新潟の水族館5選!ペンギンやクラゲなどに会える人気スポットをご紹介!

新潟にはたくさんの水族館があり、心をすっと癒してくれます。イルカがいる「新潟市水族館 マリンピア日本海」や「上越市立水族博物館 うみがたり」など超人気の水族館をはじめとしてさまざまあります。新潟にある水族館について、情報をピックアップして紹介します。

新潟の水族館5選!ペンギンやクラゲなどに会える人気スポットをご紹介!のイメージ

目次

  1. 1新潟の水族館に行こう!
  2. 2新潟のおすすめ水族館をご紹介
  3. 3新潟の水族館(1)新潟市水族館 マリンピア日本海
  4. 4新潟の水族館(2)上越市立水族博物館 うみがたり
  5. 5新潟の水族館(3)長岡市寺泊水族博物館
  6. 6新潟の水族館(4)尖閣湾揚島遊園 水族館
  7. 7新潟の水族館(5)錦鯉の里
  8. 8新潟の水族館へ行ってみよう

新潟の水族館に行こう!

新潟には、とても多くの水族館があり、カップルやファミリーなどからとても愛されています。イルカと出会えることで知られている「新潟市水族館 マリンピア日本海」や「上越市立水族博物館 うみがたり」をはじめいろいろなタイプの水族館があります。新潟の水族館について、基本的なこととあわせてさまざまなことを紹介していきます。

新潟のおすすめ水族館をご紹介

新潟は、本州の中北部にある細長い日本で第5位の大きさの県であり、日本海に面していて、佐渡島などの離島もあります。

新潟には、複数の水族館があり、クラゲやペンギン・大人気のイルカなどをじっくりと眺めながら心のリフレッシュをすることができます。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」をはじめ、「上越市立水族博物館 うみがたり」「長岡市寺泊水族博物館」など、ファミリーにもカップルにも一人旅行にもおすすめの水族館が多数あり、館内はいつも多くの人でとても賑わっています。

イルカのショーをはじめとしたいろいろなイベントなどが行われているところもあるので、是非事前にしっかりと時間の確認や予約をしておいて参加をしてみるとより深く楽しむことができるのでおすすめです。

海の生き物たちはとても不思議で神秘的であり、水族館はどこも超人気のある観光スポットとしてとても話題となっているので、時間にはたっぷりと余裕を持って水族館へ行ってみることをおすすめします。

新潟での観光を考えている人は、そのスケジュールに一つに水族館も入れてみることをおすすめします。ほっと心が和むスポットです。

新潟の水族館(1)新潟市水族館 マリンピア日本海

イルカのショーやペンギン・クラゲなど大変多くの種類の海の生き物たちに出会えることでとても人気がある水族館が「新潟市水族館 マリンピア日本海」です。新潟県・新潟市の中央区西船見町にあります。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」の営業時間は、基本的に9時から17時までで券売は16時30分までですが、日にちや時期などよって変わることもあるので、必ずホームページなどで確認をすることをおすすめします。

定休日は、毎年3月の第1の木曜日・その翌日の金曜日、そして12月29日から1月1日までの年末年始となっています。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」の入館料金は、大人が1500円・小中学生の小人が600円・4歳からの幼児が200円・3歳までの乳児は無料となっています。

年間パスポートが大人が3500円・小人が1300円・幼児が400円となっているので、うまく活用をしてみることをおすすめします。

コンビニなどでの事前前売り券もあるので、上手に利用すると滞在時間を長くすることができるのでおすすめです。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合には、JRの「新潟駅」で降りて路線バスや新潟市観光循環バス・タクシーなどに乗り換えるとアクセスすることができます。

自動車を利用してアクセスしようと思っている場合には、磐越自動車道の「新潟中央インターチェンジ」または北陸自動車道の「新潟西インターチェンジ」または日本海東北自動車道の「新潟亀田インターチェンジ」などで降りるとアクセスすることができます。

