クラブでの服装の選び方をチェック!男女別おすすめファッションガイド!

クラブというと初めての方には少しハードルが高い印象で、どんな服装で行ったらいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこでクラブに初めて行く方のためにおすすめの服装やNGの服装、その注意点などについても合わせて紹介します。

クラブでの服装の選び方をチェック!男女別おすすめファッションガイド!のイメージ

目次

  1. 1クラブでの服装の選び方をチェック!男女別おすすめファッションガイド!
  2. 2クラブとはどのようなところ?
  3. 3クラブってどんな服装で行けばいいの?
  4. 4クラブの種類・タイプ別の服装傾向をチェック
  5. 5差がつくオシャレ!女性のクラブでの服装
  6. 6これがモテコーデ!男性のクラブでの服装
  7. 7クラブでNGな服装
  8. 8流行の服装を取り入れながらクラブコーデを楽しもう

クラブでの服装の選び方をチェック!男女別おすすめファッションガイド!

大人の夜の遊び場として挙げられるものの一つに「クラブ」があります。クラブに誘われた経験がある方もいるかもしれません。しかし初心者にとって、クラブにどんな服装で行けばいいのかは悩むところです。そこで男女のクラブでのおすすめのドレスコードについて紹介します。

クラブとはどのようなところ?

ふだん夜に遊びに出ることがないという方にとって、「クラブ」と言われてもそもそもどのようなところなのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そうなると、いざ行くとなると特別なドレスコードがあるのでは、特別な服装でなくてはならないのではと心配になるかもしれません。

そこでまずは、そもそも「クラブ」とはどのような場所なのか、またどのようなことをする場所なのかということについて紹介していきましょう。

音楽やダンスを楽しめる場所

そもそもクラブというのは、ダンスホールなどでDJが曲をかけ、そこで音楽やダンスなどを楽しむ場所です。また夜の大人の遊び場ということでもちろんお酒も出ますから、お酒を飲みながら音楽を聴いたり、ダンスを一緒に楽しんだりする場所ということになります。

もちろんお酒が飲めない人は行ってはいけないなどということはありません。クラブではイベントが行われることも多く、そのイベントに興味があるから行くという方もたくさんいます。

ちなみに法律上はクラブは、喫茶店、バー、レンタルスペースという扱いになります。そのためDJの人たちはクラブというスペースを「利用して」音楽をかけたりしているということになっているようです。

ディスコとの違いは?

「お酒を飲んで踊る場所」というと「ディスコ」を連想する方もいるのではないでしょうか。ディスコもクラブと同様にお酒が出ますし、DJなどがいて音楽をかけ、お客さんが踊っている場所です。ただし、法律的には少し位置づけが違います。

ディスコは法律的には「ナイトクラブ」という位置づけになり、もしイベントなどで問題が起こった場合、お店が責任を取らなければならないという違いがあります。そのこともあって、店の雰囲気、音楽などをトータルでセッティングしているところが多いと言われます。

また、このような法律上の違いから、ディスコは基本的に24時(東京は25時)で閉店するところが多いですが、クラブは24時間営業をすることもできるため、その分遅くまで楽しみやすいという側面もあるようです。

クラブってどんな服装で行けばいいの?

さて、クラブ初心者の方にとって一番の問題は、どんな服装で行けばいいのかということではないでしょうか。もちろん初心者の方だと、一人で行こうというかたは多くはないでしょうが、クラブの服装というと派手で露出が多いというイメージが強いのではないでしょうか。

せっかくクラブに行くのなら、服装も楽しみたいものですし、雰囲気から浮いてしまったら、楽しさも半減してしまいそうです。そこで、クラブのドレスコードという点も含めて、おすすめの服装について概略を紹介します。

クラブには基本的にドレスコードは無い

最初に結論から言うと、基本的にはクラブには特別なドレスコードはありません。ドレスコードがないのが一番難しいという方もいるかもしれませんが、ある程度のラインを押さえていれば、クラブに行くからと言って特に服装を用意する必要はないのです。

