細野渓流キャンプ場で和歌山の自然を満喫!予約方法や口コミも調査!

和歌山県紀の川市には、和歌山の自然を満喫できる人気のキャンプ場・細野渓流キャンプ場があります。今回は、細野渓流キャンプ場の魅力やおすすめの過ごし方はもちろん、予約方法や口コミも調査します。細野渓流キャンプ場で大自然を感じましょう。

細野渓流キャンプ場で和歌山の自然を満喫!予約方法や口コミも調査!のイメージ

目次

  1. 1【和歌山】紀の川市の人気キャンプ場をご紹介
  2. 2自然と触れ合える細野渓流キャンプ場
  3. 3細野渓流キャンプ場のおすすめスポット
  4. 4細野渓流キャンプ場で人気のハイキング
  5. 5細野渓流キャンプ場の料金・予約方法
  6. 6細野渓流キャンプ場の口コミ評価
  7. 7細野渓流キャンプ場の営業時間・定休日
  8. 8細野渓流キャンプ場のアクセス方法
  9. 9細野渓流キャンプ場へ行ってみよう

【和歌山】紀の川市の人気キャンプ場をご紹介

和歌山県紀の川市の人気キャンプ場、細野渓流キャンプ場をご存じでしょうか。細野渓流キャンプ場は、場内を流れる真国川での川遊びを楽しめる人気キャンプ場です。美しい流れの真国川では、カヌー体験やザリガニ釣りといったアウトドア体験を楽しむこともできます。

また初夏には美しいホタル鑑賞ができます。川沿いでバーベキューが楽しめること、日帰り利用できること、いくつもの宿泊方法が用意されていること、そして設備が充実していることなど、人気のポイントがたくさん用意されています。

自然と触れ合える細野渓流キャンプ場

今回は、和歌山県紀の川市にある細野渓流キャンプ場の魅力を調査します。人気のポイントやおすすめの理由だけでなく、予約方法や口コミ情報も併せてご案内します。和歌山県紀の川市周辺でキャンプをする予定なら一度チェックしておいて損はありません。自然と触れ合える細野渓流キャンプ場で、キャンプの醍醐味を存分に感じましょう。

細野渓流キャンプ場のおすすめスポット

和歌山県紀の川市・細野渓流キャンプ場のおすすめスポットをご紹介します。細野渓流キャンプ場での宿泊は基本的にオートキャンプ場かバンガローでする形になります。

二つの宿泊方法の特徴や設備情報についてお知らせするとともに、細野渓流キャンプ場の目玉でもあるビオトープや真国川のおすすめポイントについても調査します。

オートキャンプ場

細野渓流キャンプ場のおすすめスポットの一つ目に紹介したいのが、オートキャンプ場です。オートキャンプとは車の乗り入れが可能なキャンプ場のことを指します。オートキャンプの最大のメリットは、なんと言っても荷物の持ち運びが非常に楽ということ。

荷物を持ちながら駐車場とテントを往復する必要がないことがオートキャンプの人気のポイントと言っていいでしょう。細野渓流キャンプ場のオートキャンプ場は、大きく分けて二つのタイプが用意されています。

一つがオートキャンプ専用サイト、そしてもう一つがグラウンド内オートキャンプサイトです。それぞれのオートキャンプ場にはどのような違いがあるのでしょうか。

オートキャンプ専用サイト

細野渓流キャンプ場のオートキャンプ専用サイトの特徴や設備について簡単に解説します。細野渓流キャンプ場のオートキャンプ専用サイトの最大の特徴は、すべてサイトにコンセント(電源)が用意されており自由に使えるということ。

キャンプ中も電波やメールが気になるという人におすすめとなっています。オートキャンプ専用サイトは全部で8サイトあり、すべてが真国川沿いに向かい一列に並んでいるというのも特徴的です。真国川の美しい姿とせせらぎを間近に体感することができるとあって根強い人気です。

グラウンド内オートキャンプサイト

細野渓流キャンプ場のグラウンド内オートキャンプサイトの最大の特徴は、コンセント(電源)を完備していないということです。その分利用料金も安いので、「キャンプ中はスマートフォンなどの端末をあまり触らない」という人におすすめのサイトとなっています。

ロケーションにも大きな違いがあり、真国川沿いのオートキャンプ専用サイトに対して、名称からもお察しのようにグラウンド内にあるオートキャンプサイトとなっています。

周囲を取り囲むようにサイトが配置されたグランドであり、収容人数も多いので土日祝を中心に比較的混み合います。賑やかなキャンプが好きな人や料金を安く抑えたい人におすすめのサイトと言えるでしょう。

