桃の美味しい食べ方や食べごろは?おすすめの切り方や剥き方も紹介!

果物の中では好きな方も多く人気の桃。食べ頃や食べ方を知っておくと、より美味しい状態の桃を味わうことができるのでおすすめ。桃の食べ方や剥き方、切り方などを一挙紹介します。自分用はもちろんギフト用にも利用できるので、桃の美味しい食べ方をチェックして楽しみましょう。

桃の美味しい食べ方や食べごろは?おすすめの切り方や剥き方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1人気の果物・桃の美味しい食べ方とは?
  2. 2桃の食べごろの時期とは?
  3. 3桃の美味しい食べ方
  4. 4桃の食べ方で気になるポイント
  5. 5食べ方だけじゃなく、桃の選び方も重要!
  6. 6桃の品種
  7. 7桃をギフトで送る時の注意点
  8. 8美味しく食べるために、桃の食べ方などをチェックしておこう!

人気の果物・桃の美味しい食べ方とは?

ジューシーで甘くて美味しい桃は、人気の果物の一つ。そのまま食べても桃の甘さが広がり美味しい味が楽しめますし、ゼリーやケーキなどのスイーツにも使用できます。

色々な食べ方ができることもあり人気を集めている桃ですが、切り方や剥き方・食べ方について詳しく知っていますか?より美味しい状態で桃を楽しむ場合には、切り方や食べ肩などはチェックしておくと便利なのでおすすめになります。

そこで、今回当記事では桃の食べ方や切り方などを紹介します。冷やす方法などについても触れていきますし、色々な桃の品種の選び方についても紹介します。人気の果物の桃が好きな方は、ぜひ食べ方や切り方をチェックして美味しい味を楽しみましょう。

桃の食べごろの時期とは?

桃は人気の果物の一つになりますが、食べ頃を迎える旬の時期を知っている方は少ないです。桃は7月頃から12月頃まで桃は店頭に並んでいるのですが、これは産地や品種によって旬の時期が異なるからです。つまり、旬の産地や品種の桃が並んでいます。

桃は旬の時期が異なる点はありますが、基本的には出荷の最盛期となる7月から8月にかけてが旬の時期と言われているのが特徴になります。

瑞々しくてジューシーな桃は、夏の暑い時期にはピッタリの果物です。桃には100種類近くあるのですが、大半が7月から8月に旬を迎えます。もちろん品種による違いがあるので、10月の秋頃から旬を迎える種類もあるので美味しい味をいつでも楽しみやすいです。

Thumb桃の旬の時期はいつ?岡山や福島など産地やおすすめの品種まで徹底調査!
旬の時期に味わうことができる瑞々しい果物。皆さんはどのような果物がお好きですか。色々な味わい...

桃の美味しい食べ方

ここからは、桃のおすすめの食べ方について紹介します。桃を美味しい状態で楽しみたい場合には、食べ方は大事なポイントになります。食べ方の一つで味の違いが生まれてくるので、美味しい桃を楽しみたい方はチェックしておくのがおすすめになります。

ここで紹介する桃の食べ方は、保存方法や冷やす方法になります。桃の食べ方としての調理方法ではないので注意するようにしましょう。保存方法や冷やす方法は、味を美味しい状態で維持するためにも大事なポイントなので覚えておくと便利です。

美味しく食べるには常温保存がおすすめ

桃は冷蔵保存で冷やすと風味が落ちてしまうので、常温保存で置いておくのがポイントになります。常温保存することで追熟させることができるので、より甘味のある桃を味わうことができます。より美味しい桃の食べ方としておすすめの方法の一つです。

桃の食べ方として常温保存が大事なポイントになるのですが、常温保存する場合には風通しの良い場所に置くのも大事なポイントになります。

また、桃はちょっとしたことで傷がついてしまうので常温保存する場合にはキッチンペーパーを桃の下に引いておくなどするのがおすすめ。旬の時期の桃はそれだけでもしっかりと甘味があり美味しいですが、追熟でより美味しい味が楽しめるのでおすすめです。

桃の食べ方として美味しい状態で楽しむために常温保存しておくのがポイントになりますが、桃の常温保存期間は2日から3日とされています。旬の時期を迎える7月から8月は、夏の暑い時期になるので常温保存期間は短くなる場合もあるので注意が必要になります。

追熟はより桃を甘くする効果がありますが、熟した桃は傷んでしまうのも早くなってしまいます。特に夏場は痛みやすくなってしまう点もあるので、こまめにチェックするのがおすすめ。購入時の桃の状態にも左右されるので注意しておくようにしましょう。