一般的にクラブは中が暗いことが多いため、パステルカラーやネオンカラーと言った明るく目立つ色の服装がおすすめとは言われます。これらの色を服装の一部に取り入れるなどするだけでもクラブの服装らしい雰囲気を出すことができます。

また、季節によってもクラブの雰囲気は変わります。その季節に合わせた服装でおしゃれをするというのもクラブの楽しみ方の一つと言えるでしょう。

クラブによっては服装にきまりがある場合も

基本的にクラブにはドレスコードはないと述べたのですが、お店によってはドレスコードなどに決まりがあるところもあります。特に初心者の方は、前もってチェックをしておくと安心して行くことができるのでおすすめです。

後で述べますが、クラブのある街の雰囲気などによっても、おすすめのドレスコードが暗黙の了解としてあるというパターンもあるようです。そのあたりも初心者ではわかりにくいので、事前のチェックがおすすめです。

動きやすい服装がおすすめ

先ほども述べたように、クラブというのは音楽を聴きながらダンスなどを楽しむところ、つまり「動く」ところでもあります。せっかくのクラブだからおしゃれをしたいという方も多いでしょうが、邪魔にならずに動けるというのはクラブの服装のおすすめポイントの一つです。

今述べたように場所によりドレスコードがある場合もありますから、まったくの普段着というのはおすすめしませんが、きれいめの服装でなおかつ動くことができるというのがポイントと言えるでしょう。

また、後でも触れますが、特に女性の場合、おしゃれな服装だとヒールのある靴を履くという方も多いでしょう。しかしヒールの靴で動いて足を痛めたら楽しい時間を過ごすことができません。履きなれた靴で行くことをおすすめします。

メイクも工夫してみよう

クラブだからといって特別な服装はいらない場合が多いと述べたのですが、工夫をおすすめしたいのがメイクです。やはりせっかくのクラブですから、ふだんとは違う自分を演出したいということもありますし、店内が薄暗いこともあって、普通のメイクでは目立たないという面もあるからです。

ふだんはナチュラルメイクという方でも、アイメイクやリップメイクなどの色合いを派手にするだけでも雰囲気が全く変わります。ラメが入ったものなどを効果的に使い、派手めメイクにチャレンジしてみましょう。

仮装がおすすめの時も

さきほどのドレスコードにも関係するのですが、ふだんはドレスコードがないというクラブであっても、イベントなどによってはそのイベント独自のドレスコードが用意されていることがあります。

特に初心者の方の場合、初めてクラブに行くときはハロウィンやクリスマスなど、何らかのイベントの時という場合も多いのではないでしょうか。そのような場合は仮装をドレスコードにしている場合もあるので、事前のチェックがおすすめです。

ちなみにこれらのドレスコードについては、近年ではクラブでも公式サイトを持つところが多く、そこに記載がされている場合がほとんどです。初心者で一人で初めてクラブに行くという場合でも安心です。

Thumb東京のクラブ15選!一人でも行きたい人気店や初心者におすすめの店で楽しもう!
東京は、全国から人が集まる賑やかな場所になります。そんな東京にはクラブが多数ありますので、迷...

クラブの種類・タイプ別の服装傾向をチェック

今述べたように、基本的にはクラブの服装には特別なドレスコードがない場合が多いです。しかし、ドレスコードがなければないで、どんな服装がいいのか逆に分からないという方も多いでしょう。

クラブの服装に関しては、クラブがある場所の雰囲気も関係してきます。クラブに限らず、大人っぽい雰囲気の街ならば、それにふさわしいような服装や雰囲気の男女が集まることが多いでしょう。

そこで、クラブが多く集まると言われている六本木や渋谷について、一般的にどのような服装がおすすめなのかということについて紹介します。

六本木のクラブ

実際に行ったことがある方はご存知でしょうが、六本木は街自体の雰囲気も大人っぽく、集う男女の年齢層もやや高めです。クラブは比較的若い方が多いですが、六本木の場合は30代から40代といった大人も少なくありません。

