ワインの正しい保存方法を徹底解説!適正温度や保管場所・おすすめグッズは?

お家でも美味しくワインを味わいために是非とも知っておきたい、ワインのおすすめの「保存方法」について詳しくご紹介していきます。家でのワインの保存におすすめの温度や、ワインの保存方法に適している場所の情報から、ワインの保存に使える人気グッズまでまとめています。

ワインの正しい保存方法を徹底解説!適正温度や保管場所・おすすめグッズは?のイメージ

目次

  1. 1ワインの保存方法を徹底解説!
  2. 2ワインの正しい保存方法とは?
  3. 3ワインの保存方法の基礎知識
  4. 4未開封ワインの保存方法
  5. 5開封済みワインの保存方法
  6. 6ワインの保存方法で気になるポイント
  7. 7ワインのおすすめ保存グッズ
  8. 8ワインの保存方法をチェックしておこう!

ワインの保存方法を徹底解説!

お酒は美味しいご飯・お料理メニューとセットで楽しむために欠かせない飲み物として愛され続けていますが、そんなお酒の種類の中でも保存方法に気をつけなければいけないということで知られているのが、ワインです。お家で人気のワインを最高の状態で味わうために知っておきたい、ワインのおすすめの保存方法を徹底特集していきます。

Thumbワインの美味しい飲み方を徹底調査!適正温度やおすすめの割り方は?
ワインというといろいろな種類があり、飲み方など難しそうと感じる方が少なくありません。そこで初...

ワインの正しい保存方法とは?

ワインを良い状態で保管しておくための正しい保存方法とは、一体どういった方法なのでしょうか。ワインをこれからもっと極めていきたいと思っている人や、家でワインを飲む機会が多いなんていう人は、正しい保存方法をチェックしてみてください。

ワインは日本でも世界でも、一般的に飲まれている非常に人気で身近なお酒です。そんなワインではありますが、実は正しい保存方法をよく知らないなんていう人は意外と多いようです。ワインは温度や湿度など、正しい保存にはいろんな要素が必要です。

レストランやバルなどのお店でワインを味わうのであれば、基本的にはお店側でしっかりとワインの保存・管理をしている店舗も多いので美味しく味わえますが、家でワインを良い状態で飲むには、ご自身でワインの保存環境の管理するのが必須です。

美味しくワインを飲むのに必要な知識

家でワインを味わう際には、ワインの保存方法なんてある程度適当で良いなんて思っていらっしゃる人も多いかもしれませんが、ワインの正しい保存方法を少し知っておいて気をつけるだけでも、家でのワインの劣化の速度や味わいは大きく違ってきます。

ビールやウイスキーなど、数ある世界のお酒の中でもワインは保存環境の温度や気候によって味わいや香りが大きく左右されてしまう、とても繊細なお酒です。人気の高い高価なワインはもちろんですし、低価格なワインも保存には気をつけてみてください。

せっかく購入した高級ワインも、家での保存方法を間違えてしまうと、すぐに味が落ちてしまってせっかくの価値が台無しになってしまいます。逆にお手頃価格のワインであっても、温度管理や保存方法を徹底すれば、ある程度の期間はおいしく味わえます。

ワイン好きなら知っておいて損はない情報

ワインの正しい保存方法は、ワイン好きさんであれば知っておいて損はない情報です。お家にワインセラーがあるという方であれば、ワインセラーの正しい使い方や、設置場所なども含めて、しっかりとした保存方法の知識を持っておくのがおすすめです。

ワインは種類によってはちょっと酸化が進むことによって味わい深くなってくるなんて銘柄もあるようですが、基本的には酸化したり劣化してしまうと、香りが落ちてきてしまったり、本来の旨味がなくなってしまったりして味が悪くなってしまいます。

家でご自身やご家族と一緒にワインを味わうという場合にも、ワインの正しい保存方法を知って美味しく飲むことができれば、普段のお食事ももっと楽しくなるはずです。また、ワインをプレゼントする際にも正しい保存方法を伝えてあげると親切です。

適切な環境を整えることが大切

ワインの保存方法を詳しく知って行く前に知っておきたいポイントが、ワインの保存方法は適切な環境を整えるということが、とても大切であるということです。お家でのワインの保存であれば、いかにお家の中の適した場所を見つけられるかが重要です。

実はワインの保存環境は、温度だけではなくて光や湿度などの要素まで、色んな環境要因が影響してきます。もちろんワインセラーなどのしっかりとした保存環境を整えるのが良いですが、ワインセラーが無い場合も、お家の適した場所の活用がおすすめです。

