100均のラミネートフィルムは種類も豊富でおすすめ!便利な手貼りもあり!

100均のラミネートフィルムが使いやすく便利と大人気!機械を使わないで手貼りで簡単にラミネートできる種類などが販売されていて、サイズも揃っています。100均でおすすめのラミネートフィルムや使い方について紹介していくので参考にしてください。

100均のラミネートフィルムは種類も豊富でおすすめ!便利な手貼りもあり!のイメージ

目次

  1. 1100均のラミネートフィルムでラミネート機いらず
  2. 2100均ラミネートフィルムの使い方はとっても簡単!
  3. 3100均ラミネートフィルムのおすすめの活用方法
  4. 4100均のおすすめラミネートフィルムをご紹介
  5. 5100均のおすすめラミネートフィルム(1)ダイソー
  6. 6100均のおすすめラミネートフィルム(2)セリア
  7. 7100均ラミネートフィルムを使ってラミネートしよう

100均のラミネートフィルムでラミネート機いらず

ラミネートと言えば機会を使って行うことが多いのですが、100均で購入することができるラミネートフィルムは手貼りタイプなどがあり手軽に誰でもラミネートができます。サイズの種類も豊富に揃っているので、便利なアイテムとして人気を集めてます。

そこで、今回は100均で購入できるおすすめのラミネートフィルムを紹介!100均の店舗別に販売しているラミネートフィルムについて紹介していきます。

初めて利用する方でもわかるように、100均のラミネートフィルムの使い方についても触れていきます。また、おすすめの活用方法についても触れていくので、100均を利用する機会がある方は人気のラミネートフィルムをチェックして利用してみましょう。

100均ラミネートフィルムの使い方はとっても簡単!

今回紹介する100均のラミネートフィルムですが、特別使い方が難しい訳ではありません。ラミネート機を使用しないで簡単にラミネートできるのが魅力です。サイズによって大きさの違いはありますが、基本的な使い方は同じになります。

そこで、まずは100均のラミネートフィルムの使い方について解説していきます。手貼りタイプの使い方になっているので、覚えてしまうと活用することもできます。使い方を覚えて、色々なものをラミネート加工してみてください。

ラミネートしたい物をシートに挟んで手貼りするだけ

100均のラミネートフィルムの使い方はとてもシンプルです。ラミネートフィルムはシートの間にラミネートしたいものを挟むだけです。

手貼りでラミネートできる種類は、シート部分がシールのようになっているタイプやアイロンで熱を加えて止めるタイプがあります。比較的簡単にすぐに行えるのがシート部分がシール状になっている手貼りのラミネートフィルムになります。

シール状になっているシートでラミネートする場合には、手貼りする時に空気が入らないように注意する必要があります。スマホに貼る保護フィルムのようにシートに空気が入らないようにして貼り付けていくので、慣れていないと失敗してしまう場合があります。

空気が入らないようにするコツは、定規などを使用することです。シートの端から空気を逃すように貼り付けていくのがポイントです。

またラミネートしたい物を一変にシートに乗せるのも空気が入ってしまう原因になります。シートの端からゆっくりと乗せていくのがポイントです。シートの乗せる時に空気が入りそうになった場合にはタオルなどで押し出すようにするのも効果的です。

使い方自体はシンプルで簡単になるのですが、きれいな状態でラミネートをするにはコツが必要になります。どうしてもシート内に空気が入ってしまう場合は、針などで穴を開けてシートを貼り付けていくのもおすすめの貼り付け方になります。

100均ラミネートフィルムのおすすめの活用方法

100均のラミネートフィルムには、色々な使い方があります。日常生活の中で目にする機会が多いのが、飲食店のラミネートされたメニューではないでしょうか。ラミネートすることによって汚れてしまうのを防ぐことができるのがポイントになります。

ここでは、100均のラミネートフィルムのおすすめのラミネートフィルムの使い方について触れていきます。ラミネートフィルムが余ってしまった場合などには、みんなが利用しているアイディアを活用してラミネート加工してみるのがおすすめになります。

オリジナルラベル

最初に紹介するおすすめの使い方は、オリジナルラベルの作成です。引き出しや瓶など、中に何が入っているのか分かりやすくするためのラベルの作成にラミネートは便利です。

特にキッチン周りなどの水場で使用するものに貼り付ける場合には、濡れてボロボロになってしまうのを避けることができるのがポイント。字体なども好みにすることができるので、オリジナル感を出して作成することができるでしょう。

