長崎県の水族館まとめ!大人気スポットの見どころや楽しみ方まで徹底ガイド!

長崎にはたくさんの水族館があって子供たちを中心に大人気となっています。ペンギンやクラゲなどのいろいろな海の生き物に出会え、学びもすることができます。長崎にある水族館について、見どころなどの情報をピックアップして紹介していきます。

長崎県の水族館まとめ!大人気スポットの見どころや楽しみ方まで徹底ガイド!のイメージ

目次

  1. 1長崎の水族館で楽しもう!
  2. 2人気の生き物に会える!長崎の水族館をご紹介
  3. 3長崎の水族館(1)九十九島水族館海きらら
  4. 4長崎の水族館(2)長崎ペンギン水族館
  5. 5長崎の水族館(3)むつごろう水族館
  6. 6長崎でラッコに会える水族館は?
  7. 7子供と長崎の水族館へ行ってみよう

長崎の水族館で楽しもう!

長崎には多くの水族館があっていつもたくさんの人でいっぱいです。クラゲがいる九十九島水族館海きららや、たくさんの種類のペンギンがいる長崎ペンギン水族館などのさまざまな特徴を持つ水族館が揃っています。長崎にある水族館について、基本とも言えるアクセスや営業時間・料金などのこととあわせて紹介します。ぜひ行ってみてください。

人気の生き物に会える!長崎の水族館をご紹介

長崎は、九州に位置している県の一つであり、五島列島や対馬・壱岐島などをはじめとした島が多く含まれます。

長崎には、九十九島水族館海きららなどのとても人気度の高い水族館が充実していて、たくさんの海の生き物たちと出会うことができるようになっています。

長崎には今は残念ながらラッコに出会える施設は現在ではありませんが、ペンギンやイルカ・クラゲなどの多彩な生き物たちを間近に見ることができ、普段ではできない非日常体験を楽しめる施設が豊富にある、ととても話題となっています。

長崎の水族館は、子供からも大変評判の良い観光スポットであるのはもちろん、グループ旅で訪れても賑やかに過ごせますし、カップルで自分たちのペースと空気感でまったりと楽しむこともできます。

長崎には、水槽などを順に眺めて行ける以外にも、体験プログラムなどが組まれている水族館もあり、さまざまな楽しみ方ができるようになっています。

心の癒しが欲しい人・気分転換をしたい人・雨の日のお出かけ先に困っている人などに長崎の水族館は大変おすすめであり、ぴったりのスポットと言えます。

長崎での観光予定を考えている場合には、ぜひその候補の一つとして水族館も組み入れてみることをおすすめします。

長崎の水族館(1)九十九島水族館海きらら

たくさんの海の生き物に出会えることで子供たちを中心に大人気となっている水族館が「九十九島水族館海きらら」です。長崎県・佐世保市の鹿子前町にあります。

長崎の「九十九島水族館海きらら」へ公共交通機関でアクセスしようと思っている場合には、JRの「佐世保駅」から「パールシーリゾート・九十九島水族館」行きのバスに乗り換えて約25分の終点で降りればすぐです。

長崎の「九十九島水族館海きらら」へ自動車でアクセスしようと思っている場合には、西九州自動車道の「佐世保中央インターチェンジ」で降りると約7分ほどでアクセスすることができる場所にあります。

専用の駐車場が約700台分あり、第1・第2駐車場は料金は入庫から30分までは無料・4時間までが200円・5時間までが300円・6時間までが400円などとなっています。第3から5の駐車場は入庫から3時間までは無料、その後有料となります。

クラゲの水槽展示に癒やされる

長崎の「九十九島水族館海きらら」には、九十九島に住んでいる生き物たちが約370種類・約16000匹も飼育・展示されていて大規模のな水族館の一つです。

「九十九島水族館海きらら」のとても珍しいとされている屋外型で太陽光が降り注いで大変明るい九十九島湾大水槽には、アカシュモクザメ・ウシエイなどの大きな生き物たちをはじめ、マアジ・マイワシなどが悠然と泳いでいます。

「九十九島水族館海きらら」のイルカプールでは、大変かわいらしいイルカたちを眺めたり触れ合ったりすることができるので、子供たちに大人気となっています。

「九十九島水族館海きらら」では、イルカの生態について知ることができるイルカのプログラムをはじめ、真珠の玉出し体験・パクパクウォッチング・生きものふしぎ発見などの多くの体験プログラムがあります。

特に「九十九島水族館海きらら」で話題となっているのがクラゲシンフォニードームであり、約11種類・約300匹ものくらげたちが飼育・展示されていて、西日本では最大級のクラゲの展示コーナーである、とされています。

