新幹線の空席状況を確認する方法を紹介!簡単にチェックできるから安心!

みなさんは新幹線の空席状況を確認する際、どうやって確認していますか?新幹線の座席を取る場合、空席がないと座席を取ることができません。そこで今回は新幹線の空席状況の確認方法や、空席があった場合の予約方法などをご紹介します。裏技もあるので参考にしてみてください。

新幹線の空席状況を確認する方法を紹介!簡単にチェックできるから安心!のイメージ

目次

  1. 1新幹線の予約方法・空席の確認方法などを分かりやすく解説
  2. 2新幹線の指定席を予約するには空席状況の確認から
  3. 3新幹線の空席状況の確認方法(1)新幹線窓口
  4. 4新幹線の空席状況の確認方法(2)オンライン予約
  5. 5新幹線の空席状況確認・オンライン予約の種類
  6. 6新幹線の空席が見つからない時の対処法
  7. 7新幹線の空席を見つける裏技
  8. 8自由席に乗る場合は混雑する時間を避ける
  9. 9新幹線の空席状況を確認して快適な旅を楽しもう

新幹線の予約方法・空席の確認方法などを分かりやすく解説

遠くへ出かける際や、仕事の出張などがあった場合、新幹線を使うことで早く移動することができ、時間の有効活用ができると言われています。そのため繁忙期はとくに新幹線の空席を確保するのが難しい場合もあり、早い者勝ちでどんどん座席は埋まります。

そこで今回は新幹線の空席状況を確認する方法や、空席があった際の予約方法などをご紹介していきます。指定席と自由席ではまた違ってきますし、どうしても予約が取れなかったときの裏技もご紹介します。ぜひ新幹線を利用するという場合には、下記でご紹介する方法で空席状況を確認して、指定席もしくは自由席を確保できるようにしましょう。

Thumb新幹線の予約はいつからできる?タイミングや事前申し込みサービスも調査!
快適に新幹線を利用するために便利なサービスということで人気の、新幹線のきっぷ事前予約・購入サ...

新幹線の指定席を予約するには空席状況の確認から

新幹線には指定席と自由席があります。指定席というのはその名の通り指定された場所に座るようになるので、あらかじめ座席の予約を取らないといけません。その分座席が取れるとギリギリに新幹線に乗車しても座席が確保されているので安心できます。その点自由席の場合は、座席が早い者勝ちになりますので座席が空いていないこともあります。

そこで便利な新幹線の指定席を利用したい!という方も増えていきます。指定席を予約するには、まず空席状況の確認から始めることが大切です。空席状況を確認したうえで、座席が空いていれば予約をすることができ、無事予約を取ることができるのです。

新幹線の空席状況の確認方法(1)新幹線窓口

新幹線の空席状況の確認方法として「新幹線窓口」があります。基本的に窓口は混雑していることが多く、行列ができているという場合も多いものです。そのため時間に余裕があるときに、足を運ぶというのがおすすめになっています。窓口では空席状況と合わせて、どの座席が空いているのかも教えてくれ、空席がある場合そのまま予約できます。

また新幹線窓口の行列を待つのは時間がない!という方は、駅に指定席券売機が設置されているかどうか確認しましょう。この指定席券売機が設置されている場合、新幹線に乗りたい日にちなどを入力し、時間や目的地を指定することで空席状況を確認できます。

シートマップを確認して空席があることがわかれば、そのまま指定席券売機で指定席を購入することができます。なおこの指定席券売機から自由席の乗車券を購入することもできるので、新幹線を利用する方にとって便利な機械だと言えます。

Thumb新幹線のチケット(切符)のお得な買い方を解説!一番安く買う方法は?
皆さんは、いつも新幹線のチケット(切符)をお得に入手するにはどんな買い方をしていますか。新幹...

新幹線の空席状況の確認方法(2)オンライン予約

どこからでも新幹線の空席状況が確認できるのは「オンライン予約」ができるサイトです。ネット環境さえあれば、好きな場所から空席状況の確認ができます。中には空席状況のみ確認できるサイトもありますし、空席状況だけではなく、そのまま指定席の乗車券を予約して購入することができるサイトがあるので、好きなように使い分けましょう。

「JRサイバーステーション」は空席状況の確認には便利ですが、シートマップの確認ができず、乗車券をこうにゅうすることはできません。「えきねっと」「エクスプレス予約」などは、シートマップを見ながらそのまま指定席の予約を取ることができます。

新幹線の空席状況確認・オンライン予約の種類

ここからは新幹線の空席状況の確認ができたり、オンライン予約ができるサイトの種類についてご紹介していきます。ここでは全部で5種類のサイトについてお伝えするのですが、すべて仕様が同じというわけではありません。そのため各サイトごとに決まり事などもありますし、できること、できないことがわかれている場合などもあります。