作ったオリジナルラベルは、両面テープを利用して貼り付けていくだけなので簡単に作成することができます。イラストなどもプラスしてラベル作りを楽しむこともできるので、子供と一緒にラベル作成をしてみるのもおすすめの楽しみ方の一つになります。

フィルムが剥がれてしまう場合には、マスキングテープなどで補強するとラベルもかわいらしくアレンジすることが可能です。ちょっとした瓶でもラベルを貼るだけで、おしゃれなインテリアアイテムに変えることもできるのでおすすめになります。

綺麗な文字でラベルを作りたい方は、パソコンなどで書いて印刷して作るのも一つです。世界に一つのオリジナルラベルを作ることができるので、100均のラミネートフィルムの使い道に困ってしまった場合には作ってみてはいかがでしょうか。

ドアプレート

続いて紹介する100均のラミネートフィルムのおすすめの使い方は、ドアプレートです。子供部屋など名前をラミネート加工してぶら下げておくだけでもおしゃれになります。

文字などは先述したオリジナルラベルのようにパソコンなどで書いたのを印刷しても良いですし、手書きで作成して作るのもおすすめ。後は文字をラミネートしていくだけですが、大きめのラミネートフィルムを利用して作るのがポイントです。

後はラミネートフィルムの上部にある余白部分に、パンチなどを使って穴を開けるだけです。そこに紐を通してドアにぶら下げる形にしても良いですし、吸盤をつけてドアなどにつける形にしても活用できるのでおすすめになります。

子どもの知育グッズ

最後に紹介するのは子供の知育グッズの作成に、100均のラミネートフィルムを使用する方法です。小さい子供の遊び道具にもなるのがポイントです。

イラストなどを書いた紙をラミネートしていくだけで、知育グッズにすることができます。ポイントは1つの絵柄を2つ作ることです。親権衰弱をするように遊びながら楽しむことができるので、手作りのおもちゃを作りたい方にもおすすめです。

ラミネート加工した後は、子供が怪我をしてしまわないように周囲を巻き寝具テープなどを貼り付けておくと安心です。色々な種類を作ることで一緒に楽しみながら覚えさせることもできるので、小さい子供向けに作ってみてはいかがでしょうか。

100均のおすすめラミネートフィルムをご紹介

ここまで100均のラミネートフィルムの使い方などを紹介してきましたが、ここからは100均でおすすめのラミネートフィルムの商品について紹介します。

100均と言えばダイソー・セリア・キャンドゥがありますが、セリアとキャンドゥで購入できるラミネートフィルムは名称の違いなどはありますがサイズや種類がほぼ同じなので、今回当記事ではダイソー・セリアでおすすめの商品を紹介していきます。

各店舗のラミネートフィルムのサイズなども紹介していくので、何をラミネートしたいかによって選択がしやすいでしょう。ただ、ラミネートフィルムは人気商品になるので店舗によっては売り切れになっている場合もあるので注意してください。

100均のおすすめラミネートフィルム(1)ダイソー

最初に紹介していくのは、ダイソーで購入できるラミネートフィルムです。100均の最大手となるダイソーには、色々な種類のラミネートフィルムが販売されています。サイズの違う種類が展開しているので、活用して利用しやすいのもポイントです。

ダイソーでおすすめのラミネートフィルムは4種類紹介していきます。それぞれの詳しいサイズなどについても触れていくので、購入時には参考にしてください。では、ダイソーで購入することができるラミネートフィルムの種類を見ていきましょう。

手貼りラミネートフィルム A4

最初に紹介するダイソーのラミネートフィルムは、A4サイズです。メニュー表などのラミネートで使用されるサイズになっています。

大きいサイズになっているので、ノートや雑誌などをラミネートする時にも便利。必要なサイズにカットして使用したい場合にも使いやすい種類と言えるでしょう。ダイソーのA4サイズのラミネートフィルムは3枚セットで販売されています。

A4サイズの細かなサイズになりますが、縦が29.8センチ・横が21.1センチになっています。余白部分を作っておくとパンチで穴を開けて紐を通して利用することも可能です。ノートなどの場合には数枚重ねて紐に通して利用する方も多いようです。

手貼りラミネートフィルム B6

続いて紹介するラミネートフィルムは、B6サイズになります。B6サイズは卓上カレンダーや手帳で使用されることが多いサイズになります。

大きすぎないちょうど良いサイズになっているので、ダイソーのラミネートフィルムの中でも一番人気がある種類になります。ポストカードや写真などもラミネートすることができ、余った部分はカットすることができるので使いやすいのでおすすめです。

