平和島公園キャンプ場はバーベキューも楽しめる!予約方法や料金は?

東京にはバーベキューを楽しめる人気スポットは多いですが、テント泊もできるキャンプ場はそれほど多くはありません。東京で焚き火もできるテント泊可能なキャンプ場が、「平和島公園キャンプ場」です。平和島公園キャンプ場でおすすめなバーベキューや予約についてご紹介します。

平和島公園キャンプ場はバーベキューも楽しめる!予約方法や料金は?のイメージ

目次

  1. 1【東京】人気の平和島公園キャンプ場とは?
  2. 2平和島公園キャンプ場が人気の理由
  3. 3平和島公園キャンプ場の宿泊方法
  4. 4バーベキューもできる平和島公園キャンプ場
  5. 5平和島公園キャンプ場は焚き火もできる
  6. 6平和島公園キャンプ場の料金
  7. 7平和島公園キャンプ場の予約方法
  8. 8平和島公園キャンプ場を利用した人の口コミ
  9. 9平和島公園キャンプ場周辺の人気スポット
  10. 10平和島公園キャンプ場へのアクセス
  11. 11都内のおすすめキャンプ場・平和島公園キャンプ場を利用してみよう!

【東京】人気の平和島公園キャンプ場とは?

東京都内には、バーベキューのできるデイキャンプスポットは多いですが、テント泊のできるキャンプ場は数多くありません。東京都内で数少ないテント泊できるキャンプ場のひとつが、「平和島公園キャンプ場」です。

しかも、平和島公園キャンプ場は、東京都内でありながら、焚き火ができるキャンプ場としても人気があります。焚き火は、今では、ソロキャンパーからファミリーキャンパーまでに人気です。その人気の焚き火が楽しめるということでおすすめです。

もちろん、東京都内の平和島公園キャンプ場は、バーベキューもできるのでおすすめのキャンプ場です。平和島公園キャンプ場で人気の焚き火やバーベキュー、予約方法について解説します。

Thumb平和島公園はキャンプやバーベキューも楽しめる!アクセス方法や駐車場は?
東京で子供や大人にも人気のスポットとなっている「平和島公園」は、キャンプやバーベキューが楽し...

平和島公園キャンプ場が人気の理由

ここでは、東京都内の平和島公園キャンプ場が人気の理由について解説しましょう。平和島公園キャンプ場が人気の理由にはいくつか挙げられますが、その中でも2つの人気の理由について詳しくご紹介します。

東京都内の平和島公園キャンプ場が人気の理由のひとつに、「バーベキューを楽しめる」ということが挙げられます。もう一つには、「都内にあるためアクセスしやすい」という点も人気の理由です。

バーベキューを楽しめる

東京都内の平和島公園キャンプ場が人気の理由に、「バーベキューを楽しめる」という点が挙げられます。東京都内には、バーベキューのできるスポットは数多くありますが、その中でも、テント泊ができて、バーベキューも楽しめるキャンプ場は少ないです。

平和島公園キャンプ場は、テント泊もできて、バーベキューもできるということで人気が高いです。さらに、バーベキューだけでなく、焚き火もできるということで、人気が高まっているキャンプ場になります。

バーベキュー設備もしっかりと整っていて、東京都内で、子連れファミリーでもカップル、グループでもバーベキューを楽しむことができるのでおすすめです。どんなスタイルのバーベキューにも対応できるので人気です。

都内にあるためアクセスしやすい

東京都内の平和島公園キャンプ場が人気の理由に、「都内にあるためアクセスしやすい」という点も挙げられるでしょう。東京都内にあるので、公共交通機関でも車でもアクセスしやすいです。

車にバーベキュー道具を一式積み込んでのバーベキューも楽しめますし、外部のバーベキューサービスを使えば、手ぶらでバーベキューを楽しむこともできるのでおすすめです。

平和島公園キャンプ場はしばらく、改修工事をしていたため使えませんでしたが、改修工事が終わりリニューアルされたキャンプ場で、バーベキューをまた、楽しむことができます。平和島公園キャンプ場は、一年を通して、バーベキューやキャンプを楽しむことができるのでおすすめです。

平和島公園キャンプ場の宿泊方法

平和島公園キャンプ場は、A面とB面、C面の3つに分かれて、テント泊ができるようになっています。この中でもっともテント設営しやすいのはC面です。C面は、もっとも平坦で芝生が敷設されていています。ただし、日当たりが良いのでターフなどの用意は必要でしょう。

B面は、少し山になっている部分で、地面は土になります。広さは十分あるので、テント設営に問題はありません。ペグも少し丈夫なものを持参しておいたほうが良いです。

A面は、木々のある場所でのテント設営になり、斜面になっているために、テント設営がしにくいかもしれません。また、テント設営の面積も少ないので、その点も留意してください。なお、どこの面でテント設営したいかは空いていれば予約で指定が可能です。

