関東近郊の紅葉が絶景のスポットおすすめ45選!名所から穴場まで一挙紹介!

関東地方及びその近郊は、日帰りで観光を楽しみたい方におすすめのエリアですが、紅葉の名所も多く、気軽に散策を楽しめるところが多いです。そこで関東近郊で紅葉が美しいと人気の高いスポットについて、そのおすすめポイントなどについて紹介します。

関東近郊の紅葉が絶景のスポットおすすめ45選!名所から穴場まで一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 1関東近郊の紅葉が絶景のスポットは?
  2. 2関東近郊の紅葉の見ごろは?
  3. 3関東近郊の紅葉が絶景のスポット【千葉県】7選
  4. 4関東近郊の紅葉が絶景のスポット【神奈川県】5選
  5. 5関東近郊の紅葉が絶景のスポット【埼玉県】4選
  6. 6関東近郊の紅葉が絶景のスポット【東京都】5選
  7. 7関東近郊の紅葉が絶景のスポット【栃木県】9選
  8. 8関東近郊の紅葉が絶景のスポット【茨城県】2選
  9. 9関東近郊の紅葉が絶景のスポット【群馬県】4選
  10. 10関東近郊の紅葉が絶景のスポット【長野県・静岡県・山梨県】9選
  11. 11関東近郊の紅葉が絶景のスポットに出かけよう!

関東近郊の紅葉が絶景のスポットは?

四季折々の自然が楽しめる日本には各地に紅葉の名所があります。あわただしい中でも日帰りでそれらの名所に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか。そこで、関東地方で日帰りでも気軽に紅葉が楽しめるスポットについて、そのおすすめポイントや穴場について紹介します。

関東近郊の紅葉の見ごろは?

そもそも関東近郊では、いつ頃が紅葉の見ごろとなるのでしょうか。紅葉は基本的に標高が高いところから始まり、だんだんと平地に降りてきます。そのため、山の方の紅葉は10月中旬ごろからスタートし、だんだんと平地に進み、12月上旬くらいまで見られるというのが基本的な時期となります。

ただし、山の標高や緯度など、紅葉の時期はさまざまな要因で決まってきます。またその年の気候によっても変化するので、行く前にはぜひチェックをおすすめします。

関東近郊の紅葉が絶景のスポット【千葉県】7選

関東地方の紅葉の名所ということで、まずは千葉県にある紅葉の名所から紹介していきましょう。千葉県の山手の場所では、美しい紅葉が見られる場所が多く、東京などからのアクセスもよいことから、シーズンには多くの方が訪れます。少し早めの紅葉を楽しみたい方にもいいでしょう。

佐倉城址公園

千葉県佐倉市にある「佐倉城址公園」は、1610年、徳川家康の命により土井利勝が作ったお城の跡ですが、江戸時代に天守閣は焼けてしまい、城跡が残っている状態で現在に至ります。天守閣の跡地などは整備され、春には桜、秋には美しい紅葉で人気となっています。

例年の見ごろは11月中旬から12月中旬ごろと、やや遅めなのが特徴であり、樹齢100年以上のイロハカエデなどの歴史を感じさせる紅葉が楽しめるのも特徴です。中には国立歴史民俗博物館があり、歴史ファンにはこちらもおすすめです。

もみじロード

千葉県富津市の志駒川沿いにある県道182号線、上畑湊線は「もみじロード」と呼ばれます。全長約11キロにわたり約1000本の紅葉が植えられているため、紅葉シーズンには真っ赤に色づいた様子が見られます。見ごろは11月下旬から12月上旬となります。場所により微妙に見ごろの時期が違うので、ドライブがてらにその変化も楽しめます。

成田山公園

成田山新勝寺から奥に進んだところ、平和の大塔の周辺は「成田山公園」という庭園になっています。この庭園では新緑や紅葉、雪景色などが日帰りで気軽に見に行けることから、シーズンには多くの観光客が参拝がてらに訪れます。

秋には紅葉まつりが行われ、緑から赤へと美しく変化するグラデーションが楽しめるほか、箏や二胡などの演奏もあるなど見どころも多く、のんびりした秋のひと時を過ごすことができます。

