神戸の水族館「アトア」完全ガイド!料金やアクセス・駐車場は?

神戸で人気の水族館「アトア」は、新感覚で楽しめるのが魅力。今までの水族館とは違った感覚で楽しむことができるので、神戸の水族館「アトア」は子供から大人まで誰でも楽しめます。「アトア」の魅力を料金やアクセス・駐車場情報と一緒に紹介するので参考にしてください。

神戸の水族館「アトア」完全ガイド!料金やアクセス・駐車場は?のイメージ

目次

  1. 1人気の神戸の水族館「アトア」とは?
  2. 2神戸の水族館「アトア」の魅力
  3. 3神戸の水族館「アトア」のフロア
  4. 4神戸の水族館「アトア」の料金
  5. 5神戸の水族館「アトア」の口コミ
  6. 6神戸の水族館「アトア」の基本情報
  7. 7神戸の水族館「アトア」へのアクセス
  8. 8神戸の水族館「アトア」の混雑情報
  9. 9人気の神戸の水族館「アトア」へ行ってみよう!

人気の神戸の水族館「アトア」とは?

神戸にある水族館「アトア」を知っていますか?アートと融合した新感覚の水族館で、単純に海の生き物を見るだけではなくデジタルアートも楽しむことができます。おしゃれな舞台美術も楽しめるので、デートスポットとしても人気を集めています。

今回はそんな「アトア」の魅力を紹介していきます。はじめて「アトア」にアクセスする方におすすめの見どことや料金・アクセス・駐車場などを紹介していきます。

神戸で人気の水族館「アトア」は、子供から大人まで誰でも楽しめるスポットです。アクセスがしやすいのも魅力になるので、神戸の観光旅行でアクセスしてみるのもおすすめ。水族館「アトア」の魅力をチェックして、楽しみましょう。

神戸の水族館「アトア」の魅力

神戸で人気の水族館「アトア」の魅力から紹介していきます。従来の水族館とは一味違う水族館になっているので、観光の新スポットとしても人気を集めています。水族館の海の生き物だけではなく、幻想的なアートが好きな方にもおすすめになります。

色々な楽しみ方ができるのですが、「アトア」の魅力を知っておくとより満喫することができるでしょう。ここで紹介する「アトア」の魅力はおすすめのポイントでもあるので、「アトア」にアクセスする前にチェックしておくと便利なのでおすすめです。

新しい感覚の水族館

冒頭でも触れているように、神戸の水族館「アトア」は新感覚で楽しめるのが一番の魅力です。デジタルアートが融合することによって、「アトア」は幻想的な雰囲気が楽しめる水族館になっています。アクアリウムを中心に設置された舞台美術も魅力になります。

水槽の中の海の生き物も、デジタルアートが加わることで海の中で観察しているような雰囲気を楽しむことができます。

非現実的な世界観は、何度も足を運びたくなる魅力があります。光や音が織りなすアートは一度は見てみるのがおすすめ。もちろんデジタルアートと言っても、そこに海の生き物がいるからこその美しい世界観になっているのがポイントです。

神戸の水族館「アトア」のアートは、フロア毎に違っているのも特徴です。フロアの詳しい情報はこの後の項目で紹介しますが、世界観なども違っているのがポイント。そんな「アトア」ですが、日本最大級となる球体水槽も魅力の一つになります。

どこからでも見られる球体水槽は、アートと合わさることで美しい世界感を楽しめます。また、「アトア」はシンプルな絵画や壁に描かれた絵も楽しめます。水族館としてだけではない魅力が詰まっているので、一度はアクセスするのがおすすめになります。

都市部にあり、アクセスしやすい

神戸で人気の「アトア」の魅力はアクセス方法にもあります。水族館と言えば、都心から離れた場所にあることが多いです。そのため、休日や連休などを利用してアクセスする方も多いのですが、「アトア」は都市部に造られた水族館です。

海辺にある大型水族館と比べると小さく感じてしまうかもしれません。水族館にあるイルカショーなどが行われるわけではありません。

ですが、「アトア」は2階から4階の3フロアを利用した水族館です。約100種類3000点の生き物が生息しているので都市部でも小型の水族館でもないと言えるでしょう。そのため、「アトア」はオープン前から注目を集めていた水族館になります。

都市部から近くアクセスがしやすいのは、いつでも気軽にアクセスできるというメリットがあります。友達や子供と一緒にアクセスしやすいのはもちろん、デートで利用しやすいのが特徴。その点からも身近に感じられる水族館と言えるでしょう。

また、都市部に近い点は観光スポットとしての魅力もあります。神戸に観光旅行でアクセスした時にも利用しやすくなっています。そのため、気軽にアクセスできるスポットを探している方にも、都市部にある「アトア」はおすすめと言えるでしょう。

