ワークマンのトレッドモックは冬キャンプの必需品!サイズや人気色は?

ワークマンで冬キャンプに最適なアイテムとして人気を集めているトレッドモック。男女兼用になっていて、サイズやカラーも豊富に揃っているのが魅力。冬キャンプの防寒対策としてもおすすめのワークマンのトレッドモックの魅力を、サイズや人気のカラーと一緒に紹介していきます。

ワークマンのトレッドモックは冬キャンプの必需品!サイズや人気色は?のイメージ

目次

  1. 1冬キャンプの必需品?ワークマンのトレッドモックとは?
  2. 2ワークマンのトレッドモックが人気の理由
  3. 3ワークマンのトレッドモックの人気色
  4. 4ワークマンのトレッドモックのサイズ
  5. 5ワークマンのトレッドモックの値段
  6. 6ワークマンのトレッドモックの口コミ
  7. 7ワークマンのトレッドモックの購入方法
  8. 8人気のワークマンのトレッドモックを買ってみよう!

冬キャンプの必需品?ワークマンのトレッドモックとは?

リーズナブルな値段で機能性に優れた商品が購入できる人気のワークマンで、今注目を集めているのがトレッドモックです。冬キャンプを楽しむ時には必需品とも言われていて、キャンパーの間でも評判のトレッドモックは足元を暖かくしてくれる靴になります。

もちろん冬キャンプだけではなく日常生活で活用するにも最適なので、ワークマンの人気商品のトレッドモックをチェックしておくのがおすすめになります。

冬キャンプを中心に活躍してくれるワークマンのトレッドモックの値段はもちろん、おすすめのカラーやサイズについて紹介します。また、ワークマンのトレッドモックの購入方法についても触れていくので、人気のトレッドモックを手に入れましょう。

ワークマンのトレッドモックが人気の理由

ワークマンと言えば、リーズナブルな値段で購入できるのが魅力になります。男性の仕事着のイメージが強いワークマンではワークマン女子なども展開していて、若い世代の女性からも支持を集めてます。色々な種類の商品を展開しているのも魅力と言えるでしょう。

そんなワークマンで注目を集めているのが、トレッドモックです。履き心地も含めて優れた商品として注目を集めているのですが、人気のポイントは機能性やサイズにあります。それぞれの人気のポイントを詳しく紹介していくので順番に見ていきましょう。

機能性

ワークマンのトレッドモックの一番の人気のポイントとなるのが、トレッドモックの機能性にあると言えるでしょう。その一つが中綿が入っていて保温性に優れている点です。

冬キャンプでは夜には冷え込んで足元から寒さを感じてしまうことが多いです。ですが、ワークマンのトレッドモックは冬キャンプでも足元を暖かくしてくれます。厚手の靴下と合わせると冬キャンプでも足元の冷えを無くし快適に過ごせるのでおすすめです。

また、厚みのあるインソールが入っているのもワークマンのトレッドモックの魅力になります。インソールの暑さは約1センチとなっていて着脱が可能になっています。厚みのあるインソールは、クッション性に優れているのがポイントになります。

冬キャンプでは散策など動く機会も多く、長時間靴を履いていることが多いです。厚みのあるインソールが付いているワークマンのトレッドモックは、長時間履いていても疲れを軽減できるのがポイント。もちろん、インソールを取り替えるのも可能です。

ワークマンのトレッドモックの機能性では、かかとが踏める2WAY仕様なのも忘れてはいけません。かかとの部分は柔らかい生地で作られてます。そのため、かかとを踏んでクロックスのような状態にしても足の裏に痛みなどを感じないで快適に履くことができます。

多彩なサイズ

冬キャンプで人気のワークマンのトレッドモックは機能性だけでも十分な魅力がありますが、サイズ展開が幅広く行われているのも人気の理由の一つになります。

ワークマンのトレッドモックは、男女兼用の靴として販売されている商品になります。そのため、男性はもちろんですが女性が履けるように幅広いサイズ展開がされているのが魅力です。足のサイズに合わせて選択肢が広がるのは大事なポイントと言えるでしょう。

ただし、注意しなくてはいけないのがワークマンでは靴のサイズが何センチかで表記されているわけではありません。SサイズやLサイズといったカテゴリーで分かれています。そのため、それぞれのサイズの目安を知っておくと購入時に便利なのでおすすめです。

