ワークマンのダウンジャケットは売り切れ必至で超人気!おすすめ商品は?

ワークマンのダウンジャケットは、コスパ抜群で口コミでも大人気となっています。キャンプなどのアウトドアシーンだけでなく、普段使いにもおすすめのアイテムです。ワークマンのダウンジャケットの魅力やおすすめ商品、口コミなどをご紹介します。

ワークマンのダウンジャケットは売り切れ必至で超人気!おすすめ商品は?のイメージ

目次

  1. 1ワークマンのダウンジャケットが大人気!
  2. 2売り切れ必至?ワークマンのダウンジャケットとは?
  3. 3ワークマンのダウンジャケットが人気の理由
  4. 4ワークマンのダウンジャケットを使うシーン
  5. 5ワークマンのおすすめダウンジャケット
  6. 6ワークマンのダウンジャケットの口コミ
  7. 7ワークマンのダウンジャケットの購入方法
  8. 8人気のワークマンのダウンジャケットを買ってみよう!

ワークマンのダウンジャケットが大人気!

冬の寒さが身に染みるようになり、防寒着が欲しいと考えている方は多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、ワークマンのダウンジャケットです。

ワークマンのダウンジャケットは、防寒効果が抜群なだけでなく、おしゃれで安いので口コミでも人気となっています。アウトドアシーンはもちろん、通勤通学にもおすすめです。

この記事では、口コミで人気のワークマンのダウンジャケットについてご紹介します。ワークマンのダウンジャケットの人気の理由をはじめ、おすすめ商品、購入した人の口コミ、購入方法などをまとめてご紹介しますので、防寒着を探している方は要チェックです。

売り切れ必至?ワークマンのダウンジャケットとは?

ワークマンは、群馬県伊勢崎市に本社を構える会社です。作業着の専門店としては日本最大手で、フランチャイズ展開していて、全47都道府県に店舗を出店しています。

高機能な商品が安価で買えることから口コミで人気が広まり、最近はアウトドアシーンにワークマンのアイテムを取り入れる人が多くなっています。現在はアウトドアウェアの開発にも力を入れていて、アウトドア初心者の方におすすめの商品がいっぱいです。

そんなワークマンで、冬の防寒着として口コミで人気となっているのが、ダウンジャケットです。「洗えるフュージョンダウンシリーズ」や「イージスダウンジャケット」などがあります。売り切れ必至のアイテムですので、見かけたらぜひゲットしておきましょう。

ワークマンのダウンジャケットが人気の理由

続いては、ワークマンのダウンジャケットの人気の理由についてご紹介しましょう。ワークマンのダウンジャケットは、TwitterやインスタグラムなどのSNSの口コミでも大人気となっています。売り切れ続出で、店舗によっては入荷するとすぐに完売してしまいます。

では、なぜワークマンのダウンジャケットはこんなにも人気となっているのでしょうか?ワークマンのダウンジャケットが人気となっている理由はいろいろと考えられますが、ここでは代表的な理由を4つの項目に絞ってご紹介していきます。

1つ目は「洗えるダウンジャケット」であること、2つ目は「防寒効果が抜群」であること、3つ目は「安いのにおしゃれ」であること、4つ目は「男女兼用」であることです。購入するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

洗えるダウンジャケット

ワークマンのダウンジャケットが人気となっている理由の1つ目は、洗えるダウンジャケットであるということです。ダウンジャケットは自宅では洗えなくて、汚れたときにはクリーニングに出さないといけないというイメージがあるかもしれません。

けれども、ワークマンのダウンジャケットは、「洗えるフュージョンダウン」という名前からもわかる通り、洗濯に強い素材で作られているので自宅でも洗えます。

キャンプや釣りなどのアウトドアでダウンジャケットを着用するときには、汚れがつくのが気になりますが、汚れるたびにクリーニングに出すのではお金がかかってしまいます。ワークマンの「洗えるフュージョンダウン」なら、自宅で洗えるので汚れても安心です。

防寒効果が抜群

ワークマンのダウンジャケットが人気となっている理由としては、防寒効果が抜群であるということもあります。ワークマンの「洗えるフュージョンダウン」は、ダウンと吸湿発熱わたを使ったダウンジャケットで、体を芯から温めてくれるのが特徴です。

裏地にはブラックアルミプリントが施されていますが、このブラックアルミプリントはシルバーアルミプリントと比べて約1.5倍の保温性があるそうです。気温が低い日や冷たい雨が降る日のアウトドアでも、体の熱を逃すことなく快適に過ごせるでしょう。

