「月と花」は銀座で大人気のジャムパン専門店!おすすめのメニューは?

銀座で人気のあるジャムパン専門店「月と花」。月と花はさまざまな種類のフルーツを使用したジャムパンを販売しており、子供から大人まで人気があります。メニューの豊富な月と花は季節限定のジャムパンもあり、パンへのこだわりが強いのでパン好きの方におすすめです。

「月と花」は銀座で大人気のジャムパン専門店!おすすめのメニューは?のイメージ

目次

  1. 1銀座の人気ジャムパン専門店「月と花」をご紹介
  2. 2銀座「月と花」とは
  3. 3銀座「月と花」のジャムパンへのこだわり
  4. 4銀座「月と花」の店舗販売のおすすめメニュー
  5. 5銀座「月と花」のオンライン通販のおすすめメニュー
  6. 6銀座「月と花」のジャムパンの食べ方
  7. 7銀座「月と花」のジャムパンの賞味期限
  8. 8銀座「月と花」の詳細情報
  9. 9銀座「月と花」の美味しいジャムパンを味わおう

銀座の人気ジャムパン専門店「月と花」をご紹介

銀座で人気のあるジャムパン専門店「月と花」。月と花はさまざまな種類のジャムパンを提供しており、メニューによって風味の違う旨味を楽しめます。使用しているフルーツはすべて国産とジャムパンへのこだわりが強いです。

今回はそんな銀座でおすすめのジャムパン専門店「月と花」について詳しくご紹介します。月と花のおすすめメニューはもちろん、月と花へのアクセス方法など基本情報もお伝えしていくのでぜひチェックしてみてください。

銀座「月と花」とは

銀座で焼き立てのジャムパンを提供している専門店「月と花」。月と花は甘味のあるジャムパンよりも、フルーツ本来の旨味を活かしたジャムパンになっているので、常連の方からは「大人のジャムパン」とも言われています。

月と花のジャムパンは今までのジャムパンのイメージを変えてくれ、新しい味わいを楽しめると人気があります。ワクワクするメニューはどれもこだわりが強く、素材は国産のものばかりなので小さい子供でも安心です。

月と花のジャムパンはとにかく種類が豊富。期間限定のジャムパンも販売されているので、毎日通っても新しい味わいを出会うことができます。店内もおしゃれなので、銀座へ観光に訪れてる方にも人気があります。

月と花は浅草でメロンパンで有名な「花月堂」の新業態のパン屋になり、パン生地へのこだわりもあります。月と花のジャムパンは花月堂のメロンパンとは少し違う味わいになっているので、パン好きの間でも話題を集めているパン屋です。

Thumb銀座の有名パン屋まとめ!人気ベーカリーでおすすめのパンも調査!
銀座には有名なパン屋さんがたくさんあり、パン好きにはたまらない街です。老舗のパン屋さんから新...

銀座「月と花」のジャムパンへのこだわり

ジャムパン専門店である月と花は、ジャムパンへのこだわりが強いことでも有名です。ジャムの素材はもちろん、パンへの生地にもこだわりがあるので、他のジャムパンにはない風味を楽しむことができます。

今回はそんな銀座「月と花」のジャムパンへのこだわりについて詳しくご紹介します。初めて月と花でジャムパンを購入する方は、最初に目を通しておくのがおすすめです。

甘味より酸味に注目

通常、甘味のあることで人気のあるジャムパンですが、月と花のジャムパンはフルーツの酸味を最大限利用したジャムを使用しています。そのため、月と花のジャムパンは酸味が強いので甘いのが苦手な方にも人気があります。

月と花で使用しているジャムは、通常スーパーなどで販売されているジャムの糖分と比べると半分以下の量しか使用していません。また、ジャムを後から入れることで余計な熱が入らないのでフルーツ本来の味わいが楽しめます。

ジャムパンは果物の入荷状況によってもメニューが変わっていくので、事前に情報をチェックしておくのがおすすめです。フルーツはすべて国産を使用、全国の美味しいフルーツの旨味を楽しめるので人気があります。

パン生地

月と花のジャムパンは、ジャムだけでなくパンの生地にもこだわりを感じることができます。パンは農大仕込みの「発酵学」を採用しており、パン酵母のベストなタイミングを狙って焼き上げています。

パン生地は外はカリカリ、中はフワフワとした生地になっておりクセになる味わいです。毎日天候や気温によって変動してしまうパン生地にうまく合わせることで、毎日美味しいパンを提供できています。

月と花のジャムパンはジャムとの相性を最大限研究しており、ジャムは後入れすることで生地もしっかりと焼き上げることが可能です。生地には無駄な素材は使用していないので、パンの風味を楽しめると人気があります。