「九十九島水族館海きらら」クラゲシンフォニードームでは、くらげが美しい光の中でのんびりと優雅に泳ぐ姿や流れる音楽との調和が素晴らしく、大変幻想的な空間となっていて癒される、と評判になっています。

営業時間・料金

長崎の「九十九島水族館海きらら」の営業時間は、3月から10月までが9時から18時までで最終入館が17時30分・11月から2月までが9時から17時までで最終入館が16時30分となっています。基本的期には年中無休営業です。

料金は、大人が1470円・4歳から中学生までの小人が730円・3歳以下の幼児は無料となっています。大変お得となる年間パスポートが大人が3150円・小人が1570円であるので上手な利用がおすすめです。

コンビニエンスストやスマホから事前にチケットを購入できるようになっているので、活用すると当日にゆとりを持って水族館を楽しむことができます。

Thumb佐世保観光スポット21選!おすすめコースや人気の名所を一挙紹介!
長崎県佐世保市は、長崎県第2の規模を誇る一大都市。そんな佐世保周辺には、様々な観光スポットが...

長崎の水族館(2)長崎ペンギン水族館

いろいろな種類のペンギンをじっくりと観察できる橘湾のすぐそばにある大人気の水族館が「長崎ペンギン水族館」です。長崎県・長崎市の宿町に位置しています。

長崎の「長崎ペンギン水族館」に電車を使って行こうと思っている場合には、JRの「長崎駅」で降りてから バスに乗り換えて「ペンギン水族館前バス停」で降りるとすんなりと行くことができます。

長崎の「長崎ペンギン水族館」に自動車を使って行こうと思っている場合には、長崎自動車道の「長崎芒塚インター」で降りたならおよそ5分・「長崎多良見インター」で降りたならおよそ15分で行くことができます。

来館者が利用することができる駐車場は2か所あり、第1駐車場は行き帰りにビオトープを満喫でき、第2駐車場は水族館に近い場所にあります。料金は、最初の1時間が200円・以降は1時間ごとに100円で、最大料金は500円となっています。

ふれあいペンギンビーチは必見

長崎の「長崎ペンギン水族館」は、世界中に生息していると言われている18種類いるペンギンのうち、9種類・およそ170羽が飼育・展示されています。

現在「長崎ペンギン水族館」で見ることができるペンギンたちのうち7割以上ががこの水族館で生まれました。

ペンギンたちは、それぞれの種類ごとに住んでいる場所が異なるだけでなく、個性が違っていて、「長崎ペンギン水族館」ではその違いを一挙に見ることができる水族館として大変人気があります。

深さがおよそ4メートル・水量がおよそ200トンもある国内では最大級の亜南極ペンギンプールでは、まるで空を飛ぶかのように自由に悠々と泳ぐペンギンたちの姿を見ることができ、大変人気のスポットとなっています。

その他に、世界中で一番小さなペンギンであるコガタペンギンがいるコガタペンギン飼育場や、キングペンギンなどが飼育展示されている亜南極ペンギン室・マゼランペンギンなどがいる温帯ペンギンゾーンなどで、特徴あるペンギンを間近に観察することができます。

ふれあいペンギンビーチは必ず押さえておきたいスポットの一つであり、フンボルトペンギンが好きなように自然の海で泳いだり、砂浜で休憩したりする様子をたっぷりと観察することができる場所となっています。

人鳥情報室は、ペンギンのことについて、しっかりと知ることができるような詳しい展示がされています。

「長崎ペンギン水族館」では、ペンギン以外にもふわふわと漂うクラゲをはじめ、長崎の近くの海に生息している魚たちや、メコンオオナマズとも呼ばれている日本で見られるのはたった2か所の大変珍しいプラー・ブックなどとも会うことができます。

タッチプールもあり、子供たちが実際に生き物に触れてさまざまなことを学ぶことができる場所となっています。

さらには、「長崎ペンギン水族館」にはビオトープもあって自然に生きる魚や昆虫などの生き物・植物の様子をじっくりと眺めることができ、子供の環境教育などにおすすめです。

営業時間・料金

長崎の「長崎ペンギン水族館」の開館時間は、基本的には9時から17時までとなっています。休みは特には決まっておらず、無休で営業しています。

入館料金は、大人が520円・幼児と小中学生が310円となっていて、3歳未満は無料となっています。年間パスポートが大人が1250円・幼児と小学生が730円で設けられいるので、リピートしたい場合などにぴったりです。

子供の長期休み期間以外の土曜日限定ですが、長崎市内にある保育園や幼稚園・小中学校に在籍している子供は入館料が無料となるので、週末のファミリーでのお出かけ先として大変おすすめです。

Thumb長崎ペンギン水族館で癒しのふれあい体験!料金やアクセス・人気ランチは?
長崎には、大人から子供まで老若男女問わず大人気の「長崎ペンギン水族館」があります。想像以上に...
Thumb長崎デートの定番プランは?穴場や人気スポット・おすすめの食事も紹介!
坂の街長崎は、美しい夜景や歴史情緒あふれる観光スポットが目白押し!デートや散策にもおすすめの...

