SOTOのクッカーは機能性抜群と口コミで高評価!おすすめのモデルは?

キャンプをする方の必需品の一つであるクッカーですが、SOTOの物が使いやすいと評判になっています。SOTOのクッカーにはどのようなおすすめポイントがあるのでしょうか。選び方のポイントや人気のセットの内容などについて、口コミなども参考に紹介します。

SOTOのクッカーは機能性抜群と口コミで高評価!おすすめのモデルは?のイメージ

目次

  1. 1キャンプで人気のSOTOのクッカーとは?
  2. 2クッカーの選び方
  3. 3SOTOのクッカーのおすすめポイント
  4. 4SOTOのおすすめクッカー
  5. 5SOTOのクッカーの口コミ
  6. 6SOTOのクッカーの購入方法
  7. 7キャンプでの料理におすすめのSOTOのクッカーをチェックしてみよう!

キャンプで人気のSOTOのクッカーとは?

キャンプや登山などのアウトドアで炊飯などの作業をするためには、クッカーがおすすめです。中でもSOTOのクッカーは調理がしやすいと評判が高く、キャンプを楽しむ方から絶大な人気を得ています。SOTOのクッカーのおすすめポイントや選び方、人気の商品などについて紹介します。

クッカーの選び方

キャンプ初心者の方にとっては、クッカーが必要と聞いていても、どのようなクッカーがいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこでまずはクッカーを購入する際の選び方のポイントについて紹介しましょう。

そもそもクッカーというのはその名前の通り、キャンプなどのアウトドアで炊飯などの食事作りに使う道具です。そのため自分に合ったものを選べるかどうかで使い勝手が大きく違います。そのあたりも含めてチェックすることをおすすめします。

サイズ

キャンプに行くという場合、どのくらいの人数で行くのかによって用意する食事の量は違ってきます。ですから、ファミリーでキャンプに行く方とソロキャンプに行く方とでは、クッカーのサイズもおのずから違いが出てきます。

ファミリーでキャンプなどを楽しむことが多いという方ならば、鍋やフライパンなど複数のクッカーがセットになったタイプを選ぶのがおすすめです。多くの場合、重ねて収納することができるため、荷物として持ち歩く場合も邪魔になりにくいのがいいところです。

また、複数のクッカーがあれば、一つは炊飯に、別のフライパンは料理にと使い分けることもできます。複数の料理が一度にできれば効率もよいですし、その点でもおすすめと言えるのではないでしょうか。

一方、ソロキャンプや登山などを多くするという方ならば、そもそもクッカーの大きさも小ぶりのもので間に合いますし、軽量なもののほうが持ち歩くのに便利というメリットがあります。また、いくつもクッカーを持ち歩くことはしないため、いろいろな料理に使える形状がおすすめです。

ですから、可能ならば実際のクッカーを目で見て、そのサイズ感や重さなどをチェックするのがおすすめです。人気のクッカーはキャンプ用品を扱う店でいろいろありますから、初めてならそのあたりで見るとよいでしょう。

形状

クッカーを選ぶ際に次にチェックしたいのが形状です。一口にクッカーと言っても、深型のタイプや浅型のタイプなどがあります。浅型のタイプはフライパンのように、深型のタイプは鍋のようにして使うのが基本です。

浅型のタイプはバーナーの炎のあたる面積が広く、熱伝導率が高いので、いろいろな料理を効率的に作ることができます。また、浅い分手入れがしやすいのも人気があるポイントです。

一方深型のタイプは炊飯やラーメンなどの汁ものを作るのに便利であり、また荷物として持ち歩く際には中にカップなどを入れられるため携帯性が高いのもいいところです。一方、熱伝導率は深くなると下がりますので、熱伝導率がよい材質を選ぶなどの工夫も必要です。

携帯性

ソロでもファミリーでも、キャンプをする場合はどうしてもたくさんの道具が必要になります。そこでクッカーの場合も選び方のポイントとして携帯性は重要な選択肢の一つとなります。

先ほど触れましたが、複数のクッカーがセットになったタイプは、基本的にはそれをひとまとめに収納して持ち歩くようにできています。そのためコンパクトに収納できる点が人気となっています。いろいろ揃えなくていい点も初心者向きかもしれません。

自分の好みのクッカーを単品で揃えるという場合は、それらをスタッキングできるのかという点にも目を配りましょう。SOTOなど同じメーカーの中で選ぶ場合はいいですが、メーカーが違う場合はサイズなどしっかり測ることをおすすめします。

