のんのんびよりの聖地を巡礼!和歌山や埼玉など舞台となったスポットは?

漫画やアニメで大人気となった「のんのんびより」はその田舎の雰囲気がのどかだと人気が高く、聖地巡礼を楽しむ人も多いです。そこでのんのんびよりの聖地とされている場所について、そのアクセス方法やおすすめポイントなどを含めて紹介します。

のんのんびよりの聖地を巡礼!和歌山や埼玉など舞台となったスポットは?のイメージ

目次

  1. 1のんのんびよりのおすすめ聖地をご紹介
  2. 2人気アニメ・漫画『のんのんびより』とは
  3. 3のんのんびよりの聖地の場所は?
  4. 4のんのんびよりの聖地は全国にある
  5. 5のんのんびよりの有名な聖地巡礼スポット
  6. 6のんのんびより聖地巡りの人気グルメスポット
  7. 7のんのんびより聖地巡りのマナーと注意点
  8. 8のんのんびより聖地巡りを楽しもう

のんのんびよりのおすすめ聖地をご紹介

のどかな雰囲気が人気となっている「のんのんびより」は、その雰囲気を味わいたいという方を中心に聖地巡礼を楽しむ方も多い作品です。では、のんのんびよりの聖地はどのようなところにあるのでしょうか。和歌山や埼玉と言った中心的な聖地を含め、人気の聖地巡礼スポットを紹介します。

人気アニメ・漫画『のんのんびより』とは

「のんのんびより」というのは、日本の人気漫画です。漫画としては2009年から2021年にかけて連載が行われ、さらに番外編として「のんのんびよりりめんばー」が2021年から2022年にかけて連載されました。

さらにメディアミックスとしてテレビアニメや劇場版も作られ、こちらも大人気となり、その舞台となった場所を訪れる聖地巡礼環楽しむという方も多くなりました。のんびりした雰囲気の作品ということから、その雰囲気を味わいたいという方が多く見られます。

では、「のんのんびより」とはどのような作品なのでしょうか。まずはのんのんびよりの作品の内容について紹介していきましょう。

旭丘分校に通う学生たちの日常を描いた作品

では、のんのんびよりというのはどのような物語なのでしょうか。のんのんびよりの主人公は小学校5年生の一条蛍です。蛍は両親の仕事の関係で東京から引っ越し、「旭丘分校」に転校してきました。

引っ越してきた場所は道路に「牛横断注意」の看板があり、バスは5時間に1本ほどしかありません。そして転校した旭丘分校は小中併設校であり、生徒は自分を入れても5人しかいない学校でした。物語はこの5人の生徒たちの日々の光景について描かれています。

この作品がアニメ化された時、ファンタジーとしての田舎の雰囲気を重視し繊細な製作が行われました。そのためマンガはもちろんですが、アニメでものんびりした田舎の雰囲気がよく表現されており、このことによってその雰囲気を愛してファンになる方が多く見られました。

そのため、アニメ化の段階で田舎暮らしへのあこがれから聖地巡礼などを楽しむ人が増え、同時に発売されていた単行本が増刷になるほどの人気となりました。のんのんびよりは大ヒットした漫画、アニメとなったのです。

「にゃんぱすー」とは

さて、この「のんのんびより」の中で特に知られている言葉の一つに「にゃんぱすー」があります。この言葉は2013年度にアニメの流行語大賞で金賞を獲得したというものです。どのような言葉なのでしょうか。

「にゃんぱすー」はのんのんびよりの登場人物の一人、小学一年生の宮内れんげが挨拶で使う言葉です。「こんにちは」などのような挨拶で使う言葉なのですが、のんのんびよりの醸し出す幸せな雰囲気をあらわす言葉として大人気となりました。

実際にイベントなどで「みんなでにゃんぱすーと言う」などもあったようで、SNSなどを見ても唱えると幸せな気分になるという形で使われることが多いと言われ、現在ではのんのんびよりを離れ、一つの流行語として広く知られるようになっています。

のんのんびよりの聖地の場所は?

さて、のんのんびよりに限らず、近年ではアニメやドラマなどの舞台となった場所を訪れる「聖地巡礼」が大人気となっています。実際にその舞台となった場所に行き、登場人物と同じ空気を味わうのはおすすめの楽しみ方の一つと言えるでしょう。

一般的には作者の出身地や居住地などを中心に、聖地と言われる場所を特定することはよく行われており、また地元でもその人気をもとに聖地巡礼マップなどを作り、観光スポットとしている所も少なくありません。

のんのんびよりは言うまでもなく、田舎のあこがれを詰めたような景色が人気となっており、実際に聖地巡礼をしたいというニーズもとても高いです。しかし漫画などをよく見ると、東京から新幹線で6時間かかり、雪が降るのに瓦屋根といった具合で、矛盾がいろいろあるのです。

のんのんびよりの聖地は全国にある

「のんのんびより」の聖地が今述べたように気候などを見た時に矛盾が多い理由はなぜなのかというと、「特定の場所ではない」からなのです。一般的に聖地巡礼をするアニメなどの場合、中心となる地域があるものですが、のんのんびよりにはありません。

