北九州にあるおすすめ美術館11選!おしゃれなカフェ併設の人気スポットも!

北九州にはとても多くの美術館が集まっています。北九州立美術館や出光美術館などの有名美術館や、おしゃれなカフェが併設されているところなど多彩な美術館があります。北九州にある美術館について、ピックアップした情報をまとめて紹介していきます。

北九州にあるおすすめ美術館11選!おしゃれなカフェ併設の人気スポットも!のイメージ

目次

  1. 1北九州の美術館に出かけよう!
  2. 2北九州にあるおすすめ美術館をご紹介
  3. 3北九州でアート散策におすすめの美術館は?
  4. 4北九州のおしゃれなカフェ併設の美術館2選
  5. 5北九州にあるおすすめ美術館・アートギャラリー4選
  6. 6北九州にある子供連れに人気の美術館5選
  7. 7北九州で美術館めぐりをしよう

北九州の美術館に出かけよう!

北九州には数々の美術館があり、のんびりとした時間を満喫できるようになっています。北九州市立美術館・出光美術館などの超人気施設から、子供におすすめのミュージアムまでいろいろなところがあります。北九州にある美術館について、基本とも言えるアクセスや開館時間などの情報とあわせて紹介していきます。ぜひ行ってみてください。

北九州にあるおすすめ美術館をご紹介

北九州は、福岡県の中でも北部にあるエリアであり、九州地方では福岡市の次の2番目に大きな都市として知られています。

北九州には、多彩な観光スポットがあり、屋外の施設や屋内の施設など、その日の天候や気持ちにあったところを自由にチョイスして楽しむことができます。

北九州には、出光美術館や北九州市立美術館をはじめ、とてもたくさんのおしゃれな美術館があり、アート鑑賞を心ゆくまで堪能することができるようになっています。

近づきがたいとされがちなアートを分かりやすく解説してくれているところや、ワークショップや講演会が開かれていてその世界観に浸ることができるところなど多彩です。

北九州で大変評判が良くておすすめの美術館について、厳選した施設を11だけ紹介していきます。ぜひ出かけてみてください。

北九州でアート散策におすすめの美術館は?

北九州には、話題となっている出光美術館やTOTOミュージアム・北九州市立美術館などの豊富な美術館があって、ゆったり・まったりとしたアート散策にぴったりなところが多くあります。

子供にも理解しやすい展示が工夫されているところはもちろん、おしゃれなカフェがあるところや、ミュージアムショップで限定グッズを手に入れられるところ・ワークショップが開かれているところなど、いろいろあります。

アートが好きなカップルデートや、雨の日の子供と一緒のお出かけ先としてぴったりな美術館もいっぱいあり、それぞれのアート鑑賞時間を充実したものとすることができます。

個々人の興味や年齢・趣味などを考慮しながら、どの美術館にアート鑑賞をしに行くのか、じっくりと選んでみると良いでしょう。

北九州のおしゃれなカフェ併設の美術館2選

北九州にあるいろいろな美術館の中でも、特に人気があっておすすめのおしゃれなカフェが併設されているところを選りすぐって2つだけ紹介します。

展示をしっかりと眺めたら、最後におしゃれ感満載のカフェで談笑をしながら美味しい食事やティータイムなどを楽しめるところとなっています。

北九州市立美術館

大変有名な建築家である磯崎新さんが設計したおしゃれな美術館が「北九州市立美術館」です。北九州市・戸畑区の西鞘ヶ谷町にあります。

「北九州市立美術館」は、街並みを見下ろすことができる丘の上にある斬新なデザインの建物です。多くの美術品を収蔵・展示されていて、多ジャンルの企画展も豊富に催され、さまざまな世界観を堪能することができます。

「北九州市立美術館」には、鑑賞後に訪れたいおしゃれな「カフェ・ミュゼ」があり、素敵な景色を眺めながら豊富なメニューから選べるランチを味わったり、デザートやコーヒーなどで休憩したりできます。

「北九州市立美術館」の開館時間は、9時30分から17時30分までで最終入館は17時となっています。休館日は、毎週月曜日・年末年始などです。

「北九州市立美術館」の入館料金は、コレクション展が大人が300円・高大学生が200円・小中学生が100円となっています。企画展はそのたびごとに変わります。

「北九州市立美術館」へのアクセス方法は、JRの「小倉駅」または「戸畑駅」などからバスに乗り換えて「北九州市立美術館バス停」で降りればアクセスすることができます。

ギャラリー&カフェSOAP

アートとカフェを両方堪能できるのが「ギャラリー&カフェSOAP」です。北九州市・小倉北区の鍛冶町にあります。

期間ごとに展示は入れ替わり、若手のアーティストを中心とした作品がずらりと並べられる、北九州でも指折りのおしゃれアートスポットです。

カフェスペースには、カクテルが50種類以上もあり、特に人気があるのが850円のライチがベースとなったオリジナル酒であるビターソープです。

「ギャラリー&カフェSOAP」の営業時間は、14時から24時までとなっていますが、金土曜日は26時まで、日曜日は20時までとなります。詳細はイベントによって変わります。定休日は月曜日です。

「ギャラリー&カフェSOAP」へのアクセスは、北九州高速鉄道(北九州モノレール)の「平和通駅」から徒歩約3分です。

Thumb北九州のデートスポットおすすめまとめ!定番コースから穴場まであり!
北九州といえば九州で最も本州に近い地域なのですが、たくさんのデートスポットがあります。みなさ...

