ウイスキーの水割りは初心者にもおすすめ!基本の割合や美味しい作り方は?

アルコール好きの方の中には、ウイスキーが好きな方も多いですが、ウイスキーには色々な飲み方があります。ハイボールで飲む方やロックが好きな方もいます。ウイスキー初心者の方は水割りがおすすめです。ウイスキーの水割りで、基本の割合や美味しい作り方をご紹介します。

ウイスキーの水割りは初心者にもおすすめ!基本の割合や美味しい作り方は?のイメージ

目次

  1. 1ウイスキー初心者向けに美味しい水割りの作り方を解説
  2. 2初めてウイスキーを飲むなら水割りからがおすすめ
  3. 3ウイスキーの水割りの美味しい作り方
  4. 4ウイスキーの水割り以外の飲み方
  5. 5水割りも美味しいウイスキーの人気銘柄
  6. 6水割りウイスキーと相性の良いおつまみ
  7. 7ウイスキーの飲み過ぎに注意しよう

ウイスキー初心者向けに美味しい水割りの作り方を解説

アルコール飲料の中には、ビールをはじめ、ワインや日本酒の他に、ウイスキーがあります。ウイスキーは、穀物を麦芽の酵素で糖化していることもあり、口当たりもよく人気のアルコール飲料です。男性にも女性にも人気があります。

ウイスキーには、飲み方も色々あり、ロックで楽しみたい人からハイボール、ホットウイスキー、ストレート、水割りで楽しむことができます。女性には、カクテルでウイスキーを楽しむ方もいらっしゃいます。

ビールやワイン、日本酒は飲んだことがある方の中で、ウイスキーはまだ飲んだことがないという方におすすめな飲み方が、「水割り」です。ウイスキー初心者向けに美味しい水割りの作り方やウイスキーの割合をご紹介します。

初めてウイスキーを飲むなら水割りからがおすすめ

初めてウイスキーを飲む場合、いったいどんな飲み方がおすすめかというと、やはり、「水割り」がもっとも飲みやすいということでおすすめです。水割りですと、アルコールの割合も自分の好みの割合にすることができます。

ビールやワインなどと比べると、アルコール度数も比較的高めなのが、ウイスキーになります。そのため、初めてウイスキーを飲む際には、水割りで水の割合を多めにして、アルコールの割合を下げると飲みやすくなります。

お酒が強い方でも、ウイスキーを初めて飲む際には、この水割りを試してください。徐々に水の割合を少なくしたり、ウイスキーの割合を多くしたり、加減をしながら楽しみましょう。

健康に良いとされるウイスキーの適量

ここでは、健康に良いとされるウイスキーの適量について解説をしておきましょう。国民の健康増進を図るために、「健康日本21」という方針が政府から打ち出されています。この指針に基づいて、健康に良いとされるウイスキーの適量についてお話しをしていきます。

「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒」ということで、純アルコール量が20%の計算から算出したウイスキーの量ですが、アルコール度数43%の場合で、60ミリリットルとされています。

このウイスキーの量は、飲酒習慣のない人には当てはまりません。日頃からお酒を嗜んでいる方に対しての健康に良いとされるウイスキーの適量ということになります。

このウイスキーの量を踏まえた上で、初めてウイスキーを飲む方は、水の割合を考えて水割りで楽しむのがいいでしょう。

ウイスキーの水割りの美味しい作り方

こちらでは、ウイスキーの水割りの美味しい作り方について解説をしていきましょう。ウイスキー初心者の方にとっては、どのような割合で水割りを作ったら良いのか、どんな順番で作ったら良いのかという作り方はわからないことが多いです。

ウイスキーの水割りの美味しい作り方のポイントで、まずは、「ウイスキーの水割りの基本の割合」ということに注意する必要があります。さらに、「氷・ウイスキー・水の順番で入れる」のかという点も作り方のポイントで重要です。

この「ウイスキーの水割りの基本の割合」と「氷・ウイスキー・水の入れる順番」を理解することで、美味しいウイスキーの水割りをウイスキー初心者でも美味しく楽しむことができるので、ここでしっかりと理解しておきましょう。

ウイスキーの水割りの基本の割合

ウイスキーの水割りの美味しい作り方ですが、まずは、ウイスキーの水割りの基本の割合について理解をしておきましょう。ウイスキーの水割りを構成するものは、まずは「お水」と「氷」それとウイスキーです。

これら3つの要素の適度な量というものを知っておく必要が、特に、ウイスキー初心者の方には重要です。まずは、お水ですが、美味しいお水が、水割りの美味しさを決定すると言っても過言ではないので、ミネラルウォーターを用意しましょう。