神戸の水族館「アトア」のフロア

人気の「アトア」の魅力を紹介するうえで、フロアによる特徴は押さえておきたいポイント。そこで、「アトア」でおすすめのフロアについて紹介します。フロアによって世界観が違っているので、フロア毎にチェックしておくとより楽しむことができます。

「アトア」は9つのゾーンに分かれているのですが、その中でも人気のあるおすすめのゾーンを5つ紹介します。独創的で幻想的な空間になっているゾーンになっているので、初めてアクセスする方は是非チェックして「アトア」を楽しみましょう。

はじまりの洞窟

最初に紹介するのは、「アトア」のはじまりの洞窟です。「アトア」に足を運ぶと最初に訪れるゾーンになっています。洞窟をイメージして造られたフロアで水槽には色とりどりの魚たちが生息しています。小さな水槽が並び小型の可愛い魚と出会えるゾーンです。

そんな「アトア」のはじまりの洞窟では、虹色に輝く魚群が迎えてくれます。洞窟の奥へと導くような魚群は乱反射してより美しさを感じれるのが特徴。

多彩な色彩で飾られている魚群は、一歩足を踏み入れると非日常の世界に案内してくれるように感じられるでしょう。周囲に乱反射しているのはフロアにミラーが使用されているからです。洞窟の中の水中に潜り込んだような感覚を楽しむことができます。

スタートのフロアから独創的な世界観を楽しめる「アトア」は、見るものの心を奪う魅力があります。はじまりの洞窟でも満足度が高いのがポイント。水族館なので魚たちがメインにはなりますが、美しいアートの世界観も楽しまないともったいないです。

はじまりの洞窟で見られるのは、ピラニアナッテリーやカージナルテトラなどです。熱帯魚でも有名なグッピーなども生息しています。照明のカラフルさに負けない鮮やかな魚が生息しているので、水槽を一つ一つチェックしてみるのがおすすめになります。

精霊の森

続いて紹介するのは、精霊の森です。精霊の森のモチーフになっているのは樹海で、木漏れ日の差し込む雰囲気を感じられるゾーンです。

天井から照らすライトが木漏れ日を演出していて、霧が立ち込める幻想的な雰囲気が楽しめます。ライトアップした木々は、本当に精霊が顔を出しそうな魅力があります。水族館と言えば水中をイメージしますが、陸にも海の生き物は生息しています。

精霊の森では水中の世界から飛び出し、名称からもわかるように陸の世界に変わります。ここで出会えるのは川に生息する生き物や両生類になります。水族館では馴染みのない生物に出会えるゾーンになっているのもおすすめのポイントになります。

「アトア」の精霊の森に生息している生物で一番人気があるのが、アルタブラゾウガメ。とても大きなカメで、ゆっくりと歩いている姿を見られるかもしれません。他にもワラビーやウッドチャックなども生息しているので魚以外の生物に出会うことができます。

もちろん「アトア」の精霊の森には、ネオンドワーフレインボーなども生息しています。バラエティ豊かな生き物たちに出会えるので人気のゾーンの一つ。水槽のライトアップで雰囲気が異なっている点も楽しめる要素なのでチェックするのがおすすめです。

和と灯の間

続いては、和と灯の間です。こちらは「アトア」の3階中央に位置するゾーンで、和の世界観を満喫できます。桜の花など四季折々の景色を楽しめます。

映像で映し出せる木々の景色は、日本庭園の世界観を感じられます。カラフルながらも和の心を感じられる世界観になっているので、鮮やかな和と灯の間はゆっくりと回るのがおすすめ。夏の風景では夜空に上がる花火の景色も楽しむことができます。

光で描かれる季節は時間によって移り変わっていくのがポイント。そんな和と灯の間では、日本由来の生き物に出会うことができます。床はガラスになっていて、足元を優雅に鯉やトサキンなどが泳ぎます。見るものの心を奪う空間になっていると言えます。

日本の魚たちに出会える「アトア」の和と灯の間では、幻想的な光と映像が生み出す四季折々の景色と足元を優雅に泳ぐ魚たちを楽しめます。ですが、和と灯の間はそれだけではありません。切り絵作家である酒井敦美の光の切り絵ショーも楽しめます。

子供から大人まで楽しめるゾーンになっているので、切り絵の美しさを楽しむのがおすすめ。移りゆく日本の世界観は、映像や光でも十分に楽しめます。「アトア」の3階の幻想的なゾーンでもあるので、ぜひゆっくりと散策を楽しんでみてください。

奇跡の惑星

「アトア」の奇跡の惑星は、「アトア」の目玉でもある日本最大規模の球体水槽が展示されているゾーンです。水中の中にいるような感覚と宇宙を漂っているような感覚の両方を楽しめるゾーンになります。球体水槽を中心に降り注ぐのは光のレーザー。