長崎の水族館(3)むつごろう水族館

むつごろうの形をしたとても特徴的な建物で子供にも分かりやすい展示がされているのが「むつごろう水族館」です。長崎県の諫早市・小野島町に存在しています。

長崎の「むつごろう水族館」へ電車を利用してアクセスしたいと思っている場合には、島原鉄道島原鉄道線の「干拓の里駅」で降りると徒歩おおよそ10分ほどで行くことができます。

長崎の「むつごろう水族館」へ車を利用してアクセスしたいと思っている場合には、長崎自動車道・「諫早インターチェンジ」で降りるとおおよそ25分でアクセスできます。

「むつごろう水族館」には、料金無料で利用することができる駐車場がおおよそ270台分あります。また、イベントなどが行われて臨時駐車場が設けられる時もあり、その時にはおおよそ800台まで駐車できます。

干潟の珍しい生き物を展示

長崎の「むつごろう水族館」は、諫早市にあって母なる川などと呼ばれてとても親しまれている川である本明川の上流から下流までに生きる生き物たちが飼育・展示されています。

丸い館内に沿ってつくられているスロープを歩いて行けば、川の源流である滝から渓流、そして中下流・干潟と流域ごとに分けられている水槽を眺めることができるようになっています。

「むつごろう水族館」では、それぞれの生き物たちが自然で生活している状態に近い環境で飼育・展示されているので、本来の様子をしっかりと観察することができます。

一番下流域にあたる場所であってスロープの最後に現れる直径がおおよそ5メートルもある国内でも最大級の大型水槽である干潟水槽では、潮の干潮の様子を再現されています。

「むつごろう水族館」の干潟水槽には、むつごろうをはじめ、しおまねき・とびはぜ・わらすぼなどの珍しい干潟の生き物たちがいて、じっくりゆっくりと眺めることができるようになっています。

むつごろうは、大きな目や面白い動きなどから大変人気のある干潟の生き物であり、有明海のみに生息しているハゼ科に属している魚です。ちょっぴり臆病という特徴があるので、できるだけ静かに観察するようにしましょう。

ふれあい水槽には、カメやフナなどがいて、水槽の中にいる生き物たちに触れることができる人気の場所であり、子供たちでいつもいっぱいです。

営業時間・料金

長崎の「むつごろう水族館」の開館の時間は、9時30分から17時時までと決まっていて、最終の入場受付時間は16時30分となっているので、時間厳守で行動するのが良いです。毎週月曜日や12月30日から1月1日までの年末年始などは休館日として休みです。

入館料金は、大人が300円・小中学生の小人が200円・3歳以上の幼児が100円となっていて、2歳以下の小さな幼児は無料です。

ただし、「むつごろう水族館」がある干拓の里への入園料が別途必要であり、セット券が大人が540円・小人が360円・幼児が180円があるので、こちらの利用がおすすめです。

長崎でラッコに会える水族館は?

ラッコは、とてもかわいらしいことでも有名な海の生き物であり、子供や女性たちから特に好まれています。

長崎はとても多くの水族館があってたくさんの海の生き物が飼育・展示されていますが、ラッコと会える水族館は2022年6月現在長崎県内にはありません。

長崎県でも以前はラッコを飼育・展示していた水族館は複数あり、ラッコの愛らしいしぐさに気魅了される人が続出していました。

平成10年(1998年)の3月に閉館となった長崎水族館にもラッコはいて、5匹いたラッコたちはそれぞれの新しい施設に引っ越ししました。

また、長崎バイオパークにも平成12年(2000年)まではラッコも飼育されていましたが、現在は飼育されていません。

現在、日本にあるラッコに出会うことができる水族館は、福岡県にあるマリンワールド海の中道と、三重県にある鳥羽水族館・千葉県にある鴨川シーワールドの3か所のみとなっています。

3か所をあわせてもラッコの頭数はたったの4頭となっていて、あまり気軽に見ることができない生き物となっています。

子供と長崎の水族館へ行ってみよう

長崎には豊富な水族館が揃っていて、子供連れのファミリーやカップルなどに大変人気がある観光スポットです。ラッコはいませんが、ペンギンやクラゲなどのいろいろな海の生き物を見ることができ、とても楽しい、と評判になっています。長崎に行くときには、ぜひ水族館もスケジュールに入れてみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
mia-a

新着一覧

最近公開されたまとめ