ワインの種類によっても劣化の速度は違う

ワインと一言でいっても、白ワインや赤ワインやシャンパンなど、たくさんの種類があります。ワインはそういった種類によっても劣化の速度は少しずつ違っています。お持ちのワインの種類によっても、保存方法にきちんと気を配っておくのがおすすめです。

基本的にワインの劣化の速度としては、赤ワインと白ワインでは、白ワインの方が味が落ちるスピードが早めだという声が多いようです。白ワインを最高の状態で家で保存しておきたい場合には、デリケートなお酒として扱ってあげるのがポイントです。

また、スパークリングワインやシャンパンの場合には、味の劣化という部分だけではなくて、炭酸が抜けてしまうという部分も気をつけてみてください。発泡性のワインは、炭酸が抜けてしまうと味が全く変わってしまって、別物になってしまいがちです。

Thumbワインクーラーおすすめ11選!おしゃれな木製からコンパクトな家庭用まで!
ワインクーラーはワインを適切な温度に冷やしてくれる便利な道具で、ワインクーラーがあると、ワイ...

ワインの保存方法の基礎知識

ワインの保存方法の基礎知識について、詳しくご紹介していきます。ワインの保存方法が全く分かってしないという人や、ワインの初心者でこれから勉強していきたいと考えている人は、基本的な保存方法の概念やポイントをチェックしてみてください。

まず、ワインの保存方法で重要となってくるポイントは、ワインの置かれている温度です。ワインは温度の変化にもとても敏感に反応してしまうお酒です。家でのワインの保存を考える場合は、温度が低めで温度変化がしづらい場所がおすすめです。

ワインの保存で温度と同じくらい重要なのが、光です。ワインは基本的には日光などの光があまり当たらない環境で保存しておくというのがおすすめです。また、ワイン保存には湿度も影響があるので、60%から80%程度の湿度の環境がおすすめです。

未開封ワインの保存方法

ワインの具体的は保存方法について徹底解説していきます。ワインの保存方法を考えていく上では、ワインをすでに開封しているかどうかというのも、気をつけておきたいポイントです。未開封のワインと開封済みのワインでは、劣化速度が大きく違います。

まずは未開封ワインの保存方法について、詳しくご紹介をしていきます。未開封ワインは、開封済みのワインと比較すると、劣化のスピードは遅めです。お家であってもしっかりと正しい保存環境を作ってあげれば、長期間おいしく保存することができます。

未開封ワインを扱う上で逆に注意しておきたいポイントが、未開封ワインであっても保存環境を間違えれば劣化は進むということです。人気の高級ワインは熟成させれば味わい深くなりますが、それは正しい保存環境があってこそです。

適正温度

未開封ワインの保存の適正温度について解説していきます。基本的なワインの保存の温度に適していると言われているのは、13度から15度程度の温度環境となっています。比較的低めの温度なので、冷蔵庫のような低めの環境を維持した温度環境が必要です。

一般的に売られているワインセラーも、しっかりと低めの温度環境を作り出せるように設計されています。13度から15度程度の温度の場所は、お家の地域の気候や季節によっても違っているので、まずは適した温度の場所を見つけてみてください。

保管場所

未開封ワインのおすすめの保管場所の情報について、詳しくご紹介していきます。未開封ワインを美味しい状態で保っておくための保管場所としては、基本的には低めの温度を一定に保つことができて、直射日光を避けることができるスポットがおすすめです。

未開封ワインであれば、開封済みワインと違っていてすぐに飲み切るという必要性も少ないので、少し取り出しにくくても、温度などの環境が整っている床下の収納スペースであったり、あまり温度が高くならないような押し入れなどもおすすめです。

冷蔵庫なども低い温度を保っておくという意味ではおすすめですが、冷蔵庫は開け閉めすることによって若干温度変化が生じてしまいますし、普段から使っている冷蔵庫の場合はワインに振動が伝わって劣化してしまう場合もあるので注意してみてください。

開封済みワインの保存方法

ワインの具体的な保存方法として、次にご紹介していきたいのが開封済みワインのおすすめの保存方法についてです。開封済みワインをどうやって保管しておいていいのかイマイチ分からないなんて人は、おすすめポイントをチェックしてみてください。

