温泉津温泉は島根の世界遺産の温泉地!日帰りから宿泊まで人気の施設紹介!

島根県太田市の温泉津温泉は、石見銀山とともに世界遺産に認定されている温泉地です。レトロな街並みの静かな温泉街で、大正時代に建てられた日帰り温泉施設でリラックスできます。温泉津温泉のおすすめの温泉施設やおしゃれなカフェ、宿泊施設などをご紹介しましょう。

温泉津温泉は島根の世界遺産の温泉地!日帰りから宿泊まで人気の施設紹介!のイメージ

目次

  1. 1島根の人気温泉「温泉津温泉」をご紹介
  2. 2石見銀山の温泉津温泉はこんな場所
  3. 3温泉津温泉の万病に効くお湯「薬師湯」
  4. 4温泉津温泉「震湯カフェ内蔵丞」のおすすめメニュー
  5. 5温泉津温泉の宿泊体験施設「温泉津庵」
  6. 6温泉津温泉の格安温泉旅館
  7. 7温泉津温泉の元湯泉薬湯もおすすめ!
  8. 8温泉津温泉へのアクセス方法
  9. 9温泉津温泉で日帰り温泉を楽しもう

島根の人気温泉「温泉津温泉」をご紹介

島根県太田市の温泉津(ゆのつ)温泉は、昔ながらの温泉情緒あふれる温泉街で、石見銀山遺跡とともにユネスコの世界遺産に登録されています。また、温泉地としては、日本で初めて重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

温泉津温泉には歓楽街などはなく、静かで落ちついた温泉街です。日帰り温泉施設の元湯と薬師湯があり、温泉街には老舗の温泉旅館が並んでいます。ゆったりとした時間が流れ、のんびりと過ごせると人気があります。

温泉津温泉は、島根の出雲や松江からも近く、宿泊はもちろんのこと日帰りでも楽しめます。今回は、そんな温泉津温泉の温泉施設や旅館、レトロなカフェなどをご紹介しましょう。

石見銀山の温泉津温泉はこんな場所

石見(いわみ)銀山は日本の最大級の銀山で、戦国時代から江戸時代にかけて多くの銀が生産されました。温泉津は、石見銀山から生産される銀を出荷する港として栄えました。

また、温泉津は山陰道の宿場町でもあり、温泉が湧出することから宿も多く、大変賑わったと伝えられています。石見銀山が閉山してからも昔ながらの街並みが保存され、静かでレトロな温泉街として人気があります。

県外の利用者からも人気の天然温泉

島根県太田市の温泉津温泉の歴史は古く、出雲大社の神様、大国主命が傷ついたうさぎを癒した温泉という伝説があります。一般には1300年前の開湯とされており、大狸が傷を癒そうと湯に入っているところを僧が見かけ、温泉が発見されたと言われています。

温泉津温泉には2つの源泉があり、それぞれ異なった泉質が楽しめます。元湯泉薬湯は開湯当初からの温泉で、もう一つの薬師湯は明治5年に起きた地震の影響で湧出した温泉です。それぞれ、日帰り温泉で楽しめます。

古くから湯治湯と知られている名湯で、島根県だけではなく、近隣の県からも多くの人が訪れる人気スポットとなっています。

カフェ・宿泊施設なども大正レトロな雰囲気

温泉津温泉には、元湯と薬師湯の2つの日帰り温泉施設があります。どちらもレトロな雰囲気の昔ながらの温泉で、温泉めぐりが好きな人におすすめです。

特に薬師湯の旧館は、大正時代に建てられた歴史のある建物で、カフェや宿泊施設が併設されています。温泉津温泉のランドマークとして親しまれているおしゃれな建物で、撮影スポットとしても人気があります。

温泉津温泉の万病に効くお湯「薬師湯」

ここからは、島根県太田市の温泉津温泉のシンボルである薬師湯について、ご紹介します。薬師湯は、温泉津温泉に2つある日帰り温泉施設のうちの一つです。

薬師湯は明治5年に起きた浜田沖の大地震の際に誕生した温泉で、震湯(しんゆ)と呼ばれることもあります。以前は「藤乃湯」という名前でしたが、現在は「薬師湯」となっています。

薬師湯は温泉津温泉のほぼ中央にあり、歴史のある建物は温泉街のシンボルとして親しまれています。木を使った温かみのある建物で、ステンドグラスを使った窓など、大正ロマンが感じられるおすすめスポットです。

効果が高いと評判の温泉で湯治

薬師湯は、2005年の日本温泉協会の評価において、泉質など6つの項目全てで最高評価の5を獲得しました。「オール5の温泉」の評価を得たのは全国で11か所のみで、中国・四国地方では薬師湯だけと高い評価を得ています。

泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉で、昔から「万病に効果がある」と言われています。かつては原爆病の治療にも使われており、現在もリュウマチや神経痛、疲労回復などあらゆる病に効果がある湯治湯としておすすめです。

