生石高原キャンプ場はススキの絶景が楽しめる人気施設!予約方法や設備は?

和歌山で口コミ評価の高い人気のキャンプ場「生石高原キャンプ場」。観光名所である「生石高原」の絶景を楽しめることで知られており、幅広い世代から注目されています。生石高原キャンプ場には見どころも多く、季節や時間帯によって景色が変わっていきます。

生石高原キャンプ場はススキの絶景が楽しめる人気施設!予約方法や設備は?のイメージ

目次

  1. 1和歌山のおすすめスポット生石高原キャンプ場をご紹介
  2. 2生石高原キャンプ場はススキの名所として人気
  3. 3生石高原キャンプ場の魅力
  4. 4生石高原キャンプ場の設備
  5. 5生石高原キャンプ場の利用料金・予約方法
  6. 6生石高原キャンプ場の口コミ情報
  7. 7生石高原キャンプ場周辺のおすすめスポット
  8. 8生石高原キャンプ場のアクセス方法
  9. 9ロケーション抜群の生石高原キャンプ場へ行ってみよう

和歌山のおすすめスポット生石高原キャンプ場をご紹介

和歌山で人気のある自然豊かなキャンプ場「生石高原キャンプ場」。生石高原キャンプ場は口コミでも評価が高く、ハイキングや生石高原へ遊びに来ている方にピッタリです。キャンプ初心者にもうれしい設備が整っています。

今回はそんな和歌山のおすすめスポット生石高原キャンプ場をご紹介します。生石高原キャンプ場の魅力はもちろん、生石高原キャンプ場と合わせて楽しめる周辺施設や口コミ・予約方法までお伝えしていきます。

生石高原キャンプ場はススキの名所として人気

生石高原キャンプ場のある「生石高原」は、和歌山で人気の生石高原県立自然公園内にある高原になります。生石高原の山頂付近には見事なススキ野原が広がっており、黄金色に輝くススキの絶景は見るものを圧倒させています。

毎年秋頃になるとススキの名所として全国から観光客が訪れており、朝日と夕日の両方を楽しめるスポットとしても人気です。生石高原のシンボルである「笠石」や火上げ岩などSNSでも話題を集めている絶景と一緒に楽しめます。

ススキの見頃は毎年9月下旬から11月上旬になり、9月中旬頃にはススキに花が咲いている様子を見られます。ススキの種は空中に飛んでいき、太陽の光に反射してキラキラとした自然の絶景を楽しめます。3月には大規模な山焼きも。

Thumb「生石高原」は関西随一のススキの名所!おすすめの見頃時期やアクセスは?
和歌山県北部にある生石高原は、関西随一のススキの名所として有名で、見頃を迎える秋には辺り一面...

生石高原キャンプ場の魅力

和歌山の大自然に囲まれている生石高原キャンプ場には、他のキャンプ場にはない魅力がたくさんあります。アウトドア好きな方におすすめのキャンプ場で、ソロキャンプやグループ、家族連れの方でも楽しめる魅力が点在しています。

今回はそんな生石高原キャンプ場の魅力について詳しくご紹介します。生石高原キャンプ場へ初めて行く方はもちろん、どんなキャンプ場なのか気になる方は事前に目を通しておくのがおすすめです。

ハイキング

生石高原キャンプ場の周辺は生石高原のハイキングコースとなっており、四季折々の景色を楽しみながらハイキングを体験できます。山頂まで歩きやすい歩道が設置されているので、子供連れの方やハイキング初心者の方にもピッタリです。

ススキに囲まれながらハイキングを楽しめ、途中には展望台や岩場など立ち寄りたいスポットがたくさんあります。夏には緑の大草原、秋には黄金色の穂に囲まれながら進めるので、都会の喧騒を忘れて過ごしたい方にもおすすめです。

生石高原キャンプ場の人気撮影スポットといえば「火上げ岩」。火上げ岩は山頂の手前にあり、火上げ岩の上にのれるのでそこから撮影しましょう。日本離れした写真が撮れるので、プロの写真家が訪れていることも。

山頂「生石ヶ峰」

生石高原キャンプ場のある生石高原の山頂「生石ヶ峰」。標高870mと和歌山でも低いですが、壮大な景色を楽しめるとのことで人気があります。生石ヶ峰の山頂までは階段が続いているので、コンディションをしっかりと整えておきましょう。

生石ヶ峰からは眼下にススキ野原、目の前には六甲山や淡路島の絶景が広がっています。天気の良い日には紀伊水道をはさんで徳島まで見渡せるので、地元の方からも注目されています。