ですので自分に合ったオンライン予約のできるサイトを見つけてみてください。どのサイトも慣れてしまえば扱いやすいですので、誰でも簡単に空席状況の確認をしたり、オンライン予約を行ったりできるはずです。サイトはあらかじめ確認しておきましょう。

JRサイバーステーション

指定席の空席状況や新幹線の運転状況がわかる「JRサイバーステーション」は、空席状況は6時から23時50分までの間、ネット環境があればどこからでも、新幹線の空席状況を確認することができます。またそれだけではなく新幹線の運転状況の確認を行うことができるので、遅延情報や運休情報などを確認することができるようになっています。

こちらは登録不要で利用できるので、サッと調べることができるのですが、一方で空いている座席を見つけた場合でも、そのまま予約を取ることはできないようになっています。ですので空席を見つけた場合には、すぐに指定席を確保するようにしましょう。

えきねっと

指定席券売機で予約切符の受け取りもできる「えきねっと」は、新幹線の空席状況を確認することができますし、シートマップから実際に座席を見て乗車券を購入することができます。そしてえきねっとで予約された方は、指定席券売機で乗車券を受け取ることができますので、スムーズに新幹線を利用することができるようになっています。

新幹線eチケット限定ではありますが、オンライン予約限定で受けることができる割引サービス「えきねっとトクだ値」を利用することもできます。新幹線をお得に利用することができますので、えきねっとを利用する際には割引サービスも活用してみましょう。

エクスプレス予約

東海道、山陽新幹線をお得に利用したいときには「エクスプレス予約」がおすすめです。このエクスプレス予約というのは、年会費として1100円必要にはなるのですが、お盆やゴールデンウィークに年末年始といった繁忙期でも利用できる、オンライン予約システムになっています。そのため新幹線の空席状況を確認することなどもできます。

混雑が予想される窓口に並ぶ必要もないですし、ネット環境さえあればいつでも予約できます。またEX予約専用ICカードを改札機にタッチするだけで、新幹線に乗車することができるので、新幹線に乗車するまでスマートに進めることができるのです。

また予約の変更も何回でも無料で行うことができるので、とりあえず予約しておいてあとで変更するということもできます。完全に予定が立っていないときでも使える便利なサービスとして、エクスプレス予約を覚えておきましょう。

きっぷる

会員登録なしで利用できる「きっぷる」は、現金で支払うことができるので、クレジットカードを持っていないという方にもおすすめのオンライン予約サイトです。もちろんみどりの窓口に並ばなくても予約できるので、時間の短縮にもなりますし、予約自体は全国どの新幹線でも予約することができる、とても便利なサイトになっています。

その他のサイトでは現金払いに対応しているサイトがありませんので、クレジットカードに抵抗があるという方でも利用できる予約サイトとして人気で、なおかつ予約した切符は自宅まで郵送してくれるので、自宅に居ながら新幹線に乗車する準備ができます。

e5489

5時30分から23時30分までの間予約することが可能な「e5489」は、予約したい日時の1か月前から予約することができるようになります。またきっぷ販売開始日当日の9時59分までであれば、予約の取り消しも手数料かからずに処理してもらうことができます。

なおe5489を利用する場合、シートマップから指定席の予約を行うことはできません。指定席の予約には条件などもありますので、指定席を予約する際には条件を確認するようにしましょう。またオンライン予約限定のお得な割引で切符を購入することもできます。特典についてあらかじめ調べて、そこからe5489で予約するようにしていきましょう。

新幹線の空席が見つからない時の対処法

続いて新幹線の空席が見つからない場合の対処法をご紹介します。「キャンセル待ち」「ツアー用の座席を探す」「自由席を利用する」という3つの方法をご紹介しますが、どれも必ず指定席や自由席を確保できる方法というわけではありません。

一番いいのは予約できる期間になってすぐに予約するという方法です。ですが指定席は早い者勝ちになってしまうので、できるだけ早い段階で予約を取るようにしましょう。また座席をお探しの際には、ちょくちょくシートマップを確認するようにしましょう。

キャンセル待ち

一つ目は「キャンセル待ちをする」ということです。指定席のキャンセル待ちはなかなかうまくいくことがないので、期待できる方法ではないのですが、運よくキャンセルが出ているという場合もあります。そのため空いている時間にはシートマップを確認しておき、キャンセルが出たらすぐに予約できるように準備しておくのがおすすめです。

基本的にキャンセル待ちができない理由はもう一つあります。新幹線は乗車券の購入から支払いまで、一気に行われることが多いのです。時間のある方は窓口周辺でサイトなどを使いつつ、予約の空きを見つけたら窓口へ行くというのがおすすめです。