銀座「月と花」の店舗販売のおすすめメニュー

種類豊富にジャムパンを提供している月と花には、人気のジャムパンメニューがたくさんあります。季節ごとのフルーツを使用したジャムは日本の四季を感じることができ、幅広い年代から美味しいと評価を得ています。

今回はそんな銀座「月と花」の店舗販売のおすすめメニューについて詳しくご紹介します。人気のメニューは早々に売り切れてしまう可能性が高いので、なるべく早めにお店へ訪れるようにしましょう。

究極のいちご

月と花の定番メニューといえば「究極のいちご」。究極のいちごに使用されているイチゴジャムは、いちごの形や風味を崩さないように低温で素早く煮込まれています。時間をかけずに作り上げているので、いちごの酸味をそのまま楽しめます。

パンの中にはあふれんばかりのイチゴジャムが入っているので、最後まで美味しい味わいを楽しむことができます。イチゴジャムは毎日手作りしているので、使用しているいちごの種類によっても風味が変わっていきます。

究極のいちごは定番メニューでもあるので、季節を問わず購入することが可能です。ですが、究極のいちごは人気メニューとして売れ行きもあがっており、早々に売り切れてしまうことも。早めにお店へ訪れるのがおすすめになります。

究極のリンゴ

山形県産「ふじ」のリンゴを使用したおすすめのメニュー「究極のリンゴ」。究極のリンゴはリンゴジャムに果肉がしっかりと残っており、シャリシャリとした食感を楽しめます。へらでつぶしながら丁寧に混ぜ合わせています。

究極のリンゴに含まれている果肉は、大きいものだと酸味を、小さいものだと甘味を楽しめるように計算されています。想像以上にリンゴの果肉がゴロゴロと入っているので、食べ応えがあるとも言われているメニューです。

究極のリンゴはふじを使用していることで、上品な甘味を表現しています。そのため、子供よりも大人世代の方に人気を集めており、紅茶やコーヒーとの相性も抜群。午後のティータイムに味わう方も多いジャムパンになります。

温州みかんと柚子

ジャムパン専門店ならではのおすすめメニューが「温州みかんと柚子」。温州みかんと柚子のジャムパンは全国的にも珍しく、見た目はもちろん柚子の香りがとても高いので食欲をそそられるジャムパンとなっています。

温州みかんは甘く、つぶつぶを残しているので食感を楽しむことができます。温州みかんと柚子はテイクアウトセットでも人気のある種類になっており、ジャムパンならではの組み合わせなので新しい風味を楽しめると人気があります。

風味のあるジャムパンは日本の四季を感じることができ、女性から絶大な人気を集めています。体への栄養もしっかりとしており、もちもちとしたパン生地との相性も抜群なので1度食べるとクセになると言われています。

銀座「月と花」のオンライン通販のおすすめメニュー

ジャムパン専門店で人気のある月と花は、店舗だけでなくオンラインでも人気のジャムパンを購入することができます。オンライン限定のジャムパンも販売されているので、事前に公式HPをチェックしておきましょう。

今回はそんな銀座「月と花」のオンライン通販のおすすめメニューについて詳しくご紹介します。銀座の店舗まで行けない方、店舗では販売されていない大きなサイズのジャムパンを探している方は目を通してみてください。

ジャンボめろんぱん

月と花の公式HPでは通常のジャムパンはもちろん、浅草で有名な「花月堂」のメロンパンを購入することができます。ジャンボめろんぱんは浅草の名物となっており、1個でもボリュームがあるので男性からも人気です。

ジャンボめろんぱんは浅草で1日3000個も売れる人気商品となっており、オンラインでは5個セットを購入することができます。ジャンボめろんぱんは日本酒に近い発酵方法で作られており、中のフワフワとした食感がクセになります。

ジャンボめろんぱんは5個セットで1200円となっており、わざわざ浅草へ行かずとも味わえるのでオンラインでも人気の商品となっています。焼き立てのメロンパンをそのまま冷凍しているので、旨味がぎゅっと閉じ込められています。

冷凍となっているので、食べるときは常温に戻してからあじわうようにしてください。常温に戻してからはトーストで焼き上げることで店頭で食べているような味わいを楽しめます。日持ちもするのでお土産にも大人気。

ジャンボめろんぱんを初めて購入する方は、個数に注意が必要です。名前の通りかなり大きなサイズになっているので、女性や子供のいる家庭では1個1人では食べきれないことも。事前に公式HPでもサイズを確認しておきましょう。

Thumb浅草「花月堂」のメロンパンが大人気!おすすめメニューの値段や場所を調査!
東京の浅草エリアで美味しいメロンパンが食べられるということで人気となっている、「花月堂」のお...