これらの大人の方はこじゃれたおしゃれな服装でクラブに来る方が多く、クラブ自体の雰囲気もおしゃれなところが多いです。ですから六本木のクラブに行く時は、こちらの服装も大人っぽくおしゃれなものを心がけるのがおすすめです。

シャツにジャケットを羽織る、おしゃれなデザインのペンダントやイヤリングをつけるなど、大人感がある服装だとクラブの中でも浮いたりする心配が少ないです。

渋谷のクラブ

一方、渋谷などの場合はもともと若い方が多く集う場所であり、クラブに行く方もカジュアルな服装の方も多く見られます。20代などでヒップホップなどを楽しむ方も多いので、ラフな服装でクラブを利用する方も多いと言われます。

男女ともにチノパンやタンクトップのようなカジュアルな服装でも十分にクラブで楽しむことができますし、また仕事帰りのジャケットなどの服装で行っても問題なく利用することができます。気になるのであれば先ほど述べたように、メイクなどをすこし派手めにするのもおすすめです。

Thumb渋谷のクラブおすすめ13選!初心者や女性だけでも安心の人気店もあり!
夜遅くまで若者で賑わっているエネルギッシュな渋谷の街。そんな渋谷で今人気のクラブをご紹介しま...

差がつくオシャレ!女性のクラブでの服装

このように、一口にクラブの服装と言ってもそのクラブの立地場所や雰囲気、またイベントの有無などによっておすすめには違いがあります。クラブのドレスコードは基本的にありませんが、少しきれいめで動きやすいというのを頭に入れつつ選ぶと、あまり外さない服装で行くことができそうです。

そこで、次に男女別に、一般的なクラブに行くという場合におすすめのコーデについて、季節ごとに挙げていきましょう。まずは女性がクラブに行く場合におすすめしたい服装について、季節ごとにわけて紹介していきます。

春コーデ

クラブに春に行く場合、女性におすすめの服装のポイントは、明るめの色ということです。先ほども述べたように、クラブは全体的に照明が暗いことが多いため、黒などでははっきりわかりません。春はそれこそ春らしい明るい色合いのものが多いのでぜひ利用しましょう。

特にトップスとボトムスが一体となっているオールインワンは、それ一枚でコーデが完結できますし、アクセサリーなど工夫することでかわいい雰囲気にも大人っぽい雰囲気にもアレンジすることができます。加えて動きやすい点もおすすめポイントです。

また、春らしい明るい色合いのミニワンピなども、フレッシュな雰囲気が出るので春らしさが演出できます。ミニワンピなどの場合、ボディラインが出るようなタイプのものもあります。こういったタイプだとよりセクシーな雰囲気となります。

逆に大人っぽく決めたいなら、白のオフショルダーのブラウスなど使い、ちょっとセクシーさを出すのもいいでしょう。ボトムスを黒などのモノトーンにすれば、落ち着いた雰囲気にもなりますし、全体のコーデを引きしめる効果もあります。

おしゃれな雰囲気にしているなら、足元はヒール低めのパンプスなどを選ぶと、ドレッシーでありながら動きも比較的楽にできるため、クラブで踊りたいという場合にも十分に楽しむことができます。初心者の方でもおすすめのコーデとなるでしょう。

夏コーデ

夏は肌の露出が多くなる時期でもあり、女性の服装でも他の季節より露出高めのコーデが人気です。踊る人が多いこともあり、クラブ室内も温度が上がりやすいため、タンクトップやショートパンツなどもおすすめです。

肌を露出するのは少し抵抗があるという場合は、透け感がある生地のトップスなどもおすすめです。袖などを透かしてちらりと見える肌は夏らしい雰囲気がありながら上品さもあるため、男女ともに人気があるおすすめのコーデになります。