作者は漫画の中で「どこかの町を舞台にしたのではな」く、「究極の田舎」のような場所を作ったと述べています。つまりいわゆる「田舎」らしい景色の場所を日本各地から集めて、のんのんびよりの「舞台」が作られています。

ですから、実際にのんのんびよりの聖地と言われるところは、和歌山県や埼玉県、千葉県に沖縄県とまさに多岐にわたります。のんのんびよりの聖地巡礼をするのはなかなか一気にというのは大変そうです。

のんのんびよりの有名な聖地巡礼スポット

それでは次に、「のんのんびより」の聖地と言われる場所について具体的に紹介していきましょう。今述べたように、のんのんびよりの聖地は日本全国に広がっており、この場所に行けば聖地巡礼が一気にできるというわけではありません。

しかしその中にあって、のんのんびよりの聖地としてぜひとも行っておきたいおすすめの場所というのがあります。そこでそのおすすめの場所を中心にして、のんのんびよりの聖地についてアクセス方法なども含めて紹介していきます。

旧小川町立小川小学校 下里分校(埼玉県)

「のんのんびより」の聖地巡礼と言ったらここは外せません。必須の聖地となっているのが、「旧小川町立小川小学校 下里分校」です。場所は埼玉県比企郡小川町にあります。旧と付いていることでわかるように、現在は廃校となっています。

この学校はのんのんびよりの中で「旭丘分校」のモデルとなっています。現在は廃校ですが、現在でもNPO法人が管理をしているため、校庭、トイレなどは基本的に無料開放されていて、地域交流などでよく使われているということです。

埼玉県にあるので、比較的アクセスしやすい印象ですが、最寄り駅のJR八高線「小川町」駅から車で行くところです。埼玉県内を車で回る方はいいですが、それ以外の方はレンタサイクルなど利用するのがおすすめです。埼玉県の雰囲気のいいところなので、ぜひ行ってください。

妻女山展望台(長野県)

「のんのんびより」の第10話で、みんなで初日の出を見に行くシーンがありますが、その聖地となっているのが、長野県長野市にある「妻女山展望台」です。ちなみにこの場所はあの川中島の戦いの時に上杉謙信が本陣を置いた場所であり、長野盆地が一望できると人気の観光スポットでもあります。

もちろんアニメと同様に初日の出を見るのにもおすすめの場所であり、近くの方などが訪れることも多いようです。またさくらの名所としても知られるので、この時期に行くのもおすすめです。

アクセスですが、長電バス「屋代須坂線」で「岩野」バス停から徒歩で20分ほどかかります。車でアクセスする場合は「長野」ICから10分ほどですが、展望台入口から展望台まで道が狭いので、大型の車では行くことはできません。

かつらぎ町(和歌山県)

先ほど、「のんのんびより」の外せない聖地として埼玉県の学校を取り上げましたが、もう一つの外せない聖地が和歌山県にあります。のんのんびよりの登場人物が住む景色などの多くは、和歌山県伊都郡かつらぎ町の風景と言われています。

和歌山県のかつらぎ町には「天野の里」という場所があり、この場所がのんのんびよりの風景のモデルとして使われています。そのため和歌山県のこの場所に行くと、アニメなどで見た風景をあちらこちらで見ることができます。

和歌山県かつらぎ町へのアクセスはJR和歌山線「笠田」駅が最寄りとなります。しかしこの駅からは距離があるため、コミュニティバスを使うとよいでしょう。また和歌山にはいろいろな観光スポットがあるため、それらと共に和歌山観光のついでに聖地巡礼をするのもおすすめです。

吉井の大井戸(千葉県)

「のんのんびより」第4話で、れんげがお友達と一緒に出かけた水車小屋は、千葉県南房総市に聖地があります。「吉井の大井戸」という井戸で、富山の麓の地下水が湧水として湧いており、地元の生活用水、農業用水として現在でも大切に使われています。

この吉井の大井戸は南房総市の指定文化財であり、名水百選にも選ばれています。この水車で昔はそばをついていたそうです。静かな集落の中にある水車小屋ということで、雰囲気もとてもいい、おすすめの聖地です。

アクセスですが、JR内房線の「岩井」駅が最寄りで、そこから市営バスに乗り「井野」で下車すると徒歩で5分ほどのところです。ただしバスの本数が少ないので、行く場合には前もって時間をしっかり確認して行くことをおすすめします。

竹富島(沖縄県)

「のんのんびより」は劇場版アニメ「のんのんびよりばけーしょん」が作られています。その物語の中で登場人物たちは沖縄に行くのですが、その舞台となったのが竹富島です。そのため竹富島の景色は劇場版の中でいろいろ取り上げられています。

飛行機で降り立ったのは沖縄県石垣市にある「新石垣空港」ですし、映画の中でみんなが宿泊する民宿「にいざと」は竹富島にある「やど家たけのこ」です。またキービジュアルになっている「西桟橋」は夕陽がきれいな観光スポットとして、島中の宿泊客がみんな集まるくらいの人気スポットです。