SOTOのクッカーのおすすめポイント

さて、ソロキャンプ、ファミリーキャンプを問わずキャンプには必要な道具であるクッカーですが、それだけにさまざまなメーカーから販売されています。その中でも人気があるメーカーが「SOTO」です。

SOTOというのは日本の工業用バーナーや燻製器具などを販売しているメーカーのアウトドアブランドです。日本製ということからもわかるようにどの商品も品質がよく、使いやすいということで人気が高いのです。

そこで次にSOTOから出ているクッカーについて、そのおすすめしたいポイントについて紹介します。どのような点が魅力的なのか、まずはそのあたりからチェックしていきましょう。

高い機能性

今述べたように、SOTOは日本のブランドですが、一番のおすすめポイントはやはり機能性の高さです。特にバーナーなどに関しては世界的にも評価が高く、ドイツのアウトドア誌でも賞を受けるなどしています。

SOTOのクッカーも同様に機能性が高く、特にクッカーとバーナーがセットになっているタイプはソロキャンプからファミリーキャンプまで幅広く使えると評判になっています。バーナーに着火ボタンがついており、火力が十分なため、初心者でも簡単に火がつけられるなど、さすがバーナーの専門メーカーといったところです。

さらにサイズがコンパクトで、専用ケースがついているため、道具全部をコンパクトにスタッキングして専用ケースで持ち歩くことができます。携帯性という面でもとても使いやすいです。

また、値段がリーズナブルという点も見逃せません。特にキャンプを始めたいという場合、何かと最初は物入りなものです。クッカーのような必須の品はぜひ用意したいところですが、その場合にリーズナブルにセットで揃えられる点はいいところです。

このようにSOTOのクッカーは機能性、携帯性の面で優れているうえに値段も手頃ということで、特に初心者の方におすすめのクッカーということになるわけです。

ソロでもファミリーでも使える

先ほども述べたようにクッカーを購入する際のポイントの一つは、ソロキャンプ用かファミリーキャンプ用かという点です。ソロとファミリーではそもそもの人数が違いますから、同じ炊飯や料理をするにしても必要とする容量に大きな違いが出てきます。

SOTOのクッカーにはさまざまな組み合わせのものが揃っています。ファミリーで使いたい方におすすめの、大きめな鍋が入ったタイプのものや、ソロキャンプ用に必要最小限のクッカーだけが必要という方用のものもあります。

ファミリーの時用におおきめな鍋が入ったセットを用意して、ソロの時には必要なものだけを選んで持っていくということもできますし、さまざまなカスタマイズも可能です。鍋のサイズなども含めてチェックするとより効率的に使うことができそうです。

Thumbキャンプの炊飯方法を徹底解説!クッカーや鍋など必要な器具や水の量は?
ここ最近のキャンプブームで、アウトドアブランドも様々な調理器具を販売しています。そんな調理器...

SOTOのおすすめクッカー

では次に、SOTOのクッカーの中で特に人気の高い、おすすめの商品について具体的にそのポイントを紹介していきましょう。ここまで述べてきたようにSOTOのクッカーにはさまざまな種類のものがあり、ソロキャンプやファミリーキャンプなど、さまざまなタイプのキャンプに対応できるようになっています。

そこでそれぞれのクッカーについて、どのようなセットになっているのか、またどのようなタイプのキャンプをする方におすすめなのかという点を含めて紹介していきましょう。

アルミクッカーセットM

SOTOのクッカーの中でも特に人気が高いのが「アルミクッカーセットM」です。このクッカーセットは容量500ミリリットルのものと1000ミリリットルの二種類の大きさのクッカーがセットになっています。

アルミ素材でできており、軽量にできているのもいいところであり、同じくSOTOのシングルバーナーである「アミカス」とボンベがぴったりと収まるようになっています。ですから、もともとバーナーなどを持っている方でクッカーだけ最低限揃えたいという方に特に人気のタイプです。

クッカーそのものも使い勝手のよいサイズなので、炊飯や料理などさまざまな使い方ができます。2つがセットなので、ソロキャンプの方でもご飯とおかずの両方を調理することができるのです。

アミカス クッカーコンボ

キャンプ用品を始めて揃えたいという場合ならば、「アミカス クッカーコンボ」がおすすめです。こちらのセットは先ほどの「アルミクッカーセット」にシングルバーナーの「アミカス」もセットになっています。バラバラに購入するより1000円ほど安くなるので、その点でもおすすめです。