神野寺

千葉県君津市にある「神野寺」は鹿野山の山頂にあり、朝晩の寒暖の差が大きいことから、美しい紅葉が楽しむことができることで人気のスポットとなっています。11月中旬ごろが見ごろの時期で、モミジやイチョウ、ドウダンツツジなどのカラフルな紅葉が楽しめます。

お寺も見どころが多く、さらに寺が山頂にあることから、高台から眼下に広がる紅葉の景色もまた魅力的です。参拝を兼ねて紅葉散策をしたいという方に特におすすめの穴場スポットの一つです。

養老渓谷

千葉県夷隅郡大多喜町にある「養老渓谷」は、ハイキングのメッカとしてもとても人気のあるスポットです。例年の紅葉の見ごろは11月中旬から12月上旬ごろで、ハイキングコースも複数あるので、体力に合わせて好みのルートで紅葉散策とハイキングを楽しむことができます。

また、見ごろの時期にはライトアップが行われるほか、毎年11月23日に「養老渓谷もみじまつり」が行われるなど、おすすめのイベントも多く、日帰りはもちろん、近くの温泉に宿泊して観光を楽しむプランも人気です。

白岩・四方木不動滝

千葉県鴨川市の景勝地、白岩・四方木不動滝は、県道から山道に入ったところにある、千葉県の紅葉の穴場スポットの一つです。秘境のような雰囲気のところにあるこの滝は高さ10メートル、幅8メートルほどで、特に初夏の新緑と秋の紅葉の時期はとても美しいです。

上流が深い渓谷で、瀑布と紅葉の姿はフォトジェニックですが、道が細いため、車の方は近くの「四方木ふれあい館」の駐車場利用をおすすめします。

小湊鐵道・上総久保駅

鉄道ファンに人気の高い小湊鐵道の「上総久保駅」ですが、実は紅葉の穴場スポットとしても知られます。この駅のトレードマークとなっているのが大イチョウで、無人駅に寄り添うように色づくイチョウと駅、そして電車が揃う様子がSNS映えすると評判になっていて、紅葉シーズンには多くの方が訪れます。

関東近郊の紅葉が絶景のスポット【神奈川県】5選

関東地方のおすすめの紅葉の名所ということで、次に神奈川県のスポットを紹介します。神奈川県の観光スポットというと箱根が挙げられますが、箱根は紅葉の美しい場所としても人気が高く、穴場スポットもあるのでぜひおすすめです。神奈川県の人気の紅葉スポットにはどのようなところがあるでしょうか。

三溪園

神奈川県横浜市にある「三溪園」は京都や鎌倉などから集めた趣ある建物を配置して作った日本庭園です。日本の風情が感じられることから人気が高く、横浜という近代的な都会の街並みとは大きく違う情緒ある雰囲気が楽しめます。

見ごろの時期は11月中旬から12月中旬ごろで、鮮やかな紅葉と趣ある建物の醸し出す雰囲気はまさに日本の古都の風景です。横浜市内なので、周辺観光スポットと共に日帰り観光にぜひおすすめします。

仙石原のすすき

箱根の秋の観光スポットとして人気なのが「仙石原のすすき」です。仙石原一帯はすすきの草原になっていて、秋になると一面黄金の穂が揺れる景色が楽しめます。中に遊歩道が整備されているため、すすきの中を歩いて散策することもできます。9月下旬から11月上旬が見ごろです。

芦ノ湖

箱根の人気観光スポットの一つである「芦ノ湖」は、箱根外輪山に囲まれたカルデラ湖です。遊覧船での古城観光なども人気なのですが、特に外輪山を染める紅葉が美しく、人気となっています。外輪山の外には富士山も見え、紅葉とのコントラストも楽しめます。

遊覧船での景色を見るのももちろん、ロープウェイからの景色を見るのも人気が高く、見ごろは11月上旬ごろと他のところよりやや早めなので、一足早く紅葉を楽しむことができそうです。

源氏山公園

神奈川県鎌倉市にある「源氏山公園」は、標高93メートルの源氏山の周辺に作られた都市公園です。後三年合戦の際八幡太郎義家が山上に白旗を立て戦勝祈願をしたことから、旗立山とも呼ばれます。また源頼朝像もあり、歴史ファンに人気のスポットです。

