「湯田ヨーグルト」はもっちり食感で美味しいと話題沸騰!取扱店や価格は?

「湯田ヨーグルト」は、もっちりとしていてとても美味しい、と口コミなどで大評判のヨーグルトです。取扱店として成城石井やコストコなどがあります。「湯田ヨーグルト」について、ピックアップした情報を紹介していきます。是非食べてみてください。

「湯田ヨーグルト」はもっちり食感で美味しいと話題沸騰!取扱店や価格は?のイメージ

目次

  1. 1「湯田ヨーグルト」を食べてみよう!
  2. 2もっちり食感?「湯田ヨーグルト」とは?
  3. 3「湯田ヨーグルト」の種類
  4. 4「湯田ヨーグルト」のおすすめポイント
  5. 5「湯田ヨーグルト」のこだわり
  6. 6「湯田ヨーグルト」の取扱店
  7. 7「湯田ヨーグルト」の価格
  8. 8「湯田ヨーグルト」の口コミ
  9. 9美味しいと人気の「湯田ヨーグルト」を購入してみよう!

「湯田ヨーグルト」を食べてみよう!

「湯田ヨーグルト」は、口コミなどでも話題沸騰中のもっちりとした食感のとても美味しいヨーグルトです。取扱店として成城石井やコストコなどがあり、売り切れ続出です。「湯田ヨーグルト」について、こだわりや取扱店・価格などのさまざまな情報を集めて紹介します。是非、手に取ってみてください。

もっちり食感?「湯田ヨーグルト」とは?

「湯田(ゆだ)ヨーグルト」は、岩手県・和賀郡の西和賀町に本社がある株式会社湯田牛乳公社がつくっているヨーグルトです。

もっちりとした食感とすっきりとした後味が特徴のヨーグルトであり、一度食べたらリピートして何度も食べたくなる、と口コミなどで超絶話題となっている商品です。

アルミパウチ容器に入っている一見してちょっぴり不思議な逸品ですが、それにはより美味しく食べることができるための理由があり、こだわってアルミパウチ容器が使われています。

「湯田ヨーグルト」は、岩手県産のフレッシュな生乳をたっぷりと使用していて、加糖タイプには美味しい生クリームもふんだんに使われている高級感あふれる大人気のヨーグルトとなっています。

「湯田ヨーグルト」づくりに使われている材料は、国産や岩手県産のものだけであり、誰もが安心して口にすることができる安全な商品作りをしています。

香料や添加物などは一切使用しないで、純粋な材料のみに時間をかけて丁寧に手を加え、素材の本来の美味しさをしっかりと引き出しています。

また、しっかりと腸まで届くことで良く知られているプロバイオティクス乳酸菌「ビフィズス菌 BB-12」が入っていて、身体や美容にも良いですし、免疫力もUPしてくれます。

「湯田ヨーグルト」の取扱店は、全国各地にある成城石井をはじめとしたスーパーやコストコなどとなっています。

ヨーグルトの購入を考えているときには、是非候補の一つに「湯田ヨーグルト」も入れて考えてみることをおすすめします。後悔しないうまさ満載の超絶人気商品です。

Thumbコストコのヨーグルト特集!コスパの良い人気商品などおすすめを全種類紹介!
「コストコ」は、とても評判のスーパーです。大変美味しいヨーグルトの販売があり、コスパも最高で...

「湯田ヨーグルト」の種類

「湯田ヨーグルト」には、2つの種類の商品が展開されていて、加糖タイプとプレーンタイプとなっています。

加糖タイプの「湯田ヨーグルト」は、砂糖が入っていてほんのりと甘みが感じられ、そのまま食べたいときにぴったりの商品となっています。

加糖タイプの「湯田ヨーグルト」の100グラムあたりの栄養成分は、エネルギーが約118キロカロリー・たんぱく質が約3.9グラム・脂質が約6.3グラム・炭水化物が約11.3グラム・食塩相当量が約0.1グラム・カルシウムが約132ミリグラムとなっています。

プレーンタイプの「湯田ヨーグルト」は、原材料に生乳・クリームのみが使用されていて、甘味のないシンプルなヨーグルトとなっています。

そのまま食べてもOKですし、お料理やお菓子づくりなどアレンジをしたいときには砂糖が入っていないプレーンタイプがおすすめです。

プレーンタイプの「湯田ヨーグルト」の100グラムあたりの栄養成分は、エネルギーが約83キロカロリー・たんぱく質が約3.3グラム・脂質が約5.7グラム・炭水化物が約4.5グラム・食塩相当量が約0.1グラム・カルシウムが約117グラムとなっています。

プレーンタイプの「湯田ヨーグルト」は、加糖タイプより低カロリー・低糖質なので、ダイエットやデトックスなどをしている人・身体のことを気遣っている人などにもおすすめとなっています。