アミカスも手のひらサイズでありながら耐風性、耐衝撃性に優れており、4本の「ごとく」でしっかりとクッカーを支えるので初心者でも使いやすいと評判です。

別売りですが、ガスのカートリッジがあり、アミカス、カートリッジなどすべてクッカーの中に入れて収納できるようになっているので、コンパクトに持ち運びをすることもできます。これ一つで炊飯や料理などすべてできるので、ぜひおすすめします。

ミニマルクッカー角

SOTOのクッカーには「ミニマルクッカー角」という、角型のタイプの物もあります。容量は1000ミリリットルで正方形の形になっているのが特徴的です。正方形なので、市販の袋入りラーメンがぴったり入ります。

さらに中にはレギュレーターストーブやシングルバーナーなどがぴったり収まりますし、ミニマルワークトップを使う方なら、そちらにもしっかりとスタッキングできるようになっています。

また、一般的なクッカーに比べて2倍の厚さがあるため耐久性に優れ、熱伝導率が高く、その結果として炊飯に向いている点も見逃せません。美味しく炊飯ができるということからソロキャンプの方はもちろん、ファミリーでもぜひチェックしたい一品となっています。

ThumbSOTOのレギュレーターストーブは不朽の名品!機能性や人気の理由を徹底解剖!
SOTOのレギュレーターストーブは携帯用の便利なバーナーで、ソロキャンプや登山などアウトドア...

SOTOのクッカーの口コミ

それではこれらのSOTOのクッカーを実際に使った方はどのような感想を持っているのでしょうか。口コミなどからそのあたりをチェックしてみましょう。

まず、SOTOのクッカーについては、やはり機能性の面で優れていると評価する方が多く見られました。特に必要な道具をスタッキングできる構造になっている点が、キャンプに持ち運ぶことを考えた時に効率的と評価が高いです。

また、炊飯や料理などの際の使い勝手についてですが、クッカーのサイズが使いやすいだけでなく、その調理に使うバーナーのセットも使いやすくできていることから、料理がしやすいという口コミが多く見られました。

バーナーの火が安定しているうえ、SOTOのクッカーそのものの熱伝導率がいいこともあって、炊飯をしたり、さまざまな料理を作ったりするのも作りやすい点が人気であり、評価が高いポイントでもあります。

クッカーはキャンプで料理をするためには必須の道具ですから、ぜひ使いやすいものを選びたいものです。その点でSOTOのクッカーは口コミからも安心して選ぶことができる商品と言っていいでしょう。

SOTOのクッカーの購入方法

最後に、SOTOのクッカーの購入方法について紹介します。ここまで述べてきたように、SOTOのクッカーはキャンプを楽しむ方にはとても人気がある商品であり、炊飯や料理などをするのには必須ということで、ニーズもとても高いです。

そのため、SOTOのクッカーそのものはいろいろなところで手に入れることができると推測されます。そこで購入できる場所について、一通り紹介していきましょう。

アウトドアショップ

近くにキャンプ用品などを扱うアウトドアショップがあるという方は、まずそちらで実物の商品をチェックしてみてはいかがでしょうか。クッカーは実際に炊飯や料理をするのに使うこともあり、実際のサイズ感などを見ることができたほうがよりイメージがわきやすいです。

SOTOのアウトドア用品は人気の商品が多いため、アウトドア用品を扱うショップでは多く取り扱っています。大きなショップでは種類も多く扱っているので、サイズなどを実際に見て、必要とするセットを購入してはいかがでしょうか。

オンライン

残念ながら近くにはアウトドア用品を販売しているショップがないという方は、オンラインでの購入がおすすめです。SOTOのクッカーはAmazonなどのショッピングモールのほか、メーカーの通信販売を利用して購入することもできます。

特にSOTOのメーカー公式サイトにはそれぞれの商品の特徴なども書かれているので、それらを参考にすることもできます。よくチェックして、使いやすいセットを選んでみてください。

キャンプでの料理におすすめのSOTOのクッカーをチェックしてみよう!

SOTOのクッカーは、機能性も高く、それでいて値段も手頃ということで、特に人気が高い商品となっています。キャンプで美味しいご飯を食べたい、いろいろ料理したいという方にはクッカーは必須アイテムです。ぜひSOTOのクッカーの中から使いやすい商品を見つけてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