銀座「月と花」のジャムパンの食べ方

月と花はさまざまな種類のジャムパンが販売されている専門店になり、美味しい食べ方も教えてくれます。月と花では毎回2個以上ジャムパンを購入し、何日かにわたって味わう方も多くいます。オンラインではそのまま冷凍で配達されてきます。

自宅でも美味しく味わうには、食べ方をしっかりと把握しておきましょう。月と花のジャムパンを翌日以降に食べたい方は、そのまま保存すると固くなってしまいます。専用の袋に入れて保管することで、食感を損なわず味わえます。

ジャムパンを温める際、電子レンジは使用しないようにしましょう。電子レンジだと無駄に温めてしまい、ジャムの旨味が損なわれます。また、食感も固くなってしまうのでジャムパンの旨味が半減してしまうそうです。

ジャムパンを温める場合は、自宅にあるトースターもしくはオーブンを使用するようにしてください。トースター、オーブンは予め温めておくことで、ジャムパンを1分ほど温めるだけで美味しく味わうことができます。

月と花でジャムパンを購入した場合、美味しい温め方を記載された紙も提供してくれるので、初めての方でも安心です。月と花のジャムパンは焼き立てを提供しているので、余裕のある方はその日に食べるのがおすすめ。

銀座「月と花」のジャムパンの賞味期限

ジャムパン専門店である月と花のジャムパンは、基本的に翌日までの賞味期限となっています。専用の袋に入れることで食感も旨味も損なわずに味わえるので、必ず用意しておくようにしましょう。

ジャムパンは冷凍保存することで賞味期限が1週間に伸びます。ですが、1週間以上たつとジャムの旨味がどんどん損なわれてしまうので、早めに味わうようにしてください。ジャムの種類によっても賞味期限が変わるのでチェックしておくのがおすすめです。

ジャムパンを購入したら、保存する際にいつ購入したものかわかるようにしておきましょう。ジャムパンを食べる頻度、そして何人家族なのかでも個数を変えるのがおすすめです。

銀座「月と花」の詳細情報

銀座で人気のある月と花は、駅から少し離れているので予めアクセス方法など確認しておくのがおすすめです。月と花は人気のあるパン屋なので、平日でも多くの人々で賑わっています。目当てのジャムパンがある方は、早めに訪れるのがおすすめ。

今回はそんな銀座「月と花」の詳細情報について詳しくご紹介します。月と花の営業時間はもちろん、アクセス方法までお伝えしていくので、初めて月と花へ訪れる方は目を通しておきましょう。

営業時間

月と花の営業時間は基本的に10時からオープンとなっています。ジャムパンが売り切れ次第営業終了となるので、目当てのジャムパンがある場合は早めに行きましょう。店内も混みあうので、メニューを決めておくのもおすすめです。

月と花は年中無休で営業していますが、新型コロナウィルスの関係で急遽休みになったり営業時間が変更することもあります。そのため、公式HPなどで営業情報を確認しておくことで安心して購入することができます。

果物の入荷状況によっても売れ行きが変わっていくので、焼き立てを味わいたい方は10時の開店時間を狙うようにしましょう。ランチ前後には売り切れてしまっているメニューもあるので注意が必要です。

アクセス方法

月と花へのアクセス方法は、公共交通機関を利用するのがおすすめです。月と花の最寄り駅は東京メトロ日比谷線・浅草線の「東銀座駅」となっています。銀座駅からは少し距離があるので注意しましょう。

東銀座駅からはA2出口を出たら徒歩30秒でお店までアクセスすることができます。駅からも近いので会社や学校へ行く途中、もしくは買い物の帰りでもさっと立ち寄れるので、幅広い世代から便利だと人気があります。

車で月と花へアクセスする場合は、周辺のコインパーキングを見つけておきましょう。残念ながら月と花専用の駐車場が設置されていないので、お店から1番近い駐車場を見つけておくことでアクセスしやすくなります。

住所 東京都中央区銀座4-10-6
電話番号 03-6264-1300

銀座「月と花」の美味しいジャムパンを味わおう

銀座で人気のあるジャムパン専門店「月と花」。月と花はジャムの旨味はもちろん、風味のあるパン生地はクセになると人気があります。月と花の店内はフルーティーな香りを楽しむことができ、国産のフルーツを思う存分味わえます。

月と花には今回紹介した以外にもたくさんのジャムパンが販売されています。ジャムパンは季節によってもメニュー内容が変わるので、ぜひ東京の銀座へ観光の際はジャムパン専門店「月と花」へ足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