ソロキャンプ向けのタープおすすめ11選!軽量なコンパクトサイズも!

ここ、最近はソロキャンプが人気となっています。幅広い年齢層の人がソロキャンプを楽しめるように、色々なアイテムが販売されています。その中に、軽量でコンパクトサイズのタープや安いタープが人気です。ソロキャンプにおすすめなタープをご紹介します。

ソロキャンプ向けのタープおすすめ11選!軽量なコンパクトサイズも!のイメージ

目次

  1. 1ソロキャンプにおすすめのタープを11選ご紹介
  2. 2ソロキャンプ向けのタープの選び方
  3. 3ソロキャンプ向けタープの人気商品3選
  4. 4価格の安いソロキャンプ向けタープ3選
  5. 5軽量コンパクトなソロキャンプ向けタープ5選
  6. 6ソロキャンプ向けのタープは公式サイトも要チェック!
  7. 7軽量で使いやすいタープでソロキャンプも快適

ソロキャンプにおすすめのタープを11選ご紹介

キャンプは、子供から大人までが夢中になれるそんな人気のアウトドアです。ファミリーキャンプも人気ですが、最近では、ソロキャンプも話題となっています。おやじキャンプなど、幅広い年齢層の人がソロキャンプを楽しんでいます。

ソロキャンプの醍醐味は、やはり、誰に気を使うことなく、自分の世界観に没入できることです。自分のしたいキャンプを夢中に楽しめるということで、ここ最近では人気となっています。

そんなソロキャンプは、アイテムも豊富に揃ってきていて、快適にキャンプを楽しめるようになってきました。その中で、人気なのがタープで、軽量でコンパクトなサイズや安いタープが販売されています。ソロキャンプにおすすめな人気タープを厳選してご紹介します。

ソロキャンプ向けのタープの選び方

ソロキャンプにおすすめな人気タープをご紹介する前に、ソロキャンプ向けのタープの選び方について解説をしておきましょう。色々なサイズや価格帯のタープが発売されていますが、どれを選べばよいかわからないという方もいるでしょう。

特に、初めてソロキャンプをされる方にとって、どんなサイズのタープが良いのか、安いと言っても安かろう悪かろうのタープを選びたくはありません。ソロキャンプに最適解なタープを選ぶコツをご紹介します。

ソロキャンプ向けのタープの選び方には、「サイズ」と「収納方法」、「値段」の項目をチェックして購入することになります。

サイズ

ソロキャンプ向けのタープの選び方のポイントに、「サイズ」は重要なポイントです。やはり、ソロキャンプというと、何から何まで一人でこなすことになるので、できるだけ軽量でコンパクトなサイズであるに越したことはありません。

サイズが大きいと、タープを張る時間がかかってしまい、キャンプを楽しむ時間を削ることにもなりかねません。また、バイクツーリングでソロキャンプを楽しむ方にとっては、このサイズは重要なポイントになります。

サイズは、どんなソロキャンプをしたいかによっても、そのサイズは変わってきます。テント前の前室をどの程度の広さがほしいのかによってもサイズ感が変わります。まずは、ご自身で、どんなキャンプを想定するかを考えてから最適解のサイズを選びましょう。

収納方法

次に、ソロキャンプ向けのタープの選び方で重要なのが、収納方法です。やはり、収納も簡単に行えるものを選ぶと良いでしょう。タープの中には、ワンタッチのタイプのものも出ていて簡単に収納できるものもあります。

ただし、汎用性の高いタープになればなるほど収納はしにくいものがあります。初めてソロキャンプを始めたいという方は、収納方法ができる限り簡単なものを選ぶと良いでしょう。

段々とソロキャンプに慣れてきてから、タープは買い替えていくと良いでしょう。最初から、自分の目指すソロキャンプはなかなかできません。アイテムによって、ソロキャンプも快適にしていくのも、ソロキャンプの醍醐味でもあります。

値段

ソロキャンプ向けのタープの選び方で、もうひとつチェックしなければならないことは「価格」です。価格は、安いものから高いものまで販売されています。汎用性の高いタープになると価格も高くなります。

また、焚き火にも強いというようなタープもまた、価格は高い傾向にあります。安いタープでも十分にその目的を果たしてくれるタープもあります。ですので、安いからと言っても使えないというわけでもありません。

タープ選びは、最初は安いものでも十分です。段々と自分が目指すソロキャンプがわかってきたら、安いタープから買い替えてもいいでしょう。安い価格のタープを選ぶ際には、サイズや収納方法がどういうタイプかチェックして購入します。

