ワインのフルボディとは?専門用語の意味やおすすめの人気銘柄も紹介!

ワインは好きですか。ワイン好きの方には馴染みのある「フルボディ」という言葉ですが、アルコールやポリフェノール類で異なります。ワインのフルボディという専門用語の意味や料理に合うおすすめの人気銘柄、コスパの良いフルボディワインをご紹介します。

ワインのフルボディとは?専門用語の意味やおすすめの人気銘柄も紹介!のイメージ

目次

  1. 1よく耳にするワインのフルボディとは?
  2. 2ワインのフルボディの「ボディ」の意味とは?
  3. 3ワインの「ボディ」は、フルボディだけじゃない!
  4. 4フルボディのワインに使われる品種
  5. 5料理と相性の良いおすすめフルボディワイン
  6. 6フルボディワインを飲んだ人の口コミ
  7. 7人気のフルボディワインを購入してみよう!

よく耳にするワインのフルボディとは?

ワインを嗜むようになると、よく耳にするワインの「フルボディ」という言葉ですが、どんな意味があるのかご存知でしょうか。ワインのフルボディのボディは、アルコールやポリフェノール類で異なります。

ワインのフルボディは、ワイン好きの方々の中では、好きな方も多いワインです。ワインのフルボディでよく使われる葡萄の品種もあります。ワインのフルボディは、料理にもよく合う銘柄も多く人気となっています。

ワインのフルボディには、コスパの良いワインから熟成された年代物の人気銘柄もあります。ワインのフルボディというワイン用語の意味や料理におすすめな人気銘柄、コスパの良いフルボディワインをご紹介します。

ワインのフルボディの「ボディ」の意味とは?

ここでは、ワインのフルボディの「ボディ」の意味について解説をしていきましょう。ワインを嗜み始めると、どこかでワインのフルボディという言葉を聞くようになるはずです。このワインのフルボディの「ボディ」には意味があります。

このボディという言葉ですが、基本的には、赤ワインの味わいを示すもので、赤ワインを口に含んだ瞬間に、五感を通じて脳に伝わる印象のことです。このワインの印象の表現である「ボディ」は、様々な条件によっても感じ方は変わります。

なかなかイメージしにくいのが、このボディですが味に深みがあり、コクがあるのかなど、それらの度合いによって、3つの表現でワインの味わいを楽しめます。

アルコールやポリフェノール類で異なる

ワインのフルボディの「ボディ」ですが、アルコール度数やポリフェノール類で異なります。ワインでボディと表すのは、ワインを口に含んだときの感覚になります。その感覚で、色々なボディという表現があります。

アルコール度数は、この「ボディ」に影響を及ぼす要素のひとつですが、一般的にアルコール度数が高いとコクがあり、重いワインということで、フルボディであることが多いです。ただし、アルコール度数が低くてもコクのあるワインもあるので、その点には注意しましょう。

ポリフェノール類が豊富なワインというのもやはり重量感があり、濃厚であるため、フルボディであることが多いです。

白ワインやロゼワインにフルボディはない?

白ワインやロゼワインというのは、主に、「甘口」や「辛口」という表現されることが多いです。では、白ワインやロゼワインにフルボディはないのでしょうか。実は、白ワインやロゼワインの中にも、フルボディのワインがあります。

このように、ひとつの味わいだけで片付けられない点が、ワインの奥深さであり魅力である点です。すべては、飲む人の感覚によって味わいも変わり、その感覚を研ぎ澄ましていくことこそが、ワインの面白さでもあります。

ワインというのは、樽の中で発酵させる時間によって、コクがあり濃厚なフルボディのワインへと変化していきます。これは、赤ワインでも白、ロゼでも同じようなことが言えるということです。

ワインのフルボディの基準は?

では、ワインのフルボディの明確な基準はあるのでしょうか。上記のように、アルコール度数やポリフェノール類の量によって、フルボディなのかに多くの影響を与えますが、それが全てでないことを理解しておく必要があります。

ワインの味わいについては、決め込んで味わってはいけません。ワインを口に含んだときの直感を大切にすることが重要です。そのため、ワインのフルボディの明確な基準というのはありません。人それぞれが、自分の直感というものを磨いていく必要があります。

ベテランであればあるほど、この直感が研ぎ澄まされていきます。ワインの味わいというものは、ひとくくりのルールの中で決めることはできません。個人の直感を研ぎ澄ましていくことに重点をおきましょう。

ワインの「ボディ」は、フルボディだけじゃない!

