軽に味わってみたいという方や、子どもや女性などそれほどたくさん食べられないという方にも人気が高いです。サイズ等、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

15種類のメッセージが選べる「メッセージどら焼き」

こだまのどら焼きはそのままでももちろん手土産などにぴったりなのですが、実はメッセージ入りのどら焼きもあります。メッセージ入りのタイプには15種類の既存のメッセージから選ぶものと、キャラクターやロゴなどオリジナルの物が入れられるものがあります。

特に既存メッセージには「合格」や「寿」、「お世話になりました」などいろいろなものがあり、慶弔の際などの際に気軽に使うことができます。手土産として使われることが多いので箱入りでの購入となります。

また、こちらには餅入りどら焼きのほか、次に述べる生どら焼きも選ぶことができます。どの種類のどら焼きを選ぶか、メッセージをどうするかいろいろ考えて決めるとよいでしょう。予約は希望日の2週間前から受け付けています。

選べるフレーバーの「生どら」

近年どら焼きで人気が高まっているものの一つが「生どら焼き」です。ホイップクリームをまぜて作ることで洋菓子になじみが深い子どもなどにも人気が高く、食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

こだまのどら焼きでは大納言、抹茶、ずんだクリーム、いちご、チョコのほか、エスパル店限定のティラミスがあります。このほかに期間限定商品として、モンブランなど季節の味が楽しめるものもあります。

どら焼きというと甘いお菓子というイメージがありますが、生どら焼きはどちらかというと甘みが抑えめなものが多いです。特に抹茶やティラミスは大人の方におすすめの味わいになっていて、ふだんあまり甘いものは食べないという方にも人気が高いです。

いずれもたっぷりのホイップクリームが使われていて、まろやかな味わいが楽しめるため人気が高く、普通の餅入りどら焼きとセットで購入する方も多いです。なお、ずんだクリーム以外はあんこのみ、ずんだクリームは求肥入りとなっています。

値段は税込みで1個195円となっています。なお、こちらの商品は生クリームを使っていることから、冷蔵での保存が必要です。冷蔵で10日、冷凍で90日となっているので、この点は注意が必要です。

こだまのどら焼きのオンライン通販

さて、このように美味しいと評判になっている「こだまのどら焼き」ですが、仙台に行く機会がなかなかないという方もいるのではないでしょうか。近年では和菓子でもお取り寄せで楽しむことができるところが増えていますが、そのあたりはどうなのでしょうか。

次にこだまのどら焼きのお取り寄せ情報について紹介します。仙台の店舗までなかなか行くのは大変という方などはぜひこちらもチェックしてみることをおすすめします。

公式ウェブサイトから全国発送中

こだまのどら焼きには公式サイトにオンラインショップがあり、そちらでどら焼きなどを購入することができます。特に先ほど紹介したメッセージ入りのどら焼きは、メッセージを入れるために予約が必要ということもあって、こちらからお取り寄せがおすすめです。

商品は生どらの詰め合わせは冷蔵、焼き印入り生どら焼きは冷凍便、ほかの商品は普通便でのお取り寄せとなります。またオンラインショップ限定で近年注目を集めるアマビエの焼き印入りのものなどもあるので、いろいろな選択肢からチェックするのもおすすめです。

料金は送料込みの商品もありますが、基本的には品物の料金に送料がかかります。サイズや送る場所によっても値段に違いがありますので、前もってチェックすることをおすすめします。

こだまのどら焼きの店舗情報

次に「こだまのどら焼き」の店舗情報についてです。先ほども述べたように、こだまのどら焼きは仙台市内を中心にいくつかの店舗があるほか、駅ビルなどにもコーナーがあるので、仙台市内ならば比較的気軽に購入することができます。

そこで具体的に、こだまのどら焼きを購入することができる場所について、アクセス方法も含めて紹介していきます。自分が出かけるところの近くの店舗で購入するのが手軽でおすすめです。

本店(仙台市)

せっかく仙台でこだまのどら焼きを購入するのなら、本店に行くのがいいでしょう。本店は仙台市若林区にあり、店舗も広くいろいろな商品を購入することができます。

営業時間は7時30分から17時までなのですが、2021年12月現在は9時からの営業となっています。本店の場所ですが、仙台市地下鉄東西線「六丁の目」駅が最寄りとなります。ただ駅からは少し距離がありますので、車などがある方はその方がアクセスしやすいかもしれません。

こだまのどら焼き直営店舗

次にこだまのどら焼きの直営店舗です。本店は少しアクセスがしにくい場所にあるので、普通のどら焼きを購入したいというのであれば、近くの直営店舗を利用するのもいいでしょう。

直営店舗の中で最もおすすめなのは仙台駅に隣接した「エスパル」の店舗です。地下1階にありますが、何と言っても駅直結なので、アクセスがしやすいのがいいところですし、生どら焼きなどここでしかない商品も購入することができます。

このほかJR「長町」駅改札正面の「tekuteながまち店」、「八乙女店」、「古城店」なども直営店舗となっており、利用しやすいです。観光やビジネスなどで仙台に行く際には、この中でアクセスしやすい場所を選ぶのもおすすめです。

仙台駅やショッピングモールなどでも販売

このほか、「こだまのどら焼き」は多くの取り扱い店舗を持っています。仙台駅のおみやげ処や仙台空港、又イオンモールやヨークベニマルなどのショッピングセンターなどで購入することができるほか、東北自動車道のサービスエリア、道の駅おおさとなどでも取り扱いがあります。

また、東京で購入することもできます。東京で購入することができるのは池袋駅東口にある「宮城ふるさとプラザ」で、ここでは宮城県のいろいろなお土産品を購入できるため、それらと一緒に探すことができます。

このようにこだまのどら焼きは仙台など宮城県を中心に多くの取り扱い店舗があります。店舗により取り扱っている商品には違いがありますが、こちらもぜひチェックしてみることをおすすめします。

Thumb仙台のお土産ランキング!おすすめ雑貨に人気のお菓子まで目白押し!
みなさんは仙台といえば何が浮かびますか?仙台にはお土産にぴったりのおすすめグルメや、雑貨がた...

こだまのどら焼きの口コミ

最後に、「こだまのどら焼き」の口コミについていくつか紹介していきましょう。ここまで述べてきたようにこだまのどら焼きは古くから仙台を中心に人気の高いお菓子であり、また手頃ということもあって、口コミでもとても評価が高いお菓子の一つです。

特に仙台周辺の方の口コミでは「小さいころから食べていたなじみの味」「どら焼きといえばこれ」というような口コミが多く、いかに愛されてきたお菓子であるかが口コミからでもよくわかります。仙台の土産としても間違いがない商品と言えます。

自分で食べるのはもちろんですが、手土産としても間違いがない美味しさということで、ぜひおすすめします。オンラインショップでのお取り寄せで楽しんでいる口コミも見られますので、ぜひ一度食べてみてください。

こだまの美味しいどら焼きを味わおう

こだまのどら焼きは第二次世界大戦後の仙台の復興と共に仙台の人々のソウルフードとして愛されてきたお菓子です。手頃な値段で種類も多く、しかも美味しいということで、自分用にはもちろん、お土産品としても間違いがない商品と言えるでしょう。ぜひ仙台でこだまのどら焼きを味わってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