ツアー用の座席を探す

二つ目の方法は「ツアー用の座席を探す」ということです。どういうことかと言いますと、旅行会社によってはツアー用にあらかじめ座席を確保していることが多いのです。ですがツアー客が集まらなかった場合や、ツアー自体が中止になった場合、旅行会社が指定席の座席を持ったままの状態になっていることなどもあります。

そのため旅行会社に問い合わせて、確保している座席の中に空席状態の座席がないかというのを確認してみましょう。この方法は案外座席が見つかることも多いのですが、旅行会社がすでにJRに座席を返却している場合もありますのでご注意ください。

自由席を利用する

三つ目にご紹介するのは「自由席を利用する」という方法です。指定席がどうしても予約できなかった場合、自由席を狙うという方法もあり、どうしてもその日のうちに新幹線で移動しないといけない!という方には、自由席を取るというのがおすすめになります。

ですが自由席というのは、新幹線の乗車券さえあれば、誰でも自由に座席に座ることができます。そのため始発で乗るという方や、人の利用が少ない時間帯に新幹線に乗る場合には、自由席が空いていることなどもあります。ですが基本的に指定席がすぐに埋まるような日にちは、自由席も争奪戦になることが多いということを覚えておきましょう。

新幹線の空席を見つける裏技

知っておくと便利な新幹線の空席がないときにおすすめの裏技についてご紹介していきます。ここでは「ラッチ内乗り継ぎを上手に使う」「金券ショップを覗いてみるのもおすすめ」「終点の違う新幹線の空席を調べてみる」という3つの方法をご紹介します。

どの方法も必ず空席がないときに、必ず指定席を購入できる方法というわけではありませんが、運が良ければ新幹線の指定席をこうにゅうできるかもしれません。そのため頭の片隅でも大丈夫ですので、こういった方法があるということを覚えておきましょう。

ラッチ内乗り継ぎを上手に使う

一つ目は「ラッチ内乗り継ぎを上手に使う」ということです。新幹線は改札を出ない限り複数の新幹線を乗り継いだとしても、同じ特急料金で乗車することができるようになっています。たとえば東京から福岡まで新幹線で行く場合、東京から名古屋まではひかり、名古屋から福岡まではこだまの指定席を使うということもできるということです。

難しく感じるかもしれませんが、改札さえ出ないようにしていれば、区間内の新幹線はどう乗り継いでも大丈夫ということなのです。乗り継ぎは面倒だと感じるかもしれませんが、指定席をお探しの際には試してみてはいかがでしょうか。

金券ショップを覗いてみるのもおすすめ

二つ目は「金券ショップを覗いてみる」という方法です。金券ショップにはいろいろな金券が販売されているので、運が良ければ目的地までの新幹線の乗車券を購入することができるかもしれません。ですが金券ショップで新幹線の切符を購入するという方も増えてきているので、何度も足を運んでみるのがおすすめです。

金券ショップの場合昨日なかった切符が、今日なら手に入ったということも多く、通学や通勤の際に途中に金券ショップがある場合は、毎日覗いておくのがおすすめです。そうすることで新幹線の切符が安く手に入るかもしれません。

終点の違う新幹線の空席を調べてみる

三つ目は「終点の違う新幹線の空席を調べてみる」という方法があります。たとえば東京から広島まで行く場合、東京から広島までそのままアクセスできる新幹線もありますし、名古屋や大阪などで乗り換えが必要になる新幹線もあります。基本的に乗り換えは大変なので、東京から名古屋までしか行かない新幹線は、混みにくいとも言えます。

100%指定席を購入できるという方法ではないですが、混みにくい方法で購入することで、少しでも指定席の倍率を下げるという方法です。指定席が取れなかったというときには、一度この方法を試してみるというのを覚えておくようにしましょう。

自由席に乗る場合は混雑する時間を避ける

どうしても指定席が取れなかった場合、その時間帯の新幹線は自由席も混雑することが予想されます。基本的には自由席に乗る際には、混雑する時間帯を避けるということが大切ですし、自由席がどの場所にあるのかを先に確認しておくのも大切です。

指定席の切符を取るのと同じで、自由席も早い者勝ちでどんどん座席は埋まっていきます。つまり朝早い時間帯や、夜遅い時間帯を狙うのがおすすめです。また各新幹線によって自由席の座席の数が違ってきます。指定席が取れなかった場合には、自由席の多いひかりやこだまなどでアクセスすることを検討してみましょう。

新幹線の空席状況を確認して快適な旅を楽しもう

新幹線の空席状況を確認することで、旅の快適さが変わることもあります。そのため新幹線に乗る場合には、プラス料金はかかりますが、必ず乗ることができる指定席がおすすめです。

ぜひみなさんも事前に空席状況を確認して、オンライン予約などを駆使し、指定席を予約して快適な新幹線での旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

新着一覧

最近公開されたまとめ