また、「イージスダウンジャケット」は、防寒だけでなく防水効果にも優れたダウンジャケットとなっています。耐水圧が20,000mmで、ダウンジャケットなのに雨にも強いです。立ち襟部分は起毛トリコット素材で、フードをかぶらなくても首が暖かいです。

安いのにおしゃれ

ワークマンといえば、高機能なアイテムを安い価格で購入できることで人気となっていますが、ダウンジャケットも価格がとても安く抑えられています。ダウンジャケットを買おうとすると、高いものなら10万円以上、安いものでも1万円程度はするのが一般的です。

しかし、ワークマンではダウンジャケットを6000円以下で買うことができます。中には、3000円以下の商品もあります。ダウンの含有量は多くはありませんが、発熱性のある吸湿発熱わたを使うことでダウン同様の暖かさを実現しているためコスパ抜群です。

もちろん、ただ価格が安いだけではありません。安くてもダサいのでは着る気になれませんが、ワークマンのダウンジャケットはデザインがおしゃれな点も評価されています。

男女兼用

ワークマンのダウンジャケットは、男女兼用で着用できるアイテムということでも人気があります。デザインがシンプルなので、男女の区別なく誰でもおしゃれに着こなせます。カップルでお揃いコーデを楽しみたいときにもおすすめのダウンジャケットです。

用意されているサイズは商品によって異なりますが、幅広いサイズが用意されていますので、自分に合うサイズのダウンジャケットが見つかるでしょう。

ワークマンのダウンジャケットを使うシーン

続いては、ワークマンのダウンジャケットを使うおすすめシーンについてご紹介しましょう。ワークマンのダウンジャケットは、防寒効果が抜群なので幅広いシーンで活躍してくれます。特におすすめなのが、冬のアウトドアやキャンプなどです。

また、デザインがシンプルでおしゃれなので、アウトドアシーンだけでなく日常シーンにもピッタリです。通勤・通学のときや子供を公園で遊ばせるとき、犬の散歩のときなど、いろいろなシーンでワークマンのダウンジャケットを着用してみてください。

アウトドア

ワークマンのダウンジャケットを使うおすすめシーンとしてまずご紹介するのは、アウトドアです。ワークマンのダウンジャケットは、防寒効果が優れている上に軽量に作られているので、釣りやハイキング、トレッキングなどのアウトドアシーンに適しています。

中でも、「洗えるフュージョンダウン ライトジャケット」は、コンパクトに丸めて付属の袋に収納できるため持ち運びが楽々です。車や荷物に入れておけば、もし急に天候が変わって気温が下がったときに、さっと取り出して着ることができます。

キャンプ

キャンプにもワークマンのダウンジャケットはおすすめです。秋冬のキャンプ用の防寒着を探しているけれど、できるだけ予算を抑えたいという場合は、まずはワークマンのダウンジャケットをチェックしてみるとよいでしょう。

「フュージョンダウン モンスターパーカー」は、火の粉などの飛び火に強いフレイムテックという特殊素材が使われているため、キャンプでバーベキューや焚き火を楽しむときにも最適なダウンジャケットです。飛び火による穴あきを軽減することができます。

通勤・通学

ワークマンのダウンジャケットが活躍してくれるのは、アウトドアシーンだけではありません。ワークマンのダウンジャケットのシンプルでおしゃれなデザインは、タウンユースにもおすすめで、通勤・通学をするときの防寒着としても重宝するでしょう。

ダウンジャケットというとカジュアルな印象が強いので、スーツには合わないのではと考えてしまうかもしれません。けれども、意外とスーツとの相性もよいため、スーツにダウンジャケットを合わせる人は増えています。バイクでの通勤・通学にもおすすめです。

Thumbワークマンのダウンパンツは冬の登山やアウトドアで大活躍!サイズや価格は?
冬のアウトドアシーンで便利に使うことができて大人気となっている、ワークマンの「ダウンパンツ」...