平和島公園キャンプ場内には、自転車の乗り入れは可能ですが、その他、バイクや車は駐車場に駐車して、テントやタープなどのキャンプ道具は運ぶ必要があります。リアカーの貸出しもあるので利用しましょう。

バーベキューもできる平和島公園キャンプ場

平和島公園キャンプ場の楽しみのひとつに、バーベキューがあります。ただし、どこでもかしこでも直火での火気が利用できるかというとそうではありません。直火での火気が使用できるエリアは限られていて、ひとつは、「コンセルリング内」ともうひとつは、「炊事棟」です。

コンセルリングというのは、C面の区画にあるサークルに区切られた場所です。ここであれば、直火での火気を使ってバーベキューを楽しむことができます。また、炊事棟には、釜戸が用意されているので、バーベキューを楽しむことができます。

直火でなく、バーベキューコンロなどを利用すれば、どこのテントサイトでもバーベキューを楽しむことができます。

平和島公園キャンプ場は焚き火もできる

さきほどもバーベキューの項目でも説明したように、直火可能エリアは、「コンセルリング内」と「炊事棟」の釜戸になります。テント前での焚き火を楽しみたいと言う方は、C面の「コンセルリング内」がおすすめです。

それでも、安全のために、焚き火台を使うことをおすすめします。焚き火台を使うことで、後始末もとても楽になります。また、平和島キャンプ場では、薪などの焚き火の燃料は販売されていませんので、焚き火をする方は用意してきましょう。

焚き火が終わったあとには、炊事棟の横にある灰捨て場で処理をしましょう。灰捨て場には、缶が用意してあるので、その中に入れるようにしてください。

平和島公園キャンプ場の料金

ここでは、平和島公園キャンプ場の料金についてご紹介しましょう。キャンプ場の利用料金は、大田区内在住者と大田区外在住者では変わります。大田区内在住利用者の場合は2200円で、大田区外在住利用者の場合は2600円になります。

どちらにしても、かなりリーズナブルな料金体制になっているので、利用しやすい点も人気がある理由でもあります。

平和島公園キャンプ場の休場日は12月29日から1月3日の年末年始になっています。その以外は、通年営業となりますので、四季折々の景観を楽しめるキャンプ場でもあります。日帰りでの利用は9時から16時で、宿泊の場合は16時から翌朝9時までとなります。

平和島公園キャンプ場の予約方法

平和島公園キャンプ場の予約方法ですが、大田区役所が管理運営するキャンプ場ということで、予約方法も通常のキャンプ場とは違うので注意が必要です。平和島公園キャンプ場を予約をするには、「うぐいすネット」という大田区独自の公共施設予約システムを使うことになります。

この「うぐいすネット」の予約システムを使うには、事前に利用者登録が必要です。この利用者登録はオンラインではできず、大田区区役所やその他の公共施設の受付窓口で行います。

「うぐいすネット」の利用者登録には、住所・氏名・生年月日が確認できる身分証明証が必要です。運転免許証やパスポート、保険証などを用意してください。一度、登録が完了すると3年間有効となります。

利用者登録が完了すると、「うぐいすネット」を利用できるようになり、予約する際の空き状況の確認ができるようになります。空き状況を確認したら、予約を行うことができます。オンシーズンでは、早めの予約がおすすめです。

平和島公園キャンプ場を利用した人の口コミ

ここでは、平和島公園キャンプ場を利用した人の口コミについて解説をしましょう。平和島公園キャンプ場を利用する前には、できれば口コミを知っておくことは非常に参考になります。

平和島公園キャンプ場を利用した人の口コミは、キャンプ予約サイトの口コミやインターネット検索で、「平和島公園キャンプ場」と検索をすると、ブログなどで口コミを記載している人もいます。

それらの口コミを参考にしてみると、リーズナブルで焚き火もできるのでおすすめしている口コミが非常に多いです。また、バーベキューも日帰りでも宿泊でも楽しめる点も口コミで評価されています。なんと言っても、東京都内のアクセスの良い場所でテント泊できるので、口コミでも人気があります。

平和島公園キャンプ場周辺の人気スポット

ここでは、平和島公園キャンプ場周辺の人気スポットをご紹介しましょう。キャンプをするのに、あったらいいと思う施設が、やはり、東京都内ということもあり揃っています。

子供のお菓子や夜のお父さんのツマミなどが購入できるコンビニなどもキャンプ場のそばにあります。平和島公園キャンプ場には、水洗トイレはありますが、シャワー設備はありません。それでも、心配はいりません。近くには天然温泉もあります。

