風頭公園は夜景が絶景の人気デートスポット!アクセス方法や駐車場は?

長崎の夜景は世界的にも知られており、市内のあちこちに人気の夜景スポットがあります。その中で「穴場」として近年知られるようになったのが「風頭公園」です。風頭公園の見どころやここから見える夜景の特徴、そしておすすめのアクセス方法などについて紹介します。

風頭公園は夜景が絶景の人気デートスポット!アクセス方法や駐車場は?のイメージ

目次

  1. 1長崎の人気観光スポット「風頭公園」をご紹介
  2. 2長崎の夜景は魅力的でデートスポットとしてもおすすめ
  3. 3風頭公園の見どころ
  4. 4風頭公園は夜景デートにおすすめのスポット
  5. 5風頭公園のアクセス方法
  6. 6風頭公園の駐車場の場所
  7. 7風頭公園へ行ってみよう

長崎の人気観光スポット「風頭公園」をご紹介

長崎といえば、美しい夜景が楽しめる場所として広く知られる人気観光スポットであり、市内に夜景が楽しめる名所がたくさんあります。

その中でも比較的穴場のようになっているスポットが「風頭公園」です。風頭公園のおすすめポイントやアクセス方法、そして駐車場などの情報についても合わせて紹介します。

長崎の夜景は魅力的でデートスポットとしてもおすすめ

日本には多くの夜景が魅力的な観光スポットがありますが、その中でも長崎は特筆すべき有名夜景観光スポットと言っていいのではないでしょうか。実際に長崎に出かけてその夜景を楽しんだ経験があるという方も少なくないでしょう。

そこでまず、長崎の夜景は世界的に見てどのような評価がなされているのか、またそのような美しい夜景はなぜ生まれるのかといった点について紹介していきましょう。

長崎の夜景が魅力的な理由

長崎の夜景が美しい理由は、長崎の持つ地形にあります。よく長崎は坂が多いと言われることがありますが、長崎という街は「鶴の港」と呼ばれる長崎港を中心にして、四方を山々が取り囲み、その山に向かい丘陵部が立ち上がるような地形になっています。「坂が多い」というのはこの地形のためです。

すり鉢のような地形になっているため、周囲の山々のどこからでもきれいに夜景が見えるため満足感が高く、特に稲佐山からは、360度その夜景が見られ、ダイナミックな夜景を楽しむことができるのです。

丘陵部に向かい光り輝くその様子は、星空を鏡のように映したようにきらめいており、その点がつながって、星座のようにいろいろな形に見えてくるのも魅力となっています。また近年ではライトアップのポイントが増え、さらに魅力を増しています。

長崎の夜景は日本三大夜景の一つ

長崎の夜景の美しさには以前から定評があり、北海道の函館、兵庫県の神戸と並び、古くから「日本三大夜景」の一つに数えられてきました。1000万ドルの夜景とも称せられるその美しさは、古くから長崎の観光資源として広く知られていたのです。

それから半世紀近くが経ち、2015年、新たに「日本新三大夜景」が発表されました。この日本新三大夜景というのは、夜景観賞士というプロの方の投票により選ぶもので、夜景スポットではなくその都市を対象にしているという特徴があります。

この投票で選ばれたのが北海道の札幌市、福岡県の北九州市、そして長崎です。長崎が選ばれた理由は今述べたように稲佐山など人気の夜景スポットが複数あることと、美しいライトアップやイベントが多く、いろいろな場所の夜景が楽しめる点でした。

特に近年では夜景の人気の高まりに伴い、大浦天主堂などをライトアップしたり、世界発の照明である「夜景灯」を使って星座やハート型などの形を夜景の中に浮かび上がらせるなどの工夫も凝らしているため、さらに長崎の夜景は魅力的なものとなっています。

また、夜景を美しく彩るイベントとして知られる長崎ランタンフェスティバルには、100万人もの観光客が訪れており、こちらも同様にプロの夜景観光士からの評価がとても高いイベントとなっています。このように今でも進化を続けている姿もまた、長崎の夜景の魅力の一つと言えるでしょう。

