納豆はいつ食べるのが効果的?おすすめの食べ方やタイミングまで徹底調査!

関東を中心に人気の高い納豆ですが、納豆には食べるのが効果的なタイミングがあることをご存じでしょうか。今回は、納豆はいつ食べるのが効果的なのかについて徹底調査します。いつ食べるのが効果的なタイミングなのかを詳しく解説しますので、納豆好きの人は必見です。

納豆はいつ食べるのが効果的?おすすめの食べ方やタイミングまで徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1毎日の一品に人気の納豆!いつ食べるのがいいの?
  2. 2納豆を健康的に摂取するにはいつ食べるのがベストか
  3. 3納豆のナットウキナーゼを効率よく摂取するには
  4. 4納豆は昼と夜ではいつ食べるといいのか
  5. 5納豆は常温放置で食べるのがおすすめ
  6. 6納豆を料理に使いたい時は?
  7. 7納豆をいつ食べるかに注意してみよう

毎日の一品に人気の納豆!いつ食べるのがいいの?

関東を中心に人気が高い納豆は、毎日の一品に欠かせないという人も多いのではないでしょうか。また、納豆を毎日のように食べていると「納豆はいつ食べるのがおすすめなの?」という疑問が浮かんだ経験をお持ちの人もいるかもしれません。

美容にも健康にも良い納豆ですが、いつ食べることにより一層納豆の健康効果を得ることができるのでしょうか。今回は、納豆の持つ健康効果やダイエット効果を最大限に引き出すために、いつ食べるのがおすすめなのかを検証していきます。

いつ食べることでダイエットを効率化してくれるのか、毎日食べることで一層納豆の健康効果を高める秘訣などがわかるよう詳しく解説していますので、納豆を毎日のように食べている人は必見です。

納豆を健康的に摂取するにはいつ食べるのがベストか

納豆を健康的に摂取するには、いつ食べるのがおすすめなのでしょうか。昔から関東を中心に人気の高い納豆は、健康効果についてはこれまでも取り上げられてきました。

ただし、「いつ食べるのが正しいのか」「いつ食べるのがおすすめなのか」については、あまり取り上げられてきませんでした。ここでは、納豆はいつ食べるかによって大きな栄養効果を発揮する食品であることをご案内していきます。

また、納豆の健康効果を代表するナットウキナーゼとはいったいどのような栄養成分であるのかについても解説していきます。これらについておさらいしておくことで、いつ食べるのがおすすめなのかについての理解度が高まります。

納豆をいつ食べるのが人気となっているのかを知るうえで最大のポイントについて解説していきますので、しっかりとチェックしておきましょう。

いつ食べるかによって大きな栄養効果を発揮

納豆の健康効果やダイエット効果を一層引き出すには、いつ食べるのがおすすめなのでしょうか。それを知るためには、納豆の健康効果がどのようなものであるのかをあらかじめ知っておくことが欠かせません。

納豆にはたくさんのたんぱく質やミネラルなどの栄養成分が含まれており、それらの成分に関してはいつ食べるかによって健康効果やダイエット効果に影響を及ぼすことはあまりないとされています。

就寝2時間前に食事をすること自体が健康に害を及ぼすとされていることから、就寝前に納豆を食べることはもちろんおすすめしません。

納豆の栄養成分の1つに、大豆イソフラボンと呼ばれるものがあります。この大豆イソフラボンが、今回のテーマのカギの1つとなってきます。なぜなら、大豆イソフラボンは納豆を食べるタイミングによって一層の健康効果を発揮してくれるからです。

納豆の健康効果を一層高めるため、後ほど紹介する”納豆は昼と夜ではいつ食べるといいのか”のなかで、大豆イソフラボンの摂取のおすすめのタイミングについて詳しく解説していきます。

納豆に含まれるナットウキナーゼとは

納豆を毎日食べているコアな納豆好きの人であれば、ナットウキナーゼという栄養成分について一度は聞いたことがあるでしょう。ナットウキナーゼとは、その名の通り納豆ならではの栄養成分です。

ナットウキナーゼと大豆イソフラボンの健康効果やダイエット効果、そして美容効果を引き出すために、おすすめの食べる時間帯というものが存在します。ナットウキナーゼとは、納豆のネバネバのもとのことを指します。

正確には、納豆独特のネバネバ成分である納豆菌に含まれる酵素のことを指し、納豆の健康効果を語るうえで欠かせない存在です。このナットウキナーゼがあることにより、納豆の血液サラサラ効果が期待できます。