食べる2時間くらい前に冷蔵庫で冷やす食べ方がおすすめ

桃の食べ方として常温保存がおすすめになるのですが、常温保存のままでは生ぬるい桃になるので美味しい味を楽しみにくくなってしまいます。そこで食べる前に冷やすことが必要になるのですが、おすすめなのは食べる2時間ほど前に冷蔵庫で冷やすことです。

食べる直前に桃を冷やすことで、桃の甘みなどを最大限に引き出して味わうことができます。より美味しいっ状態で楽しむ食べ方になるので覚えておきましょう。

冷蔵庫で桃を冷やすのは2時間から3時間ほどとされています。あまり長時間冷やすと、桃の甘みを感じにくくなってしまいます。そのため、冷蔵庫に入れ過ぎてしまわないようにしましょう。食べ方としては、程よい冷たさに冷やすことになります。

桃を冷やす方法としては冷蔵庫に入れるのがおすすめになりますが、冷やすのに時間を要してしまいます。そこで、すぐに桃を食べたい場合には氷水を利用するのもおすすめ。氷水の場合には、15分ほど桃をつけておくだけなので早めに食べられます。

もちろん氷水を利用する場合も、長時間冷やしすぎないように注意しなくてはいけません。長時間冷やしすぎてしまうと風味が失われてしまいます。冷やす時間に違いがあるので、桃を食べるタイミングに合わせて使い分けるのがおすすめになります。

桃の食べ方で気になるポイント

人気の果物の桃はの食べ方は常温保存で食べる前に冷やすことですが、桃の食べ方で気になるのは保存方法やしやす方法だけではありません。桃の切り方や剥き方などが気になるという方も少なくないです。そこで、桃の食べ方の気になるポイントを紹介します。

ここで紹介するのは切り方・剥き方・洗い方の3点になります。それぞれのポイントごとに注意点も踏まえて個別に紹介していきます。人気の桃を美味しい状態で楽しむためにポイントを押さえて桃を味わって楽しんでみましょう。

切り方

まずは桃の切り方について紹介します。桃の切り方のポイントは、皮を剥かずにそのままの状態で切っていくことになります。

桃には表面部分に窪みがあるので、その窪みに沿って包丁を入れていきカットしていく切り方になります。桃は中央部分に種があるので種に当たるまで深く包丁を入れていきましょう。後は、種に沿うようにして円状に桃を切っていきます。

文章で読むと難しく感じてしまうかもしれませんが、種を中心に桃を半分にカットしていく切り方です。アボカドのカットの仕方と同じ要領でカットしていくので、桃は難しく考えないで半分に切っていくことができるでしょう。

種を中心に切れ目を入れた桃は、片方を持って回すことで2つに分けることができます。切れ目が入っているので力を入れなくても半分に分けることができます。力を入れすぎてしまうと桃が傷ついてしまうので、注意して2つに分けるようにしましょう。

桃の種は2つに分けた片側にあるので、後はスプーンなどを利用して種を取るだけです。タネを取った後は、4等分など好みの大きさに切り分けていきます。桃の切り方の最大のポイントは、皮を剥かずに切り分けていくことになります。

剥き方

続いては桃川の剥き方になりますが、先述したように切り分けた後は皮の面を下にして包丁を入れていくだけです。桃の皮は剥きやすいのできれいに皮を取ることができます。包丁で皮を剥くのが苦手な方は手で一つ一つ剥いていくのもおすすめです。

きれいに皮を剥くことができたら、見た目の美しさも楽しめるので桃をより美味しく楽しめます。せっかくの桃をきれいな状態で楽しむために参考にしてみてください。

皮と身の間に包丁を入れていくことで桃の皮を剥くのですが、力を入れなくてもスッと剥くことができます。力を入れすぎてしまうと包丁で身も削いでしまう可能性があるので注意しましょう。慣れるとスムーズにできるので挑戦してみてください。

桃の皮の剥き方はカットした後になるのですが、桃の利用方法によってはカットする前に皮をむきたい場合もあるでしょう。そこで丸ごと皮を剥くときのポイントも紹介します。丸ごと皮を剥くときは、全体を包丁の背を使ってなぜていきましょう。

桃の皮の全体をなでたら、桃の皮に切れ目を入れます。後は切れ目から両サイドに引っ張るようにして皮をめくっていくだけです。ポイントは満遍なく包丁の背を使って桃の皮をなでていく点になるので、丸ごと皮を剥きたい場合には参考にしてください。

洗い方

最後に桃の洗い方について紹介します。カットする前に洗うポイントは、桃の皮の表面についている産毛をしっかりと取る点です。

桃の皮についている産毛は、流水を使用して手で擦ると簡単に取ることができます。桃全体がツルツルした感触に変わるので手触りで産毛が取れたかを判断できるでしょう。桃を皮ごと食べる方も多いですが、しっかりと産毛を取って楽しむようにしましょう。

また、カットした桃をすぐに食べ切らない場合には塩水につけておくことで変色を防げます。皮を剥いた桃を5分から10分つけておくだけなので、こちらも桃の洗い方として覚えておくと便利。時間が経っても見た目の美しい桃を楽しむことができるようになります。

食べ方だけじゃなく、桃の選び方も重要!