クラゲやイルカに出会える人気水族館

「新潟市水族館 マリンピア日本海」は、日本海側にあるたくさんの水族館の中でも有数の大きさを誇る大人気の施設であり、館内には合計で約500種類・約2万点もの海の生き物がいます。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」で大変人気のイルカショーは、毎日開催されていて、イルカの身体のつくりや素晴らしい運動能力などをしっかりと理解することができる分かりやすい解説とともに、満点の迫力のパフォーマンスを見せてくれます。

とても大きな日本海大水槽には、日本海に住んでいる約40種類もの魚たちが悠々と泳いでいて、まるで空中散歩をしているかのように感じられるマリントンネルは大変評判となっています。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」には、アシカやアザラシ・トドなどの身体の大きな生き物の他に、可愛らしいフンボルトペンギンや、幻想的で心が癒されるクラゲなど多彩な種類の海の生き物たちと出会うことができます。

にいがたフィールドでは、田んぼや小川・湧き水などの新潟市の自然環境を再現されていて、田舎に帰ったかのような安らぎを感じられます。

「新潟市水族館 マリンピア日本海」では、アクアラボ体験プログラムや、磯のいきもの解説などの体験やイベントもとても豊富となっています。

Thumb夏の新潟観光におすすめのスポット17選!人気の避暑地もご紹介!
夏の新潟観光におすすめのスポットはどこがあるのでしょうか。夏ということで海水浴なども楽しむこ...
Thumb新潟の観光スポットおすすめベスト27!大人気の王道の名所や穴場も!
豊かな大自然に囲まれた観光名所「新潟」。新潟は子供から大人まで楽しめる観光スポットが充実して...

新潟の水族館(2)上越市立水族博物館 うみがたり

海の生き物を堪能できる以外にも日本海の絶景も楽しむことができる水族館が「上越市立水族博物館 うみがたり」です。新潟県・上越市の五智2丁目にあります。

「上越市立水族博物館 うみがたり」の営業時間は、10時から17時までとなっていますが、時期や日にちによっては変動することもあるので、必ずホームページのカレンダーを確認してから行くようにしましょう。

休館日は特には決まっておらず、基本的には年中無休営業ですが、さまざまな条件によって休みとなることもあります。

「上越市立水族博物館 うみがたり」の入館料金は、18歳以上の大人が1800円・高校生が1100円・小・中学生が900円・4歳以上の幼児が500円・65歳以上のシニアが1500円となっています。

とてもお得となる年間パスポートがあり、大人が4000円・高校生が2400円・小中学生が2000円・4歳以上の幼児が1100円・65歳以上のシニアが3300円となっています。

インターネットやコンビニでの事前前売り券をあらかじめ購入しておけば、当日にチケット購入のための列に並ばずに入館可能となるので、おすすめです。

「上越市立水族博物館 うみがた」に電車で行きたいときには、JRまたはえちごトキめき鉄道の「直江津駅」で降りると徒歩約15分、またはバスやタクシーなどでアクセスできます。

自動車を利用してアクセスしようと思っている場合には、北陸自動車道の「上越インターチェンジ」で降りると約15分・「名立谷浜インターチェンジ」で降りると約30分、上信越自動車道の「上越高田インターチェンジ」で降りると約30分などでアクセスできます。

マゼランペンギンに出会える展示エリア

「上越市立水族博物館 うみがたり」は、マゼランペンギンと出会うことができる水族館としてとても人気があります。

大変評判のマゼランペンギン ミュージアムでは、マゼランペンギンの生息地としてよく知られているアルゼンチン共和国のプンタ・トンボという場所をイメージしてつくられています。

2階からはマゼランペンギンをすぐ近くで観察を、1階からは空を飛ぶかのように見える水中を泳ぐマゼランペンギンを堪能することができます。

「上越市立水族博物館 うみがたり」のイルカスタジアムでは、子供たちにも大人気のわくわく・どきどきのイルカのショーを眺めることができ、その圧倒される迫力やかわいさ・賢さをしっかりと学んだり感じたりすることができます。

