テントシューズのおすすめ25選!冬の登山やキャンプなどアウトドアの必需品!

冬の登山やキャンプなどのアウトドアの必需品であるテントシューズには、さまざまなタイプがあります。今回は、テントシューズのおすすめ25選をご案内します。人気のモンベルやコロンビア、そしてワークマンのおすすめテントシューズなどが登場します。

テントシューズのおすすめ25選!冬の登山やキャンプなどアウトドアの必需品!のイメージ

目次

  1. 1テントシューズのおすすめ商品をご紹介
  2. 2テントシューズのおすすめ25選
  3. 3テントシューズとは
  4. 4テントシューズの選び方
  5. 5人気メーカーのおすすめテントシューズ7選
  6. 6コスパ抜群のおすすめテントシューズ9選
  7. 7室内でも使えるおすすめテントシューズ9選
  8. 8登山やキャンプの防寒対策に温かいテントシューズを探そう

テントシューズのおすすめ商品をご紹介

キャンプや登山などのアウトドアを楽しむ人にとって、テントシューズはとても便利なアイテムです。

テントシューズにはモンベルやコロンビア、ミズノなどの代表的なブランドから若者の間でいま人気のワークマンまで、さまざまな商品が登場しています。

テントシューズのおすすめ25選

今回は、テントシューズのおすすめ商品を25選にわたり紹介します。有名ブランドのコスの良いテントシューズや知る人ぞ知るおすすめテントシューズまで、さまざまなテントシューズが登場します。

そのため、「どのテントシューズを選べばよいのかわからない」「いま人気のテントシューズを教えて」という人まで、早速チェックしいていきましょう。なお紹介する情報は2022年1月時点のものになります。価格についてはすべて税込価格でご案内しています。

テントシューズとは

おすすめのテントシューズのご案内をする前に、そもそもテントシューズとはどのようなアイテムのことを指すのでしょうか。まず、テントシューズの定義について見ていきましょう。テントシューズとは、名称のままテント内で使用するシューズのことを指します。

寝袋や温かいマットも準備が完了し、いざ寝ようとしても「足先が冷たくなかなか寝付けなかった」という経験をお持ちの人も多くいるはずです。そんな時、テントシューズがあれば足元から足先にかけてぽかぽかの状態で眠れていたかもしれません。

テントシューズとはトレッキングシューズや登山靴とは大きく異なります。テントシューズを履いたままトレッキングや登山を楽しむということは基本的にはありません。

テントシューズの選び方

テントシューズがどのようなものなのかわかったところで、次に知っておきたいのはテントシューズの選び方についてです。テントシューズにはたくさんの選び方があります。なかでも注目したいおすすめの選び方は、次の3つのポイントです。

「中綿の素材を選ぶ」「用途によって丈を選択する」「防水機能が必要になることもある」という3つのポイントが、テントシューズの選び方のポイントとなってくるでしょう。

中綿の素材を選ぶ

テントシューズの選び方の1つ目のポイントは、中綿の素材を選ぶことです。中綿の素材とは、保温性と携帯性に優れた化学繊維のことを指します。

冷えがちでありながらカビの生えやすいテントシューズに最適な素材となっており、寒い時期にキャンプや登山を楽しむ人にとって心強い味方となってくれるでしょう。

用途によって丈を選択する

テントシューズの選び方の2つ目のポイントは、用途によって丈を選択することになります。簡単に言うと、寒い時期には丈の長いテントシューズを選ぶのがおすすめです。

丈の長いテントシューズはカバーしてくれる範囲が広いので、保温してくれる面積が広いため寒い時期におすすめなのです。着脱のしやすさを重視するなら、反対に丈の短いテントシューズがおすすめになってきます。

テントの出入りを頻繁にする時、そして丈の長いテントシューズだと暑すぎて逆に寝心地が悪いという時も、丈の短いテントシューズは活躍してくれます。

防水機能が必要になることもある

テントの出入りを頻繁にするなら、テントシューズにも防水機能がそなわっていなければなりません。雪がテントシューズ内に侵入してしまうと、温まるどころか逆効果となってしまいます。

防水機能が高いテントシューズなら、そもそも着脱する必要もなくなってくるためとても便利です。滑り止め機能も備えていれば理想的と言えるでしょう。

人気メーカーのおすすめテントシューズ7選

それではいよいよ、おすすめテントシューズのご案内に移りましょう。最初に紹介するのは、人気メーカーのおすすめテントシューズ7選です。

モンベルやザノースフェイスなどの人気メーカーのテントシューズや、コアなファンを多く持つ人気メーカーから発表される7つのテントシューズのご案内しとなります。

モンベル エクセロフト フットウォーマ

モンベル エクセロフト フットウォーマのご案内です。モンベルのエクセロフト フットウォーマは、足首のフィット感が特徴です。就寝時はもちろん、歩いている時にもも脱げにくい構造となっていることから快適な歩行を約束してくれます。