ワークマンのトレッドモックは幅広いサイズが展開されていますが、自分の足のサイズよりも多少ゆとりを持ったサイズを選択するのがおすすめとされています。特に冬キャンプなどで活用する場合には、厚手の靴下を履く機会が多いので大きめを選択しましょう。

ワークマンのトレッドモックを大きいサイズの場合には、キャンプする時のサンダルとして用意してみんなで共有活用することも可能です。色々な利用方法があるのもサイズが幅広く展開しているからと言えるのでワークマンのトレッドモックはおすすめです。

ワークマンのトレッドモックの人気色

ワークマンのトレッドモックのカラーバリエーションは、2021年の段階で4色となっています。シンプルなカラーながらも人気を集めているカラーが多いのが特徴です。そこで、ここではワークマンのレッドモックの人気のカラーを紹介していきます。

ここで紹介していくのはワークマンのトレッドモックの中でも高い人気を誇っているカラーになっているので、サイズと合わせると売り切れになっている場合もあります。気になるカラーを見つけたら、早めにチェックしておくのがおすすめです。

ブラック

最初に紹介するワークマンのトレッドモックのカラーはブラックです。ブラックは、洋服にも合わせやすいカラーとして人気を集めています。

また、キャンプで利用した場合などにちょっとした汚れも目立たないのが魅力です。男女共に利用しやすいカラーになっているので、ワークマンのトレッドモックの中では一番人気です。各サイズが売り切れになるのも早いので注意するようにしましょう。

普段はブラック系の靴を履く機会がないという方も、ワークマンのトレッドモックでは選択しやすいでしょう。場所を選ばずに履きやすいカラーとなっているのでおすすめです。ワークマンにアクセスした時には、チェックしてみてはいかがでしょうか。

コヨーテ

続いて紹介するワークマンのトレッドモックのカラーは、コヨーテです。コヨーテと聞くと色合いを想像しにくくなってしまいますが、一番しっくりくるのは明るめのブラウンでしょう。明るめの色合いになっているので、こちらも衣装に合わせやすいです。

ワークマンのトレッドモックのコヨーテは、全体が明るめのブラウンになっているわけではありません。かかと部分の柔らかい生地を利用している部分は緑色になっています。2色カラーもおしゃれに楽しめるので、コヨーテもおすすめのカラーになります。

ネイティブ

最後に紹介するワークマンのトレッドモックのカラーは、ネイティブです。ネイティブは全体的に黄色になっているのですが、柄付きになっているのがポイント。明るい色合いのトレッドモックになっているので、おしゃれに楽しめるのが魅力になっています。

ワークマンのトレッドモックのネイティブは、男性よりも女性から人気を集めているカラーになっています。機能性に優れている靴でもおしゃれさを楽しみたい方はチェックしておくのがおすすめ。売り切れになってしまう前に、ぜひ入手して見てください。

ワークマンのトレッドモックのサイズ

最初の項目でも触れていますが、ワークマンのトレッドモックは幅広いサイズが展開されています。そのため、男女問わずに自分の足のサイズに合ったトレッドモックを見つけやすくなっています。ですが、細かなサイズ表記ではないので注意が必要です。

そこで、ここではワークマンのトレッドモックのサイズについて紹介していきます。それぞれの目安となるサイズについても触れていきます。初めてワークマンでトレッドモックを購入する場合には、目安のサイズを覚えておくと便利です。

定番のSからLサイズ

ワークマンのトレッドモックの定番サイズとなっているのが、SサイズからLサイズです。Sサイズは、23.5から24センチが目安サイズとなっています。Mサイズの場合には24.5から25センチが目安で、Lサイズは25.5から26センチが目安となります。

ワークマンで定番となっているSからLサイズは、売り切れになってしまうのも早いサイズなので注意するようにしましょう。

先述して触れているように、ワークマンのトレッドモックを購入する場合には自分の足のサイズより少し大きめを選択すると厚手の靴下を着用時でも窮屈さを感じないで済むでしょう。ストレスを感じない靴を選択するポイントになるので役立ててください。

SSサイズも2021年から販売開始

ワークマンのトレッドモックは一番小さいサイズがSサイズでしたが、2021年に新しく販売されたのがSSサイズになります。

Sサイズでも大きすぎるという方も少なくないので、2021年に登場したSSサイズは高い評価を集めています。SSサイズの目安となるのが22.5から23センチとなっています。これまで、サイズがなくて購入を避けていた方もチェックしておくのがおすすめです。