見ごろは11月下旬から12月上旬ごろで、山全体がきれいに色づくのがおすすめポイントです。近くにはハイキングコースのほか、鎌倉の切り通しの一つ、化粧坂などもあり、休日の一日をのんびり散策したいという方にも人気です。

大涌谷(箱根ロープウェイ)

「大涌谷」は約3000年前に箱根の火山が最後に爆発した際の火口の爆裂跡です。今でも荒涼とした大地に白煙が立ちのぼり、火山活動の力を感じさせます。その大涌谷を通る箱根ロープウェイからは、眼下に美しい景色が広がります。

特に紅葉の時期には山肌に広がるカラフルな景色が眼下に見え、とても魅力的です。もちろん大涌谷の様子も上から見ることができるため、箱根の雄大な景色を楽しみたい方におすすめです。

関東近郊の紅葉が絶景のスポット【埼玉県】4選

関東地方の紅葉の名所として、次に埼玉県のスポットを紹介します。埼玉県は自然豊かな観光スポットが多いところであり、四季を通じて美しい絶景が楽しめる場所が知られています。それらのスポットは紅葉の時期は特に人気が高まります。見ごろの時期をチェックし、ぜひ日帰り旅に行ってみましょう。

中津峡

埼玉県の奥秩父にある「中津峡」は10月下旬から11月上旬に紅葉が楽しめる観光名所です。木々で覆われた峡谷の中を流れる川は、時期によりその表情を変えますが、特に紅葉の時期は関東でも特に美しい絶景スポットとして人気が高く、多くの観光客の方が訪れ、その姿を楽しんでいます。

三峰山

奥秩父の山の上にある「三峯山」は、有名な神社「三峯神社」があることで知られており、多くの参拝客が訪れる場所となっています。標高約1100メートルのところにあるため、周辺の景色がよく見える場所としても人気です。

特に駐車場から鳥居の近くは美しく色づいた奥秩父の山々を見ることができるためおすすめであり、周辺にも紅葉が美しく見える見どころがあります。シーズンには混雑が予想されるので、行く場合は余裕をもって行くことをおすすめします。

秩父ミューズパーク

埼玉県秩父市の中心市街地から荒川を渡った西側の丘陵地にある「秩父ミューズパーク」には、公園の中央を南北に貫いている「スカイロード」周辺が紅葉の穴場の名所となっています。この部分にイチョウ並木があり、10月下旬から11月上旬の時期には美しく色づく並木道を散策することができる、おすすめの場所となっています。

長瀞

「長瀞」は、国の指定名勝、天然記念物にもなっている岩畳や岸壁などが広がる穴場の景勝地であり、その間を清流が流れます。宝登山神社などの観光名所も周辺に多く、クヌギやナラなどの着色、ツタやカエデなどの赤色などカラフルな紅葉が楽しめます。

特にこの清流を下る「荒川ライン下り」は人気が高く、舟から川沿いに広がる紅葉を見ることができるため多くの方がそれを目当てに訪れます。また「紅葉まつり」の時にはライトアップなどのイベントも多く、美しい紅葉をのんびり楽しみたい方に特におすすめです。

関東近郊の紅葉が絶景のスポット【東京都】5選

紅葉の名所というと、都市部から離れた郊外をイメージすることが多いです。しかし都市部である東京でも、紅葉が美しい場所は多く、日帰りできる穴場スポットとして人気となっているところも多いです。東京ならば問題なく日帰りできますし、気軽に紅葉を楽しむことができるでしょう。

秋川渓谷

東京都心から最寄り駅まで約1時間ほどで行ける「秋川渓谷」は、約20キロにもわたる大きな川の迫力あふれる様子が人気となっています。紅葉の時期は11月中旬から12月上旬ごろと少し遅めの時期で、サイクリングなどを楽しむ方も多く、たっぷりと自然を感じる日帰り旅にぜひおすすめします。

国営昭和記念公園

東京都立川市にある「国営昭和記念公園」は、東京ドームの約39倍と言われる広大なスペースに、プールやバーベキューなどさまざまなアクティビティが楽しめるレジャー施設などがあります。「西立川」駅から徒歩で2分ほどとアクセスもよく、日帰りでたっぷり楽しめる穴場スポットとしておすすめです。