ナットウキナーゼが血中に入ると血管内に固まった血栓を溶かしやすくしてくれます。血栓は血流を悪くする要因の1つとされているため、ナットウキナーゼを毎日摂取することでサラサラの血液を維持することができるようになります。

ナットウキナーゼによる血液サラサラ効果は非常に高く、医療の世界では「手術前に納豆を摂取することを控えるよう」呼びかける機関が実際に存在したりします。

理由は、納豆によって血液の流れが良くなりすぎてしまい、手術の内容によって血液がうまく凝固せず危険視されることがあるためです。それほどまで高い血液サラサラ効果は、納豆に含まれるナットウキナーゼによるところが大きいのです。

ナットウキナーゼと聞くと「加熱すると死滅する」というイメージが広く定着しています。実際に納豆を高温で加熱すると、ネバネバ成分が減り次第にまったくなくなります。

納豆のナットウキナーゼを効率よく摂取するには

ナットウキナーゼは高温に弱く、温かいご飯に乗せるだけでも減少するとされています。ナットウキナーゼの健康効果を最大限に発揮するには、納豆に付属のタレをあえて入れずにそのまま混ぜることです。

ナットウキナーゼは納豆に付属しているタレにも弱いとされています。納豆をタレに入れて混ぜると、タレを入れないで混ぜる時に比べてネバネバが確かに弱まることがわかります。

何も入っていない状態の納豆をそのまま混ぜ、放置したあと食べる直前に付属のタレやお好みの薬味をトッピングしましょう。毎日納豆を食べるコアな納豆好きの人に人気の方法として、あらかじめ混ぜておくことは広く定着しています。

納豆は昼と夜ではいつ食べるといいのか

納豆独自の栄養成分であるナットウキナーゼ、そして大豆食品に多く含まれる大豆イソフラボンの健康効果を最大限に引き出すには、いったいいつ食べるのがいいのでしょうか。

ナットウキナーゼと大豆イソフラボンの栄養効果を考慮したうえで栄養効果・メリットが大きい時間帯を見ていきましょう。

納豆の栄養効果・メリットが大きい時間帯は朝や昼ではなく夜です。そこで気になるのが、夜に納豆ご飯を毎日食べるとダイエットに影響をきたさないかについてです。

栄養効果・メリットが大きい時間帯

納豆の大豆イソフラボンやナットウキナーゼの栄養効果・メリットが大きい時間帯は、昼ではなく夜とされています。もちろん納豆は朝に食べても昼に食べても高い健康効果を発揮する食品であることに変わりありません。

ではなぜ、夜に納豆を食べることを推奨するのでしょうか。まず、納豆を夜食べることで血液の巡りが改善されます。また、納豆の持つ隠れたストレス解消効果を発揮し、安眠へといざなってくれるからです。

血液の巡りの改善についてはナットウキナーゼの効果が強いことは先ほどご案内した通りですが、もっとも血の巡りが停滞する就寝中に血液サラサラ効果が発揮されることにより、血栓ができるのを予防します。

また、肌のダメージの回復に欠かせない成長ホルモンを分泌するのも就寝中であり、ビタミンB群をはじめとする美容成分が成長ホルモンを促進することにより美容効果も期待できるようになります。

大豆イソフラボンにはストレスホルモンをブロックする働きがあるため、ぐっすりと深い眠りにいざなうことで成長ホルモンをより多く分泌することにつながるとされているのです。

ダイエットの時はいつ食べるかで効果が変わる

「納豆だけならまだしも、ご飯を夜に食べるとダイエットに逆効果なのでは?」と感じた人も多いかもしれません。ご飯をはじめとする炭水化物には糖分が多く含まれているため、夜に食べることはできるだけ避けたいところです。

そういう人には、もちろん朝や昼に納豆を食べることをおすすめします。しかし、炭水化物を無理に避けると、ダイエットにも健康にも逆効果になる可能性が指摘されています。人間が睡眠をする時には、多くのエネルギーを消費します。

この時にエネルギーを蓄えていないと「寝つきが悪い」「途中で何度も目が覚めてしまう」「眠りが浅い」などの減少を引き起こす要因になります。良い睡眠は健康にも美容にも、そしてダイエットにも欠かせません。

特に、成長ホルモンはダイエットの強い味方です。成長ホルモンが大量に分泌される人は太りにくいとされるほど、成長ホルモンとダイエットには深いかかわりがあります。

ご飯を7時前後に食べることによって、成長ホルモンが活発になる22時から26時にエネルギーが行き渡るようになります。また、成長ホルモンが活発に機能しているタイミングに、納豆の良質なたんぱく質が行き届くことでたんぱく質の吸収を補助してくれます。