山頂にはシートを広げて座ったり、岩の上に座ったりと自由に休憩できるスペースがあります。登山者が景色を楽しんだり、自然の音を楽しんだりと思い思いに過ごしているので、あまり騒がないようにしましょう。

星空観察

生石高原キャンプ場で宿泊する方に最大の魅力と言えば「星空観察」。生石高原は和歌山でも星空の名所として知られており、標高が高く空気が澄んでいるので信じられないほどたくさんの星を眺めることができます。

生石高原キャンプ場の周囲には灯りや高い建物がないので、普段は見えない小さい星まではっきりと見えます。真夜中の時間帯になると地平線まで星が広がっている絶景を楽しめるので、ぜひ1度チェックしてみてください。

星空目的で生石高原キャンプ場へ訪れている方は、夜になると山頂付近の笠石まで移動する方も多いです。笠石からは夜景と星空を楽しめるのでロマンチックな時間を過ごせます。星空観察の際は防寒着を忘れないようにしましょう。

生石高原キャンプ場の設備

口コミで評価の高い生石高原キャンプ場は、キャンプ初心者の方にもおすすめの設備が整っています。生石高原キャンプ場で宿泊する方が快適に過ごせるような設備になっているので、初めての方は場所を確認しておくのがおすすめです。

今回はそんな生石高原キャンプ場の設備についてまとめてご紹介します。テントサイトによっては設備から少し距離が離れてしまうので、キャンプ場の予約をする際にテントサイトの場所もチェックしておきましょう。

受付・管理棟

生石高原キャンプ場の受付は、ハイキングの出発点でもある「山の家おいし」で行っています。駐車場から坂を上った場所に位置しており、受付用紙の記入と使用料金を支払う場所です。生石高原キャンプ場内での注意事項も教えてくれます。

山の家おいし内の売店には和歌山のお土産も販売されているので、生石高原キャンプ場を利用する観光客に人気があります。ですが、キャンプで使用する食材やアイテムがほとんどないので、事前に用意しておきましょう。

大区画サイト

生石高原キャンプ場はすべて区画サイトになっており、大区画と小区画の2タイプから予約することができます。大区画はロープで区画されており、車を横付けできるので大荷物の方におすすめのサイトになります。

テントやタープの大きさによって区画内に駐車するのが難しい場合は、管理棟近くにある駐車場を利用するようにしてください。区画内は砂利が敷き詰められており、晴れた日は日差しを避けるものがないのでタープを用意しておくのがおすすめです。

テントに使用するペグはしっかりと丈夫なものを選ぶようにしましょう。高原は天気の良い日でも風が強いため、テントが倒れてしまう可能性が高いです。グループや家族連れで生石高原キャンプ場を使用したい方におすすめ。

小区画サイト

生石高原キャンプ場の小区画サイトはオートバイキャンプ専用のサイトになっています。コンパクトなサイズでオートバイクを横付けすることができ、生石高原キャンプ場へソロキャンプに来ている方に人気があります。

バイクは1台、ソロキャンプ用の小さいテントが建てられる空間です。敷地はそれほど広くないですが、ゆっくりと過ごしたい方は2サイト分を予約する方も多くいます。料金は倍になりますが、広々とサイトを使いたい方におすすめです。

炊事場・トイレ

生石高原キャンプ場で口コミでもきれいだと言われている「炊事場・トイレ」。炊事場はキャンプサイトの入り口に設置されており、専用の蛇口は5つあります。グリル専用の低い蛇口は3つあるので、洗い物もしやすい空間が広がっています。

炊事場は灯りがないので、夜に使用する場合は懐中電灯やランタンを使用しましょう。キャンプサイトの上側にはトイレが設置されており、水洗式なので安心です。洋式に関してはウォシュレット付きで、きれいに掃除されています。

トイレは男女別になって、バリアフリートイレがあるので幅広い世代の方に利用できます。トイレットペーパーも常に補充されているので、生石高原キャンプ場の方はもちろん生石高原へハイキングに来ている方も使用しています。

生石高原キャンプ場の利用料金・予約方法

生石高原キャンプ場の料金はキャンプサイトによって変動します。大区画の料金は宿泊が2090円、デイキャンプ料金が1040円です。宿泊は2泊以降の場合追加料金で1040円になります。小区画の宿泊料金は520円、デイキャンプ料金が310円になります。

基本的に駐車料金は無料なので、他のキャンプ場よりも比較的安い料金で利用することができます。予約は管理棟でもある「山の家おいし」に電話で予約するようにしましょう。予約時間は毎日9時30分から16時30分です。

予約の際に料金を確認することができ、2区画利用したい方はその分の料金を支払うシステムになっています。2区画予約するか迷っている方は、料金やテントの大きさなど合わせて相談してみましょう。