また、ワークマンのトレッドモックのSSサイズは子供用に利用するにも最適なサイズになっています。家族分で購入を検討している方にも最適なサイズと言えるでしょう。カラーバリエーションも定番サイズと同様に揃っているのでチェックしておくのがおすすめ。

ワークマンのトレッドモックでは小さいサイズのSSサイズだけではなく、大きいサイズも展開しています。LLサイズや3Lサイズまで販売されているのがポイントです。LLサイズの場合には26.5から27センチが目安となっています。

ワークマンのトレッドモックの中でも一番大きいサイズとなるのが、3Lサイズです。こちらは27.5から28センチが目安となっています。2021年に加わったSSサイズを入れると、幅広いサイズに対応できる商品になったので一度チェックして見てください。

ワークマンのトレッドモックの値段

ここまでワークマンのトレッドモックの魅力を紹介してきましたが、値段についても気になる方は多いのではないでしょうか。そこでトレッドモックの値段について紹介します。

ワークマンと言えばリーズナブルな価格設定になっているのが魅力になるので、トレッドモックもリーズナブルな値段になっています。1足1500円と言う価格設定になっているので、気軽に購入できるのもトレッドモックの魅力の一つと言えるでしょう。

家族分を購入しても低価格で揃えることができるのがワークマンならではになるので、見つけた時には早めに購入するのがポイントになります。また、長く活用することができるので値段以上に満足度が高い商品になっています。

ワークマンのトレッドモックの口コミ

ワークマンのトレッドモックを利用している方の口コミ情報についても触れていきましょう。ワークマンのトレッドモックは男女兼用になっているので、多くの方から口コミが寄せられてます。特に履き心地に関する口コミが多く見受けられました。

かかとを踏んだ状態でもフィット感がしっかりとしていると言う意見や、インソールのクッション性が優れているので足が疲れないと言う方が多いです。

また、冬キャンプだけではなく保育園の送迎などで靴を脱ぎ破棄しなくてはいけないシーンでは便利とされています。かかと部分を踏んでいても伸びてしまうこともないので、2シーズンでも活用できるのがワークマンのトレッドモックのポイントになります。

ワークマンのトレッドモックの口コミでは防寒性について触れている方も多いです。普段は足裏カイロを利用していると言う方でもトレッドモックの場合には必要ないとしています。しっかりと足元を暖かい状態にしてくれると言われています。

ワークマンのトレッドモックの口コミでは、高評価の意見が多いです。マイナス要素としての口コミ要素が見受けられないのが特徴的でした。値段以上の買い物ができたとしている方が多いので、購入する前に口コミ情報をチェックしておくのがおすすめです。

ワークマンのトレッドモックの購入方法

最後になりますが、ワークマンのトレッドモックの購入方法について紹介していきます。ワークマンのトレッドモックの購入方法は店舗とオンラインの2種類あります。ワークマンの店舗は全国各地にあるので、最寄りの店舗を利用するのがおすすめです。

ワークマンの公式サイトを利用すると店舗検索も可能になっています。実際に試し履きをしてサイズ感をチェックしながら購入できるので、初めて購入する場合には店舗利用するのがおすすめ。在庫の有無は、事前に店舗に確認しておくといいでしょう。

アクセスできる範囲にワークマンの店舗がないなど店舗での購入が難しい場合には、ワークマンの公式サイトを利用してオンライン購入するのもおすすめ。オンラインでの購入は試し履きはできませんが、在庫の有無をまとめてチェックできます。

会員登録をしなくてもワークマンのオンラインストアで購入することは可能になっているので、色々な商品をまとめ買いする場合にもおすすめです。それぞれの購入方法から自分に合ったスタイルで選択するようにしましょう。

Thumbワークマンの商品はアウトドアでも大人気!靴やパンツなどおすすめまとめ!
アウトドアのアイテムをどこで買いますか?ワークマンの商品はアウトドアにおすすめな商品で溢れて...

人気のワークマンのトレッドモックを買ってみよう!

ワークマンのトレッドモックは低価格で購入できる、秋冬の大人気商品。履き心地が優れていて長時間利用しても足が疲れないのが特徴。特に冬キャンプを快適にしてくれる保温性や機能性は、キャンパーの中でも高い評価を得ています。

カラーバリエーションだけではなく、2021年にSSサイズが加わったことで幅広いサイズ展開しているのも魅力です。売り切れになってしまうのも早い人気商品になっているので、トレッドモックは早めに購入しておくのがおすすめになります。

関連記事

Original
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