世界新三大夜景の一つに再認定

この日本新三大夜景に選ばれる直前の2012年、同じ団体の行う夜景観賞士による投票で、長崎は香港、モナコとともに「世界新三大夜景」の一つに選ばれました。長崎はこれに選ばれたことをきっかけに多くの観光客が訪れる場所となり、夜景の整備も進みました。このことが日本新三大夜景につながっていきます。

こちらの選定のポイントとなったのは、先ほど述べたすり鉢状の地形から俯瞰的に夜景が見られることと共に、長崎の持つ港町としての情緒あふれる雰囲気や、場所によりみられる異なる表情などが挙げられます。

その後2021年に再度行われた投票でも長崎の夜景は高く評価され、ふたたび「世界新三大夜景」の一つに再認定され、現在に至っています。長崎の夜景は日本にとどまらず、世界的にも高い評価を得た、人気の景色となっているのです。

Thumb長崎・稲佐山展望台の夜景がベストな時間は?おすすめツアーや駐車場も解説!
長崎にある稲佐山展望台の夜景は一度見たら絶対に忘れることができないと言われています。日本には...
Thumb長崎ランタンフェスティバル情報!祭りの人気グルメや宿泊先など紹介!
長崎ランタンフェスティバルは今や長崎の冬を代表する一大風物詩のお祭りです。お祭りの期間中には...

風頭公園の見どころ

さてこのように、長崎は夜景が美しい街として世界的にも高い評価を得ており、市内各地に美しい夜景が見られる観光スポットが多くあります。デートなどで利用する方も多いのではないでしょうか。

一方で、近年穴場的な夜景スポットとして人気が出てきているのが「風頭公園」(かざがしらこうえん)です。この公園は長崎の港を見下ろす標高151.9メートルの風頭山にあります。意外と知られていないのですが、それだけにゆっくりと夜景を楽しめるので、デートなどでもおすすめです。

そこでまず、風頭公園のおすすめの見どころや、その特徴などについて紹介していきましょう。夜景だけでなく、風頭公園にはいろいろな見どころがあります。

坂本龍馬之像

風頭公園の見どころとして多くの観光客に知られているのが「坂本龍馬の像」です。1989年に建立されたこの龍馬像は龍馬本人に酷似していると評判が高く、幕末ファンにとっては外せない観光スポットとして人気となっています。これだけを見るために来るという観光客も少なくありません。

ブーツを履いた足を一歩前に踏み出して、腕組みをし、かつて活動した長崎港を眼光鋭く見据える姿は勇壮であり、目を奪われる観光客も少なくありません。

また風頭公園には、山頂の公園に銅像があるほか、山の中腹に「亀山社中記念館」、「龍馬のぶーつ像」という、これまた龍馬に関係した観光スポットがあります。観光や歴史デートで行くなら、ぜひこちらも一緒に見に行くことをおすすめします。

展望台

「風頭公園」の夜景を見るなら展望台に行きましょう。実は風頭公園が夜景スポットとして穴場になっているのは、風頭公園が長崎を代表する夜景スポットである稲佐山の対岸にあり、長崎の中心街の灯りを背面から受けるアングルになってしまうからです。

一方で風頭公園は稲佐山よりも手前に街並みがあることから、より近くに光り輝く夜景が見えるという点が魅力で、さらに穴場的な場所ということで比較的人も少なく、デートなどでものんびりと見ることができます。

特に夕暮れから日没の時間帯の景色は稲佐山にはないほどの絶景です。灯りがともり始めた中心街の景色に、夕日の赤からだんだん暗くなる景色がグラデーションのように輝きます。万華鏡のように刻々と変化するその色合いは、風頭公園ならではの夜景の楽しみ方と言えるでしょう。

遊具

風頭公園は公園ですから、子どもが遊ぶことができる遊具広場もあります。風頭公園の遊具広場には滑り台やブランコ、シーソーなどがあり、トイレも用意されているので、子ども連れで来たいという方にもおすすめです。

