秩父・けやき公園は「あの花」の聖地でお馴染みのスポット!アクセスや駐車場は?

埼玉県秩父市にある「けやき公園」は家族連れなどにも人気ですが、「あの花」という作品の聖地として知られており、同じ写真が撮影できるスポットがあると評判です。そこでけやき公園のおすすめポイントやその時期、またアクセス方法などについても紹介します。

秩父・けやき公園は「あの花」の聖地でお馴染みのスポット!アクセスや駐車場は?のイメージ

目次

  1. 1【埼玉】「あの花」の聖地?秩父・けやき公園とは?
  2. 2秩父・けやき公園のおすすめポイント
  3. 3「あの花」とは?
  4. 4秩父・けやき公園の「あの花」に登場するスポット
  5. 5秩父・けやき公園へ訪れるのにおすすめの時期
  6. 6秩父・けやき公園へのアクセス
  7. 7「あの花」の聖地である秩父・けやき公園へ行ってみよう!

【埼玉】「あの花」の聖地?秩父・けやき公園とは?

近年、アニメやドラマの「聖地」となっている所に実際に足を運ぶことを楽しむ方が増えています。「あの日見た花の名前を僕達は知らない」(あの花)も聖地巡礼で人気の作品ですが、この聖地として知られるのが埼玉県秩父市の「けやき公園」です。けやき公園のおすすめポイントなどについて紹介します。

秩父・けやき公園のおすすめポイント

埼玉県秩父市にある「けやき公園」とはどのような公園なのでしょうか。公園と一口に言っても、その範囲はさまざまであり、街の片隅にひっそりあるような公園から、一日中ピクニックなどが楽しめるほどの大規模なものもあります。

そこでまず、埼玉県秩父市のけやき公園がどのような公園なのか、また見どころはどんなところにあるのかなど、けやき公園そのものについて紹介します。

二つの公園から成り立つ

埼玉県秩父市にある「けやき公園」はけやき公園という名前になっていますが、実際には2つの公園をひとまとめにしてこの名前で呼んでいます。けやき公園は南北に細長い形になっていて、中央に車道が通っています。

この車道を挟んで南側の方、つまり定林寺よりの方が桜木町児童公園、北側が相生町公園という公園です。そして中央の車道のところにトンネルが作られていて、そのトンネルを通って車道をくぐって行き来できるようになっています。

ですから、子どもでも安心して両方の公園を行き来することができますし、もちろん遊具などもあるため、家族で利用したいという方にも人気が高い公園で、休日などは多くの家族連れでにぎわっています。

また、けやき公園には少しですがきれいな桜があります。後で触れますが、ベンチの近くにしだれ桜が植えられていて、ちょうどベンチを囲むようになっています。

このベンチは後で触れる「あの花」のスポットとして人気が高く、特に桜の時期にはとても雰囲気がいいということで聖地巡礼の方も多く訪れる場所となっています。秩父を含めた埼玉の桜の時期は3月下旬が見頃となりますので、この時期を狙っていくのもおすすめです。

「あの花」で登場するスポットがたくさん

さて、けやき公園はもう一つ、「あの花」ファンには外せない聖地として知られています。あの花というのは人気アニメなのですが、このけやき公園はあの花の重要なシーンの聖地となっているためです。

今述べたベンチというのもその一つであり、埼玉県秩父市の有名観光スポットではないものの、ファンの方にとってはぜひ行きたい、重要な聖地として人気の場所となっています。桜の時期のベンチの近くは、桜そのものもそうですが、聖地巡礼をする方にとってもぜひ行きたい場所の一つです。

また、けやき公園周辺にはこのほかにも、あの花の聖地となっている場所があります。ですからそれらの場所と一緒に聖地巡礼を楽しみたいという方にも人気が高く、現在でも多くのファンの方が訪れています。

「あの花」とは?

さて、今述べたようにけやき公園は「あの花」の聖地ということでしたが、そもそもあの花とはどのようなものなのでしょうか。まずはそのあたりから紹介していきましょう。

「あの花」は正式なタイトルを「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」というアニメ作品です。2011年にオリジナルテレビアニメとして制作され、その後漫画、劇場版、実写ドラマと展開され、2022年には舞台版も上演されました。

「あの花」とはどのような物語?