紅葉の見ごろは11月上旬から12月上旬と長く、特に約200メートルのカナール沿いにあるイチョウ並木は絶景として評判が高いです。そのほかネモフィラなど四季折々の花々も魅力的で、いつ行っても楽しい時間が過ごせるでしょう。

高尾山

東京都民なら誰でも一度は登ったことがあると言われるほどポピュラーな登山スポットである「高尾山」は、登山初心者でもケーブルカーやリフトを使って登ることができるので、アウトドアデートなどで日帰りで来る方も多い観光名所の一つです。

紅葉の見ごろは11月中旬から下旬で、この時期には「高尾山もみじまつり」なども行われ、多くの方が訪れます。都心のビル群と美しい紅葉、天気が良ければ富士山のコラボレーションも楽しめます。

御岳山

東京都内で自然が感じられるハイキングコースとして近年人気が高まっているのが「御岳山」です。ケーブルカーで上がることもできますし、ハイキングがてら登山をするのもいいでしょう。特に「七代の滝」周辺は滝と鮮やかな紅葉のコントラストが美しく、11月中旬から下旬には多くの観光客が訪れます。

明治神宮外苑

東京都心の青山通りから明治神宮外苑までの道筋には、美しいイチョウ並木が並び、都心でありながら紅葉のトンネルが楽しめると評判になっています。都心で気軽に行くことができることから近年人気が高まっており、「神宮外苑いちょう祭り」は秋を代表する東京都心のイベントとして定着しています。

周辺にはおしゃれなカフェやレストランなどもあり、ゆったりと一休みしながらイチョウ並木を楽しむこともできるため、SNS映えを狙う方も多く訪れます。

Thumb日帰りで行く関東の観光地おすすめ35選!デートや女子旅・子供連れにも大人気!
関東にはデートや女子旅で人気の観光地も多く、日帰りで楽しむ事もできるようになっています。そこ...
Thumb東京のおすすめ紅葉スポット27選!ライトアップが綺麗な名所や穴場も!
東京エリアで素敵な景色を楽しむことができるということで大人気の、おすすめ紅葉スポットに関する...

関東近郊の紅葉が絶景のスポット【栃木県】9選

関東地方の人気の紅葉スポットとして、次に栃木県の名所を紹介します。栃木県の観光スポットというと日光が有名で、実際に紅葉の時期になるとたくさんの方が観光に訪れます。日光周辺の観光スポットをはじめとして、栃木県にも多くの名所があるので、そのおすすめポイントを紹介します。

霧降高原道路

「日本の名道50選」にも選ばれているという「霧降高原道路」はもともと有料道路だったのですが、現在は無料で利用することができます。名前の通り標高1000メートルの霧降高原の中央を貫くように延びているルートで、紅葉に染まる美しい姿を両サイドに見ながらドライブを楽しむことができます。

日帰りドライブデートなどで利用する方も多く、周辺の滝巡りでマイナスイオンを浴びるプランもおすすめです。紅葉の穴場スポットの一つと言えるでしょう。

中禅寺湖

標高1296メートルと日本の自然湖の中で最も高い位置にある「中禅寺湖」は、栃木県の人気観光スポットである日光の中でも特に見どころが多い名所です。中禅寺湖の湖畔、そして男体山などの絶景を楽しめるということで人気が高いです。

また、中禅寺湖は湖に映る紅葉を楽しめる点も人気であり、湖畔を散策するだけでなく遊覧船で湖上からの景色を見るのもおすすめです。日光観光の際には外せないスポットと言えるでしょう。

いろは坂

その日光を代表する観光スポットと言ったら、やはり「いろは坂」は外せません。「日本の道100選」にも選ばれている代表的な観光スポットであり、関東、いや日本の紅葉スポットとしてもトップクラスです。

標高差が約500メートルあるため、だんだんと紅葉が進んでいく様子がグラデーションのように見える点も人気が高く、ドライブをしながらその変化を楽しむ方も多いです。見ごろの時期は10月中旬から11月上旬となります。

龍王峡

栃木県を代表する鬼怒川温泉と川治温泉の間に広がる「龍王峡」は、その様子が龍が暴れたように見えることからこの名前がついたという、自然の力を感じさせる景色が人気です。奇岩や瀑布が多く見られ、しかも場所により石の色が違い、それぞれ名前が付けられています。