風頭公園は歴史ファンの方が多く訪れる場所と言うこともあって、こちらの遊具広場も比較的空いていることが多く、ゆっくり遊んだり休憩したりすることができます。展望台までは階段を上っていく必要がありますので、疲れたらこちらで一休みしてもよいでしょう。

あじさい・桜

長崎の夜景の名所の一つとして「風頭公園」を紹介しているのですが、実はこちらは夜景スポットとしては穴場なのですが、花の美しい公園としては長崎の地元の方によく知られた場所でもあります。

特に3月下旬から4月上旬の桜の時期には、約350本の桜が咲き誇り、それらがライトアップされることでとても美しく、長崎市民にとって桜の名所としてとても人気があります。先ほど紹介した坂本龍馬像とのコラボレーションはここならではの景色です。

また5月下旬から6月上旬になると今度は地植えされた2500株ものあじさいが美しく咲きます。梅雨の景色をぱっと明るくしてくれるようなあじさいは公園中を彩ります。長崎市内でもトップクラスの名所と言っていいでしょう。

ハタ揚げ

また、「風頭公園」はハタ揚げの名所としても長崎市民に親しまれています。ハタというのは「凧」のことで、春の風物詩として親しまれています。きれいに咲いた桜の中、ハタ揚げを楽しむ人の姿も見られます。

公園南側入り口近くには「長崎ハタ資料館」という施設があります。こちらではハタの展示があるほか、作業場も作られているため、ハタの作り方を無料で実際に見ることができます。また有料で体験学習もでき、実際にハタを作って揚げることができるので、こちらも特に子供連れでの観光にはおすすめです。

このように、「風頭公園」は桜やあじさいと言った花々、長崎名物のハタに歴史ファンにおすすめの坂本龍馬に関するスポットなどさまざまな見どころがある点がおすすめポイントです。夜だけでなく、昼もたくさん楽しむことができるスポットと言えるでしょう。

Thumb亀山社中記念館は長崎にある坂本龍馬創設の人気スポット!歴史や見どころは?
長崎にある「長崎市亀山社中記念館」は、とても人気のある観光スポットです。坂本龍馬ゆかりの場所...

風頭公園は夜景デートにおすすめのスポット

このように、長崎の「風頭公園」は昼の見どころがいろいろあり、以前から長崎市民の憩いの場として、また観光スポットとしても知られていました。その反面、先ほども少し触れたのですが、長崎の夜景スポットとしては穴場的な存在であり、あまり知られていなかったと言われます。

最初に述べたように、長崎の夜景はすり鉢状の中に夜景がきらめく地形から、市内のあちこちに人気の夜景スポットが存在しており、デートや観光などで訪れる場所には事欠きません。

では、風頭公園の夜景スポットとしての魅力はどのあたりにあるのかという点について改めて紹介していきましょう。風頭公園は他とは違う、夜景スポットとしての魅力を持ったおすすめスポットでもあります。

稲佐山の対面

風頭公園が夜景スポットとしてあまり知られていない理由の一つは、先ほど触れたように、場所的な問題があります。風頭公園は長崎を代表する夜景スポットである稲佐山の対面に位置しています。

稲佐山の場合、長崎の夜景スポットの中心である中心街が正面眼下に広がるように位置します。一方風頭公園の場合はそれが背面になることから、その分稲佐山に比べると人気度が今一つという点につながるのです。

しかし風頭公園の場合は稲佐山よりも手前に街が見えるという位置関係でもあることから、より光が近く感じられるという点はおすすめポイントと言えるでしょう。稲佐山などとその距離による違いを見比べてみるのもおすすめです。

夕刻から日没直後がおすすめ

一方で夜景になる前、つまり夕刻から日没直後の景色に関しては、風頭公園のほうがはるかに美しいと評価が高いです。グラデーションのような色の変化の美しさは、他の長崎の夜景スポットにはない魅力であり、人気のポイントとなっています。