ただし、後で述べるようにあまりにも露出が高いと、クラブの服装としてはNGということもありますので、加減は考えましょう。上品に見えるバランスを考えることがクラブの夏の女性の服装ではポイントになります。

秋冬コーデ

秋冬の時期の女性の服装というと、落ち着いた色合いのものが多く見られるようになります。クラブそのものも夏などに比べると落ち着いた雰囲気になっていることが多いので、その点からも春夏よりも大人っぽい雰囲気でお酒などを楽しみたい方にもおすすめです。

どうしても気温が下がり気味ということもあって、ニットなどを上手に使うのもいいでしょう。パステルカラーやビビッドな色合いのニットならば、秋冬のクラブの服装としても着用しやすく、明るい雰囲気でクラブを楽しむことができます。

また、特に冬になると意外とクラブの中も寒いということがあり得ます。羽織りものやアウターなどを用意し、温度により調整できるようにするのもよいでしょう。フォーマルなワンピースにカジュアルなアウターを羽織るなどすることで、コーデの雰囲気を変えることもできます。

これがモテコーデ!男性のクラブでの服装

次にクラブの男性の服装でおすすめのコーデをいくつか紹介しましょう。男性の場合は女性に比べるとアイテムの種類も多くなく、また色合いもあまり種類がないイメージがありますが、シャツなどの色を工夫することで雰囲気をアレンジすることができます。

そこで男性がクラブに行く際は、その季節の服装に明るい色合いのアイテムなどを取り入れることで、ぐっとクラブの服装らしい雰囲気になります。そのあたりも含め紹介します。

春コーデ

女性の場合もそうですが、男性の場合でも春のクラブでの服装ではフレッシュさが出るものがおすすめです。爽やかな雰囲気とともにこなれ感がある服装がおすすめなので、そのあたりを頭に置いて選ぶとよいでしょう。

具体的にはシャツ、ポロシャツなどにチノパン、それにジャケットやパーカーなどを組み合わせるのが人気です。ジャケットをプラスするとフォーマルな雰囲気に、パーカーなどをプラスすると軽く着崩したカジュアルな雰囲気になるので、行くクラブの雰囲気に合わせて選ぶとよいでしょう。

夏コーデ

夏の時期は女性の肌の露出が増えてくることもあり、ついついアクセサリーなどギラギラ感を高めた服装を選びそうになります。しかし男性の場合、あまりアクセサリーなどをごてごてとつけると、クラブでは「遊んでいる」イメージから敬遠されるとも言われます。

ですから、夏の男性の服装では、まずは爽やかさを頭に置いて選ぶのがおすすめです。気温が高いのでTシャツなどを使うのもおすすめです。それにチノパンやハーフパンツなどを組み合わせ、軽めにアレンジすると動きやすく、また涼しくなります。

夏の場合は全体的に明るめな色合いのものを選ぶと爽やかさが感じられます。白やベージュなどを上手に使い、ラフな雰囲気のコーデにするとよいでしょう。

秋冬コーデ

秋冬の男性のクラブコーデは、春夏と逆に落ち着いた色合いのものを選ぶことが増えます。特にブラウンやグレー系の服装ならば、服装の組み合わせもしやすく、浮くことなく着用することができます。

気温も下がってくるので、シャツやパンツにジャケットやカーディガンなどをプラスしたり、中をニットにしたりすると温度調整もしやすく、動きやすく過ごすことができます。

ただし女性の場合と同様に、クラブの照明が抑えめということを考えると、服装全体が落ち着いた色だと目立ちにくくなってしまいます。ボトムスかトップスのいずれかに白など明るめな色を加えたり、シャツなどを明るくすると全体のバランスもよく、おしゃれなコーデになります。

クラブでNGな服装

このように、男女ともにクラブの服装といっても自分の手持ちのアイテムを基本として少し工夫を加えるだけで、十分におしゃれなコーデができますし、ドレスコードにも合った服装になります。初心者の方でもあまり抵抗なく着用できるのではないでしょうか。