海中の中に降り注ぐ太陽光のような雰囲気も感じられるのですが、星の輝きのような美しさも併せ持っていて飽きることなく眺められます。

足元は無数の星をイメージした空間になっていて、訪れたことがあるような既視感を体験することができます。光の演出をすることによって、宇宙が持つ神秘的な雰囲気も楽しむことができるので奇跡の惑星はチェックしておくのがおすすめです。

「アトア」の奇跡の惑星の球体水槽には、小さく可愛らしい魚たちが生息しています。サクラダイやチョウチョウウオなどカラフルな魚が揃っているのがポイント。光のレーザーが当たる角度によっては、カラフルな魚たちも違う形に見えるのがポイント。

日本最大級の球体水槽だけでも見どころは満載になりますが、神秘的な世界観を海の生き物と一緒に楽しむのがおすすめです。「アトア」の中でも一番人気の高いゾーンになっているので、心ゆくまで観察して楽しんでみてはいかがでしょうか。

空辺の庭

最後に紹介するのは、「アトア」の空辺の庭です。「アトア」の4階にある空辺の庭は、水と緑が広がる広場になっています。空に通じる開放的な世界になっているので、ゆっくりと「アトア」を散策した後に休憩をする場合には最適なゾーンになります。

また、空辺の庭は神戸港の景観も楽しむことができます。潮風を肌で感じながら楽しめる空間でベンチなども設置されています。もちろん、「アトア」の空辺の庭では生き物たちと出会うこともできます。

「アトア」の空辺の庭には、カピパラやカワウソが生息しています。愛くるしい表情で迎えてくれるので、癒しの空間になっています。水族館のアイドルでもあるペンギンが生息しているのも、空辺の庭になっているのでおすすめになります。

これまで紹介してきたゾーンと違い外の世界になるので、景色はもちろん肌で感じられる風と一緒に楽しむのがおすすめ。

神戸の水族館「アトア」の料金

ここからは、「アトア」の料金について紹介します。「アトア」にアクセスする場合にかかる入場料金などは、チェックしておきたい要素の一つと言えるでしょう。

「アトア」の料金は、中学生以上が2400円で小学生は1400円です。3歳以上の幼児は800円で、3歳未満は無料で入場することができます。料金は決して高すぎないので、アクセスしやすい料金設定になっていると言えるでしょう。

ですが「アトア」の料金は変更時期があります。ゴーデンウィークなど料金が高くなる時期があり、こちらは中学生以上が2700円で小学生が1600円、3歳以上が900円で3歳未満は無料で入場することができます。料金変動期間は公式サイトで確認ができます。

「アトア」の料金は前売りなどで割引がないので、安く購入することができません。ですがお得に購入したい場合には電子マネーやクレジットカードなどを購入するのがおすすめ。料金の割引はありませんが、ポイントなどを貯めてお得にすることができます。

「アトア」は年間パスポートが設定されていません。そのため、都度入場料金を支払う形になります。また、手帳を持っている方は割引料金で入場することができます。アクセスする時には手帳の提示が必要なので忘れないようにしましょう。

神戸の水族館「アトア」の口コミ

「アトア」は神戸で人気のある水族館になるので、口コミ情報も多数寄せられています。そんな「アトア」ですが、口コミを見ると賛否両論の意見があります。高評価の意見としては、映えスポットとして最高としている方が多いのが特徴です。

水族館としてだけではなく光やデジタルアートが加わることで、違う世界観を楽しめると言われてます。演出効果があるので、何度も飽きずに楽しめると言う方も少なくありません。心が奪われると言う方も多いので、人気があるのが口コミからもわかります。

高評価の意見が多い「アトア」の口コミですが、低評価の意見もありました。低評価と言ってもデジタルアートなどの演出に関しては好意見となっています。否定的な意見としては従来の水族館と比べて、大きな水槽が設置されていない点になります。

大きい水槽の広々した空間をイメージしている方の場合には、期待している分ガッカリしてしまう部分があるようです。都市型の水族館になるので規模が小さめになるのをチェックしておくと、楽しみやすくなるのでおすすめになります。

神戸の水族館「アトア」の基本情報

「アトア」は、年中無休で営業している水族館です。営業時間は10時から21時までになっているので、アクセスする場合には時間帯に注意するようにしましょう。年中無休で営業している水族館なのでいつでもアクセスできますが、日時指定入場制になります。

「アトア」は、来場の1ヶ月前から予約することができるようになっています。予約の空き状況なども確認することができるので、アクセスする日付がわかっている場合には早めに予約するのがおすすめ。特に週末などは予約がいっぱいになる場合が多いです。

「アトア」は日時指定入場制になりますが、入場後の滞在時間に関しての規定はありません。例えば昼に入場したとしても閉館時間まで滞在することも可能です。ゆっくりと過ごすことができるので、1日「アトア」で楽しんでみるのもおすすめになります。

また、「アトア」には授乳室などのベビールームも完備されています。授乳室は1カ所になりますが、おむつ替え室は2階と3階に完備しています。赤ちゃんと一緒に美しい世界を楽しむこともできるので、ぜひ一度「アトア」に足を運んでみてください。

Thumb兵庫の水族館と動物園おすすめランキング!大人気施設へのアクセスも紹介!
水族館や動物園といえば、デートは子ども連れでのお出かけなどの人気スポットなのですが、兵庫県に...