開封済みワインの場合は、未開封で保管しているワインとは違っていて、劣化のスピードがとても早いというイメージを持つことが重要です。開封済みワインは、どうしても酸化が進みやすいので、正しい環境で劣化を遅らせてあげるのがポイントです。

適正温度

開封済みワインの適正温度について解説していきます。開封済みワインの保存の温度も基本的には、未開封ワインと同様にワインが適している13度から15度程度の温度環境に保存しておくのがおすすめです。

開封済みワインの場合は、未開封ワインとはちょっと違っていて、あくまでも早い期間で飲み切ってしまうというスタンスがおすすめです。冷蔵庫など、身近な環境の低温度が保てる場所に保管してくのが定番です。

保管場所

開封済みワインのおすすめの保管場所について解説していきます。開封済みワインの場合は、お家で保存しておく場合には未開封ワインよりも取り出しやすく、尚且つ低めの温度で光が当たりづらい場所がおすすめです。

お手軽に開封済みワインを短期間保存しておくのであれば、冷蔵庫の空きスペースに入れておくのがおすすめです。もちろん、お家の中に冷蔵庫のように低めの温度の場所があれば、押し入れなどもおすすめです。ただ、長期間放置しないように要注意です。

ワインの保存方法で気になるポイント

ワインの保存方法の人気・おすすめ情報として、次にご紹介していきたいのが、ワインの保存方法の気になるポイントについてです、ワインの保存に適している温度や環境がある程度分かってきた上で、多くの人が疑問に思っているポイントも合わせてチェックしてみてください。

保存方法としてのワインセラーは?

ワインの保存方法の気になるポイントとして、まずご紹介していきたいのが、保存方法としてワインセラーはどうなのかということです。ワインセラーは、ワイン好きさんには大人気のアイテムで、お家にワインセラーを置く人も増えているようです。

ワインセラーはワインの貯蔵に特化したアイテムなので、ワインの保存には非常におすすめですし、人気の商品も多いです。ただ、有名メーカーの人気のワインセラーはお値段も少し高めになりがちなので要注意です。

家での保存での注意点

ワインの保存方法のポイントとしてもう一つご紹介しておきたいのが、ワインを家で保存しておく場合の注意点についてです。ワインの家での保存で気をつけておきたい大きな要素が、季節・シーズンによる気温や湿度の変動です。

日本の場合は多くの地域で、夏のと冬で温度変化が大きいです。冬のシーズンなら低めの温度でワインに適していた場所であっても、夏になると高温になってしまう可能性もあります。徹底したいなら、人気のワインセラーの導入も検討してみてください。

ワインのおすすめ保存グッズ

ワインをお家で保存していく上においては、ワインの保存の便利グッズを活用していくなんていうのもおすすめです。最近ではワインの保存がお手軽にできるような人気のアイテムがたくさん発売されているので、家でワインを美味しく飲みたいという人は、人気の保存グッズをチェックしてみてください。

ワインストッパー

ワインの保存のおすすめ・人気のアイテムとしてまずご紹介しておきたいのが、お家で開封してしまったワインをお手軽に簡単に保存しておくのにピッタリの、「ワインストッパー」です。

ワインストッパーはリーズナブルなお値段で購入することができるアイテムながら、ワインをしっかりと酸化から守ってくれるような商品も多く、家でのワインの保存には定番です。

ワインストッパーはシンプルにワインのコルクの代わりに蓋をする商品も良いですが、もっとワインの劣化を防げるという意味では、ワインの内部を真空状態にできるような高品質の商品もおすすめです。

アンチ・オックス

ワインストッパーと並んで、お家でのワインの保存に適しているアイテムで、お手軽に使うことができて便利だということで人気を集めているのが「アンチ・オックス」です。アンチ・オックスはとにかく使い方が簡単であるというのが魅力的です。

ワインの中を密閉状態にできるようなワインストッパーでも、密閉にするためにポンプ操作をしたり、使い方がちょっと難しいなんて商品も多いようです。そんな中でアンチ・オックスは、ワインのボトルに被せておくだけで、簡単にワインの酸化を防止できると話題です。ワインの味や香りを保つことができます。

ワインの保存方法をチェックしておこう!

お家でもワインを高品質の状態に保っておくために知っておきたい、おすすめのワインお保存方法の情報はいかがでしたでしょうか。ワインの保存方法は温度や光、湿度などの多彩な環境要因に配慮するのがポイントです。お家でワインを保存する機会が多いという人や、ワインの保存グッズやワインセラーの導入も検討してみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com

新着一覧

最近公開されたまとめ