オートキャンプ専用サイトより川から距離があるので、川の音が気になって眠れないという人もグラウンド内オートキャンプサイトでの宿泊を検討してみるのをおすすめします。

バンガロー

細野渓流キャンプ場のおすすめスポットの二つ目に紹介したいのが、バンガローです。最低限の造りをしたバンガローは、宿泊料金を抑えながら暑さ・寒さ対策ができる優れものとなっています。

細野渓流キャンプ場のバンガローは大きく分けて二つのタイプが用意されています。収容人数5名が目安のバンガロー、そして収容人数10名が目安のバンガローです。どのバンガローの近くにも駐車スペースがあり、荷物の持ち運びが楽々という嬉しいおまけ付き。

駐車スペースではバーベキューを楽しむことだってできるんです。二つのタイプのバンガローの違いは基本的にサイズだけです。サイズによって宿泊料金が異なりますが、基本的な設備は同じです。どれも照明と扇風機とコンセント(電源)だけ用意されています。

エアコンや寝具などはないので、暑さ・寒さ対策は必須となります。どちらのタイプのバンガローも流し台ありと流し台なしの二つのタイプが用意されています。流し台ありともに料金に関わってきますので、くわしくは後ほど紹介する「細野渓流キャンプ場の料金・予約方法」で料金をチェックしてみましょう。

ビオトープ

細野渓流キャンプ場のおすすめスポットの三つ目に紹介したいのが、ビオトープです。細野渓流キャンプ場で言うところのビオトープとは、おもにザリガニ釣りやホタルの幼虫・メダカの鑑賞が楽しめるエリアのことを指します。

自然豊かな環境で、まるで童心に帰ったかのような時間を楽しめるというのも細野渓流キャンプ場が口コミで人気になっている理由でもあります。初夏にはホタルの鑑賞を楽しむことができ、不定期でイベントも開催。子供たちに大人気のザリガニ釣りやメダカの鑑賞など、心癒される体験を間近で感じることができます。

真国川

細野渓流キャンプ場のおすすめスポットの四つ目に紹介したいのが、真国川です。細野渓流キャンプ場のすぐ目の前を流れる真国川は、細野渓流キャンプ場に欠かせない存在です。周辺では川遊びを楽しむ人の姿を多く見ることができるでしょう。

とくに夏場のキャンプに川遊びは欠かせません。釣りを楽しむ人も多く、カワムツやハスが釣れるポイントがあります。タイミングによっては小さなナマズまで釣ることでき、川の美しさを物語っているかのようです。

細野渓流キャンプ場で人気のハイキング

細野渓流キャンプ場で楽しめるのは川遊びだけではありません。ハイキングを楽しむのに最適な環境が整っています。細野渓流キャンプ場から往復4時間ほどのハイキングコースが整備されており、魅力はなんと言っても滝です。

深山渓谷ハイキングコースでは、なんと20以上の滝と出会うことができます。それぞれ大きさの異なる滝となっており、豪快な水しぶきを上げる滝もあれば見ているだけで心洗われるような穏やかな滝もあります。

周辺を散策するだけでも、心地良い水の音とマイナスイオンに癒されること間違いなしです。夏に訪れてもひんやりとした空気を感じることができる、穴場の避暑地でもあります。

深山渓谷ハイキングコースは自由に散策することができるので宿泊者だけでなく日帰り利用でも、口コミでも人気になっている深山渓谷ハイキングコースに立ち寄ってみてください。

Thumb和歌山のおすすめキャンプ場27選!穴場やコテージ・予約不要の施設も!
現在全国さまざまな地域にあるキャンプ場ですが、和歌山にもたくさんのキャンプ場があります。人気...

細野渓流キャンプ場の料金・予約方法

和歌山県紀の川市・細野渓流キャンプ場の料金・予約方法をご紹介します。細野渓流キャンプ場の利用料金の目安は、日帰り利用の入場料金が一人400円、宿泊なら一人800円、延泊する場合一人400円です。

ペット可の細野渓流キャンプ場では、愛犬一頭につき一回520円の入場料金が発生します。細野渓流キャンプ場では日帰りキャンプ限定で川原などの場所でテントの設営を行うことができます。その場合の持ち込み料金の目安は一張1,040円です。

細野渓流キャンプ場では嬉しいことに、快適なバンガローを日帰り利用することもできます。気になる料金についてもチェックし、どのスタイルで滞在するか参考にしてみてはいかがでしょうか。

オートキャンプ場の料金の目安

オートキャンプ場の料金の目安について解説します。コンセント(電源)ありの1区画あたりの料金は日帰り2,090円宿泊4,180円、延泊2,090円です。グラウンド内にあるコンセント(電源)なしの1区画当たりの料金は日帰り1,570円、宿泊3,140円、そして延泊1,570円になります。

