「余市」は人気のシングルモルトウイスキー!味や価格・おすすめの飲み方は?

ウイスキーの「余市」は、人気のあるお酒の種類の一つです。とても美味しいことで知られていて、リーズナブルな価格のものもあり、大変話題となっています。飲み方もさまざまあります。ウイスキーの「余市」について、いろいろな情報をピックアップして紹介します。

「余市」は人気のシングルモルトウイスキー!味や価格・おすすめの飲み方は?のイメージ

目次

  1. 1ウイスキーの余市を飲もう!
  2. 2北海道の人気ウイスキー「余市」の魅力を解説
  3. 3ウイスキーとは?
  4. 4ウイスキーの余市とは
  5. 5ウイスキーの余市の歴史と製法
  6. 6ウイスキーの余市の種類と味わい・価格
  7. 7ウイスキーの余市のおすすめの飲み方
  8. 8ウイスキーの余市をじっくり味わおう

ウイスキーの余市を飲もう!

ウイスキーの「余市」は、とても話題性の高いお酒の一つです。うまさ満点でじっくりと味わいたい人におすすめのウイスキーであり、価格も安めなものもあるのでいろいろな飲み方で楽しむことができます。ウイスキーの「余市」について、魅力や歴史などの基本的な情報とあわせて紹介します。是非、手に取ってみてください。

北海道の人気ウイスキー「余市」の魅力を解説

とても評判の良いお酒であるウイスキーの中でも、とても人気度の高いものの一つに「余市」が挙げられます。

ウイスキーの「余市」は、小樽市のすぐ西側にある北海道の余市郡余市町にある工場でつくられたシングルモルトウイスキーであり、日本を代表するウイスキーの一つにも数えられています。

高級なウイスキーともされていて、なかなか入手をするのに大変である、という声もあるほど話題の商品です。

昔から続いている「石炭直火蒸溜」という製法でつくられた大変美味しいウイスキーであり、ウイスキーの本場であるスコットランドのものに劣らない大変素晴らしいものである、とされています。

上品でとても風味豊かな「余市」は、お酒が好きな人へのギフトやお土産・プレゼントなどにも大変おすすめの逸品です。

ウイスキーを探しているときには、是非「余市」も候補に入れて考えてみてください。後悔しない商品です。

Thumbウイスキーのおすすめランキングベスト31!本当に美味しい人気銘柄紹介!
おすすめの美味しいウイスキーって知りたくないですか?今回は、世界中のウイスキーの中からおすす...
Thumb日本のウイスキーおすすめ17選!人気銘柄や種類のそれぞれ味の特徴も紹介!
皆さんは、世界の五大ウイスキーを知っていますか。なんとその五大ウイスキーに日本が入っているの...

ウイスキーとは?

ウイスキーは、蒸留酒の種類の一つです。大麦やトウモロコシ・ライ麦をはじめとした穀物を使ってつくられています。

穀物を麦芽の酵素で糖化をしてつくられていて、さらにこれらをアルコール発酵させて木製の樽で蒸留したものです。

麦芽のみを原料に用いているものをモルトウイスキーと言い、トウモロコシなどのその他の穀物を原料としているものをグレーンウイスキーと呼びます。

ウイスキーは木の樽で蒸留・熟成するということが特徴的なお酒の種類であり、樽の中で長期間じっくりと熟成させることによってとても香りが豊かでまろやかになり、深めのコクを持つものとなります。色は琥珀色をしています。

樽の大きさであったり、使用されているている木材の種類であったり、樽の貯蔵庫内の環境であったり、などのさまざまなことによってウイスキーの味や香りが変化します。

ウイスキーはとてもいろいろな飲み方をすることができることでも有名であり、そのままストレートで飲むのをはじめ、ソーダで割るハイボールや水割りなど、好みに合わせて自由に楽しむことができます。

ウイスキーの余市とは

ウイスキーの「余市」は、日本のお酒のメーカーの一つであるニッカウヰスキーが製造していて、販売はアサヒビールが行っているシングルモルトウイスキーです。

とても自然が豊かな北海道の余市郡余市町にある蒸留所でつくられているウイスキーであり、地名がそのまま名前となりました。

余市町が蒸留所に選ばれた理由として、美味しいウイスキーをつくるために欠かすことができない、本場のスコットランドに良く似た湿潤で冷涼で気候や、豊かな水・凛と澄んでいる空気などの条件がが揃っていたから、とされています。

ニッカウヰスキーの創業者でもあり、日本のウイスキーの父とも呼ばれているスコットランドに実際に行ってさまざまなことを学んだ竹鶴政孝さんがこの場所を選んだ、と言われています。

ウイスキーの「余市」が販売を開始したのは、1989年(平成元年)のことですが、そこに至るまでにはさまざまな苦労や工夫がありました。

ウイスキーの「余市」は、創業してからずっと受け継がれているこだわり満載の「石炭直火蒸溜」という方法でつくられていて、この作り方が他のウイスキーでは味わうことができない風味の豊かさを生み出しています。

