デキャンタの効果や有効なワインは?老舗ブランドなど人気商品も紹介!

ワインを飲むときに「デキャンタ」を使っているという方も多いのではないでしょうか。おしゃれにワインを楽しみたいときにデキャンタがあると便利ですが、このデキャンタとはどんな効果があるのでしょうか。そこで今回はデキャンタの効果やおすすめのブランドをご紹介します。

デキャンタの効果や有効なワインは?老舗ブランドなど人気商品も紹介!のイメージ

目次

  1. 1ワインを飲むときに耳にするデキャンタとは?
  2. 2デキャンタの効果
  3. 3デキャンタが有効なワインってあるの?
  4. 4デキャンタのおすすめの選び方
  5. 5おすすめのデキャンタブランド
  6. 6デキャンタを利用している人の口コミ
  7. 7味が変わるガラス容器・デキャンタをチェックしてみよう!

ワインを飲むときに耳にするデキャンタとは?

ワイン好きの方は必ずと言っていいほど、聞いたことがあるはずの言葉として「デキャンタ」があります。ですがそこまでワインに詳しくない方や、普段お酒をまったく飲まないという方は、デキャンタと言われてもどんなアイテムなのかわからない!という方も多いのではないでしょうか。そこで今回はデキャンタについてご紹介していきます。

デキャンタの効果についてはもちろんのこと、デキャンタを選ぶ際のコツであったり、おすすめのブランドであったりと、さまざまな情報をお届けしていくので、デキャンタでよりワインを美味しく味わいましょう。デキャンタはプレゼントにもおすすめです。

デキャンタの効果

ワイン好きの方はすでに持っているという方も、いらっしゃるかもしれませんが、デキャンタはそもそもどんな効果があるのでしょうか。中にはどんな効果があるのかわからずに使っているという方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今更人に聞けない!という方のためにも、ここではデキャンタの効果についてご紹介していきます。ワインの「香りをよくする」「味をまろやかにする」「澱を除く」という効果が期待できるということをご紹介します。今まで何も知らずに使っていた方や、まだデキャンタを持っていない方は、効果を知ったうえで使ってみてはいかがでしょうか。

香りをよくする

ワインといえば本来香りを楽しむお酒としても知られています。そのため最初に瓶にワインが注がれたときには、しっかり酸素もあるので香り豊かなワインを楽しむことができます。ですがそのまま長い間保管し続けていると、酸素がだんだん減っていき香り自体も化学反応を起こして、本来のワインのいい香りを感じられなくなっていきます。

たとえば還元臭といって硫黄のようなニオイや、ゆで卵の黄身のようなニオイが発生します。そのためワインそのもののいい香りを楽しむことができなくなり、果実の香りなども減少します。そこで使うのがデキャンタなのです。

一度デキャンタにワインを入れて、そこからワイングラスに注ぐことで、ワインが空気に触れ本来の香りを取り戻すことがあります。これは可能性があるということで、必ずすべてのワインの香りが復活するというわけではありません。

味をまろやかにする

デキャンタにワインを注ぐことで空気に触れることができるのですが、ワインが空気に触れるということで、酸化が進み味がまろやかになる効果を期待することができます。そのため抜栓後にワインから渋みを感じた場合、デキャンタにワインを注いでみましょう。

デキャンタにワインを注いですぐは、ポリフェノールや酸がたっぷり含まれている状態になるので、ワインのもつ本来のまろやかな味わいを楽しむことができます。人それぞれ好みが違うので一概には言えませんが、デキャンタに注ぐことで、まろやかで飲みやすいワインに変身させることができ、ワイン初心者の方でも飲みやすくなると評判です。

澱を除く

澱(オリ)が浮遊している赤ワインを見たことがある方も多いのではないでしょうか。この澱というのは赤ワインに発生するのですが、タンニンや酒石酸の結晶で、飲んでしまったからといって人体に影響があるというわけではないのですが、飲んだ時の舌触りなどが悪く、ワインの飲み心地を妨げてしまうため、本来は澱を除いてワインを飲むはずです。

デキャンタを使って澱を取り除きたいときには、まず数日ワインをボトルのまま立てておきます。そして澱をボトルの底に貯めておきます。そして澱が底に貯まってきたら、液体の上澄みをデキャンタに注ぐことで澱を取り除くことができるようになっています。

デキャンタが有効なワインってあるの?