北九州にあるおすすめ美術館・アートギャラリー4選

北九州にある豊富な美術館の中でも、特に人気度が高いおすすめ美術館・アートギャラリーを選りすぐって4つ紹介します。

さまざまなことを学び・知り・体感することができる子供にも大人にもおすすめの美術館・アートギャラリーばかりとなっています。

出光美術館(門司)

出光興産の発祥の地である門司港のすぐ近くにあるのが「出光美術館」です。北九州市・門司区の東港町にあります。

「出光美術館」の建物は、大正時代に建てられた、とされている出光興産の倉庫を改築したものであり、レトロな雰囲気満載でおしゃれでノスタルジックさも感じることができます。

「出光美術館」には、日本の書画や、中国と日本の陶磁器を中心とした作品が収蔵・展示されていて、年に数回の展覧会が行われています。

「出光美術館」の開館時間は、10時から17時までで最終の入館は16時30分までとなっています。休館日は、毎週月曜日・年末年始・展示替期間などです。

「出光美術館」の入館料金は、大人が500円・高大学生が300円・中学生以下は無料となっています。ただし、中学生以下のみでは入館できず、保護者などの同伴が必ず必要となっています。

「出光美術館」へアクセスしようと思っている場合には、JRの「門司港駅」で降りたなら徒歩約8分ですんなりとアクセスすることができます。

北九州市立 美術館黒崎市民ギャラリー

大変アクセスしやすい場所にあるギャラリーが「北九州市立 美術館黒崎市民ギャラリー」です。北九州市の八幡西区・黒崎3丁目にあるコムシティの3階にあります。

「北九州市立 美術館黒崎市民ギャラリー」は、絵画や書・彫刻・陶芸などの作品の展覧会が行われるギャラリーとなっています。

数日程度の期間でそれぞれが工夫を凝らしたアート作品の展覧会が随時行われているので、ぜひ駅を利用する際には立ち寄ってみると良いです。

「北九州市立 美術館黒崎市民ギャラリー」の開館時間は、基本的には9時から19時までで入館は18時30分までで、年末年始は休みです。料金は、展覧会によって異なります。

「北九州市立 美術館黒崎市民ギャラリー」へは、JRの「黒崎駅」で降りると直結しているのですぐに行けます。

筑前・染と織の美術館

池を一望することが可能な丘にあるのが「筑前・染と織の美術館」です。北九州市・若松区の大字小竹にあります。

日本オリジナルの伝統文化である染物と織物作品について学ぶことができる大変珍しい美術館であり、明治時代のものを中心に約5000もの作品が所蔵・展示されています。

おおよそ3か月から4か月ごとにテーマに沿った展示会が行われていて、見逃すとその作品を見られる次の機会がなかなか訪れない、とされています。

「筑前・染と織の美術館」の開館時間は、10時から17時までと決まっています。休館日は、毎週の月曜日と年末年始です。料金は、大人が600円・子供が300円です。

「筑前・染と織の美術館」へ行こうと考えているときには、JRの「二島駅」などで降りると比較的行きやすいでしょう。

北九州市立 旧百三十銀行ギャラリー

大変おしゃれな建物ににあるのが「北九州市立 旧百三十銀行ギャラリー」です。北九州市・八幡東区の西本町に位置しています。

「北九州市立 旧百三十銀行ギャラリー」は、大正4年(1915年)に建てられた赤レンガづくりの大正モダン感をしっかりと感じることができる歴史ある建物となっています。

白色で統一されている館内は、ギャラリーホールとなっていて、さまざまな作品などの展示会が行われています。

「北九州市立 旧百三十銀行ギャラリー」の開館時間は、基本として10時より18時までですが、展示会によっては変動することもあります。年末年始は休館です。

「北九州市立 旧百三十銀行ギャラリー」に行くには、JRの「八幡駅」で降りたなら徒歩約5分ほどで到着できます。

北九州にある子供連れに人気の美術館5選

北九州にあるいろいろな美術館の中でも、特におすすめ度が高くて子供連れに人気のところ厳選して5つ紹介していきます。

小さな子供にも分かりやすい解説や、世界観を味わえる体験やワークショップなどが開催されている話題性の高いおすすめのところばかりです。

北九州市漫画ミュージアム

漫画の文化についてしっかりと知ることができる美術館が「北九州市漫画ミュージアム」です。北九州市の小倉北区・浅野にあります。

松本零士さん・北条司さん・わたせせいぞうさんなどの地元である北九州が出身の作家さんの作品や関連資料などが収蔵・展示され、漫画の仕組みや魅力などをを存分に伝えてくれます。