途中には散策するための遊歩道があり、特にむささび橋からの絶景は有名で、特に紅葉シーズンには多くの観光客で混雑が起こるほどです。ゆっくり時間を取って見てみたい景色と言えるでしょう。

那須ロープウェイ

那須五岳の一つに数えられる「那須岳」にかかるロープウェイが「那須ロープウェイ」です。特に秋の紅葉の時期の景色は人気が高く、山頂付近のごつごつした岩場とのコントラストは自然の雄大さを感じさせてくれます。

ロープウェイを使うことで、気軽なハイキングや本格的な登山、また紅葉だけを観光で楽しむというプランなど、さまざまなプランで楽しめるのもいいところです。紅葉は10月初旬から中旬と他よりも早く見ごろを迎えます。

もみじ谷大吊橋

栃木県北部の有名な温泉地、塩原温泉郷にある「もみじ谷大吊橋」は、全長320メートルという日本国内でも最長クラスと言われる長い吊り橋が人気です。360度広がる視界の中で、優雅な空中散歩を楽しむことができます。

また、この場所は「恋人の聖地」として穴場スポットになっており、日帰りでデートに訪れる方も多く見られます。クマタカをモチーフにしたモニュメントも、SNS映えするスポットとして人気です。

日塩もみじライン

国道121号の「龍王峡」周辺から、国道400号「中塩原・逆杉」周辺を結ぶ山岳道路である「日塩もみじライン」は、その名前の通り、その沿道に広がる紅葉が美しいところとして知られます。日帰りドライブデートの穴場スポットとしても知られ、紅葉の時期には多くの観光客が訪れます。

明智平ロープウェイ

先ほど紹介した「いろは坂」を上まで登ったところからスタートするのが「明智平ロープウェイ」です。これに乗ると、さらに高いところにある展望台まで気軽に行くことができます。

ここまで登ると男体山などの周辺の山々の紅葉はもちろんなのですが、いろは坂のグラデーションになった紅葉を一望できるため人気が高く、いろは坂を登ったらならぜひロープウェイで上まで行き、景色を堪能することをおすすめします。

塩原温泉

栃木県の人気の温泉郷である「塩原温泉」は紅葉がきれいなところとしても人気です。渓谷とその間を流れる箒川沿いに温泉宿が並んでいますが、秋になるとこの周辺が真っ赤に染まります。特に紅葉と渓流の流れのコラボレーションは魅力的であり、温泉と共にぜひ楽しみたい景色となっています。

Thumb関東の観光スポットおすすめ41選!ドライブデートに人気の名所や穴場も!
関東で観光するならみなさんはどこへ行きますか?関東にはさまざまな観光スポットがありますので、...
Thumb秋デートのおすすめスポットまとめ!関東・関西で季節を満喫できる場所は?
秋におすすめのアウトドア・インドアで楽しめるデートスポットをご紹介します。関東エリアや関西エ...

関東近郊の紅葉が絶景のスポット【茨城県】2選

関東地方で人気の観光名所として、次に茨城県のスポットを紹介します。茨城県というと徳川御三家の一つ、水戸藩が置かれ、有名な徳川光圀などに関する歴史上の観光スポットが多い土地柄でもあります。豊かな自然が作り出す紅葉の名所について、そのおすすめポイントを紹介します。

偕楽園

茨城県水戸市にある「偕楽園」は、日本三名園の一つに数えられる日本庭園です。特に梅が美しい庭園として人気が高いのですが、紅葉の時期にも約170本のモミジやカエデが美しく色づきます。水戸市内にあることから日帰り観光でも気軽に行くことができるため、人気の名所となっています。

特にもみじ谷の水面に映る紅葉は美しいと評判になっており、紅葉のシーズンにはライトアップが行われるため、多くの方が訪れます。水戸市中心部にあるため、日帰りで気軽な観光をしたいという方にもアクセスしやすい点もおすすめポイントです。

筑波山

茨城県つくば市にある「筑波山」は、例年11月上旬から下旬に紅葉の見ごろの時期を迎えます。比較的山としては標高が低めなので、登山などで訪れる方も多く見られます。ちょうど紅葉の時期は登山のシーズンでもあります。