「あの花」は、じんたん(宿海仁太)ら6人の幼馴染が主要登場人物です。彼らは小学生のとき、「超平和バスターズ」というグループを作り、一緒に遊ぶ仲でした。しかしメンバーの一人、めんま(本間芽衣子)が突然事故死したことで、距離が生まれ、疎遠になっています。

高校受験に失敗して引きこもりのようになったじんたんの目の前に、ある日めんまがあらわれます。めんまは自分のお願いをかなえてほしいと頼みますが、その姿はじんたんにしか見えません。そこでじんたんは仲間たちを集め、考えをめぐらします。

めんまの日記から見つけた願い事をかなえようとしたもののめんまは成仏できなかったことから、仲間たちは集まり、めんまへの思いを語ります。その中でめんまはかなえてほしかったお願いの内容を思い出します。

最後の力を振り絞って書いためんまの手紙を読んだ仲間たちは、「めんま、みーつけた」というと、めんまは姿を消すのです。

このアニメは、幽霊というファンタジーが題材には取り入れられているものの、むしろ幼馴染の死という過去を抱えた若者たちの成長や人間関係の絆などが中心に取り上げられているアニメで、その丁寧な演出などが話題となり、高い人気を集めることになりました。

埼玉県秩父市が聖地

さて、「あの花」ですが、埼玉県秩父市が舞台となっています。なぜ埼玉県秩父市が舞台になったのかというと、東京都の微妙な距離感や山に囲まれている土地の雰囲気があの花に合っていたなどの理由があるようです。

最初は埼玉県秩父市が舞台ということは伏せられていたものの、実在の建物や風景などが多く登場しており、現在では舞台については公開されています。また秩父市や秩父市を通る西武鉄道などとの協力関係もしっかりしているため、聖地巡礼もしやすいです。

なお、西武秩父駅からあの花の聖地巡礼をするという場合、駅の中にある民芸品店で聖地巡礼用のマップをもらうことができます。そのため初めての方はこのマップを入手してスタートすることをおすすめします。

けやき公園はその聖地の一つ

埼玉県秩父市を舞台とする「あの花」は、市内にたくさんの見どころがあります。そのうちの一つがこの「けやき公園」です。今述べたようにけやき公園とその周辺には何か所かの聖地があるため、ぜひ行っておきたい場所の一つと言っていいでしょう。

また、けやき公園は言うまでもなく普通の公園ですから、誰でも気軽にアクセスすることができます。自分が都合がいい時にけやき公園に行くことができるため、気軽に聖地巡礼を楽しむことができる点もおすすめポイントと言っていいでしょう。

Thumbあの花の聖地7選!舞台となった埼玉県秩父市のスポットを巡礼!
皆さんは、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」、通称「あの花」というアニメを覚えて...

秩父・けやき公園の「あの花」に登場するスポット

では具体的に、「けやき公園」とその周辺にある「あの花」の聖地について紹介します。ここまで述べてきたように、あの花の聖地となっている場所は埼玉県秩父市の市内にたくさんあるのですが、このけやき公園の近くにも何か所かの聖地があり、ファンの方にはおすすめの場所となっています。

それでは具体的に、けやき公園周辺にあるあの花の聖地について、その場所やおすすめの見どころについて紹介しましょう。実際にこの場所を訪れて、アニメのシーンと重ね合わせて写真撮影など楽しんでみてはいかがでしょうか。

定林寺

まずはけやき公園の隣にある「定林寺」から紹介していきましょう。定林寺は別名「林寺」と言い、林家の持寺として知られ、秩父札所めぐりの17番札所として知られています。お寺としてはそれほど大きくはありませんが、札所めぐりの方など多く訪れます。

正面の欄間の透かし彫りや、1758年に再鋳されたと言われる鐘楼の梵鐘と、その梵鐘に彫られた西国、坂東、秩父百観音のご本尊など、見どころがあるものも多く、特に梵鐘は埼玉県の有形文化財であるとともに秩父三名鐘の一つにも数えられます。

定林寺は「あの花」の中では、超平和バスターズがかくれんぼなどして遊んでいたり、メンバーの仲間たちが座っておしゃべりを楽しんでいたりという形で何度となく登場します。また高校生になった仲間たちがめんまへの想いを吐露するシーンもここが舞台となっています。

実際にお寺に行って見ると、アニメの中で出てきたお寺そのもののであることがわかります。さらに本堂の横にある小坊主の看板も、アニメに書かれた通りのものが設置されていることに気づきます。あの花のシーンの再現も問題なくできるのです。

特にオープニングでは、このお坊さんの看板の横で仲間であるゆきあつ(松雪集)がつるこ(鶴見知利子)にジュースを手渡すシーンが出てきます。このシーンなどを再現して楽しむのも人気でありおすすめと言っていいでしょう。

さらに境内にはあの花のイラストが描かれた絵馬コーナーがあります。ここにはあの花の登場人物を描いた絵馬があり、裏に願い事を書くことができるようになっているため、好きなキャラクターのものを選んで願い事を書くファンの方が多く見られます。