ソロキャンプ向けタープの人気商品3選

ここでは、ソロキャンプ向けタープの人気商品をいくつかご紹介しましょう。ソロキャンプは、話題ということもあり、色々なアイテムが豊富に揃い始めています。そんなアイテムの中で、人気があるのがタープです。

そんなタープを使う方が多くなってきているソロキャンプですが、人気のタープがいくつかあります。その中かから、「ロゴス」や「DOD(ディーオーディー) 」、焚き火におすすめな「テンマクデザイン」をご紹介します。

ロゴス SNOOPY ウィングタープ

ロゴス SNOOPY ウィングタープは、幅430センチで奥行440センチ、高さ230センチということで、ソロキャンプに最適な大きさです。また、ロゴスで販売されているテントとの相性も良いので、テントと合わせて購入する人も多いです。

ロゴスは、人気のアウトドアブランドで、おしゃれなロゴも入っているタープでおすすめです。ひと目でロゴスのタープとわかります。また、スヌーピーファンの方にはうれしい、スヌーピーのイラストも描かれています。

ウィング型タープであるロゴスのSNOOPY ウィングタープは、さすがロゴスと言うだけあって耐風性にも優れたタープでおすすめです。

DOD(ディーオーディー) ヘーキサタープ

DOD(ディーオーディー) ヘーキサタープは、ショップを持たないというポリシーで、その分、安い商品を提供してくれるDODは人気のアウトドアブランドです。そんなDODでおすすめなのが、ヘーキサタープです。

シンプルデザインでありながら、使い勝手の良いタープとして人気があります。素材は、ポリコットンで耐久性も申し分ありません。サイズは、420センチ四方になります。

ロープとキャリーバッグがセットになっていて、あとはペグを購入すれば、すぐにタープを張ることができます。十分な大きさですが、コンパクトに収納できます。

テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”versionは、とてもおしゃれなタープで、ムササビウイングタイプのタープになります。ソロキャンパーの間でも今話題のタープになります。

このタープは、焚き火をしたいという方におすすめなタープになります。焚き火にも強い素材で人気があります。サイズは390センチ・380センチ・240センチのコンパクトなサイズです。

ThumbDODのタープおすすめ11選!初心者でも簡単に設営できるワンタッチも人気!
DODというアウトドアブランドがあり、テントやタープなどのキャンプアイテムを取り扱っています...

価格の安いソロキャンプ向けタープ3選

こちらでは、価格の安いソロキャンプ向けタープをいくつかご紹介しましょう。ソロキャンプが大人気となっているためか、安いソロキャンプ用のタープも数多く発売されています。

安い価格ではありますが、十分にその機能を発揮してくれるタープもあるのでおすすめです。安いタープでも安かろう悪かろうでは意味がありません。安いタープでおすすめなタープをいくつかご紹介します。

価格の安いソロキャンプ向けタープから、「Unigear」や人気ブランド「キャプテンスタッグ」、「kemeko」のタープをご紹介しましょう。

Unigear 防水タープ

Unigear 防水タープは、防水タープということで雨の日のソロキャンプにもおすすめなタープになります。カラーはブラウンで落ち着きのあるタープで人気です。

色々なサイズのタープが販売されているシリーズですが、ソロキャンプに最適解なタープも販売されています。紫外線から守ってくれるシルバーのコーティングがされているので、女性ソロキャンパーにもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フリット パラソルシェード

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フリット パラソルシェードは、パラソルシェードのおしゃれなタープで、日帰りキャンプで活躍してくれそうなタープです。とてもコンパクトなサイズで収納することができます。

テントとのセットで使うというよりも、単独で使うことができるタイプのタープになります。価格もとても安いのでおすすめです。張るのも非常に簡単なタープです。

kemeko ケメコ アシンメトリ バリエーションタープ BAT35

kemeko ケメコ アシンメトリ バリエーションタープ BAT35は、色々なバリエーションの張り方ができるタープでおすすめです。価格もとても安いので人気があります。耐水圧2000mmで、UPF50+なので機能面にも優れています。

ペグやガイド・バッグ・タープがセットになっているので、すぐにタープを設営することができるのでおすすめです。この安いタープでこのセットはなかなかありません。安いタープですが、縫製加工もしっかりとされているのでおすすめです。