デキャンタが有効なワイン、有効ではないワインについてご紹介していきます。先ほどデキャンタを使った際の効果についてお伝えしたのですが、実はワインであればすべてのワインに効果があるわけではなく、デキャンタが有効なワインと、有効ではないワインがあります。そこでここでは有効かどうかの違いについて詳しくご紹介していきます。

先ほどお伝えしたデキャンタの効果などを考えて、ワインによってデキャンタを使うか、使わないかを決めるのもおすすめです。またご自身のワインの好みに合わせて、デキャンタの購入を考えてみるというのもおすすめになっています。

渋みや熟成したワインに効果がある

デキャンタを使うのが有効だと言われているのは「渋みのあるワインや熟成したワイン」です。渋みのあるワインはデキャンタに一度注ぐことで、酸化させて味をまろやかにさせることができますし、長期間保管していた熟成されたワインも、デキャンタに注ぐことで香りを復活させることもできますし、味をまろやかにさせることなどもできます。

普段渋めのワインが苦手だという方は、購入したワインを一度デキャンタに注いで飲んでみてください。デキャンタの効果を感じることができますし、いつも以上にワインを美味しく味わうことができます。またさまざまな料理に合わせるときにもおすすめです。

一方で白ワインやスパークリングワインなどに効果はない

一方でデキャンタは白ワインやスパークリングワインには、効果を期待することができないと言われています。そのため普段から白ワインを好んで飲んでいる方や、スパークリングワインを好んで飲んでいる方は、デキャンタの購入はおすすめできません。ただし味をまろやかにしたい場合や、還元臭を減らしたい時には有効だと言われています。

またワインの中でも繊細な香りを楽しめるタイプがあります。繊細な香りを楽しむワインの場合も、デキャンタの使用を避ける必要があります。香りが繊細なタイプはデキャンタに注ぐことで、ワインの香りが飛んでしまうことがあるからです。

Thumb「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違いは?製法や味など徹底比較!
美味しい味わいのお酒ということで人気の、「シャンパンとスパークリングワイン」の違いについて詳...

デキャンタのおすすめの選び方

これからデキャンタを購入しようと考えている方のために、デキャンタの選ぶ際のコツについてご紹介していきます。初めて購入される方の場合、どんなデキャンタを買えばいいのかわからない!と悩んでいる方も多く、購入を躊躇されている方もいらっしゃいます。

さまざまなブランドがデキャンタを販売しているので、どんなデキャンタを選ぶべきなのか、自分にはどんなデキャンタが合っているのかなどを、事前に把握しておくことで安心して購入することができます。ここでは「洗いやすさ」「素材」「容量」という3つのポイントについてご紹介するので、購入する際には参考にされてみてください。

デキャンタの洗いやすさを考える

口に入れるものですので「洗いやすさ」を重視するというのは大切です。使った後はデキャンタを洗うのが一般的ですが、デキャンタの口が狭いとなかなか中の方まで洗うことができなかったり、底の方までしっかり洗うことができなかったりと、困る部分も出てきます。そのためデキャンタの形が洗いやすいかどうかを考えるのは大切なポイントです。

洗い残しがあるとデキャンタ自体が不衛生になってしまい、次にワインを注ぐときに困ってしまいます。またワインの色素などはその都度落としていないと、色素沈着しやすくなってしまうので、洗いやすいデキャンタを見つけるようにしておきましょう。

デキャンタの素材を確認する

ガラス容器が多いと言われているデキャンタの「素材」について確認しておくのもおすすめです。やはりデキャンタはガラス容器であることが多いのですが、ガラス容器の中でも「ソーダガラス」や「クリスタルガラス」や「耐熱ガラス」と、さまざまな種類があります。それぞれ特化しているポイントがあるので、お好みで選んでみましょう。

同じガラス容器でも耐熱ガラスの場合は、ホットワインを注ぐにもおすすめですし、クリスタルガラスは見た目がおしゃれで女性に人気が高いです。またソーダガラスは比較的安い値段で購入でき、耐久性もあると言われています。

ガラス容器の素材次第で、デキャンタの強みなども変わってくるので、デキャンタを選ぶ際には素材をチェックしておくのもおすすめです。なおガラス容器が人気ではありますが、ステンレスなどをできているデキャンタもあります。

デキャンタの容量を知っておく

普段どんなシーンでデキャンタを使う事が多いのかで、デキャンタの「容量」を考えるのも大切なポイントになります。デキャンタは200mlから400ml程度の小さめサイズから、750ml、1500mlとさまざまなサイズが登場しています。そのため普段一人で飲むことが多い方は、小さいサイズのデキャンタがおすすめです。

デキャンタの大きさで効果が変わることなどはないので、デキャンタを収納するスペースなども考えて容量を選ぶのがおすすめです。人気のサイズは750ml程度となっていて、一人で飲みたいときや、数人で飲みたいときに活躍してくれるおすすめのサイズです。