氷ですが、コンビニなどで売っている「かち割り氷」がおすすめです。これは、不純物がない氷であればあるほど、溶けにくいということがあります。

それでは、ウイスキーの水割りの基本の割合について説明しますが、ウイスキー1に対しては、ミネラルウオーターが2から2.5になります。このミネラルウォーターの割合は、氷にウイスキーを注いでかき混ぜたあとの氷の溶け具合を加味した割合を理解しておきましょう。

氷・ウイスキー・水の順番で入れる

水割りですが、実は、美味しい作り方として、どのような順番で入れるのかというのは、意外に重要です。この順番を間違っている方も少なからずいらっしゃいます。ぜひ、ウイスキー初心者の方は、この作り方をマスターして美味しいウイスキーを楽しみましょう。

さきほども少し触れましたが、ミネラルウォーターの適正な割合を考える上で、氷が溶けた水の量も加味する必要があります。この氷が溶けた水の量を加味しないと美味しい水割りに到達できません。

そのため、初心者の方が美味しいウイスキーの水割りを作る際には、「氷・ウイスキー・水」の順番で入れるようにしてください。こうすることで、グラスもしっかりと冷えて、適度な濃さの水割りになります。この割合や作り方をマスターしておけば、初心者の方でも十分、ウイスキーの水割りを楽しむことができるのでおすすめです。

ウイスキーの水割り以外の飲み方

ここでは、ウイスキーの水割り以外の飲み方について解説をしておきましょう。ウイスキー初心者の方も、だんだんと、水割りの作り方にも慣れてきて、水割りの美味しい飲み方ができるようになると、違う飲み方も試したくなるものです。

ウイスキーの水割り以外の飲み方には、細かく分類するとかなり細かな分類で飲み方があります。詳細は、大手酒造メーカーなどの公式サイトにも詳しく掲載されています。

ウイスキーの水割り以外の飲み方を大まかに分けてみると、水割りの他には、「ストレート」や「ロック」、「ハイボール」があります。これらのウイスキーの水割り以外の飲み方について解説をしていきます。

ストレート

ストレートは、その名の通り、ウイスキーをグラスにそのまま注いで楽しむものですが、ただ単に、ウイスキーをグラスに注いで飲むのではなく、チェイサーというウイスキーをストレートで飲んだあとに、お口直しで飲むミネラルウォーターや炭酸水などとともに楽しみます。

ウイスキーは、ストレートで飲むとアルコール度数も高いことから、チェイサーで胃が荒れるのを防ぐ役目もあります。チェイサーは、ミネラルウォーターだけでなく、炭酸やお茶など自分の好きなドリンクで良いです。

ロック

ロックには、「オンザロック」と「ハーフロック」があります。オンザロックは、グラスに氷を入れて、そこにウイスキーを注ぐというものです。ウイスキーという海に浮かぶ氷山を楽しみながら飲めます。

そして、このオンザロックの良いところというと、グラスと氷が奏でる音がなんとも言えません。この音も楽しみながらリラックスして飲むことができるので人気がある飲み方です。このオンザロックもチェイサーを用意しましょう。

ハーフロックは、オンザロックの種類でもあり、ウイスキーと水を1対1で割る作り方です。ウイスキーをマイルドに飲みたい方におすすめな飲み方です。水割りからのステップアップにもぴったりです。

ハイボール

ハイボールは、日本人は大好きな飲み方のひとつではないでしょうか。炭酸のシュワーという感覚が好きという方も多いのではないでしょうか。作り方は、グラスに氷を入れて、ウイスキーを注ぎます。

その後に、ウイスキーを混ぜて、そこにソーダーを入れてください。このときの割合は、ウイスキー1に対してソーダが3から4です。そして、マドラーで縦方向に1回混ぜてください。

ハイボールを美味しく飲むコツは、かき混ぜすぎないことです。また、ウイスキーもソーダも、そしてグラスもよく冷やしておきましょう。また、レモンを入れても美味しく飲むことができます。

Thumbウイスキーに合うおつまみおすすめ25選!コンビニで買える人気商品も!
ウイスキーと相性抜群のおすすめおつまみの決定版。コンビニで気軽に買える人気商品や、ウイスキー...