バンガローの料金の目安

バンガローの料金の目安も見ていきましょう。先ほどもご紹介した通り、バンガローには大きく分けて二つのタイプが用意されています。二つのタイプのバンガローは広さや収容人数や流し台の有無だけでなく、宿泊料金も異なります。

もっとも安いのが収容人数5名ほどの小さなバンガローの流し台なしのタイプです。日帰り2,090円、宿泊・延泊ともに3,660円となります。同じサイズのバンガローでも流し台ありのタイプは日帰り3,140円、宿泊・延泊ともに4,710円に変更になります。

次に収容人数10名ほどが目安の大きなバンガローの料金も観ていきましょう。こちらも流し台の有無によって料金が異なります。リーズナブルな流し台なしの料金の目安は、日帰り3,660円、宿泊・延泊ともに7,330円です。

大きなバンガローの流し台ありの料金の目安は、日帰り4,710円、宿泊・延泊ともに8,380円になります。バンガローはたくさんの人数で利用すればするほどお得に使えるという計算になります。そのため、大人数でわいわいアウトドアを楽しみたい時におすすめの宿泊方法と言えます。

予約は電話のみ受け付け

細野渓流キャンプ場の気になる予約方法についてですが、細野渓流キャンプ場では基本的に電話予約のみ受け付けという形を取っています。電話予約は営業時間内にする必要があり、営業時間だけでなく電話番号も把握しておく必要があります。

営業時間などについては、後ほど登場する「細野渓流キャンプ場の営業時間・定休日」のなかで解説しています。細野渓流キャンプ場の予約開始日についてですが、4月以降の予約分は1月4日から受け付け開始となります。

細野渓流キャンプ場の口コミ評価

細野渓流キャンプ場の気になる口コミ評価を見ていきましょう。細野渓流キャンプ場の口コミで目立つのは、やはり子供との過ごしやすさです。真国川での川遊びの楽しさを物語る口コミがたくさん見受けられます。

「夏になるといつも細野渓流キャンプ場に来る」という口コミが多く、夏場の人気がとくに高いキャンプ場であることがわかります。川のせせらぎはもちろんウグイスの鳴き声やカエルの合唱に癒される人も多いようです。

「天候の良い日には星座が大きく見えるほど星空がきれいに見渡せるスポット」という口コミもあることから、日帰り利用も人気ですがぜひ宿泊をおすすめします。隠れた釣りの穴場としても人気があり、なかにはナマズを釣ったという強者もいます。

自然環境が魅力なだけでなく設備が整っていることも口コミで人気になっている秘密で、とくに清潔感について高く評価している人が多いようです。「キャンプ初心者でも過ごしやすい」「女性でも安心して過ごせるきれいなキャンプ場」と称賛されています。

細野渓流キャンプ場の営業時間・定休日

和歌山県紀の川市・細野渓流キャンプ場の営業時間・定休日をご紹介します。細野渓流キャンプ場の営業時間は10時から17時です。予約をするなら営業時間内に電話をする必要があります。

もちろん細野渓流キャンプ場は土日祝も営業していますが、土日祝は電話予約を承っていません。そのため、細野渓流キャンプ場を利用するなら平日の10時から17時に電話をする必要があります。

ただし平日10時から17時であっても、必ずしも電話に出られるわけではありません。その場合は時間をおいて再度かけ直すと良いでしょう。

住所 和歌山県紀の川市桃山町垣内258
電話番号 0736-67-0070

細野渓流キャンプ場のアクセス方法

細野渓流キャンプ場のアクセス方法を見ていきましょう。細野渓流キャンプ場から近いICは、紀の川ICです。紀の川ICから車で45分ほどの場所に、細野渓流キャンプ場があります。また泉南ICからのアクセスもおすすめです。

泉南IC出口から車で1時間8分ほどで細野渓流キャンプ場にアクセスすることができるでしょう。和歌山ICからなら車で1時間が目安です。もちろんキャンプ場利用者専用の駐車場を完備しています。車でのアクセスが一般的となっており、またおすすめでもあります。公共交通機関でアクセスする場合、下井阪駅からタクシーで35分が目安になります。

細野渓流キャンプ場へ行ってみよう

和歌山県紀の川市にある細野渓流キャンプ場は、真国川での川遊びが大人気のキャンプ場です。夏場は口コミでの人気がとても高く、子供と一緒に過ごすのに最適なキャンプ場になっています。

ホタルやメダカの鑑賞やザリガニ釣り、たくさんの滝に出会えるハイキングコース、渓流釣り、そして満天の星空が見渡せるなど、たくさんの魅力がある細野渓流キャンプ場へ行ってみませんか?

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