加糖タイプの「湯田ヨーグルト」とプレーンタイプの「湯田ヨーグルト」は、パッケージのデザインは同じで、色のみ異なるものとなっています。

販売店である成城石井やコストコなどで購入する場合は、間違えないようにしっかりと見てから手に取ることをおすすめします。

「湯田ヨーグルト」のおすすめポイント

「湯田ヨーグルト」は、口コミなどでも大変話題となっていて、成城石井やコストコなどの販売店では売り切れとなっていることもあるほどです。

「湯田ヨーグルト」が多くの人を魅了してとりことしているのにはいくつかのわけがあるからだろう、とされています。

「湯田ヨーグルト」の是非押さえておきたい人気の秘密・おすすめポイントについて、厳選した情報を少しだけ紹介します。

多彩な食べ方

「湯田ヨーグルト」が大変人気がある秘密・おすすめポイントの第一には、「多彩な食べ方」ができる、という点が挙げられるでしょう。

「湯田ヨーグルト」は、アルミパウチ容器からそのままスプーンですくってお皿に出してぱくりと味わうのももちろん良いです。

特に加糖タイプのものは、ほんのりとした食べやすい甘みがついているので、そのままダイレクトに「湯田ヨーグルト」の深い味わいを感じることができるようになっています。

また、「湯田ヨーグルト」にはちみつやジャム・フルーツなど好みのものを乗せて味わいとともにおしゃれさもあわせて楽しんでみるのもおすすめです。

パンやクラッカー・グラノーラなどとあわせて食べてみるのも「湯田ヨーグルト」のさっぱりさをしっかりと味わうことができます。

今大変人気のあるフルーツサンドづくりなどにもおすすめのヨーグルトであり、いちごやオレンジ・キウイなどのおしゃれでカラフルなフルーツとあわせてインスタ映えするフルーツサンドをつくってみるのも評判です。

さらには、お菓子づくりやお料理づくりにも使う人も増えていて、自分のアレンジ次第でどのようにも使うことができます。

特に口コミなどではカレーづくりに使ったり、カレーと一緒に食べると美味しい、ととても話題になっています。

他のヨーグルトとは違う食感

「湯田ヨーグルト」が大変人気がある秘密・おすすめポイントの第二には、「他のヨーグルトとは違う食感」を楽しめる、という点が挙げられるでしょう。

「湯田ヨーグルト」は、取り出すときにスプーンを入れた段階で気づく人が多いほどしっかりとしたもっちり感がとても特徴的なヨーグルトとなっています。

食感は、噛むことができるのではないかと思うほどにもちもちとしていて、濃厚さや滑らかさも感じることでき、後味はさっぱりとしている極上品となっています。

自然な甘みをしっかりと楽しめ、酸っぱすぎずに程よい酸味が感じられ、他のヨーグルトとは一味違う風味をたっぷりと味わうことができます。

「湯田ヨーグルト」を食べてヨーグルトのイメージががらりと変わった、という人も少なくなく、リピーターも大変多くなっています。

「湯田ヨーグルト」は、小さな子どもからシルバー世代の人・あまり食欲がないときでも大変食べやすいヨーグルトとなっていて、たくさんの人に愛されている超人気商品です。

「湯田ヨーグルト」のこだわり

とても人気のある「湯田ヨーグルト」は、とてもこだわりを持って丁寧につくられているヨーグルトであり、食べる人のことをしっかりと考えた商品づくりがされています。

特にアルミパウチ容器であるパッケージにはとことんこだわって、「湯田ヨーグルト」特有のもっちり・すっきりとした味わいをできるだけ長く保つためと、ヨーグルトに含まれている乳酸菌の環境の良さを整えるために選ばれたものとなっています。

「湯田ヨーグルト」のアルミパウチ容器のこだわりポイントのその1として、「乳酸菌の力をめいっぱい発揮する」ということがあります。

「湯田ヨーグルト」で用いられているアルミパウチ容器は、熱伝導率が大変良く、容器内の温度を一定に保ってくれる役割を果たしています。

一定の温度をキープすることで、繊細な乳酸菌が力をめいっぱい発揮してくれるような環境を整え、安定した美味しさを保持してくれます。

「湯田ヨーグルト」のアルミパウチ容器のこだわりポイントのその2として、「においがうつるのを防ぐ」ということがあります。

「湯田ヨーグルト」は、密閉性に大変優れているアルミパウチ容器に入っているので、一緒に冷蔵庫に入れていた他の食品のにおいがヨーグルトに移ってしまうのを防ぐ役割があります。

また、ヨーグルトに入っている乳酸菌やビフィズス菌などは酸素を嫌います。アルミパウチ容器はしっかりとチャックを閉めることによって、酸素などに触れずに保存することができます。