モンベルらしい可愛らしくもシンプルなデザインと、日本人の体型に合わせた造りになっていることが人気のポイントです。カラーはブルーとダークグレイ、オレンジの3色となり、通常価格6,380円です。

エクスペド ダウンソック

エクスペド ダウンソックのご案内です。エクスペドのダウンソックは、とても軽量なことが特徴として挙げられます。ふっくらと可愛らしい見た目が特徴の7つのバッフル構造を採用することによって、足元藻を冷えから協力に守ってくれるでしょう。

コンパクトに収納できることも人気のポイントです。就寝時や室内での歩行に特化したテントシューズであることから、フィールドでの歩行はおすすめできません。相場価格は6,500円ほどになります。

プロモンテ ダウンソックスショート

プロモンテ ダウンソックスショートのご案内です。プロモンテのダウンソックスショートは、保温力の高さが特徴です。そのため、冬の登山やキャンプで大いに活躍してくれます。グリップ力の高いラバーを使用していることから、スリップ抑止機能も期待できます。

専用の収納袋がセットになるのが人気のポイントです。サイズがM・Lしかありませんので注意しましょう。カラーはネイビーとダークグリーンの2色が用意されており、通常価格7,150円です。

プロモンテ MFソックスショート

同じくプロモンテ MFソックスショートのご案内です。プロモンテのMFソックスショートは、機能性を重視したい人におすすめのテントシューズになります。

軽量タイプになっており、テントシューズ表面に20Dナイロンを100パーセント使用し、中綿に上質なマイクロファイバーポリエステルを使用しているためポカポカとした温かさが持続します。

MサイズとLサイズの用意しかない点に注意しましょう。MFソックスショートの参考価格は4,500円です。

プロモンテ MFソックスロングファスナー付

同じくプロモンテのMFソックスロングファスナー付のご案内です。プロモンテのMFソックスロングファスナー付は、丈が長く中綿にマイクロファイバーポリエステルを140gも使用していることが特徴です。

ひざ下まで覆ってくれるため、脚の冷えが特に気になるという人におすすめのテントシューズと言えます。カラーはネイビーの1色となり、MサイズとLサイズの2サイズがラインナップ。MFソックスロングファスナー付の通常価格は6,600円です。

アウトドアリサーチ ツンドラエアロジェルソックス

アウトドアリサーチ ツンドラエアロジェルソックスのご案内です。アウトドアリサーチのツンドラエアロジェルソックスは、断熱効果抜群のエアロジェルを使用した繊維を採用しています。そのため、ダウン生地ではありませんが抜群の保温性を実感できるでしょう。

ソールに付いた滑り止めによって、多少のフィールドなら安心して歩くことができます。通常価格9,680円と今回紹介するテントシューズのなかでは高額ですが、性能の高いテントシューズとして人気があります。

ザノースフェイス ルームシューズ

ザノースフェイス ルームシューズのご案内です。ザノースフェイスのルームシューズは、折りたたんで収納できるコンパクトさが特徴です。

耐水性能がないため雪のフィールドでの歩行や登山に使用することはできませんが、就寝時の足元の保温やテント内での歩行を快適にサポートしてくれます。

寒い時期というより、その他のシーズンに活躍するテントシューズかもしれません。ザノースフェイスならではのおしゃれなロゴが存在感があることから、ルームシューズとして活躍するモデルでもあります。参考価格5,600円からとなります。

コスパ抜群のおすすめテントシューズ9選

ここから紹介しいのは、コスパ抜群のおすすめテントシューズ9選になります。人気メーカーのおすすめテントシューズを見て、「もう少し安いテントシューズはないの?「コスパ最高のテントシューズが知りたい」と感じた人も多いかもしれません。

ここでは、そんな疑問を解決するようなコスパ樹脂のテントシューズを9つまとめて紹介します。あのワークマンの人気テントシューズも登場しますので、ワークマンファン必見です。

モンベル クリマプラス 100 キャンプシューズ

モンベル クリマプラス 100 キャンプシューズのご案内です。モンベルのクリマプラス 100 キャンプシューズは、足を温めてもムレることなく快適に履けるテントシューズです。