軽量コンパクトなソロキャンプ向けタープ5選

ここでは、軽量でコンパクトなサイズのソロキャンプ向けタープをいくつかご紹介しましょう。やはり、ソロキャンプでは、軽量でコンパクトなサイズのタープがおすすめです。

荷物はできる限りコンパクトにしたいのが、ソロキャンプです。その軽量でコンパクトなサイズのタープも数多く販売されています。

軽量でコンパクトなサイズのソロキャンプ向けタープから、「ユニフレーム(UNIFLAME) 」や「icamp(アイキャンプ)」、アウトドアブランド「スノーピーク(snow peak) 」、「DDハンモック」、「モンベル(mont-bell) 」のタープをご紹介します。

ユニフレーム(UNIFLAME) ヘキサタープ REVOフラップII

ユニフレーム(UNIFLAME) ヘキサタープ REVOフラップIIは、汎用性の高い人気のタープで、使い勝手が良いのでおすすめです。これだけ機能的でありながら、価格も安いので人気があります。

REVOラックⅡというテントとの相性も抜群のタープになります。テトロンコットンという素材で、しっかりとしたタープでおすすめです。ペグケースと収納ケースがセットになっています。

icamp(アイキャンプ) ソロタープ tarp one

icamp(アイキャンプ) ソロタープ tarp oneは、ウィング型のおしゃれなタープで人気があります。価格も安いので、ソロキャンプが初めてという方にもおすすめなタープになります。

材質は、ポリエステルですが防水加工もされています。サイズは380センチ四方とコンパクトなソロキャンプ向けのタープになります。icamp(アイキャンプ) のテントとの相性も抜群です。

スノーピーク(snow peak) タープ /R ライトタープ "ペンタ" シールド STP-381

スノーピーク(snow peak) タープで人気なのが、このR ライトタープ "ペンタ" シールド STP-381です。スノーピーク(snow peak)というと、キャンパー憧れのブランドでもあります。ソロキャンプ向けの商品も充実しています。

ウィング型のおしゃれなタープで、ソロキャンプに慣れてきた人には、おすすめのタープになります。遮光ピグメントPUコーティングされていて、防水性・耐久性に優れたタープで人気です。

サイズは、400センチ・320センチ・150センチということで人気があります。テフロン撥水加工もされているので、突然の雨にも対応できます。ロープやペグもセットになっているのでおすすめです。

DDハンモック(DD Hammocks) DDタープ 3×3

DDハンモック(DD Hammocks) DDタープ 3×3は、とてもシンプルなタープということで人気があります。価格も安いですが、軽量で使い勝手が良いのでおすすめです。

カラーも渋い色あいが何色が販売されているので、自分カラーのタープを選ぶことができます。材質はポリエステルということで軽量化されています。モンベルのロゴも入っていておしゃれなタープでおすすめです。

モンベル(mont-bell) タープ ミニタープHX

モンベル(mont-bell) タープ ミニタープHXは、ソロキャンプに最適解なタープとして人気があります。モンベル(mont-bell) も人気のアウトドアで色々なソロキャンプ向けのアイテムが豊富でおすすめです。

軽量でコンパクトなサイズに収納できるタープで人気があります。シンプルなデザインということも、初心者からベテランの方までに人気がある理由です。

Thumbスノーピークのタープおすすめ9選!ヘキサやレクタなど人気商品や張り方も紹介!
キャンプライフにタープを取り入れていますでしょうか。タープをキャンプに取り入れるとさらに充実...

ソロキャンプ向けのタープは公式サイトも要チェック!

軽量でコンパクトサイズのタープは、各アウトドアブランドの公式サイトもチェックしましょう。収納方法なども解説された写真や動画なども掲載されていることもあります。また、サイズなども公式サイトで確認をしましょう。

各アウトドアブランドの公式サイトでは、機能面の解説もしっかりとされていることが多いです。例えば、焚き火に強いタープであるかなど、自分の目指すソロキャンプに合わせてタープを選ぶこともできます。公式サイトでオンラインショッピングできることも強みです。

安いタープは、サイズさえ間違わなければ、大手通販サイトなどでも購入が可能です。その際には、購入した人の口コミも掲載されているので参考にしましょう。

軽量で使いやすいタープでソロキャンプも快適

ソロキャンプで、軽量で使いやすいタープや安い人気のタープをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。タープを使うと、ソロキャンプにも幅が出て、自分の世界観を作り出すことができます。

ソロキャンプでは、やはり、軽量コンパクトなサイズのタープがおすすめです。また、初心者の方は、安いタープでも十分使えるタープもあります。まだ、ソロキャンプでタープを使ったことのない方は、この機会にタープを使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
旅するフリーランス

新着一覧

最近公開されたまとめ