ベンチ

けやき公園の中で外すことができない「あの花」の聖地が「ベンチ」です。第3話でじんたんが疲れて座るベンチがこのけやき公園の中にあるベンチだと言われています。実際に行って見ると、ベンチが一つぽつんと置かれていて、そのときのじんたんの心情をよく表していると言われています。

この時のじんたんは突然死んだはずの幼馴染であるめんまが目の前にあらわれ、そのことに戸惑い疲れはてており、アニメの中でも隠れた名シーンとしてとても人気があります。そのため聖地巡礼するならば外せないと考える方が多いです。

ぽつんと一つ置かれたベンチに座ると、じんたんの気持ちになれるということで、多くの方が実際に訪れています。ベンチの上には先ほど紹介したしだれ桜があり、特に桜の時期には多くの方で人気のスポットとなっているということです。

あの花ポケットパーク

けやき公園の南の坂道沿いは「あの花ポケットパーク」という名前で整備されています。この道は定林寺とあの花のじんたんが通う高校のモデルとなっている「秩父第一中学校」に向かう途中でもあるので、聖地巡礼の際にここを通るという方も多いのではないでしょうか。

小さな植え込みやベンチなどが設置されているため、歩いたりレンタサイクルを使ったりして聖地巡礼をしようという時にはちょうど一休みするのにも便利ですし、雰囲気もいいので人気のスポットとなっています。

なおここは坂道沿いになっていることもあり、先ほど紹介した定林寺をここから見ることもできます。遠景の撮影をしたいという方にも、あの花ポケットパークはおすすめです。

秩父・けやき公園へ訪れるのにおすすめの時期

次に、けやき公園に行くのにおすすめの時期についてです。もちろんあの花の聖地としてはいつの季節に訪れてもいいのですが、中でも特におすすめしたいのはやはり春です。

先ほど少し述べたようにけやき公園のあの花の聖地であるベンチの周りには桜が植えられており、春の時期にはそれらがきれいに咲きます。また定林寺のほうも、参道などに桜がきれいに咲くため、こちらもお花見が楽しめるため人気となっています。

いずれも桜の名所、観光スポットとしてそれほど有名というわけではないことから、ゆっくりと桜を楽しみたいという方にもおすすめであり、聖地巡礼と共に楽しむことができます。もしお花見を考えているなら、こちらもルートに入れてみてはいかがでしょうか。

秩父・けやき公園へのアクセス

それでは最後に、「けやき公園」へのアクセス方法について紹介します。けやき公園は埼玉県秩父市にありますが、市内からは少し距離があります。最寄り駅は秩父鉄道の「秩父」駅なのですが、駅からは徒歩で15分ほどかかるので、ゆっくり散策しながら行けばいいでしょう。

先ほど紹介した西武秩父駅からアクセスする場合は、バスを使うことができます。このバスは秩父駅を通るので、秩父駅からもバスで行くことができます。「札所17番入口」が定林寺の近くで、けやき公園はその隣です。

先ほど述べたように西部秩父駅ならば散策マップなども手に入れられるので、いただいてバスでアクセスするのもおすすめです。もちろん徒歩でいろいろな聖地を回りつつ行くのもいいでしょう。

周辺の駐車場情報

いくつか聖地巡礼をするなら車でアクセスしようという方もいるでしょう。車の場合は秩父市立病院通りから入っていくと、定林寺に出ることができます。けやき公園はそのすぐ近くです。

ただし、けやき公園には駐車場がありません。けやき公園に車で行く場合、定林寺の駐車場を利用するか、もしくは近くのコインパーキングを利用することになります。車で行く場合はコインパーキングの場所なども確認しておくことをおすすめします。

レンタサイクルで回るのもおすすめ

実際に「あの花」の聖地巡礼をしてみるとわかりますが、聖地の場所は秩父市内のあちこちにあります。そのため車などで行くのでなければ、レンタサイクルを使って聖地巡礼を楽しむ方も多いです。

けやき公園は今述べたように駐車場がありませんから、レンタサイクルのほうが小回りが利いていいという面もあります。特に複数のあの花の聖地巡礼をするなら、レンタサイクルが使えるかどうかの確認もぜひしておきましょう。

Thumb西武秩父駅は「あの花」で話題の聖地!おすすめグルメや周辺の観光スポットは?
西武秩父駅は、西武鉄道西武秩父線の終着駅で、都心の池袋からもアクセス至便な人気の観光エリア。...

「あの花」の聖地である秩父・けやき公園へ行ってみよう!

埼玉県秩父市の「けやき公園」はとても雰囲気のいい公園であり、家族連れでも楽しむことができます。また「あの花」の聖地として、アニメと変わらない景色が見られると言うことで人気が高く、多くの方が訪れる場所でもあります。ぜひあの花のシーンをチェックして、けやき公園に行ってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