漫画について常設展示や企画展示などを見ることができるのはもちろん、閲覧コーナーで漫画を読んだり、実際に漫画を描いたりすることができ、多角的に漫画を知ることができます。記念撮影スポットもあります。

「北九州市漫画ミュージアム」の開館の時間は、11時より19時までで入館できるのは閉館時間の30分前までです。休みは、毎週火曜日や年末年始・館内整理日などです。

入館の料金は、常設展が大人は480円・中高校生は240円・小学生は120円・小学生未満が無料となっています。企画展示は別途料金が必要となることもあります。

「北九州市漫画ミュージアム」へのアクセスとしては、JR・「小倉駅」で電車を降りて歩けばおよそ2分ですんなりと行くことができます。

北九州市環境ミュージアム

環境について、さまざまな知識を身に着けることができるのが「北九州市環境ミュージアム」です。北九州市の八幡東区・東田にあります。

今話題のリサイクルやエネルギー問題・エコ活動をはじめ、公害・世界の環境問題・環境技術などの多彩なことを学ぶことができるスポットです。

子供にも理解しやすい展示が工夫されている以外にも、イベントなどもたくさん行われていて、さまざまな方面から環境について知ることができます。

「北九州市環境ミュージアム」の開館時間は、9時から17時までですが、展示部分の最終入館は16時30分です。毎週の月曜日や年末年始は休館日です。観覧料金は、無料です。

「北九州市環境ミュージアム」への行き方としては、JRの「スペースワールド駅」からなら徒歩およそ5分となっています。

TOTOミュージアム

トイレメーカーとして有名なTOTOの美術館が「TOTOミュージアム」です。北九州市の小倉北区・中島に位置しています。

トイレの歴史やその変遷・公衆衛生、そして世界各国のトイレなどのことについて、貴重な資料も交えながらの展示があり、しっかりと学ぶことができます。

実際の商品がずらりと並べられていて、触れて操作をすることもできるようになっています。ミュージアムショップではオリジナルの商品もGETできます。

「TOTOミュージアム」の開館時間は、10時から17時までとなっています。毎週の月曜日や夏季休暇・年末年始などは休館となります。料金は無料で自由に見学できます。

「TOTOミュージアム」へ行くことを考えている人は、JRの「小倉駅」からバスに乗り換えて「貴船町バス停」で降りれば行くことが可能です。

ゼンリンミュージアム

地図について深く知りたいときにおすすめのスポットが「ゼンリンミュージアム」です。北九州市の小倉北区・室町にあるリバーウォーク北九州の14階にあります。

16世紀から20世紀頃にヨーロッパで作成されたとされている日本地図やその歴史と変遷、さらには伊能忠敬による実測日本地図、そして重要な資料などがおよそ120点も展示されています。

また、期間限定展示や、ギャラリートークなどのイベントもいろいろ行われることがあります。館内には、常駐の専門のスタッフが地図の楽しみ方などをしっかりと教えてくれます。

「ゼンリンミュージアム」の開館の時間は、10時から17時までで最終入館時間は16時30分となっています。休館日として月曜日は休みです。料金は一人1000円であり、保護者が同伴している小学生以下のみ無料です。

「ゼンリンミュージアム」へのアクセス方法としては、JR・「小倉駅」より歩いておおよそ10分や、JRの「西小倉駅」より歩いておおよそ5分などがあります。

わたせせいぞうと海のギャラリー

こじんまりとした落ち着いた空気感の人気のスポットが「わたせせいぞうと海のギャラリー」です。北九州市の門司区の港町に存在しています。

大正6年(1917年)に建てられた、とされている旧大阪商船ビルの一角にあるギャラリーであり、レトロ感満載でおしゃれな雰囲気を存分に味わうことができます。

北九州が出身であるイラストレーターのわたせせいぞうさんの作品がたくさん展示されていて、その素敵な世界を満喫できるようになっています。

「わたせせいぞうと海のギャラリー」の開館時間としては、9時から17時までであり、年中無休営業です。観覧料は、大人が100円・小中学生が50円です。

「わたせせいぞうと海のギャラリー」への行き方としては、JRの「門司港駅」などで降りるのが良いでしょう。

ThumbTOTOミュージアム(北九州)で日本のトイレ技術を学ぼう!見学の楽しみ方!
北九州市にある「TOTOミュージアム」と言えば、日本が誇る企業TOTOの歴史や水回り製品の見...
Thumb福岡の博物館おすすめ13選!子供が喜ぶ恐竜や金印が見れる人気施設も!
福岡には大人気の博物館がとても豊富にあります。大きな恐竜や珍しい金印がみれるところ、太宰府天...

北九州で美術館めぐりをしよう

北九州には多くの美術館があり、ゆっくりとアート鑑賞を楽しむことができるようになっています。自分たちのスケジュールにあわせながら北九州市立美術館や出光美術館などの美術館巡りを楽しめば、気持ちがすっと変わるのを感じることができるでしょう。北九州に行くときにはぜひ美術館にも足を延ばしてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mia-a

新着一覧

最近公開されたまとめ