おすすめのデキャンタブランド

おすすめのデキャンタのブランドについてご紹介していきます。デキャンタを販売しているブランドも、たくさん登場していて、せっかくであれば有名なブランドのデキャンタを購入しておきたい!という方も多いものです。ここでは5つのブランドをご紹介していき、その中でも人気の高いデキャンタなども合わせてご紹介していきます。

「リビー」や「リーデル」など聞いたことのあるという方も多い、人気のブランドも登場しますし、お手頃価格でデキャンタを購入できるおすすめのブランドもご紹介します。ぜひみなさんも参考にして、人気ブランドのデキャンタを手に入れてみましょう。

リビー

シンプルなデザインのデキャンタが販売されている「リビー」は、420円程度で買えるデキャンタを販売しています。500mlの容量で500円以下ということで、通販サイトで気軽に購入できますし、デキャンタを試してみたい!という方にも人気のブランドです。

値段は安いのですがしっかり厚いガラス容器になっているので、耐久性なども期待することができます。シンプルなデザインはお部屋のインテリアの邪魔をすることもありませんし、さまざまなお料理と一緒に出しても違和感がありません。注ぎ口も広いタイプが多いですので、洗いやすさの観点からもおすすめのデキャンタとなっています。

リーデル

オーストラリア発のブランドとして人気の「リーデル」は、さまざまな種類のデキャンタが販売されています。ワイングラスの老舗ブランドとしても知られるリーデルは、シンプルで使いやすいデザインのデキャンタが多くとても人気になっています。

1040mlが4000円前後で売っていたり、一風変わった形のデキャンタが売っていたりもします。プレゼントとしても人気のブランドになっているので、ワイン好きの方へのプレゼントとして探してみてはいかがでしょうか。ガラス容器で作られたデキャンタですので、使い勝手もいいですし耐久性などもしっかりしている人気ブランドです。

ハリオ

目盛り付きで便利なデキャンタなども販売している「ハリオ」も、デキャンタを販売しているブランドとして人気になっています。耐熱ガラス製のデキャンタなどを取り扱っているので、ホットワインを楽しみたいときにも使うことができますし、電子レンジで温めることなどもできる便利なデキャンタが登場しています。

400ml程度のハーフボトルにぴったりのサイズのデキャンタもあるので、一人暮らしをしている方にも人気になっています。値段も620円程度で購入することができるので、リーズナブルでおしゃれなデキャンタを購入することができるブランドです。

バーディー

ステンレス素材のデキャンタもある「バーディー」は、愛知県に工場を構えるブランドで、国内産のデキャンタを購入することができます。国内産ということで安心して使うことができるという方も多いですし、デキャンタの内面に0.1ミクロン単位の凹凸加工しているので、凹凸にワインがあたることで、酸化がより活発に起こるようになっています。

独自の仕組みがしっかりしているブランドなので、使っていても安心することができますし、ワインだけではなくウイスキーや日本酒にも使うことができます。お酒好きの方にはたまらないデキャンタを購入できるブランドとして人気になっています。

ヴェルリィ・デ・ラ・マルヌ

フランス発のブランド「ヴェルリィ・デ・ラ・マルヌ」は、シャンパンの聖地でもあるシャンパーニュ地方のブランドです。若いワインにおすすめのデキャンタなどを販売しているので、ワイン本来の味わいを引き出したいときなどにおすすめになっています。

4000円前後で買えるデキャンタなどもたくさんあるので、ご自身用としてはもちろんですが、プレゼントとしてもおすすめになっています。シンプルなデザインは飽きることなく使うことができますし、ワインそのものの味わいを引き立てたいときにもおすすめです。ヴェルリィ・デ・ラ・マルヌのおしゃれなデキャンタで、ワインを楽しみましょう。

デキャンタを利用している人の口コミ

デキャンタを使用している方々の口コミ情報をご紹介します。やはりデキャンタを使うことで、ワインそのものの香りを復活させることができたり、まろやかな味わいにできたりと、さまざまなメリットがあるので、デキャンタを使うのはおすすめだという方が多いです。もちろん効果が期待できないワインもあります。

またボトルから直接ワインを注ぐのではなく、デキャンタに一度注いでおき、そこからワイングラスに注ぐことで、見た目もよりおしゃれになると人気です。ホームパーティーなどを開く際にもデキャンタがあると便利という方が口コミでも目立っています。

味が変わるガラス容器・デキャンタをチェックしてみよう!

デキャンタはワインの味を変えることができる、ガラス容器として知られています。もちろんガラス容器以外にも使われている素材はありますが、現状ガラス容器が一般的です。デキャンタを使うことで、ワインをより美味しく味わうことができるようになるので、ぜひみなさんもデキャンタを使って、より美味しいワインを味わってみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

新着一覧

最近公開されたまとめ