ワークマンのおすすめダウンジャケット

続いては、ワークマンのダウンジャケットのおすすめ商品についてご紹介しましょう。ワークマンのダウンジャケットは、1種類だけでなく複数の商品が揃っています。

商品によってデザインや機能は変わりますので、それぞれの商品をじっくりと比較したうえで最適な1着を選びましょう。「洗えるフュージョンダウンシリーズ」の4商品に加え、バイク乗りや釣り人に人気の「イージスシリーズ」の1商品をご紹介します。

REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン フーディー

ワークマンのダウンジャケットのおすすめ商品の1つ目は、「REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン フーディー」です。中わたはダウン45%、フェザー5%に、発熱性のある吸湿発熱わたを混ぜていて、体を芯から温めてくれます。

生地に空いた針穴を自己修復するリペアテックという機能が搭載されているため、穴からダウンが吹き出したり、空気が抜けたりするのを防げるのが特徴です。

カラーは、ブラック・トープブラウン・カーディナルレッド・マスタードイエロー・カーキグリーン・アーバンネイビーの6色から選べます。サイズはS・M・L・LL・3L・4Lです。価格は3900円です。シンプルなデザインで、どんなコーデにも合います。

REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン シームレスミドルジャンパー

ワークマンのダウンジャケットのおすすめ商品の2つ目は、「REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン シームレスミドルジャンパー」です。生地表面に縫い目がないシームレスのダウンジャケットで、冷気を通さず保温性を維持してくれます。

春や秋の軽防寒アウターや冬のミドルレイヤーにおすすめのダウンジャケットです。カラーは、ブラック・バーガンディレッド・ゴールドカーキの3色から選べます。サイズはS・M・L・LL・3Lが揃っています。専用の収納袋付きです。価格は2900円です。

REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン ライトジャケット

ワークマンのダウンジャケットのおすすめ商品の3つ目は、「REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン ライトジャケット」です。コンパクトに丸めて持ち運びができるライトダウンです。アウターとしてもミドルインナーとしても使えます。

カラーは、ブラック・カーキグリーン・テラコッタ・ブルーグリーンの4色から選べます。サイズはS・M・L・LL・3Lです。専用の収納袋が付いています。「洗えるフュージョンダウン ライトパンツ」と組み合わせるのもおすすめです。価格は2500円です。

FLAME TECH(フレイムテック)洗えるフュージョンダウン モンスターパーカー

ワークマンのダウンジャケットのおすすめ商品の4つ目は、「FLAME TECH(フレイムテック)洗えるフュージョンダウン モンスターパーカー」です。防融性に優れたフレイムテックという素材を使用しているので、火の粉などによる穴あきを防いでくれます。

10回洗濯しても防融機能が持続するため、汚れや臭いが気になったらすぐに洗えます。耐久撥水にも優れていますので、急に雨が降っても安心です。カラーは、フレイムイエロー・フレイムカーキの2色から選べます。サイズはS・フリー・XLです。価格は4900円です。

イージスダウンジャケット

ワークマンのダウンジャケットのおすすめ商品の5つ目は、「イージスダウンジャケット」です。ディアライトという素材が使われていて、防水性に優れたダウンジャケットです。耐水圧が20,000mmと高く、水が浸透しにくくなっています。

タウンユースにもおすすめです。カラーは、ベージュ・ブラック・イエロー×ブラック・オリーブの4色から選べます。サイズはS・M・L・LL・3Lです。価格は5800円です。

ワークマンのダウンジャケットの口コミ

続いては、ワークマンのダウンジャケットの口コミについてご紹介しましょう。ワークマンのダウンジャケットは口コミでも人気が高く、ワークマンの公式オンラインストアやインスタグラムなどのSNSにはたくさんの口コミが書き込まれています。

実際にワークマンのダウンジャケットを購入した人の口コミでは、「軽くて暖かい」「コスパが最高」「いろいろな服に合う」といった口コミがあります。

ワークマンのダウンジャケットの購入方法

最後に、ワークマンのダウンジャケットの購入方法についてご紹介しましょう。ワークマンのダウンジャケットの購入方法は、主に店舗で買う方法と公式オンラインストアで買う方法があります。試着してから購入したい場合は店舗で買うのがおすすめです。

近くに店舗がない場合は、公式オンラインストアをチェックしてみましょう。送料は700円~で、注文金額の合計が10,000円以上だと送料が無料になります。ワークマンのダウンジャケットはとても人気があるため、売り切れの場合も多いのでご注意ください。

Thumbワークマンの防寒着ランキングTOP13!インナーなど人気アイテムばかり!
作業着などの販売で有名なワークマンには機能性の高い防寒着があることをご存知ですか。今回は、ワ...

人気のワークマンのダウンジャケットを買ってみよう!

ワークマンのダウンジャケットの人気の理由やおすすめ商品、口コミ、購入方法などをご紹介しました。

ワークマンのダウンジャケットは、高機能にもかかわらず価格がとても安いと評判です。デザインがシンプルでおしゃれなので、幅広いシーンで活躍してくれます。防寒着をお探しの方は、ワークマンのダウンジャケットを買ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

Original
この記事のライター
Hayakawa

新着一覧

最近公開されたまとめ