うみがたり大水槽の巨大な水槽では、イワシやホシエイ・コブダイなどのたくさんの生き物が泳いでいて、日本海の海の様子を間近に感じることができるようになっています。

「上越市立水族博物館 うみがたり」では、イルカの迫力満点のドルフィンパフォーマンスの他にも、マゼランペンギンにエサをあげられるペンギンフィーディング・うみがたりバックヤードツアーなどの多彩なイベントがあります。

また、「上越市立水族博物館 うみがたり」の日本海テラスは絶景スポットとしても知られていて、うみがたり大水槽と日本海の融合を楽しむことができます。

刻々と変わるサンセットや波音・風などをじっくりと楽しむことができ、カップルデートスポットにもおすすめです。

Thumb「うみがたり」は新潟の人気水族館!イルカにペンギンとおすすめの見どころ紹介!
新潟は、新幹線や高速道路の整備もされていることで、観光スポットとしておすすめです。そんな新潟...
Thumb新潟の遊び場人気11選!大人も子供も楽しめるおすすめスポットを紹介!
新潟には楽しく遊ぶことができる人気の遊び場がたくさんあります。今回はその中から新潟の遊び場人...

新潟の水族館(3)長岡市寺泊水族博物館

まるで海に浮かぶお城のように思える八角形のちょっぴり変わった形の建物の水族館が「長岡市寺泊水族博物館」です。新潟県・長岡市の寺泊花立にあります。

「長岡市寺泊水族博物館」の営業時間は、基本的には9時から16時30分までで最終入館時間が16時ですが、日や季節によって異なることもあるので要注意です。

休館日は不定期であり、令和4年が4月13日・6月8日・9月7日・9月14日・10月12日・12月7日、令和5年が2月15日・3月1日・3月8日などとなっています。

「長岡市寺泊水族博物館」の入館料金は、大人が700円・中学生が450円・小学生が350円・3歳以上の幼児が200円となっています。支払い方法は、現金または電子マネーのみでクレジットカードは利用できません。

レシート割引があり、チケットを購入したときのレシートには次回使うことができる割引券がついていて、次に行ったときにレシートを提示すれば割引料金となります。割引料金は、大人が500円・中学生が300円・小学生が250円・幼児が150円です。有効期限は6か月です。

また、スタンプカードがあり、入館1回でスタンプを1個押してもらえ、スタンプが貯まったらオリジナルのグッズがもらえたり、エサやり体験を無料でできたりします。有効期間は1年です。

「長岡市寺泊水族博物館」へ電車を使って行くときには、JRの「寺泊駅」で降りると歩いて約60分・タクシーに乗り換えれば約10分・路線バスに乗り換えれば約15分で到着することができます。

自動車を使って行くときには、北陸自動車道の「三条燕インターチェンジ」や「長岡北スマートインターチェンジ」や「中之島見附インターチェンジ」や「西山インターチェンジ」などで降りると約35分で到着することができます。

子供連れに人気の水族館

「長岡市寺泊水族博物館」は、すべてあわせるとおよそ300種類・およそ1万点もの日本海以外にも世界各地の海に生息する生き物が飼育・展示されています。

館内にはウミガメがゆったりと泳ぐ海水温帯大水槽や、クエやコブダイなどがいる大きな大回遊水槽などがあり、のんびりと海の生き物たちを眺めながら楽しむことができます。

ダイバーたちが直接エサをあげる餌付けショーや、テッポウウオのエサを打ち落とす様子を眺めることができる餌取り射撃ショーなど、ちょっぴり面白いイベントもあり、子供たちに大人気の水族館となっています。

とてもかわいくて愛嬌満点のマゼランペンギンもいて、じっくりとその個性を堪能することができるようになっています。

Thumb長岡市の観光スポット厳選15!はずせない人気名所などおすすめの場所を紹介!
新潟県長岡市は、新潟第二の都市ということもあってアクセスもよく、観光に行きやすい場所です。そ...