耐久性の高い人工皮を組み込んだテントシューズとなっていることから、伸縮性の高さを実現しています。

また、テントシューズ内の靴下のずれを防止する効果もあるなど、人工皮を採用することにはさまざまなメリットがあることがわかります。通常価格2,970円と格安なのも人気のポイントです。

ネイチャーハイク ダウンシューズ

ネイチャーハイク ダウンシューズのご案内です。ネイチャーハイクのダウンシューズは、中国製品ならではのコスパの高さで人気となっているテントシューズです。

撥水性が高いことや非常にコンパクトに収納できること、超軽量タイプであることと安いことが最大の特徴と言っていいでしょう。

SサイズとMサイズの2サイズしか用意がない点だけ注意が必要です。コスパ抜群のネイチャーハイク ダウンシューズは、通常価格2,899円になります。

イージスマックス テントシューズ

イージスマックス テントシューズのご案内です。イージスマックスのテントシューズも、中国製品ならではの圧倒的なコストパフォーマンスで人気となっています。

シュラフで有名なイージスマックスの技術を集結させ開発されたテントシューズとなっており、600FPもの高級グースダウンを使用していることがと特徴です。撥水性も高く、寒い時期の登山やキャンプにぴったりではないでしょうか。通常価格3,300円となります。

ワークマン Heyaルームブーツ

ワークマン Heyaルームブーツのご案内です。ワークマンのHeyaルームブーツは、ワークマンならではのコスパの高さが魅力のテントシューズです。

今回紹介するテントシューズの中でもっとも安い商品であり、機能性が高く格安料金の商品が揃うのはワークマンならではです。

動きやすく軽量で、コンパクトに収納できるワークマンのHeyaルームブーツは、冬場に登山やキャンプをする時にも活躍してくれるでしょう。

ワークマンのHeyaルームブーツの通常価格は980円です。ワークマンファンなら一度は試したい、ワークマンならではの価格と言えます。

ノルディスク モス ダウンシューズ

ノルディスク モス ダウンシューズのご案内です。ノルディスク モスのダウンシューズは、冬山でのキャンプや登山を想定して作られていることが特徴です。

厚手の靴下を履くことを前提としているため大きめのサイズに作られており、暖かさを重視したい時に重宝するテントシューズになっています。カラフルな4色が用意され、参考価格4,400円からとなります。

コロンビア モックシューズ

コロンビア モックシューズのご案内です。コロンビアのモックシューズは、サンダル感覚で履けるおしゃれなテントシューズです。

ゴア仕様を採用することによって足の出し入れがしやすくなっているため、頻繁にテントの出入りをする時にストレスをほとんど感じさせません。左右同じ形状なのも嬉しいポイントで、使い勝手の良さが抜群です。

寒い時期の登山やキャンプではなく、その他のシーズンのルームシューズとし大活躍します。通常価格3,520円です。
 

Putu 冬のサンダル ルームシューズ

Putu 冬のサンダル ルームシューズのご案内です。Putuの冬のサンダル ルームシューズは、温かいサンダルとして利用できることが特徴です。カラーやサイズが豊富に用意されており、なによりお手頃価格のためキャンプや登山の時に一足あると重宝するでしょう。

温かいことや撥水性が高いこと、二重滑り止めゴムを採用していて使い勝手が抜群に良いです。参考価格2,000円からと非常に安く、ワークマンのテントシューズに負けないコスパと言っていいかもしれません。

羽毛工房 ダウンシューズ

羽毛工房 ダウンシューズのご案内です。羽毛工房のダウンシューズは、圧倒的な温かさと高級感が特徴です。水鳥の胸部の高品質ダックダウンを使用することにより温かさと吸湿性を同時に実現した最高峰モデルですが、驚きの低価格を実現しています。

温かい空気をたっぷり含んでいることから無理のない保温力が持続し、温かくてもムレません。もこもこしたデザインも可愛らしく、女性からの人気が高いです。参考価格2,333円と、ワークマンに負けないコスパの高さを実現しています。

KingCamp スリッパ サンダル

KingCamp スリッパ サンダルのご案内です。KingCampのスリッパ サンダルは、滑り止め機能が高いことと洗濯できることが特徴です。

高品質パディングコットンを採用することにより抜群の保温力も発揮しますので、使い方次第で冬の登山やキャンプで大活躍すること間違いなしです。

防水機能と耐久性も高く、専用の収納袋があることも人気のポイントと言っていいでしょう。参考価格2,490円とコスパ抜群です。

室内でも使えるおすすめテントシューズ9選

今回の記事の最後にご案内するのは、室内でも使えるおすすめテントシューズ9選になります。

室内でも使えるテントシューズは、保温性が特に優れているという利点があります。そのため、冷え性の人にもってこいです。

エクスペド キャンプスリッパ

エクスペド キャンプスリッパのご案内です。エクスペドのキャンプスリッパは、万能型のテントシューズと言っていいかもしれません。わずか4mmのEVAインナーソールを採用することにより、裸足で登山をしている感覚を味わうことができます。