ダイソーのB6サイズのラミネートフィルムは、縦18.2センチ・横12.8センチになります。1袋に8枚セットになっているのもポイント。家庭内でも使用しやすいラミネートフィルムになっているので、ダイソーにアクセスした時にはチェックして見てください。

手貼りラミネートフィルム A5

続いては、ラミネートフィルムのA5サイズになります。ポストカードの場合には2枚並べてラミネートすることができるサイズになっています。使い方はこれまで紹介してきたラミネートフィルムと一緒で、カットして活用することも可能になります。

ダイソーのA5サイズのラミネートフィルムのサイズは、縦21.1センチ・横14.8センチです。6枚セットで販売されているので、大切なものの保管に役立てることができるでしょう。メモなどの保管にも利用することができるのでおすすめのサイズになります。

手貼りラミネートフィルム 名刺サイズ

最後に紹介するダイソーのラミネートフィルムは、名刺サイズになります。名称からもわかるように名刺の保管に便利なラミネートフィルムになります。

名刺サイズのラミネートフィルムは、名刺だけではなく診察券などをラミネートしておくにも便利な商品になります。汚れてしまうのを防ぐことができるので、子供の診察券などに活用している方も多く人気がある商品の一つになります。

ダイソーの名刺サイズのラミネートフィルムは、縦10.4センチ・横7センチになっています。10枚セットになっているので、細かいサイズでラミネート加工したい方にはおすすめ。もちろん、これまでの商品と同様にカットして利用することが可能です。

100均のおすすめラミネートフィルム(2)セリア

ここからは、セリアで購入できるラミネートフィルムを3種類紹介していきます。セリアのラミネートフィルムもサイズの種類が揃っているのがポイント。ダイソーと同じタイプのラミネートフィルムでも、サイズの違いがあるのがポイントになります。

先述して触れたようにキャンドゥで購入できるラミネートフィルムは、セリアの商品とほぼ同じになります。多少のサイズの違いなどはありますが、似ている商品になっているのでセリアの商品を参考にしてください。

ラミネート機がいらないセルフラミネート A4

最初に紹介するのは、セリアのA4サイズのラミネートフィルムです。サイズは縦30.7センチ・横22センチになっています。ダイソーのA4サイズと同じように、メニュー表やノートなどをラミネートする場合には使いやすい大きさになっています。

セリアのA4サイズのラミネートフィルムは、1枚の個別販売になっています。大きさはカットして利用することもできるので、細かいサイズの物をまとめてラミネートしたい時にもおすすめです。使い方はイラスト付きになっているのでわかりやすくなっています。

ラミネート機がいらないセルフラミネート 写真L判

続いて紹介するのは、セリアの写真L判サイズのラミネートフィルムです。写真サイズになっているので、余白部分をカットしないで利用できるのがポイント。大切な写真などを保管しておきたい場合などには、使いやすいのでおすすめになります。

写真L伴のラミネートフィルムは、縦13.8センチ・横9.6センチになります。3枚セットになっているので、アルバムとは違う形で保存する場合には購入してみてください。もちろん写真だけではなく、小さいものをラミネートしてカットして利用するのもおすすめ。

ラミネート機がいらないセルフラミネート カードサイズ

最後に紹介するのは、セリアのカードサイズのラミネートフィルムです。セリアのカードサイズは、縦9.8センチ・横6.5センチになっていて 5枚セットで販売しています。カードサイズになっているので、名刺などをラミネートするには最適なサイズです。

他にも診察券や会員証などのラミネートにも利用できるのがポイント。しっかりと厚みもあるラミネートフィルムになっているので、頑丈さがあるのも魅力になります。

Thumbセリアのラミネートが大人気!機械いらずのフィルムは簡単でおすすめ!
紙類をきれいに長期保存したい方に、ラミネート加工は人気なのですが、それを自分でできる商品がセ...

100均ラミネートフィルムを使ってラミネートしよう

100均のラミネートフィルムは、ラミネート機がなくても簡単にラミネートできるのが魅力。手貼りは難しさを感じてしまいますが、コツを掴めば綺麗にラミネートできます。また、サイズの種類が豊富に揃っているのも100均の魅力になります。

大切に保管しておきたいものなどを綺麗な状態で置いておくことができるので、100均にアクセスした時には人気のラミネートフィルムをチェックしてみてください。店舗によって違いがあるので、ちょうど良いサイズで選ぶのがおすすめになります。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