薬師湯の温泉には厚く湯の花が積もっており、湯船や床まで、茶色い塊がびっしりとこびりついています。最近の温泉施設では湯の花を見ることが少なくなりましたが、薬師湯では昔ながらの温泉が楽しめるのが魅力です。

利用料金・詳細情報

温泉津温泉の薬師湯の営業時間は、平日が9時から21時まで、土日・祝日が8時から21時です。基本年中無休ですが、年末年始の営業は変更になる場合があるので、直接施設までお問い合わせください。

利用料金は大人500円で、1歳から小学6年生までの子供は200円です。貸切風呂の利用は40分間で、料金は薬師湯が大人800円、子供300円です。薬師湯の定員は1~2名です。別館の貸切風呂の料金は、大人1200円、子供500円で、定員1~4名です。

温泉津温泉の薬師湯には、無料で利用できる駐車場があります。収容台数は30台です、温泉津駅からは、タクシーで7分です。

薬師湯には石鹸やシャンプーの用意はありません。また、バスタオルやハンドタオルも持参してください。観光客など、バスタオルの用意がない人は、館内で購入できます。

住所 島根県大田市温泉津町温泉津7-1
電話番号 0855-65-4894

Thumb薬師湯は温泉津温泉の超人気スポット!効能やアクセスを詳しく紹介!
島根県にある温泉津温泉はレトロな町並みで観光客にも人気のある温泉街です。温泉街の中でも一際目...

温泉津温泉「震湯カフェ内蔵丞」のおすすめメニュー

日帰り温泉施設「薬師湯」の旧館は、大正初期に建てられた木造の洋館です。レトロ調の重厚な建物で、温泉に併設する建物としては、日本で最も古い建物の一つです。

旧館は建築学的にも貴重な建物とされており、屋根から突き出すように作られた湯気だし塔や、軒下のアーチの細工、ステンドグラスなどが見られます。随所に大正ロマンを感じられる建物で、メディアでも多く紹介されています。

そんな旧館をリニューアルし、現在はギャラリーとカフェがオープンしています。ギャラリーとなっているのは旧館の向かって右側で、かつて女湯として使われていた部分です。カフェは向かって左側で、男湯の更衣室でした。

震湯カフェ内蔵丞は重厚な家具調度品が並ぶ、落ち着いた空間となっています。本格イタリアンコーヒーや、内蔵丞カレー、雑穀プディングなど食事もスイーツも楽しめます。

江戸時代の奉行飯

「江戸時代の奉行飯」は、震湯カフェ内蔵丞の人気メニューのひとつです。温泉津の奉行として代々務めた内藤家が出陣の際に食べた料理と言われています。

ご飯の上に鶏肉やしいたけ、人参などの具材を乗せ、鶏の出汁をかけていただきます。薬師湯の温泉で旬の野菜を蒸した野菜蒸しや温泉卵が添えられた、バランスのいいおすすめメニューです。

奉行飯の言われには、他の説もあります。江戸時代に地域一帯が飢饉に襲われた際、当時の奉行が薩摩(今の鹿児島)からサツマイモを運び、農民に育てるよう指示をしたそうです。その時、この汁かけ飯も薩摩から伝わったとされています。

自家製 内蔵丞カレー

内蔵丞カレーも、カフェのおすすめメニューの一つです。ビーフシチューのようなとろりとしたカレーで、スパイス感は少なく、まろやかな味のカレーです。

具材には、ソテーした野菜やしいたけ、レンコンなど地元の野菜が乗っています。カレーの上には、温泉卵が乗せられており、優しい味わいとなっています。

雑穀プディング

震湯カフェ内蔵丞ではスイーツも人気があります。雑穀プディングは、雑穀米で作ったヘルシーなスイーツです。甘さ控えめで上品な味が人気で、食後のデザートにもおすすめです。

その他、カフェではバラの花びらを添えたおしゃれな薔薇シフォンケーキもおすすめです。ドリンクは、温泉のマークをラテアートにした温泉カプチーノが人気です。

温泉津温泉の宿泊体験施設「温泉津庵」

温泉津庵は薬師湯から5分のところにある、田舎ツーリズム宿泊体験施設です。島根県では、単なる宿泊や観光だけではなく、その地域の暮らしを体験する「田舎ツーリズム」という取り組みを行っています。

温泉津薬師湯でも「田舎ツーリズム」に賛同しており、重要伝統的建造物群に指定された、一戸建ての民家に宿泊することができます。

1日1グループ限定の宿泊スポット

昔ながらの落ち着いた家屋で、6畳、4畳半、2畳の和室、10畳のリビングルーム、バスルーム、トイレが備わっています。

浴室は使えませんが、宿泊者は薬師湯を1回、無料で利用できます。またキッチンを使って調理はできませんが、冷蔵庫にヨーグルトや牛乳、ジュース、パンなどが用意されており、朝食に食べられます。1日1グループ限定で、定員は2~4人となっています。