特にケーブルカー宮脇駅周辺は筑波山の中でも特に紅葉が美しいと人気の場所であり、見ごろも12月上旬くらいまでと長いため、ゆっくり見たい方におすすめです。また「筑波山四季の道」のあたりは穴場の紅葉スポットとして人気が高く、適度に休憩しながら散策ができます。

Thumb関東のドライブスポットおすすめ31選!穴場や日帰りデートに人気の観光地など!
休日の過ごし方には色々な過ごし方がありますが、車の運転が好きな方は、ドライブに出かけるという...
Thumb登山におすすめの山21選!関東や東海など全国の絶景スポットを一挙紹介!
日本には登山初心者にもおすすめの山がたくさんあります。準備や行程で大変な面も少なくありません...

関東近郊の紅葉が絶景のスポット【群馬県】4選

関東地方で人気の紅葉名所ということで、次に群馬県のスポットを紹介します。群馬県も山が多く、それらの場所では関東地方の中でも一足早く紅葉が楽しめるということで人気となっています。もちろん日帰りで行くこともできますから、秋の訪れをいち早く体験してみるのもおすすめです。

谷川岳天神平

登山が趣味という方ならばぜひおすすめしたいのが「谷川岳天神平」の紅葉です。紅葉の見ごろの時期は10月中旬とやや早く、特に谷川岳頂上からの景色は絶景として知られます。

頂上にはロープウェイがあるため、それで登ることももちろんできますし、ロープウェイからの景色もまた迫力があり、絶景として人気となっています。一度は見てみたい景色としてぜひおすすめします。

照葉峡

群馬県みなかみ町にある「照葉峡」は別名「関東の奥入瀬」と言われる、11の小滝と清流が美しい渓谷です。この別名がつくのは特に秋の紅葉の美しさからで、この時期には期間限定でこの滝を巡るツアーが企画されるほどの穴場人気スポットとなっています。日帰りで行くのはもちろん、ホテルなどに泊まりゆっくり楽しむのもおすすめです。

諏訪峡

群馬県みなかみ町にある「諏訪峡」は、温泉街近くに紅葉があるため、紅葉を見て温泉に入ってというプランで訪れる方が多いです。またハイキングコースも整備されており、疲れた場合は折り返し地点からバスで戻ることもできるので、体力や時間に合わせて予定を立てやすい点もいいところです。

伊香保温泉湯元・河鹿橋

群馬県伊香保市にある「伊香保温泉」は関東有数の温泉地であり、10月下旬から11月上旬にかけて紅葉の見ごろの時期を迎えます。この場所は寒暖の差が大きいので、紅葉の色づきがとてもきれいなのが特徴の一つであり、温泉と一緒に紅葉も楽しみたいという方が多く訪れます。

特に「河鹿橋」周辺はこのエリア屈指の紅葉スポットとして知られており、昼の秋空に映る紅葉も、夜のライトアップの紅葉も魅力的です。赤い太鼓橋と紅葉との組み合わせはフォトジェニックな美しさです。

関東近郊の紅葉が絶景のスポット【長野県・静岡県・山梨県】9選

最後に、関東近郊で紅葉が美しいと人気の名所について紹介します。ここまで述べてきた関東地方から少し離れた近郊地域にも紅葉が魅力的なところはたくさんあり、さらにドライブがてらに日帰りで行くことができる穴場スポットも多いので、ぜひチェックしてみてください。

富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら(長野県)

「ヘブンスそのはら」は長野県阿智村にあるスキー場ですが、冬以外も営業を行っています。秋の時期のメインとなるのが美しい紅葉で、標高差が600メートルあることから色とりどりの美しいじゅうたんのような景色が見られ、「天空の大海原」と言われています。

赤や黄色の紅葉に、緑の木々の色が適度に混じりあった様子はここでしか見られないのではというほどに鮮やかに色づいており、何度見ても飽きることがありません。ロープウェイからの景色をぜひじっくりと楽しんでください。

赤沢森林鉄道(長野県)