保温力の高いインナーソールなので、キャンプでもルームシューズでも場所を選ばず活躍します。ムレに強い中綿の化学繊維を使用していること、伸縮性が高いので締め付けがなく快適に過ごせることも人気の秘密です。通常価格4,500円からとなります。

モンベル エクセロフトキャンプシューズ

モンベル エクセロフトキャンプシューズのご案内です。モンベルのエクセロフトキャンプシューズは、人工皮を使用することで耐久性と滑り止め効果を高めたモデルです。

透湿性の高さから洗濯機で洗える使い勝手の良さもおすすめのポイントです。足首まですっぽり優しく包み込む構造で、足から熱を逃がしません。通常価格3,960円となります。

モンベル ダウン フットウォーマー

モンベル ダウン フットウォーマーのご案内です。モンベルのダウン フットウォーマーは、先ほど紹介したばかりのモンベルのエクセロフトキャンプシューズの丈を長くしたバージョンです。

丈の長いモンベルのテントシューズを探している人にぴったりです。寒い時期の登山やキャンプで大活躍する保温力の高さが魅力です。通常価格6,380円になります。

ファイントラック ポリゴンテントシューズ

ファイントラック ポリゴンテントシューズのご案内です。ファイントラックのポリゴンテントシューズは、世界で初めてシート状立体保温材をテントシューズに採用した高級モデルです。

これにより汗や湿気・結露によるムレを防ぎます。シート状立体保温材は乾きが早いため、雪や雨に濡れてもすぐに乾くという特徴があります。丈の長いテントシューズなので、寒さ対策を万全にすることができるでしょう。通常価格14,080円です。

イスカ テントシューズ ショート

イスカ テントシューズ ショートのご案内です。イスカのテントシューズ ショートは、おしゃれなカラーと軽量感が特徴です。

速乾性があり暖かさを維持しながらもムレることがほとんどない高性能シューズのため、さまざまなアウトドアで活躍します。通常価格は7,920円です。

イスカ テントシューズ ロング

同じくイスカから、テントシューズ ロングのご案内です。イスカのテントシューズ ロングは、イスカ テントシューズ ショートの丈が長いバージョンです。

山岳仕様のゴアウィンドストッパー採用モデルであることから、本格的な雪山登山にも耐え得る最高品質のテントシューズとなっています。30センチメートルの厚底により、地面の熱を通しません。通常価格は10,230円です。

ナンガ テントシューズ

ナンガ テントシューズのご案内です。ナンガのテントシューズは、防水機能と保温機能に非常に優れていることが特徴です。ひざ下までしっかりと温めてくれる丈の長さによって、風や雪の寒さからしっかりと足を守ってくれます。

カラーバリエーション豊富でどれもおしゃれ、そして170グラムと軽量なこともおすすめの理由です。通常価格10,780円となります。

ミズノ ルームブーツ ボアタイプ

ミズノ ルームブーツ ボアタイプのご案内です。ミズノのルームブーツ ボアタイプは、シンプルに足を温めてくれる可愛らしいテントシューズです。ボア加工なので肌触りが良く選択できること、しっかりと足を温めてくれるシンプルさが魅力です。

23センチからの用意となることから、女性にもおすすめしたいテントシューズです。参考価格1,260円からとなります。

グンゼ ルームシューズ

グンゼ ルームシューズのご案内です。グンゼのルームシューズは、シンプルな構造から室内専用のテントシューズと言っていいかもしれません。

足首まで暖めるブーツタイプであること、羽毛のような保温性とふわふわ感があるバウンドヒータープラスを採用していることが特徴です。洗濯できることも嬉しいポイントではないでしょうか。

おしゃれなカラーが4色用意されており、参考価格1,320円からという優れものです。サイズが23センチからの用意のため、こちらも女性におすすめの商品と言えます。

登山やキャンプの防寒対策に温かいテントシューズを探そう

テントシューズの選び方のポイントは、中綿の素材を選ぶことと用途によって丈を選択すること、防水機能が必要になることもあるという3点です。

モンベルやワークマンをはじめとした25つのテントシューズの情報を参考に、登山やキャンプの防寒対策に温かいテントシューズを探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