では逆に、どこのクラブであってもこれは避けた方がいい、NGの服装というのはどのようなものがあるのでしょうか。実はクラブの服装で、これはNGというものもあります。そのあたりについて紹介します。

高級ブランド武装

初心者の方でクラブに行くという場合、高級ブランドの服装ならば間違いがなさそうと考える方もいるのではないでしょうか。ところが実は高級ブランドの服というのは、クラブの服装としてはおすすめできません。

ここまで述べてきたように、クラブというのはお酒が出ますし、音楽に合わせて踊って楽しむ場所でもあります。しかもそれほどスペースが広いわけではありません。そのため汗をかいたり、他の人とぶつかったりすることがあります。その際にお酒がかかって汚れてしまうということもあり得ます。

また、クラブの中にはきっちりと分煙されていないところもあります。そのような場所では、タバコの匂いが服についてしまったということもあるようです。高級ブランドで洗濯などが難しいものだと、このようなことがあるとテンションがさがってしまいます。

いつもよりおしゃれな服装であることは大切なポイントですが、その一方で汚れた時でも洗濯ができるなど、対応がしやすい服装であれば、そのような心配をしなくて済みます。特に初心者の方はそのあたりも考えて選びましょう。

露出度の高い服装

初心者の方の中には、クラブでは露出が高い服装の方がたくさんいるというイメージがある方もいるのではないでしょうか。そのため、あのような露出の高い服は持っていないし、着る勇気がわかないという方もいるようです。

しかし実はクラブではあまりにも露出が高い服装はNGです。クラブはあくまでも大人の楽しむ場所であり、品のない服装はおすすめではありません。特に胸元や腹部、さらにタトゥーなとが大きく露出している服装の場合、入店そのものを断られる場合もあります。

露出が高い服装の場合、動いているうちに服がずれたりするのも心配です。タンクトップなどで行く場合は、上に薄手のカーディガンなど一枚羽織って、肌が出ないようにすることをおすすめします。

またそれ以上に注意が必要なのは、露出が高い服装をしているとナンパ目的の人を呼び寄せてしまう可能性があるという点です。クラブにはそういった遊び目的の人もいる可能性があります。不要なナンパを避けたいなら、その点でも露出が高い服装はしないようにしましょう。

ヒールや厚底の靴

クラブの場合は足元にもNGがあります。それはヒールや厚底の靴です。クラブでは踊ったり動いたりすることが多いですし、長時間立ちっぱなしになる可能性もあります。そのような時に足が痛くなるような靴だと、クラブを楽しむことができません。

また、狭いスペースの中で動く際に、厚底の靴だと感覚がわかりにくく、近くの人の足を踏んでしまっても気づかないということがあります。初心者の方は特に、動きやすく、長時間履いてても疲れにくい靴を選ぶことをおすすめします。

ラフすぎる服装はNG

動きやすい服装ということで、初心者の方は少し気軽な服装で行くことができると安心できたかもしれません。ただし、あくまでもおしゃれさは必要です。ラフ過ぎない服装で行くことが必要です。

たとえばいくら夏で暑いからと言って、ビーチサンダルで行ってしまったり、スウェットのような普段着で行ってしまったりすると、クラブによっては入店できないこともあります。クラブに行く前に自分の服装をチェックすることをおすすめします。

また、貴重品は肌身離さず持ち、大きなバッグなどは避けるようにしましょう。クラブによってはロッカーなどあるところもありますが、ちょうどよく利用できないこともあります。余計なものを持たず、身軽に行くことをおすすめします。

流行の服装を取り入れながらクラブコーデを楽しもう

特に初心者の方にとっては、クラブというとちょっとハードルが高いという方もいるかもしれません。しかし、服装なども特別なものが必要ということは少なく、初心者の方でも気軽に楽しむことができます。ぜひ流行りのお気に入りのコーデを取り入れて、クラブ体験を楽しんでみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