新潟の水族館(4)尖閣湾揚島遊園 水族館

日本渚百選にも選ばれている景勝地として有名な国定公園の「佐渡 尖閣湾揚島遊園」の中にある水族館が「尖閣湾揚島遊園 水族館」です。新潟県・佐渡市の北狄にあります。

営業時間は、3月から4月までが8時30分から17時まで、5月から9月までが8時から17時30分まで、10月が8時30分から17時まで、11月から2月までが8時30分から16時30分までとなっています。

料金は、大人が550円・小児が280円と大変リーズナブルで、子供連れのファミリーやカップルなどから大変人気となっています。

「尖閣湾揚島遊園 水族館」へのアクセス方法は、佐渡島の玄関口ともされている「両津港」からなら車でだいたい60分・「小木港」からなら車でだいたい約65分で行くことが可能です。

佐渡の海の生き物に触れ合える

「尖閣湾揚島遊園 水族館」は、佐渡に住んでいる海の生き物たちと触れ合うことができ、しっかりといろいろなことを知ることができる大変評判の良い水族館です。

全国的にも珍しいイカの遊泳を眺めることができる水族館であり、1月の中旬から5月中旬頃にはヤリイカ・5月の中旬から9月の中旬頃にはスルメイカ・9月の中旬から翌年の1月の中旬頃にはアオリイカ(スミイカ)が泳ぐ姿を愛でることができます。

また、ウニ・サザエなどに直接触ることができるタッチ水槽もあり、普段できない体験をここなら楽しむことができます。

Thumb佐渡島の観光スポット15選!人気名所やおすすめの穴場も紹介!
新潟・佐渡島には人気の観光スポットがたくさんあります。今回は、おすすめの観光スポット15選に...

新潟の水族館(5)錦鯉の里

彩り豊かでとても美しい錦鯉を堪能することができるのが「錦鯉の里」です。新潟県・小千谷市の城内にあります。

「錦鯉の里」の営業時間は、3月から11月までが9時から18時まで、12月から2月までが9時から17時までとなっています。休館日は、12月29日から翌年1月3日までの年末年始などです。

料金は、大人が520円・小中学生が310円・未就学児は無料となっています。小千谷市民のみ購入することができる年間入館券が1040円であります。

「錦鯉の里」へ公共交通機関での行き方は、JRの「小千谷駅」で降りて歩いたら約25分、路線バスに乗って「本町中央バス停」で降りて歩いたら約5分で行くことができます。

車での行き方は、関越自動車道の「小千谷インターチェンジ」で降りれば約5分ですんなりと行くことができます。

錦鯉発祥の地「小千谷市」へ

「錦鯉の里」のある小千谷市は錦鯉発祥の地とされていて、19世紀の初めころに食用の鯉を観賞用として改良したことが始まりです。

園内には、4つの池・2つの滝があり、季節の花々も咲き、美しい四季をたっぷりと楽しむことができるようになっています。

池には、例年4月の下旬から11月の下旬頃まで、錦鯉が泳ぎ、日本庭園とのコラボレーションをじっくりと堪能することができ、大変素晴らしい眺めなのでおすすめです。

また、小千谷市で生まれ育ったとても優秀な錦鯉がおおよそ100尾ほどいる観賞池や水槽展示・資料展示などもあり、錦鯉のことをじっくり学ぶことができます。

新潟の水族館へ行ってみよう

新潟には、さまざまなタイプの水族館があり、人々をたっぷりと楽しませてくれます。イルカなどのショーもある大きな超有名な水族館から、錦鯉オンリーのゆったりと落ち着いた和の楽しみができる水族館まで、幅広いジャンルのところがあります。新潟に行く予定がある人は、是非候補として水族館も考えてみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
m-ryou

新着一覧

最近公開されたまとめ