「湯田ヨーグルト」のアルミパウチ容器のこだわりポイントのその3として、「ヨーグルトとホエーが分離しにくい」ということがあります。

一般的なヨーグルトを食べているときにヨーグルトの切り口・すくい口からホエーと呼ばれる液体(乳清)が出てくることに気づいたことがある人もいるでしょう。

「湯田ヨーグルト」は、アルミ容器からヨーグルトをすくい出すときに残ったヨーグルトがホエー部分を抱き込むようにして中央部分へと流れる仕組みとなっているので、自然とヨーグルトとホエー混ざりあうようになっています。

「湯田ヨーグルト」の取扱店

大変話題となっている「湯田ヨーグルト」は、北は北海道・南は沖縄まで、日本全国各地に取扱店があります。

「湯田ヨーグルト」の取扱店の詳しいことについては、ホームページの「取扱店」のところをクリックするとエリアごとに分けられて店名が出てくるので、参考にすると良いです。

ただし、「湯田ヨーグルト」は、口コミなどでも大変評判の高い商品であり、取扱店でも売り切れとなっていたり、欠品となっていたりする場合があるので、必ずいつも手にできるものではないことを頭に入れておくと良いでしょう。

また、取扱店は、時期や諸事情によって変更となる場合もあるので、最新の情報をGETしてからお店に行くことをおすすめします。

成城石井など全国のスーパー

「湯田ヨーグルト」を購入することができる取扱店のひとつめとして、「成城石井など全国のスーパー」があります。

日本や海外の選りすぐり商品の販売がある成城石井や、オーケーストア・イオン・ダイエー・バローなどの日本全国のさまざまなスーパーで「湯田ヨーグルト」の取り扱いがあります。

ただし、同じ地域にある成城石井であってもすべての成城石井のお店が「湯田ヨーグルト」の取扱店となっているわけではないので、気を付けておくと良いでしょう。

詳細は、成城石井の店員さんに尋ねてみるか、行こうと思っている成城石井のお店に電話で先に確認をしてみると確実に「湯田ヨーグルト」を手にすることができるでしょう。

一部のコストコでも取り扱いがある

「湯田ヨーグルト」を購入することができる取扱店のふたつめとして、「一部のコストコでも取り扱いがある」ということがあります。

さまざまな商品が並んでいる会員制の倉庫型店舗であるコストコの一部の店舗でも「湯田ヨーグルト」は販売されています。

コストコ多摩境倉庫店・コストコ金沢シーサイド店・コストコ座間倉庫・コストコひたちなか店・コストコ幕張倉庫店・コストコ札幌店をはじめ、複数の店舗が取扱店となっていますが、すべてのコストコの店舗にあるわけではありません。

また、商品が入れ替えとなることもあるので、現在取り扱いがあっても取り扱わなくなる場合や、その逆の可能性もあります。

「湯田ヨーグルト」の価格

超人気の「湯田ヨーグルト」の価格は、加糖タイプもプレーンタイプもがだいたい720円ほどとなっています。

価格については、それぞれのお店の販売状況・在庫状況・セール状況などによっても変わってくるので、随時チェックをして、安いと思ったときにはまとめ買いをしておくこともおすすめです。

ただし、「湯田ヨーグルト」は、1つの容器に800グラムとたっぷり入っていて、賞味期限が冷蔵で製造日を含んで19日と決まっているので、必ずその期間内に食べきることができる量のみを買うようにしましょう。

また、「湯田ヨーグルト」は、とても人気となっている商品なので迷っている間に売り切れとなることもあるので、目に留まったらすぐにGETしておくと良いでしょう。

「湯田ヨーグルト」の口コミ

「湯田ヨーグルト」を購入して美味しく味わった人が、口コミやSNSなどにたくさんの記事を投稿しています。

「一度食べたらハマってしまった」「もっちりさが堪らない」「いろいろな食べ方ができて自由に使える」などの口コミ記事が多く、とても好まれているヨーグルトなのだ、ということがしっかりと分かります。

口コミやSNSなどからはヨーグルトの特徴がよく分かるだけでなく、アレンジの仕方をUPしている人も多いので、参考にして自由に味わってみることをおすすめします。

「湯田ヨーグルト」をじっくりと食べてみたら、その感想やアレンジ法などについて、上手に記事にまとめて口コミやSNSなどに写真付きで載せて、多くの人と情報を交換して楽しいひと時を過ごしてみることをおすすめします。

美味しいと人気の「湯田ヨーグルト」を購入してみよう!

「湯田ヨーグルト」は、とても美味しいと口コミなどでも大人気となっています。もっちりとした食感が楽しく、自由に使うことができるアルミパウチ容器に入っているヨーグルトです。ヨーグルトを購入しようと思っている場合には、是非「湯田ヨーグルト」も候補に入れて考えてみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
mia-a

新着一覧

最近公開されたまとめ