ここまで桃の食べ方のポイントを総会してきましたが、桃は食べ方だけでなく選び方も大事になります。桃は全体的にふっくらとしたものを選ぶようにしましょう。

また、桃の皮の色合いもチェックするのがポイント。全体的に赤い色合いが濃い桃は甘味が強いので、桃の選び方のポイントとなります。これだけでも美味しい桃を選択可能ですが、さらに細かく見る場合には桃の産毛が全体にあるかのチェックもおすすめ。

また、桃は熟すほど香りが引き立つので香りの有無も確認しておくのがポイント。チェックするポイントはたくさんありますが、せっかく購入する桃を美味しい状態で楽しむためにも選び方のポイントは押さえておくと便利です。

桃の品種

桃の選び方にも関係してくるのが、桃の品種です。桃は大きく分けると早生種・中生種・晩生種の3種類に分かれています。その中でもさらに品種が分かれているので、桃は色々な種類があるのが特徴。ここでは、桃の品種について紹介していきます。

早生種・中生種・晩生種のそれぞれの特徴などを紹介していくので、桃を購入する場合にはどの品種になるのかをチェックしておくのも大事なポイントです。桃の選び方にも関連するので、ぜひ桃の品種についてもチェックしておきましょう。

早生種

最初に紹介するのは桃の早生種です。一般的な収穫の時期よりも栽培期間が短いのが特徴となるのが早生種で、日川白鳳が代表的な桃になります。白鳳の枝分かれ品種になる日川白鳳は、日持ちが良いこともあり人気の品種の一つになっています。

その年によって出荷時期には変動がありますが、主に6月下旬から7月下旬にかけて出荷されているのが早生種になります。旬の時期よりは少し早めになりますが、小ぶりながらも美味しい品種が揃っているので早生種は人気がありおすすめになります。

中生種

続いて紹介する桃の品種は、中生種になります。一般的に出回る桃の中でも一番目にする機会が多いのが中生種で、代表的なのは白鳳系になります。大型の白桃では浅間白桃も中生種になり、あかつきなどの人気の品種も揃っています。

もちろん黄桃系などにも中生種はあるので、色々な品種から選択できるのが魅力。桃の旬の時期に合わせて出回っているのが中生種担っているので、食べる機会が多い種類とも言えるでしょう。先述した早生種と食べ比べしてみるのもおすすめになります。

晩生種

最後に紹介するのは晩生種です。これまで紹介した桃の品種の中でも最後に出回るのが晩生種になります。晩生種の代表的な桃では、川中島白桃があります。1個300グラム以上の大型の桃が特徴で、日持ちも良く食べ応えがあるので人気の桃の一つになります。

白桃や黄桃系が晩生種の品種になっています。また、一般的な桃とは違った形が特徴の蟠桃にも晩生種があるので、見た目の違う桃を楽しむのもおすすめ。晩生種にも人気の品種は揃っているので、気になる桃をチェックして楽しんでみてください。

桃をギフトで送る時の注意点

最後になりますが、桃をギフト利用する場合の注意点も紹介していきます。桃をギフトで送る場合には、常温で送るのが大事なポイントです。ですが、熟した桃の場合には日持ちしない場合があるのでチルドなどを利用するのもポイントになります。

お店を利用する場合は店舗で箱詰めなどは行なってくれますが、自宅で箱詰めする場合にはクッション剤などを利用して桃同士がぶつかってしまうのを避けましょう。さらに、取扱注意のラベルなどを利用して発送するのも大事なポイントになります。

美味しく食べるために、桃の食べ方などをチェックしておこう!

桃には色々な品種がありますが、どの品種の桃を購入しても切り方や食べ方に違いはありません。そのため、美味しい状態で桃を楽しむ場合には食べ方を覚えておくのが大事です。そして、切り方を覚えておくと見た目でも楽しむことができます。

ゼリーやケーキなどに利用して味わうのもおすすめになりますが、桃の本来の味を楽しむにはそのままの状態で味わうのが一番です。旬の時期や保存方法なども含めて、桃を食べるときには当記事を役立てて美味しい味を楽しんでみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