主に、赤ワインで表現されることの多いフルボディですが、フルボディしかないのでしょうか。実は、赤ワインの表現の中には、フルボディ以外もあります。赤ワインというのは、3つの味わいの表現があります。

コクがあり濃厚なフルボディの他の表現として、「ミディアムボディ」と「ライトボディ」があります。自分の直感が研ぎ澄まされていくと、このフルボディとミディアムボディ、ライトボディの違いが明確にわかるようになるはずです。

それでは、フルボディ以外の「ミディアムボディ」と「ライトボディ」について、ひとつひとつ解説を加えておきましょう。この違いがわかることで、自分に対してのおすすめワインもより明確になっていきます。

ミディアムボディ

濃厚で重いフルボディよりも軽めと感じることのできるワインが、「ミディアムボディ」という表現であらわされます。一般的に、ミディアムボディのワインは、フルボディよりも軽めのため飲みやすいということで人気があります。

また、フルボディほど味わいが濃厚でないために、料理に合うワインが非常に多いのも特徴的です。料理の味を邪魔しないワインが多くおすすめです。その飲みやすさから、ミディアムボディというのは多くの人におすすめとされるワインでもあります。

ワインを初めて嗜むと言う方にも、飲みやすいということでおすすめできるワインになります。香りも味わいも前面に出すぎないちょうどよいワインが多く、人気銘柄にも多い傾向があります。

ライトボディ

ライトボディは、ボディを表す中では、もっとも軽めのワインであり、中にはコスパの良いワインも数多くあります。その年に収穫されたばかりの葡萄を使ったワインが、比較的このライトボディに該当することが多いと言えます。

コスパの良いワインにその傾向が現れやすいですが、高級ワインの中にも、このライトボディに該当するワインもあります。フルーティーで飲みやすいこともあり、女性に人気のワインが、このライトボディに該当する場合も多いです。

フルーティーなライトボディのワインは、ミディアムボディのワインと同様に、ワイン初心者にもおすすめなワインになります。また、アレンジをしやすいワインもこのライトボディのワインであると言えます。

フルボディのワインに使われる品種

こちらでは、フルボディのワインに使われる品種について解説をしましょう。フルボディのワインに使われる品種には、色々な葡萄が使われますが、代表的な葡萄の品種をご紹介します。

フルボディのワインに使われる代表的な品種から、「カベルネ・ソーヴィニヨン」と「メルロー」、「シラー」をご紹介します。

カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネ・ソーヴィニヨンは、赤ワインに使われる葡萄の一種で、世界的にももっとも多く栽培されている有名な葡萄です。房は縦長で大きいことが特徴的で、原産地はフランスですが、今では世界で作られている品種でもあります。

人気ワインであるボルドーのワインで使われることが多く、人気の品種のひとつであることは間違いありません。濃厚な味の葡萄ということもあり、フルボディのワインであることが多いのが、このカベルネ・ソーヴィニヨンの特徴でもあります。

濃厚なフルボディに影響を与えるポリフェノール類のひとつであるタンニンも多く含まれています。長期熟成にもしっかりと耐えることができるため、濃厚なフルボディのワインの品種として人気があります。

メルロー

メルローは、赤ワインの人気の品種のひとつで、フランスのボルドーが原産地となっています。カベルネ・ソーヴィニョンに比べるとポリフェノール類は低めで、飲みやすいワインであることが多くおすすめです。

このメルローという品種は、日本でも作りやすいということで、山梨県や長野県などでこのメルローを使ったワインも生産されていて人気があります。料理にも合いやすいワインの品種であることも多いのが、メルローの特徴のひとつでもあります。

口当たりもまろやかなワインが多く、ミディアムボディのワインで人気銘柄でもあります。メルローに合う料理は、ハンバーグなどの肉料理にも合うとされています。

シラー

シラーは、フランスコート・デュ・ローヌが原産である品種で、赤ワインでも多用される品種です。赤ワインの品種の中でもバランスが良いとされているワインで、人気のワインにも使われることが多いです。葡萄自体の色合いも濃い葡萄になります。

今では、世界中で作られている品種で、オーストラリアではシラーズという名称で作られています。タンニンが豊富ということで濃厚な味わいを楽しめるワインの品種でもあります。香りも強いので、フルボディのワインに使われることも多いです。