夕刻の夕日の赤さから少しずつ日没に行くに従い、だんだんと青く変化していく「ブルーモーメント」と言われる時間帯になると、一刻一刻その色を変化させる美しい景色に目を奪われるでしょう。

ですから、風頭公園に夜景デートに行く予定を立てるなら、ぜひ夕方のこのブルーモーメントの時間から行くことをおすすめします。時の過ぎるのも忘れて眺めてしまうかもしれません。

桜のライトアップも魅力的

風頭公園に夜景を見に行く時期として特におすすめしたいのが桜の時期です。先ほども少し触れましたが、風頭公園は長崎の地元の方にとっても桜の名所として人気が高く、多くの方がこの時期に風頭公園を訪れます。

特に展望台からの夜景と夜桜、坂本龍馬像と桜のコラボレーションはここならではのものであり、21時までのライトアップを楽しみながらお花見デートをしたいという方にもおすすめします。

なお、3月下旬には「風頭公園さくら祭り」も行われ、バザーや餅つき大会などのイベントがあることから、これらを楽しみに来る方も少なくありません。美しい桜とともにぜひこれらのイベントも楽しんでみてはいかがでしょうか。

Thumb長崎の夜景スポット11選!デートに人気の名所やホテル・おすすめの穴場まで!
長崎の夜景は世界新三大夜景の一つに選ばれており、美しい景観が楽しめます。稲佐山やグラバー園、...

風頭公園のアクセス方法

次に風頭公園へのアクセス方法について紹介します。風頭公園は長崎駅から3キロほどのところにあるのですが、最初に述べたように、長崎は坂の多い街、しかも風頭公園は風頭山にあるわけですから、行きは確実に坂を上る必要が出てきます。麓から徒歩で30分ほどかかりますから、おすすめしません。

そのため、風頭公園へのアクセスは基本的には長崎駅からバス利用となります。しかもバスの場合、バス停が山の上の方になるため、基本的には後は下り坂となるというメリットもあります。

バスは「風頭山」行きのバスであり、これで「風頭山」で下車します。下車したら案内板を見ながら坂を下って行くと、迷うことなく風頭公園にたどり着くことができます。

風頭公園の駐車場の場所

長崎観光をする方の中には、車を利用してアクセスしたいという方も多いでしょう。特にドライブデートなどの場合は、車で風頭公園まで行けば、歩くのが大変ということもないので安心です。

しかしここで問題となるのが駐車場です。実は風頭公園そのものには専用駐車場がありません。そのため車で行く場合は駐車場が確保できるかが重要なポイントとなります。ですから、花火大会などイベントの際は駐車場が難しいため、車はおすすめしません。

専用駐車場はありませんが、近くには複数の駐車場があり、ふだんならばこれらを利用することで駐車場に関しては特に問題なく利用できるということです。そこでそれらの駐車場の中でデートなどでもおすすめのところをいくつか紹介します。

夜間利用できる駐車場も

昼間に風頭公園に車で行くのであれば、近くにある「小川ハタ店」の駐車場がおすすめです。こちらの駐車場は何といっても風頭公園からのアクセスが近く、坂本龍馬像まで徒歩で3分ほどで行くことができます。

しかしこちらの駐車場は18時で閉鎖になるため、夜景を見に行くのであれば 「風頭さくらP」がおすすめです。こちらは時間駐車場が3つあり、セルフ式なので夜遅くなっても利用できるという点がいいところです。展望台まで徒歩6分ほどとこちらも近いです。

このほかにも近くのホテルの駐車場やコインパーキングなどを利用することもできます。それぞれ駐車場の料金の支払い方法などが違うので、行く前に確認して行くことをおすすめします。

風頭公園へ行ってみよう

長崎の「 風頭公園」は夜景スポットとしては穴場ですが、見どころが多く、お花見デートや歴史デートなどでも人気のスポットです。

また夕方から日没時の景色はとても美しく、他にはない魅力があります。ぜひ風頭公園の展望台まで行き、その美しい景色を楽しんでみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