ウイスキーの「余市」は、世界的なお酒の品評会である「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)」や「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)」をはじめとしたとても多くの賞を受賞していて、日本国内からはもちろん、海外からも注目されているウイスキーです。

愛好家・リピーターも大変多く、大切なときには「余市」が飲みたい、と思っている人もとてもたくさんいます。

Thumb父の日にウイスキーをプレゼント!男性に喜ばれるおすすめブランド17選!
みなさんは父の日になにをプレゼントしますか?洋酒好きのお父さんに父の日はウイスキーを贈ろうと...

ウイスキーの余市の歴史と製法

ウイスキーの「余市」がつくられている北海道・余市郡余市町にある余市蒸溜所が創業したのは1934年(昭和9年)です。

余市町は、ウイスキーの本場であるスコットランドとよく似た気候条件であることに加え、ウイスキーづくりの大切な原料である大麦や、スモーキーな風味を加えるために使われるピート(草炭)が豊富にある、ということなどから選ばれました。

ただし、創業当時の会社の名前は「大日本果汁」であり、リンゴジュースを主につくっている会社でした。

その2年後である1936年(昭和11年)に、余市蒸溜所のウイスキーづくりの要とも言えるもろみを蒸溜するための釜であるポットスチルの炉に石炭がくべられ、ウイスキーづくりが開始されました。

創業者である竹鶴政孝さんは、一切妥協せずに本場のスコットランドのウイスキーづくりを可能な限りそのまま再現することにこだわり、その過程で出来上がったのが「石炭直火蒸溜」という製法です。

「石炭直火蒸溜」は、ウイスキーづくりに一番適する火力がしっかりと保たれるように常に石炭をくべ続ける必要があり、熟練した職人さんの技術が必要となる、大変手間と時間がかかる製法です。

しかし、「余市」づくりには、つくり始めて以来ずっとこの製法が用いられていて、「石炭直火蒸溜」ならではの香ばしさや重厚感のあるコクが生み出されています。

Thumb日本のウイスキー蒸留所27選!見学ができるおすすめの人気スポットも紹介!
近年、人気が高まっているウイスキーですが、日本にも各地にウイスキー蒸留所が点在しています。中...

ウイスキーの余市の種類と味わい・価格

ウイスキーの「余市」には、いろいろな種類があり、好みやその日の気持ち・シーンなどにあわせて自由に選ぶことができるようになっています。

飲み方もさまざまでき、好きなように飲むことが可能なウイスキーでもあるので、お酒が大好きな人はもちろん、少量にとどめておきたい人にもおすすめです。

また、高級感あふれる「余市」は、大切な日である記念日や、大事な方へのギフト・プレゼントなどにもぴったりでありとても人気となっているので、上手に見立てて選んでみると良いでしょう。

とても豊富にあるウイスキーの「余市」の中でも、特に人気となっていておすすめの種類を選りすぐって価格などの基本情報とあわせて紹介します。

シングルモルト余市

ウイスキーの「余市」の中でも大変人気となっていて多くの人におすすめしたい種類のひとつ目には、「シングルモルト余市」があります。価格は、5423円と誰もが手にしやすい価格です。

「シングルモルト余市」は、700ミリリットルの瓶入りであり、アルコール度数は45パーセントほどとなっています。

とても落ちついたラベルの中央左寄りに「余市」と書かれ、薄く蒸留所の絵が透かしで描かれています。

「シングルモルト余市」は、力強くてとても重厚感があり、ちょぴり複雑な深みのある味わいが特徴のシングルモルトウイスキーとなっています。

樽で熟成しているので柔らかでまるみのある香りと麦芽のほんのりとした甘さ、そして豊かな果実の香りのハーモニーが見事である、と評判になっています。

飲んだ瞬間のダイレクトな味わいも穏やかに続く余韻もしっかりと感じることができる、大変人気のウイスキーです。

価格も比較的リーズナブルなので、普段日常的に飲むウイスキーとしても大変おすすめの逸品となっています。

シングルモルト余市10年

ウイスキーの「余市」の中でも大変人気となっていて多くの人におすすめしたい種類のふたつ目には、「シングルモルト余市10年」があります。価格は、94000円となっています。

「シングルモルト余市10年」は、しっかりとした箱に入っている瓶入りのウイスキーであり、アルコール度数は約45パーセントとなっています。

とてもシックでどっしりとした印象のウイスキーであり、ラベルには中央部分に「余市」の名前と、「余市蒸溜所10年貯蔵シングルモルト」と書かれています。

「シングルモルト余市10年」は、10年以上じっくりと貯蔵されつくられているリッチ感満載のウイスキーとなっています。

複雑味がより増強されている逸品であり、麦芽の風味や香り・後半にふわりと感じられる上品さ満点のフルーツの甘みなど、どれもが高級さにあふれています。

シングルカスク余市10年

ウイスキーの「余市」の中でも大変人気となっていて多くの人におすすめしたい種類のみっつ目には、「シングルカスク余市10年」があります。価格は、200000円から300000円くらいとなっています。