神戸の水族館「アトア」へのアクセス

「アトア」の魅力や料金などを紹介しましたが、「アトア」の場所がわからないとアクセスすることができません。そこで、「アトア」のアクセス方法や駐車場情報を紹介します。

「アトア」は、公共交通機関を利用してアクセスすることも可能ですし、遠方から車でアクセスすることも可能です。それぞれ個別に紹介していくので、「アトア」にアクセスする前にしっかりとチェックしておきましょう。

公共交通機関でのアクセス

まずは公共交通機関を利用した場合のアクセス方法です。最寄駅は2カ所あり、その一つが三宮駅になります。三宮駅からは南に約18分の距離になるので、電車でアクセスもしやすくなっています。

そして、もう一つの最寄駅が元町駅になります。元町駅は三宮駅よりも若干近い位置にあり、南に向かうと徒歩で約15分の距離になります。どちらからもアクセスしやすいので、利用しやすい方の駅を選択して利用するようにしましょう。

公共交通機関を利用した「アトア」のアクセス方法ですが、バスを利用するのもおすすめ。利用するのは神姫バスのポートループポートアイランド方面行きです。こちらのバスを利用して、新港町で下車すると「アトア」は目の前になります。

三宮駅前からバスを利用することもできるので、電車とバスを利用して「アトア」にアクセスするのもおすすめになります。バスの本数も揃っていますが帰りも利用する場合には、事前に時間をチェックしておくのがおすすめです。

車でのアクセスと駐車場

「アトア」に車でアクセスする場合は、阪神高速3号神戸線の京橋出入口を利用すると車で約1分の距離です。ハーバーハイウェイの新港ランプからも約1分の距離になるので、車でアクセスもしやすくなっているのがポイントになります。

ですが、車でアクセスする場合に注意しなくてはいけないのが駐車場です。残念ながら「アトア」には専用の駐車場や駐輪場が完備されていません。そのため、車でアクセスする場合には周辺の駐車場情報をチェックしておく必要があります。

「アトア」は都心部に近いため、周辺に駐車場も点在しています。「アトア」の公式サイトでも紹介している周辺の駐車場にはタイムズ神戸新港町があります。こちらの駐車場は400台駐車できる大型の駐車場になっているのでチェックしておくのがおすすめです。

もちろん他にも駐車場はあるので、予約可能な駐車場などを探すのも一つです。満車になってしまう可能性も踏まえて駐車場を何カ所か押さえておくと便利です。また、駐車場の料金などもチェックしておくと利用時に便利なのでおすすめになります。

住所 兵庫県神戸市中央区新港町7-2
電話番号 78-771-9393

Thumb日本の水族館おすすめ21選!珍しい生物や魚に会える人気スポット紹介!
日本各地には子供から大人までが楽しめる水族館がたくさんあります。そこで今回は、日本の水族館の...
Thumb関西の水族館おすすめランキング!デートに人気のスポットも多数あり!
関西には様々な水族館があります。イルカと触れ合うことのできる場所や自然や歴史について学ぶこと...

神戸の水族館「アトア」の混雑情報

最後になりますが、神戸で人気の水族館「アトア」の混雑状況についても紹介します。「アトア」は、日時指定入場制になっているので混雑で魚が見えないと言うことは少ないようです。ですが、やはり週末や休日などは混雑することが多いので注意が必要です。

特に大型連休などは多くの方がアクセスします。観光旅行でアクセスした方も立ち寄るので、通常の営業日と比べたら混雑する可能性が高くなります。混雑を回避してアクセスしたい方の場合には、時期や時間帯もチェックしておくのがおすすめです。

人気の神戸の水族館「アトア」へ行ってみよう!

神戸の都市部に近いエリアに登場した水族館「アトア」は、海の生き物を楽しむだけではなく光とデジタルアートの幻想的で独創的な世界観も楽しめます。フロアによって違う景色を楽しむことができるので、一つ一つをゆっくり見て回るのがおすすめです。

もちろん色々な生き物との出会いも楽しむことができます。愛くるしい表情などを楽しむのも水族館の楽しみ方になので美しい景観だけでなく生き物を観察してみるのも良いでしょう。週末や休日には、家族や友達・恋人と一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