ちなみに「やど家たけのこ」は実際に営業しているのですが、六部屋しかなく、一日六組限定で宿泊することができます。ですから、のんのんびよりの聖地巡礼で行く場合は早めに予約をしてぜひ宿泊することをおすすめします。

また、劇場版のオリジナルキャラクターで、「にいざと」の看板娘である新里あおいが通っている中学校は竹富町立竹富小中学校です。ちょうど竹富島の真ん中あたりにありますが、今も学校なので、基本的に立ち入りはできません。

このように、のんのんびよりの劇場版聖地として外せない竹富島ですが、アクセスは石垣空港から船で渡ることになります。石垣港からは高速船で10分から15分くらいで行くことができます。

高橋商店(東京都)

「のんのんびより」第二話で蛍と同じ学校に通う越谷小鞠が訪れ、その後も登場人物たちが訪れる駄菓子屋さんは、東京都葛飾区にある「高橋商店」というお店です。こちらのお店も駄菓子屋で、創業60年以上という古い木造のお店です。

近くに小学校もあるようで、日常的に子供たちがよく訪れている駄菓子屋でもあります。駄菓子というだけでも懐かしい気分になるものですし、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。のんのんびよりのほか、某映画でも登場しているということで、そちらで聖地巡礼する方もいるようです。

アクセスは東武スカイツリーラインの「小菅」駅が最寄りです。徒歩10分ほどなのでのんびり行ってみてはいかがでしょうか。お店は子供たちが立ち寄りやすい平日の夕方に開いていることが多いという情報もあります。

柿の木駅(新潟県)

「のんのんびよりりぴーと」の第一話に出てくる有名な聖地の一つが「柿ノ木駅」です。新潟県魚沼市にある駅なのですが、実はこの駅はJR只見線の駅でアニメが放送される直前の2015年に廃駅となっています。

アニメが放映されていた時にはまだ駅舎などが残っていたのですが、その後取り壊され、現在はホームも駅舎もありません。しかも私有地となっていることから、立ち入りも難しいようです。車などで行って軽く景色を見て帰るという感じで聖地巡礼がおすすめです。

Thumb竹富島で人気の民宿・ホテルまとめ!おすすめのゲストハウスなども!
綺麗な海と、広い空を満喫できる竹富島。沖縄本島とはまた違った魅力が満載です。そんな竹富島は、...

のんのんびより聖地巡りの人気グルメスポット

先ほど、聖地巡礼の楽しみとして、同じ景色の中に立ち、登場人物の空気感を味わうということを述べました。同様に聖地巡礼の楽しみとして挙げられるのが、美味しいグルメを楽しむことです。特に登場人物が行ったお店などはぜひおすすめしたいところです。

のんのんびよりの場合、登場人物が子供であり、舞台が田舎ということもあって、カフェなどでお茶を飲むシーンなどがたくさん出てくるわけではありません。しかし、のんのんびよりの中にも、聖地巡礼の際にぜひおすすめしたいグルメスポットがあります。

そこで次に、のんのんびよりの聖地巡礼の際におすすめしたいカフェとして、埼玉県にあるカフェを紹介します。ぜひ聖地巡礼の際に行ってみてください。

分校カフェMOZART(埼玉県)

先ほど紹介した「旧小川町立小川小学校 下里分校」ですが、NPO法人で管理していると述べました。実はその用務員棟が「カフェ&移住サポートセンター」という形で開放されており、リノベーションされて立ち入りできるようになっているのです。

水曜日から日曜日までの11時から15時という、ランチタイムだけの営業ではあるのですが、地元埼玉の食材を使った料理やデザートが楽しめるうえ、「のんのんびより」の旭丘分校の雰囲気も味わえるということでぜひおすすめしたいところです。

なお、こちらの学校は基本的には校舎内などは立ち入り禁止なのですが、さくらの時期には中に入れるということなので、埼玉の桜の時期をチェックして行ってもいいかもしれません。さくらが咲くシーンはアニメにもあるので、そちらを体験するのも人気です。

のんのんびより聖地巡りのマナーと注意点

最後に、「のんのんびより」の聖地巡礼をする際の注意点について紹介します。ここまで述べてきたように、のんのんびよりは田舎の雰囲気を大切にして作られている作品ということもあって、聖地と言われるところはふつうの集落などにあることが多いです。

そのため、普通の聖地巡礼以上にマナーを守ることが大切になります。特に学校など立ち入りできない場所には立ち入ってはいけません。アニメと同じ構図の写真を撮りたいという時でも十分注意し、迷惑をかけることがないようにしましょう。

のんのんびより聖地巡りを楽しもう

「のんのんびより」は豊かな自然があふれる作品で、聖地巡礼でもその美しい景色を楽しめる場所が多くあります。

アクセスが大変なところもありますが、その雰囲気のよさは行く甲斐があるというものです。全国に散らばっているので、ぜひ観光のついでに聖地巡礼も楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