「シングルカスク余市10年」は、瓶入りのウイスキーであり、アルコール度数が約57度以上とちょっぴり高めなので注意をしておきましょう。

バニラや、シナモンがかけられている焼き林檎パイ・じっくり煮詰めたメープルシロップのような甘い香りが特徴的な女性にもおすすめの逸品です。

樽の中で10年以上も熟成させているので、ウッディさも感じられ、麦芽の香りや後に残るスモーキーさなどいろいろな楽しみ方ができるウイスキーです。

ちょっぴり高価格帯のウイスキーなので、大事なシーンでのギフトやプレゼントなどにもおすすめとなっています。

蒸溜所限定シングルモルト シリーズ

ウイスキーの「余市」の中でも大変人気となっていて多くの人におすすめしたい種類のよっつ目には、「蒸溜所限定シングルモルト シリーズ」があります。価格はそれぞれによって異なりますが、おおよそ15000円前後となっています。

「蒸溜所限定シングルモルト シリーズ」は、北海道の余市郡余市町にある余市蒸溜所のみ限定で販売されているウイスキーです。

一般的な酒屋さんやショッピングセンターなどで手にすることができない特別感満載のボトルウイスキーであり、さまざまなバリエーションがあります。

「シングルモルト余市ウッディ&バニラ」は、樽のウッディさが際立つ逸品であり、アルコールのぴりっとした刺激の後には、バニラやメロンのようなフレッシュさを感じることができます。

「シングルモルト余市シェリー&スウィート」は、シェリー樽でつくられている原酒の比率が高い逸品であり、ドライラズベリーやブラックベリーの酸味がしっかり楽しめます。また、レーズンや、麦芽クッキーによく似た甘みもほんのりと感じられる、とても人気の商品です。

「シングルモルト余市ピーティ&ソルティ」は、「余市」の特有のピート感や塩気が際立つ逸品となっています。他のものよりほんの少しドライな味わいとなっています。

ウイスキーの余市のおすすめの飲み方

ウイスキーの「余市」は、自由にそれぞれにあった飲み方をすることができるウイスキーであり、気持ちに沿った楽しみ方をすることができます。

ウイスキーの「余市」のおすすめの飲み方について、厳選したものを少しだけ紹介します。是非、参考にしてください。

ストレート

ウイスキーの「余市」のおすすめの飲み方の第一には、「ストレート」が挙げられます。ウイスキーの本来の味を直接楽しむことができる飲み方です。

そのまま瓶・ボトルからグラスに注いで飲むことで、ウイスキーの持つ味わいを余すことなく感じることができます。

「余市」が持っている独特な重厚感や甘みなどをしっかりと味わうことができ、高級なウイスキーほどおすすめの飲み方です。

ウイスキーに慣れている人はもちろん、直接的なお酒感をたっぷりと楽しみたい人にぴったりな飲み方と言えるでしょう。

ハイボール

ウイスキーの「余市」のおすすめの飲み方の第二には、「ハイボール」が挙げられます。ウイスキーをソーダで割って飲む飲み方です。

「ハイボール」は、お酒オンリーで楽しむことができるのはもちろん、一緒に食べるお料理の味わいもしっかりと引き立ててくれます。

冷たいソーダで割ることによって、ウイスキーが本来持っている味わいやコクなどをきっちりと際立たせてくれます。

水割り

ウイスキーの「余市」のおすすめの飲み方の第三には、「水割り」が挙げられます。氷が入っているグラスにウイスキーを注いで、好きな濃度にまで水で入れて割る飲み方のことを言います。

基本的には、ウイスキーが1に対して、水が2から2.5ほどとすることが多いですが、自由に自分にあった濃度とすることができるので、楽しみ方の幅が広いです。

水で割ることによってウイスキーの濃度が下がるので、あまりお酒が得意でない人やアルコール度数が気になる人などでも安心して飲むことができる飲み方です。

水で割るので、口当たりも軽くなって飲みやすくなり、ウイスキーの特有のクセも丸くしてくれるので、初心者にもおすすめです。

ウイスキーの余市をじっくり味わおう

ウイスキーの「余市」は、とても人気のある商品であり、海外からもとても注目されています。大変美味しく、種類もいろいろとあり、自由に楽しむことができます。ウイスキーを探しているときには、是非「余市」も候補の一つとして手に取ってみることをおすすめします。誰もをにっこり笑顔とすることができるウイスキーです。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

新着一覧

最近公開されたまとめ