宿泊料金・詳細情報

1泊あたりの宿泊料金は、中学生以上8500円で、子供は2000円です。子供は布団がなく添い寝となりますが、布団が必要な場合は大人と同じ料金になります。

薬師湯の入浴は1回無料ですが、貸切湯は有料で、大人800円、子供300円です。貸切風呂は予約がおすすめです。チェックインは15時、チェックアウトは10時30分です。

住所 島根県大田市温泉津町温泉津
電話番号 0855-65-4894

温泉津温泉の格安温泉旅館

温泉津温泉は日帰りでも楽しめますが、宿泊してゆっくりと過ごしたいという方のために、リーズナブルな料金で宿泊できるおすすめ旅館をご紹介します。

温泉津温泉は港町で、美味しい魚料理が味わえます。旅館に宿泊したら、旬の魚を使った絶品料理を楽しんでください。

温泉津温泉 旅の宿輝雲荘

薬師湯のすぐ近くにあるおすすめ旅館で、温泉は薬師湯から引いています。島根特産の福光石で作った露天風呂があり、温泉街のレンガ色の屋根を一望できます。

のどぐろ、シマアジ、かんぱちなど旬の魚介を使ったお料理が自慢で、中でも「れんこ鯛」の塩焼きは名物料理として人気があります。昭和19年創業の落ち着いた旅館で、朝食・夕食ともお部屋でいただけます。

住所 島根県大田市温泉津町温泉津 ロ202-1
電話番号 0855-65-2008

温泉津温泉 旅館 ますや

温泉津温泉の中でも古い旅館の一つで、明治43年創業です。木造3階建ての趣のある旅館で、客室数は全部で8室です。館内に内湯がありますが、宿泊客の多くが外湯を利用しています。

料理自慢の旅館で、港から直送される旬の魚を使った料理がおすすめです。一品ずつ、丁寧に作られた料理は大変美味しく、リピーターが多い人気旅館です。

住所 島根県大田市温泉津町温泉津ロ32
電話番号 0855-65-2515

旅館 後楽

旅館 後楽は、全9室の老舗旅館です。源泉かけ流し100%の温泉があり、映画「男はつらいよ」の撮影が行われた時、故渥美清さんも入浴したそうです。

素泊まりプランや2食付きプランなどがあり、リーズナブルな料金で宿泊できます。「寅さんゆかりの部屋」に泊まれる宿泊プランもおすすめです。

住所 島根県大田市温泉津町温泉津ロ205-1
電話番号 0855-65-2023

温泉津温泉の元湯泉薬湯もおすすめ!

元湯泉薬湯は温泉津温泉に2つある外湯の一つです。薬師湯とは異なった雰囲気が楽しめるので、こちらもおすすめです。

元湯泉薬湯は、室町時代に病気が流行した際、修行僧の伊藤重佐が仏堂を建立し、浴槽を備えて病人の治癒にあたったのが始まりと伝えられています。以後、薬効が高い湯治場として広く知られるようになりました。

浴槽は3つあり、最もぬるい湯でも44度と高温です。泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉で、薄い緑色をした濁り湯です。レトロな雰囲気の小さな温泉ですが、源泉100%かけ流しで楽しむことができます。

住所 島根県大田市温泉津町温泉津ロ208-1
電話番号 855-65-2052

温泉津温泉へのアクセス方法

島根県太田市の温泉津温泉へのアクセスをご紹介しましょう。温泉津温泉へは、公共交機関やマイカーを使ってアクセスできます。

交通費を節約したい時は、京都や東京、神戸などから高速バスを利用してJR出雲市駅までアクセスし、電車を使って温泉津温泉にアクセスするのがおすめです。

電車・バス

関東や大阪方面から公共交通機関を使って温泉津温泉にアクセスする場合、JR山陰本線の「温泉津駅」が最寄り駅になります。

快速アクアライナーを利用すると、出雲駅からは約50分、松江駅からは約1時間35分で、温泉津駅に着きます。温泉津駅から温泉街までは、タクシーで約5分、町営バスで7分、徒歩で20分です。

九州や広島方面からは、まずJR山陰本線「浜田駅」に高速バスや電車でアクセスし、電車に乗り換え約45分で温泉津駅にアクセスできます。

島根県太田市の温泉津温泉へ車でアクセスする場合は、湯里ICから国道9号を経てアクセスできます。また出雲方面からは高速を使わず、国道9号を使ってアクセスすることもできます。

温泉津温泉は昔ながらの街並みが残り地域で、道幅が狭いところも多くあります。大型で訪れる場合は、温泉街海側の「ゆう・ゆう館」観光案内所前に駐車し、街を散策するのがおすすめです。

温泉津温泉で日帰り温泉を楽しもう

島根県太田市の歴史がある温泉、温泉津温泉をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。温泉津温泉は出雲からのアクセスがよく、日帰り温泉が楽しめます。

大正ロマンが感じられるレトロな日帰り温泉施設があるので、ゆっくりと温泉に入ったり、隣接するカフェで食事を楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Momoko