水割りも美味しいウイスキーの人気銘柄

ここでは、水割りも美味しいウイスキーの人気銘柄について解説をしていきましょう。水割りが美味しく飲めるウイスキーの人気銘柄を知っていれば、ウイスキー初心者の方でも美味しく水割りを楽しむことができるはずです。

ウイスキーの銘柄は、日本をはじめ、海外など数多くの種類があります。ここでは、初心者にも飲みやすい人気のウイスキーをいくつかご紹介します。

初心者にも飲みやすい人気のウイスキーから、ハイボールに欠かせない「サントリー 角瓶」と「バーボンウイスキー メーカーズマーク」、受賞歴もある「サントリー 白州」をご紹介します。

サントリー 角瓶

サントリー 角瓶は、ハイボールにするならこのウイスキーと誰もが思っている人気のウイスキーです。しかも、リーズナブルということで、家飲みするにもおすすめなウイスキーになります。コクもあり、甘みのある美味しいウイスキーで、そして後味はドライな感じで人気です。

アルコール度数は40%で、山崎と白州蒸溜所で作られるバーボン樽原酒が使われていて美味しいのも当然です。このサントリー角瓶は、なんと、1937年に誕生した歴史あるウイスキーです。

ときはすでに80年経過して、その人気には陰りは一切見えません。日本での売上もナンバーワンというのは頷けます。

バーボンウイスキー メーカーズマーク

バーボンウイスキー メーカーズマークは、アルコールタイプがバーボンのウイスキーで、メーカーズマークの人気のバーボンウイスキーです。アルコール度数は45%と高めです。原産国はアメリカになります。

ハンドメイドのバーボンで、赤い封蝋が目印のウイスキーで人気があります。メーカーはサントリーから発売されていて、価格もリーズナブルでおすすめです。

サントリー 白州

サントリー 白州は、日本の名水地としても知られる白州の蒸溜所で造られています。酒類コンペティションでも金賞を獲得するほどの人気のウイスキーでおすすめです。このサントリー 白州には色々なタイプが発売されています。

特に、サントリーウイスキーシングルモルト白州18年は、数々の賞を受賞している人気のウイスキーになります。アルコール度数は43%で、原材料はモルトです。

水割りウイスキーと相性の良いおつまみ

ここでは、水割りウイスキーと相性の良いおつまみについて、人気のおつまみを中心にご紹介しましょう。アルコールのおつまみというと、ビールやワインなどはすぐにイメージしやすいですが、ウイスキーとなると何が相性が良いのでしょうか。

水割りウイスキーと相性の良い人気のおつまみから、おつまみの定番の「ナッツ」と「チョコレート」、「スモークサーモン」、「ドライフルーツ」、「アイスクリーム」をご紹介します。

ナッツ

ナッツは、ウイスキーに限らず、アルコール飲料には欠かせないおつまみではないでしょうか。ナッツは、やはり、食感を楽しむことができるおつまみです。食感が楽しめるので、飽きることなく食べていられるのでおすすめです。

ナッツというおつまみは、栄養価でも優れているのでおすすめです。海外旅行の定番のお土産である「マカダミアナッツ」も人気があります。

チョコ

チョコレートは、ウイスキーとの相性もよく、ウイスキーの濃厚さをさらに引き出してくれるのでおすすめです。どんな風味のウイスキーかによっても、ビターなチョコレートがいいのか、甘さを感じるチョコレートが良いのか変わります。

しっかりと、熟成されたウイスキーは甘い口当たりということもあり、甘さをしっかりと感じられるチョコレートを選ぶと良いでしょう。

スモークサーモン

スモークサーモンは、ウイスキーに合うおつまみで、塩気のあるスモークサーモンは、甘いウイスキーにもぴったりです。

クラッカーを用意すれば、チーズとスモークサーモンを挟めば、一口サイズのおつまみを楽しむことができます。

ドライフルーツ

ドライフルーツは、食感もしっかりとしたフルーツをウイスキーとともに楽しむことができるのでおすすめです。

ドライフルーツには、ぶどうであったり、マンゴーなどが人気です。しっかりと甘さのあるドライフルーツはウイスキーにもぴったりでおすすめです。

アイス

アイスは、ウイスキーとの相性がもっとも良いのでおすすめです。アイスにウイスキーをかけて食べるアフォガードが人気があります。

アイスにウイスキーをかけて、ライターで火を付けるアイスが燃え上がり、おしゃれなスイーツとして楽しむことができます。アイスですが、特に、ウイスキーには、バニラアイスが相性が良いです。

Thumbウイスキーに合うおつまみおすすめ25選!コンビニで買える人気商品も!
ウイスキーと相性抜群のおすすめおつまみの決定版。コンビニで気軽に買える人気商品や、ウイスキー...

ウイスキーの飲み過ぎに注意しよう

ウイスキーの水割りで、基本の割合や美味しい作り方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ウイスキー初心者の方でも簡単に美味しいウイスキーを楽しむことができます。

ウイスキーの水割りは、自分でウイスキーの量をコントロールすることができるので、ウイスキー初心者の方にもおすすめです。ウイスキーの水割りは、ストレートやロックと比べると飲みやすいですが、飲み過ぎには注意して楽しみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