生石高原キャンプ場の口コミ情報

和歌山の数あるキャンプ場の中でも、口コミ評価の高い「生石高原キャンプ場」。生石高原キャンプ場の口コミでは清々しくなれるキャンプ場、眺望の良さ、静かに過ごせるキャンプ場とさまざまな声が寄せられています。

口コミで最も多いのが「ススキ」。口コミでもススキの絶景は心奪われるものがあり、美しいことがわかります。口コミでは夜景や星空観察に関する情報も提供されており、事前に生石高原キャンプ場の状況を知りたい方は口コミをチェックしておきましょう。

生石高原キャンプ場周辺のおすすめスポット

予約が殺到している生石高原キャンプ場は、周辺にも見どころあふれるスポットが数多く点在しています。生石高原キャンプ場と合わせて観光を楽しむことができ、美味しいグルメや絶景を楽しめるポイントがあります。

今回はそんな生石高原キャンプ場周辺のおすすめスポットをまとめてご紹介します。それぞれ営業時間など異なり、生石高原キャンプ場へアクセスする際に立ち寄れるスポットも多いので事前にチェックしておきましょう。

山の家おいし

生石高原キャンプ場の受付・管理棟でもあるおすすめのスポット「山の家おいし」。山の家おいしはログハウスをイメージした建物になっており、和歌山で人気のお土産品や軽食を味わえるスペース、休憩所として利用されています。

山の家おいしでおすすめなのが「卵かけご飯」です。卵かけご飯には平飼い鶏の卵を使用しており、生石高原キャンプ場の周辺で採れた新鮮なものを使用しています。とても味が濃厚で、ご飯との相性抜群です。

住所 和歌山県紀美野町中田899-29
電話番号 073-489-3586

くらとくり

和歌山で採れる旬の野菜を提供している人気のグルメスポット「くらとくり」。農家カフェとしても知られており、小鉢にわけていろんな味で楽しめるので女性や子供連れの方から注目されています。

くらとくりは大正時代の米蔵をリノベーションしており、レトロな家具に囲まれながら美味しいグルメを味わえます。曜日によって営業時間が異なり、季節ごとのメニューも変わっていくので事前に公式HPで調べておくのがおすすめです。

住所 和歌山県海草郡紀美野町西野685-4
電話番号 073-499-5580

蔵王橋

全長160mのつり橋「蔵王橋」。蔵王橋は和歌山でも有名な赤いつり橋になり、有田川二川ダム上に架かっています。ダム湖はつり橋から見るとエメラルドグリーンに見え、SNS映えする写真が撮影できます。

蔵王橋周辺には約1000本もの桜の木が植えられており、春になると見事な桜の絶景を楽しめます。つり橋は少し揺れ、板の隙間からダム湖が見えるのでスリルを体感できるのも魅力の1つ。ハイキング気分で立ち寄ってみてください。

住所 和歌山県有田郡有田川町沼1119

あらぎ島

国の重要文化的景観・日本の棚田100選に選ばれている絶景ポイント「あらぎ島」。通常の棚田ではなく、扇形をした土地に作られた棚田なので心奪われる景色が広がっています。夏から秋にかけてはパッチワークのように色づく水田が広がります。

冬の時期でも棚田に雪が積もっており、幻想的な絶景が楽しめます。有田川を挟んだ対岸に専用の展望台が設置されており、駐車場もあるので車でのアクセスにおすすめです。四季折々の景色を楽しみたい方は立ち寄ってみてください。

住所 和歌山県有田川町清水

生石高原キャンプ場のアクセス方法

生石高原キャンプ場へのアクセスは車を手配するのがおすすめです。公共交通機関を利用してもアクセス可能ですが、かなり時間がかかってしまいます。ちなみに紀勢本線「海南駅」が最寄り駅で、そこからオレンジバスで終点を目指しましょう。

車の場合は有田ICを利用して、国道480号線に入るのがおすすめです。国道480号線に入ってから約45分で生石高原キャンプ場の看板が見え始めます。観光シーズンは混みあっているので、時間に余裕をもって行くようにしてください。

住所 和歌山県海草郡紀美野町中田899ー29
電話番号 073-489-3586

ロケーション抜群の生石高原キャンプ場へ行ってみよう

和歌山でロケーション抜群の大人気キャンプ場「生石高原キャンプ場」。生石高原の絶景を楽しめるポイントが数多く点在しており、テントサイトでは自然の音を楽しみながらのんびりと過ごすことができます。

アウトドア好きな方に人気のある生石高原キャンプ場は、訪れた人にしかわからない魅力がたくさんあります。ぜひ、和歌山でキャンプ場を探している方は「生石高原キャンプ場」へ足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