成長ホルモンによって吸収を促されたたんぱく質は、傷んだ筋肉や髪、神経などを補修してくれる作用があります。結果、睡眠にも良い影響をきたし血管の修復や脂肪の燃焼、肌トラブルの回復などが重点的に行われるようになります。

血液を構成するのはほとんどが水とたんぱく質、そして鉄分です。納豆には多くのたんぱく質と鉄分が含まていることから、納豆の血液サラサラ効果はナットウキナーゼによるものだけではないことがわかります。

ダイエットのためだからと言って、夜ご飯の炭水化物を抜くと逆効果になることが多いことを覚えておきましょう。

納豆ダイエットが一時期大人気になったことからもわかるように、納豆ご飯はダイエットをする人にとって強い味方です。根強い人気の納豆ダイエットを取り入れ、健康効果とダイエット効果どちらも手に入れましょう。

納豆は常温放置で食べるのがおすすめ

納豆を食べるタイミングは夜がおすすめなことがわかったところで、納豆の持つ健康効果や美容効果を一層日出す簡単なテクニックをご案内します。

納豆を保存する場所はもちろん冷蔵庫が基本ですが、納豆を食べる少し前は常温放置で食べるのがおすすめになってきます。

なぜ常温放置がおすすめなのかというと、ご存じのように納豆のネバネバは、気温の低いところではいまいち発揮されにくいのです。納豆を軽くかき混ぜるだけでネバネバを発生させることができるのは、気温の低い場所ではなく常温です。

常温放置後はいつ食べると良いのか

納豆のネバネバ成分であるナットウキナーゼを大量発生させたいなら、冷蔵庫から20分ほど常温に戻し放置しておくことです。この一手間をすることによって、納豆のネバネバをたくさん増やすことができるようになります。

ポイントは、20分ほど常温放置した納豆をタレを入れずにたくさんかき混ぜることです。タレを入れて長時間放置すると、ナットウキナーゼの多くは死滅してしまいます。食べる直前にタレや薬味を入れて軽く混ぜ、ごはんに乗せて食べるのがベストです。

さらに言うと、ナットウキナーゼは熱に弱いためアツアツのごはんではなく少し冷ましたご飯で食べるのがおすすめになってきます。

納豆の健康成分はナットウキナーゼだけではありませんが、強力な血液サラサラ効果を持つナットウキナーゼをまるごと摂取するために以上の手順を丁寧に行ってみましょう。

納豆を料理に使いたい時は?

ここまでの説明で、納豆はデリケートな食材であることがわかりました。今回の記事の最後に紹介するのは、納豆を料理に使う時のポイントについてです。納豆料理は人気が高く、麺類やパンなどご飯以外の炭水化物にもとても良く合うことで知られています。

そこで気になるのが、「デリケートな納豆に調理を加えていいの?」ということです。タレを入れてごはんに乗せるだけでもたくさんの手順があったのは先ほどご案内した通りですが、納豆パスタや納豆トーストなど納豆を使った人気の料理では、それらの手順を守っているとは限りません。

ナットウキナーゼをまるごと摂取したい時に、それらは重要な要素ですが、納豆の持つ健康効果はナットウキナーゼだけではありません。そのため、納豆をより美味しく食べたい時にナットウキナーゼをあえて無視した調理をすることがよくあります。

加熱調理する時

70度以上の温度では、ナットウキナーゼは生きていくことができません。そのため、納豆を加熱調理するとナットウキナーゼの健康効果は期待できません。ただし、納豆は加熱することで旨味が引き出され、納豆の独特の風味や香りも飛ぶようになります。

ごま油などで過熱し、ネバネバが完全になくなった状態の納豆は香ばしい豆料理として利用することができます。ごま油で炒めた納豆は、ナットウキナーゼが失われた代わりにたくさんの栄養効果と旨味が凝縮された状態になります。

納豆が苦手な人や子供に納豆を食べさせたい時には、ネバネバが完全になくなった納豆料理を食べさせてあげると納豆嫌いを克服できるかもしれません。

納豆をいつ食べるかに注意してみよう

毎日の食卓に欠かせない人気の食材である納豆は、美味しいだけでなく健康効果が高いことで人気の食材です。健康効果と美容効果、そしてダイエット効果の高い納豆の優れた効能を一層発揮するなら、朝や昼ではなく夜に食べることがベストです。

なるべく常温に近い状態で納豆を混ぜ、食べる直前に少し冷ましたごはんに乗せて納豆ご飯を食べるようにしましょう。栄養抜群の納豆ですが、毎日食べると偏った栄養バランスになる可能性もあります。毎日の食事に取り入れると同時に食べすぎにも注意してましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