「赤沢森林鉄道」という鉄道は知らない方が多いかもしれません。実はこの鉄道は1975年に最後の運行を終えたのですが、1985年に伊勢神宮の御用材の伐採に使われ、注目を集めました。そこで現在は4月末から11月初めまでの時期のみ、赤沢自然休養林の中を走っています。

この渓谷沿いに秋になると紅葉が色づき、周囲のヒノキの緑にきれいな赤が映えるということで穴場の紅葉名所として近年人気となっています。10月中旬から下旬にかけ、ぜひ森林鉄道に乗りながら紅葉散策を楽しみましょう。

修善寺自然公園もみじ林(静岡県)

静岡県伊豆市にある「修善寺自然公園もみじ林」は、修善寺温泉の北側の山間部の一帯を指します。名前が示すように、紅葉する木がたくさん植えられており、鮮やかな紅葉を見ることができます。ハイキングコースなども整備されており、シーズンには「もみじまつり」も行われます。

一碧湖(静岡県)

静岡県伊東市にある「一碧湖」は周囲4キロほどのひょうたん型をした湖で、「伊豆の瞳」と呼ばれる景観の美しさが人気の穴場スポットです。周囲にはモミジやケヤキ、ウルシなど美しく色づく植物が多く、ぐるりと40分ほどで一周することができます。周囲の景色と湖面に映る景色を楽しんでください。

昇仙峡(山梨県)

山梨県を代表する観光スポットの一つ、「昇仙峡」は、山梨の紅葉名所ランキングの上位に常に君臨するほどです。特におすすめなのは、メインストリートにある水晶で飾られた噴水で、周囲の山々などの景色とと共にここでしか見られない美しさがあります。

また、昇仙峡のロープウェイを使って弥三郎岳に登ると、昇仙峡の絶景を360度見ることができるため、こちらも人気が高く、昇仙峡まで行ったらぜひこちらまで足を伸ばしてほしい名所となっています。

河口湖もみじ回廊(山梨県)

山梨県の富士河口湖周辺には美しい紅葉が見られるスポットが多いのですが、中でも特におすすめしたいのが「もみじ回廊」です。紅葉シーズンである10月末から11月下旬までは「富士河口湖紅葉まつり」がこの地域を中心に行われています。

まつり期間中は夜のライトアップも行われ、河口湖から富士山を拝みながら美しい紅葉を楽しむことができるためとても人気が高く、毎年たくさんの人でにぎわいます。渋滞が起きることも多く、車を近くの駐車場に停め、ゆっくり徒歩で湖畔散策をするのもおすすめです。

もみじトンネル(山梨県)

このもみじ回廊から車で15分ほどのところにある「もみじトンネル」も人気の観光スポットです。河口湖の北岸約150メートルに紅葉が覆うように植えられており、河口湖と富士山の景色と共に楽しめるということで人気のスポットです。場所も近くなので、ぜひ「もみじ回廊」と一緒に散策を楽しんでください。

八ヶ岳高原大橋(山梨県・長野県)

「八ヶ岳高原大橋」は川俣川渓谷にかかる高さ約100メートル、全長約490メートルの橋のことです。この橋の特徴は黄色く塗られていることで、近くにある「赤い橋」東沢大橋と共に観光スポットとして人気です。

この橋からは八ヶ岳、南アルプス、さらには富士山を眺めることができ、それらが紅葉に彩られた景色で、あたり一帯がカラフルな風景になる様子が特に人気です。また、橋の清里駅側にある展望台からは、橋と周囲の紅葉とのコラボレーションも楽しめます。

身延山ロープウェイ(山梨県)

山梨県の人気観光スポットであり信仰の場である身延山久遠寺と、山頂にある奥の院を結ぶ「身延山ロープウェイ」は、763メートルの高低差があり、関東一と言われます。この高低差により周囲の山々が少しずつ紅葉に彩られていく様子が見られるため、紅葉シーズンには多くの観光客でにぎわいます。

関東近郊の紅葉が絶景のスポットに出かけよう!

関東地方、及び関東近郊にはたくさんの紅葉の名所があり、それぞれに見どころが多くあります。標高や緯度によっても色づきの時期が違い、山の方から平地までかなりの期間紅葉を見ることができるのも魅力です。ぜひ日帰りでも気軽に行くことができる関東の紅葉スポットの美しさを堪能してください。

関連記事

Original
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