このシラーのワインに合う料理は、スパイシーな肉料理などにはぴったりと合うのでおすすめです。パンチの効いたワインが飲みたいという方は、このシラーが主原料のワインを探すのもいいかもしれません。

料理と相性の良いおすすめフルボディワイン

ここでは、料理と相性の良いおすすめフルボディワインをいくつかご紹介しましょう。フルボディのワインというのは、アルコール度数の高い熟成された濃厚なワインが多いとされていますが、中には、飲みやすくコスパの良いワインもあります。

料理と相性の良いおすすめフルボディワインから、「バンボーズ・ベイ ピノ・ノワール」や「ライクス ピノタージュ プライヴェート・セラー」、フランスのワイン当たり年とも言われる2017年の「ラルザン・ド・ラ・トゥール・ド・ベッサン」をご紹介します。

その他にも、コスパの良いアメリカワインの「ダークホース ビッグ レッドブレンド」や飲みやすいメルローのワイン「塩尻ワイナリー 塩尻メルロ」もご紹介します。

バンボーズ・ベイ ピノ・ノワール[2013] フライヤーズ・コーヴ・ヴィンヤーズ

バンボーズ・ベイ ピノ・ノワール フライヤーズ・コーヴ・ヴィンヤーズは、南アフリカ ・バンボーズ・ベイというところで生産されているワインです。近年、人気のある南アフリカのワインです。アルコール度数は13度です。

葡萄の品種は、ピノ・ノワールで濃厚でありながら飲みやすい人気の銘柄でもあります。人によって、ミディアムボディであったり、フルボディと言われたりするワインになります。オーク樽でおよそ1年ほど熟成されるワインです。

ライクス ピノタージュ プライヴェート・セラー [2011]

ライクス ピノタージュ プライヴェート・セラーは、南アフリカで作られている人気のワインで、ライクス プライヴェート・セラーのピノタージュと貴重な品種から作られているのでおすすめです。

アルコール度数は14度で、ジューシーな果実の味わいを堪能できるワインということで人気があります。牛タンシチューなどの濃厚な味の肉料理にもおすすめなワインのひとつです。

ラルザン・ド・ラ・トゥール・ド・ベッサン[2017]年

ラルザン・ド・ラ・トゥール・ド・ベッサンは、近年でフランスの当たり年とも言われる2017年のワインでおすすめです。アルコール度数は12.5度のフルボディワインで人気があります。ステンレスタンクでまずは70%熟成させてから、その後、フレンチオーク樽で熟成させます。熟成期間はおよそ1年です。

料金もリーズナブルで、コスパの良いフルボディワインとしておすすめです。飲みやすいフルボディをお探しの方にもぴったりなワインです。

ダークホース ビッグ レッドブレンド

ダークホース ビッグ レッドブレンドは、アメリカで作られているワインで、リーズナブルでコスパの良い美味しいワインということで人気があります。ここ最近、人気のある銘柄で、ワイン業界のダークホース的なワインとも言われています。世界から最高品種の葡萄を集めて、美味しいワインにこだわっています。

ダークホース ビッグ レッドブレンドは、美味しくてコスパが良いということで、大手通販サイトでもすぐに売り切れになるほどの人気です。

塩尻ワイナリー 塩尻メルロ

塩尻ワイナリー 塩尻メルロは、フルボディですが飲みやすいとされるメルローのワインで、バランスの良いワインということで、料理にも合わせやすいです。

フルーティーな香りに特徴のあるワインで人気があります。日本の赤ワインを代表するそんなワインでおすすめです。

フルボディワインを飲んだ人の口コミ

最後に、フルボディワインを飲んだ人の口コミをご紹介しましょう。フルボディワインは、一般的な口コミでは、濃厚で重いということが言われています。ただし、これも初めてワインを飲んだ人からの口コミのことが多く、ワインに飲み慣れた人は、このフルボディのワインが人気であることも多いです。

フルボディワインのワインは、アルコール度数が高めのことも多いですが、葡萄の濃厚な味わいを楽しめると口コミでも評判の良いワインであることも多いです。

ワイン初心者の方の口コミを見てみると、フルボディからではなく、飲みやすいミディアムボディやライトボディのワインからおすすめするコメントが多いです。

人気のフルボディワインを購入してみよう!

人気のフルボディワインについて、専門用語の意味やコスパの良いおすすめ銘柄などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

フルボディワインは、熟成された濃厚な高級ワインだけでなく、コスパの良い飲みやすいフルボディワインもああります。味わい深いフルボディワインを楽しんでみませんか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