平和島公園キャンプ場に隣接する平和の森公園には、子連れファミリーで楽しめるフィールドアスレチックやプールもあります。

ローソン

ローソン 大田平和島店は、平和島公園キャンプ場から目と鼻の先にあるコンビニで、とても利用しやすいのでおすすめです。

子供のお菓子を買ったり、バーベキューの調味料などを忘れても手に入れることができます。焚き火をしながらのお酒やおつまみなどももちろん手に入ります。

ドン・キホーテ

平和島公園キャンプ場そばに、BIGFUN平和島店という複合商業施設があります。ここには、ドン・キホーテもあるので、簡単なキャンプ用品まで手に入ります。営業時間は7時から翌3時までなので使い勝手も良いです。

なお、このBIGFUN平和島店には、ドン・キホーテ以外にも、カフェやレストラン、屋内アスレチック、ボウリング場、映画館などもあります。

天然温泉 平和島

さきほど、ご紹介したドン・キホーテのあるBIGFUN平和島店には、「天然温泉 平和島」があります。これは、平和島公園キャンプ場にシャワー設備がないということもあり、人気の施設となっています。

温浴施設というだけでなく、天然温泉が楽しめるので、キャンプでの疲れもしっかりと落として就寝できるのでおすすめです。営業時間は、年中無休で、10時から翌朝8時までとロング営業です。

天然温泉 平和島には、ビューイングスパや高濃度ナノ炭酸泉、シャイニングスパ、岩盤浴などの温泉設備が揃っています。キャンプでおすすめな入浴プランは、1時間の平日限定はや湯プランタオル付が1300円とリーズナブルです。

平和の森公園フィールドアスレチック

平和の森公園フィールドアスレチックは、平和島公園キャンプ場に隣接する平和の森公園にあるアスレチックです。40種の遊具があり、子供たちも一日中遊ぶことができます。

平和の森公園フィールドアスレチックには、小学生以上のアスレチックの他に、未就学児には、無料で利用できる幼児用アスレチック場が用意されています。

平和の森公園フィールドアスレチックは、小中学生が100円で、高校生以上が360円と、とてもリーズナブルに利用することができます。

平和島公園プール

平和島公園プールは、平和島公園キャンプ場と同じ、平和島公園内にあるプールで、夏季プールと温水期プールがあります。平和島公園プールは、大田区在住であったり、在勤・在学の方であれば利用可能です。

夏季プールは、50メートルプールや子供用プールがあり、子供用プールには、滑り台などもあるので人気です。平和島公園プールの利用料金ですが、高校生以上が360円で、1歳以上中学生以下は100円ととてもリーズナブルです。

Thumb平和島公園プールは子供から大人まで楽しめる!料金や営業時間は?
平和島公園プールは、東京都大田区内にある子供から大人まで楽しめる公営のプールです。大田区在住...

平和島公園キャンプ場へのアクセス

最後に、平和島公園キャンプ場へのアクセスについて解説をしましょう。平和島公園キャンプ場へのアクセスでは、公共交通機関でのアクセスと車でのアクセスについてご紹介しましょう。

平和島公園キャンプ場は、東京都内にあるということで、公共交通機関でも車でもアクセスしやすい点がおすすめポイントでもあります。車でアクセスする際には、駐車場が完備されているかも気になります。

公共交通機関でのアクセス

平和島公園キャンプ場への公共交通機関でのアクセスですが、京浜急行線平和島駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

もしくは、JR京浜東北線大森駅東口や京浜急行線大森海岸駅から京急バスのレジャーランド平和島行きあるいは、平和島循環に乗車してください。「レジャーランド平和島バス停」で下車したら徒歩5分ほどです。

車でのアクセスと駐車場

平和島公園キャンプ場への車でのアクセスですが、首都高速湾岸線・大井南ICから車で10分ほどの場所にあります。車でのアクセスもわかりやすいのでおすすめです。

平和島公園キャンプ場の駐車場ですが、近隣には駐車場がたくさんありますが、もっともキャンプ場に近く利用しやすいのが、「平和島公園駐車場」になります。24時間営業で、収納台数は65台で、利用料金は普通車が30分ごとに100円です。

都内のおすすめキャンプ場・平和島公園キャンプ場を利用してみよう!

東京都内のおすすめキャンプ場・平和島公園キャンプ場の人気の理由やおすすめのバーベキューなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

平和島公園キャンプ場は、東京都内でありながら、焚き火キャンプができたり、テント泊のできる人気キャンプ場です。東京都内で、キャンプがしたいと言う方は、ここ平和島公園キャンプ場を候補にしてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
旅するフリーランス

新着一覧

最近公開されたまとめ